Jou光

  • 親父
    彼は子供の時から絵が上手いと、親の欲目で思っている。目の前でさらさら描かれると、ついつい感嘆してしまう。世の中いっぱい絵の上手い人はいるが、この道で飯が食えるのはスポーツ選手と同じで極一部。でもとにかく趣味でも良いから絵を描くことは続けて欲しいと願っている。

春爛漫

  • ぼけの花
    柿茶の里は徳島県美馬郡つるぎ町に位置する。柿の葉の生産農家へ毎年春と秋に行く。春はことさら美しい。桜が咲き乱れ山の木々が新緑に包まれる。澄んだ青空に身も心も洗われる気がする。

アユタヤ遺跡

  • Pict0266
    1491年に建てられた王族の守護寺院。3つの大きな仏塔には、ラーマティボディ2世と父、兄の遺骨が納められています。 寺院ではありますが僧は居住せず、王の礼拝堂として王族の儀式に使用されていました。この寺院もまた、1767年ビルマ軍により破壊され、16mあったという金で覆われた仏像も金を奪われた後、壊されてしまいました。

暁の寺院 タイ

  • Pict0350
    トンブリ王朝時代の守護寺で最高位の寺院とか。きらきらと輝く陶器の破片に覆われた高さ約79mの大仏塔は、ラマ3世により5年がかりで改装された。朝日を浴びた大仏塔の神々しい姿が”暁の寺”の名前の由来。

ワット・ヤイ・チャイ・モンコン

  • Pict0201
    セイロンへの留学から戻ってきた僧侶のために、1357年初代王ウー・トーンが建立しました。仏教寺院は瞑想の場として使用されていました。現在も多くの仏教徒が訪れ、週末は観光客でにぎわいます。

水上マーケット

  • Pict0116
    ダムナン・サダックの水上マーケット。その昔、”東洋のベニス”と言われたバンコクでは、日常的商取引には運河が利用されてきた。水上マーケットは、古き良き時代の情緒溢れるバンコクの生活を体感させてくれる。 

2008年7月 タイ王宮

  • Pict0429
    白壁に囲まれた20万㎡の敷地内には、1782年に建設された国王の宮殿、即位式の建物、王室守護寺院のエメラルド仏寺院などチャクリー王朝歴代の王により建造・改築された建物が建ち並んでおり、ラマ8世までは実際にここに住まわてていたとか。

涅槃寺

  • Pict0386
    タイ語で Wat Pho(ワット・ポー)と呼ぶこの寺は、ラマ1世が建立したバンコク最大の境内を持ち、バンコク最古の歴史を持つ寺院。本堂には写真のようなリクライニング・ブッダの愛称で親しまれている寝釈迦仏が横たわる。足の裏には螺細細工でバラモン教における108の宇宙観が表現されていると言う。

最近のトラックバック

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

金魚

  • 金魚

ウェブページ

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月

ほら目にとまったでしょ。

JRの電車内で目に留まったポスター。広告を企画する会社の広告。

うちの会社も宣伝するならここにしよう~。Pict0011

あなたの毎日に、交通広告はある。

看板、ポスターのご用命は

Jコミ 検索 ←

TEL 06-6344-5503

(株)ジェイアール西日本コミュニケーションズ

こんぴらさん

Pict0005 写真は金毘羅宮旭社。ここが本殿と勘違いする人が多い。下から石段を登ってきて、相当嫌になっているところへ立派な建屋が見えたら、誰でも本殿と思う。

そこから更に108段だったか?本殿へいっきに上る階段が待っている。ふもとから本殿まで785段。

そこから奥社まで更に583段の階段があるが、殆どの人はそこまでは行かない。

私は合計1,368段の石段をこんぴらさんへお参りする度に上り降りする。正に行きはヨイヨイでなく、行きはヒィヒィ帰りがヨイヨイである。

先週土曜日、坂出の自宅からこの奥社まで行き、その晩予定にあったビヤーガーデン会場のオークラホテルまで歩いて帰って来た。万歩計で54,004歩、距離にして約37Km。四国八十八箇所を歩いて廻ると、一日平均35~40Kmは歩かねばならぬと言う。

元気な内に巡ろうと思っているので、その予行練習となったが、考えてみるとこれを毎日約40日間も続けないといけない。

八十八箇所を歩いて廻るのはやはり値打ち物である。

南洋興発

テニアン島へのツアー時、「NKK」って何の略だか分かる?とガイドの声。造船従事者だった私は即座に「日本鋼管」と。

そう言うだろうと待っていたように、「ブー間違い」。ここでは南洋興発と言う戦時中砂糖を製造していた会社を指しまぁ~す。

サイパン島のガラパン砂糖王公園に、社長 松江春次の銅像がある。統治が日本からアメリカに変わった時、米軍はこの日本人像を引き倒そうとした。ところが地元住民の大反対にあって取り止めになった。それほどNKKはサイパンに雇用や経済面で貢献度が高かった企業らしい。

テニアンにも南洋興発の社員が祈った神様への鳥居が残る。Dvc00074

下の写真はサトウキビを工場まで運んだ蒸気機関車。そう言えばハワイに同じ目的だった機関車が今は観光客を乗せて走っていたっけ。Dscn0792_2

  

クラクション

道を歩いていたり自転車で走っていると、後ろから来た車にクラクションを鳴らされて、少しびっくりするのと同時に少しムカッとする。いかにもそこ退け、そこのけ・・・と言わんばかりに聞こえるから。

自転車に乗ると後ろから車が来ても割と気付かない。最近の車は静かだし周りの喧騒で気配がかき消されるから。

で、運転手は歩行者や自転車が道路側にフラッと来ないように、こちらの安全を考えて鳴らしている。でも「私が通るからあなた注意してよ!」としか私にはとれない。

昔、クラクション殺人なる事件があった。クラクションを鳴らされた男が、鳴らした男を怒りのあまり殺したと言うもの。

ここまでやると犯罪、だが確かに鳴らされた側はちょっと頭に来る。私も車を運転するが、こんな時は速度を落としてやり過ごす。クラクションなど鳴らしたことはない。

テニアン行き高速艇

Img_0053 柿茶の社長がどうしてもテニアンへ行きたいと言う。テニアン行きツアーは前日申し込んだが人数に余裕がないと半ば諦めていたのだが・・・。とにかく船で行けば帰りは何とかなるだろうと、ホテルから船着場までタクシーを飛ばした。

テニアンからサイパン島へ帰って来る船の最終便は昼の12時頃と言うから、それにはとても間に合わぬ。セスナ機がシャトルで飛んでいるから大丈夫だろうと皆いいかげん。

写真の高速艇に乗った訳だが、乗るまでが一苦労。チケット売り場が向かい合うように2箇所あって、どちらで買えるのか分からない。そこらの外人に聞いても早口英語で理解できぬ。一人35ドルで5人分だから200ドル渡す。そんなには要らないとばかりに紙幣を付き返してくる。いくら聞いても話す言葉が分からない。20ドル札で5人分、しかもお釣りが来た。

?????

そう言えばTax、taxと言っていたっけ。そうか消費税分だけこちらの売り場で払うんだと後で分かった。もう一つの売り場で35$/1人×5人分をしっかり払わされたから。

消費税込みの切符を売れよ!と言いたいが、税金はお役人が、船賃は船会社が徴収するシステムのようだ。これも文化の違いか。

マンゴー

Img_0030_2 写真は、サイパンでの慰霊祭が終って、地元の人達との交流会で出たマンゴー。食べごろに熟れていて美味そう。トロピカルフルーツの代表格。

すぐにでも飛び付きたいところだが、マンゴーには苦い経験がある。

フィリピンへ行った時の事。食事のデザートに必ずこれが出る。美味いうまいと食べまくった。4,5日滞在して帰国する頃、唇の周りに違和感。見ると唇も少し腫れている。その時はまだマンゴーがうるし科の植物とは知る由もないから、何が原因だろう・・・何か悪いもの食ったかな~くらい。

帰国してから、腫れは顔全体に広がり湿疹が出てきた。子供の頃良くうるしやハゼの木にかぶれたっけ。

とにかく皮膚科へ。植物図鑑を調べていた先生がマンゴーはうるし科の植物だな~と言った。やっぱり。

それ以来生のマンゴーは駄目。口の周りに付いた果汁がヤバイ。その代わり乾燥したマンゴーを食べる。生に比べると数段美味さは落ちるけど。

あの臭くて悪名高いドリアンも食った。あれは正に果物の王様である。とにかく美味い。下の写真はマンゴーの木。Img_0027

サイパン絶景

■バードアイランド

昔はその名のとおり鳥がいっぱいいたらしい。誰かが鉄砲で脅してから、寄り付かなくなったとガイド曰く。Dvc00057

■スーサイドクリフ Dscn0796

■テニアンの潮吹き

Dvc00077

大戦の傷跡 at サイパン

第二次世界大戦の傷跡がサイパン島、テニアン島には多く残る。日本であればとっくに博物館のケースに入って展示される貴重な時代の証拠品。サイパンでは誰も見向きもしない・・・悲しい歴史の遺物。■まず下の写真は飛行機の残骸。2008061417_124

■海から上陸したアメリカ軍の戦車が日本軍に攻撃された。その車輪が今も浜辺に残っている。2008061417_180

■銃撃を受けて穴だらけになった日本軍の無線基地。2008061417_144

■高射砲の残骸と言うかそのまま。Img_0042

写真提供:井上氏、西浦氏 

サイパンの花

①フレームツリー、別名「南洋桜」 この木の下でわが民族が花見をしたとか。Dvc00063

②ゴールデンシャワー 日本の藤の花に似た黄金版。Dscn0798

③ベニヒモノキ  正に紅紐の木、言葉どおり2008061417_231

④火焔木(カエンボク)別名「アフリカン・チューリップ・ツリー」 Dscn0789  

⑤プルメリア

サイパンの国花とか。Dscn0840

写真提供 井上氏、西浦氏、横山氏

一直線

ブロードウェイと名付けられた10Km余りの直線道路。第二次世界大戦でテニアンに上陸したアメリカ兵が、自国を懐かしんでこう命名したとか。2008061417_211

そう言えば北海道へ行った時、バスガイドが日本一長い直線道路がこれです・・・と案内されたっけ。調べたら国道12号の美唄市~滝川市の間、29.2km区間と分かった。

ちなみに世界一長い直線道路は、オーストラリアにある約140kmとか。

一直線は観光資源になる。

写真:井上信幸氏提供

看板

大久保緑ヶ丘からわざわざ遠回りをして会社へ行くことがある。歩いているといろいろな景色が見えて楽しい。ついこの間西明石を経由して行った時の事。面白い看板を見付けた。古本屋の看板。Pict0003

「じゃんけんポン」と読めるから不思議。

役所

坂出市役所から手紙が来て、税の取立て方法が変わったから書類にハンを押して持って来いと言う。いくらか税金を返してくれるそうな。

当然平日受け付け。月曜日に明石へ行く前にしか時間は作れない。で朝8時頃役場へ行った。聞くと8時30分からが業務開始と言う。担当窓口の人はまだ誰一人出勤してない。隣の窓口でこの書類は提出するだけだから受け取って欲しい。そうでないと8時36分発の電車に間に合わないと懇願した。

結果はNoだ。未だに役所のスタンスは昔と変わりない。一体誰のおかげで飯が食えているんだ!!! 京都のある役所に元ホテルマンが接客対応の教育を職員にするため採用されたとテレビで見たばかり。わが町坂出もそんな人が要るんじゃないの・・・。

でもまあ昔よりましかと思ったのは、10分くらい待って担当窓口部署の人が出勤し、書類を受け取ってくれた事。8時30分までは受け付けませんと昔なら言いかねないのにね。

車内人間模様

月曜日に坂出から大久保へ、金曜日に大久保から坂出へのアルバイト通勤も3年が過ぎようとしている。電車での通勤は人間観察ができてボケ防止に役立つ。前に書いた車内での化粧女は最近めったに見かけなくなった。「車両メイクアップOK、車内メイクアップNO」の看板のおかげだろうか。それとも今ハヤリの「品格」のせいだろうか。

最近多く見かける風景は、乗った時から降りるまでずっと携帯電話をいじる輩。圧倒的に若い女性が多い。「優先座席付近では携帯電話の電源をお切り下さい」の車内放送などどこ吹く風である。さすがに電話をかけている様子はないので、メールでもやっているのか、はたまた充実した携帯機能をフル活用しているのか。

車内の男女別風景で今になって気付いたこと。新聞を読む女はめったに見かけない。これは圧倒的に男に多い。スポーツ新聞がダントツ。

男だから女性が気になる。カッコいい女だな~と思ったOne、Two、Threeは、これだ。

NO.3 日本経済新聞を読む女

NO,2 医学書を読む女

NO.1 分厚い英語の原書を読む女(れっきとした妙齢の日本女性)

お椀3兄弟

お椀を伏せたような山には「飯」の名が付く山が多い。香川県中讃にあるお椀の山3兄弟。

左から、青の山(224m)・笠山(109m)・飯野山(422m)

Pict0007_4

Pict0008

真ん中の笠山が見えにくいので、写真を大きく。Pict0007_5

左の端を歩くのは五百森さん。この日坂出→金毘羅奥社→オークラホテルまで54,004歩歩いた。

星ふたつ

サイパンで見付けた2つの星。

スターフルーツと言う果物と浜辺で見付けた珊瑚の星の砂。2008061417_081 Photo

写真は井上信幸氏提供。

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »