Jou光

  • 親父
    彼は子供の時から絵が上手いと、親の欲目で思っている。目の前でさらさら描かれると、ついつい感嘆してしまう。世の中いっぱい絵の上手い人はいるが、この道で飯が食えるのはスポーツ選手と同じで極一部。でもとにかく趣味でも良いから絵を描くことは続けて欲しいと願っている。

春爛漫

  • ぼけの花
    柿茶の里は徳島県美馬郡つるぎ町に位置する。柿の葉の生産農家へ毎年春と秋に行く。春はことさら美しい。桜が咲き乱れ山の木々が新緑に包まれる。澄んだ青空に身も心も洗われる気がする。

アユタヤ遺跡

  • Pict0266
    1491年に建てられた王族の守護寺院。3つの大きな仏塔には、ラーマティボディ2世と父、兄の遺骨が納められています。 寺院ではありますが僧は居住せず、王の礼拝堂として王族の儀式に使用されていました。この寺院もまた、1767年ビルマ軍により破壊され、16mあったという金で覆われた仏像も金を奪われた後、壊されてしまいました。

暁の寺院 タイ

  • Pict0350
    トンブリ王朝時代の守護寺で最高位の寺院とか。きらきらと輝く陶器の破片に覆われた高さ約79mの大仏塔は、ラマ3世により5年がかりで改装された。朝日を浴びた大仏塔の神々しい姿が”暁の寺”の名前の由来。

ワット・ヤイ・チャイ・モンコン

  • Pict0201
    セイロンへの留学から戻ってきた僧侶のために、1357年初代王ウー・トーンが建立しました。仏教寺院は瞑想の場として使用されていました。現在も多くの仏教徒が訪れ、週末は観光客でにぎわいます。

水上マーケット

  • Pict0116
    ダムナン・サダックの水上マーケット。その昔、”東洋のベニス”と言われたバンコクでは、日常的商取引には運河が利用されてきた。水上マーケットは、古き良き時代の情緒溢れるバンコクの生活を体感させてくれる。 

2008年7月 タイ王宮

  • Pict0429
    白壁に囲まれた20万㎡の敷地内には、1782年に建設された国王の宮殿、即位式の建物、王室守護寺院のエメラルド仏寺院などチャクリー王朝歴代の王により建造・改築された建物が建ち並んでおり、ラマ8世までは実際にここに住まわてていたとか。

涅槃寺

  • Pict0386
    タイ語で Wat Pho(ワット・ポー)と呼ぶこの寺は、ラマ1世が建立したバンコク最大の境内を持ち、バンコク最古の歴史を持つ寺院。本堂には写真のようなリクライニング・ブッダの愛称で親しまれている寝釈迦仏が横たわる。足の裏には螺細細工でバラモン教における108の宇宙観が表現されていると言う。

最近のトラックバック

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

金魚

  • 金魚

ウェブページ

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月

住吉神社 Ⅷ

また見付けました、住吉神社。2番目に見付けた住吉神社のすぐ近くにあった。

Cimg1404

Dvc00045 Dvc00046

Dvc00043

あなた

あなたが電話をくれた時

一日中、心は和む

帰って来た時 

あなたの車があると幸運だと思う

あなたの顔を見た時

本当にうれしい

一緒に食事をする時 

幸せを感じる

家に居る時 

あなたの気配を感じて安心する

あなたが帰る時

とても寂しい

三社神社

西明石駅のすぐ近く、第二国道沿いにある神社。周りは騒然としていても境内の中は独特の静けさがある。そんな静けさが好きである。

Dvc00040

Dvc00037_2 Dvc00038

Dvc00032_2 Dvc00033_2

Dvc00029

木製の鳥居。なんか落ち着く。

Dvc00035_2 Dvc00036_2 

??神社(Ⅱ)

宗賢神社(Ⅱ)からさらに東に行くと、この神社に出会う。神社の名前は分からない。

Dvc00024

Dvc00025_2 Dvc00026

Dvc00023 Dvc00022

宗賢神社 Ⅱ

緑ヶ丘団地から東へ自転車を走らせていたら鳥居が見えた。参拝に行ったら宗賢神社とあった。同じ名前の神社がここにも。

鳥居さんをくぐるとくさりの柵があって、関係者以外立ち入り禁止の文字が。参拝するくらいイイだろうと無視した。静寂に包まれてた心の和む神社。もちろん人気はない。

Dvc00014

Dvc00010

Dvc00011_2 Dvc00012_2

Dvc00009

Dvc00008

由加大権現

瀬居島が番ノ洲埋立地と陸続きになったのは昭和43年9月の事。そのつながった交点から左へ行くと郵便局があって、その手前にこの神社がある。陸続きになる前は浜辺のすぐ前にあったのだろうか。

真っ赤に塗られた神社と普通の神社が並んで鎮座。どちらが由加大権現なのか、それとも二社とも由加さまなのか。

鳥居が真っ赤と言う事は、お稲荷さんの一派を意味するのだろうか?

Dvc00001 Dvc00002 Dvc00003

コメント

laundry-ken さんが、ブログ「ひとり」にコメントを書いてくれた。

大いに勇気づけられ、大変うれしい思いがしました。ありがとうございました。

あなたがそこに ただいるだけで

その場の空気が あかるくなる

あなたがそこに ただいるだけで

みんなのこころが やすらぐ

そんなあなたに わたしもなりたい

  詩人 相田みつを 作

いきいきうどん(坂出北インター店)

香川のうどん屋は一匹狼店が主流で、行列のできるうどん屋はほとんどこれ。並ぶのが嫌な私はあまり混まない広い店のチェーン店に行く。

私の知るチェーン店は”いきいきうどん”、”はなまるうどん”、”めりけんや”、”まるいち”等。

チェーン店のほとんどは【セルフ】と呼ぶスタイルの店。

”いらっしゃいませ”と歓迎され、黙って座れば注文を聞きに来るのが当然と思っている県外客は、このセルフ方式に初めは戸惑うらしい。

香川県には薬味のねぎは横の畑で取って来て、それを自分で刻んで入れる「そこまで客にやらすか」スタイルのセルフもあるくらいだ。

店に入るとまず積んであるお盆を取る。次に何うどんにするかを店員に告げる。かけうどん、冷やしうどん、湯ダメうどん、ざるうどん、釜揚げうどん、カレーうどん 等など、メニューは多い。次に大事なのがうどん玉の量。

「大・中・小」又は「特大・大・小」とあれば、たいていは3玉、2玉、1玉の順。「大・小」とあっても店によっては大は3玉の所もあるから要注意。でも大が3玉の場合はたいていお店の人が3玉ありますけど・・・と言ってくれる。

その店のうどんの出来を評価するには釜揚げうどんを食うのに限る。釜揚げとは茹で上がったうどんをそのままダシ汁につけて食す。麺のこしとか色つやとか太さ、長さが評価の対象。かまずにつるつると喉越しの食感を味わうのがさぬきうどん通である。

釜揚げを注文すると、たいてい10分くらいは待たされる。そして他のうどんメニューに比べ値段が高い。茹で上がって水洗いもせず、一番手間のかからぬメニューであるにもかかわらずである。鮮度の良さを価格に反映させているせいかも知れない。

Cimg1053

下の写真は、いきいきうどん屋の釜揚げうどん。ダシ汁につけて食す。うずらの卵をダシ汁に割込むがこの卵、ニワトリの卵のようにスパッと割れないのが難点。

Cimg1052

チェーン店と言えどフランチャイズ方式をとっているのだろうか、看板には個性がある。

Cimg1054

ラーメン缶

ラーメン缶の話題をテレビで見た事がある。麺はこんにゃくらしいが缶詰としては良くできているとの評価。

ラーメンの缶詰なんて・・・と誰もが思う。それ故に一度は食ってみたいと思っていたら、会社の同僚に先をこされた。

自販機で売っていると聞いたが、通勤途上では見当らない。それで一缶買って来てとお願いしたら、その後山陽電車江井ヶ島駅付近で自販機を見付けた。

札幌らーめん缶-味噌味の他に醤油味、塩味、おでん缶、うどん缶、中華麺缶、冷麺缶があり、どれも一個300円也。

5月3日に丸亀お城祭りがあって、そこでもこのラーメン缶を見付けた。1ヶ100円也。

Cimg1349

温めて食べた方がいいと言うので、そうして食したが、感想は「・・・・???」。麺がこんにゃくだから仕方ないのかも知れないが、とてもラーメンと思えない。長ったらしいが「らーめん風こんにゃく缶」と命名してはどうだろうか。

さぬきうどん通の私にはうどん缶なんてとてもとても食べる気はしない。

Dvc00009

らせん

蟻の社会から人間社会は見えないものと信じている。

子供の頃、蟻の行く手に溝を掘り穴を作ってそこに水を流し、蟻が大いに慌てる様を、面白がって見たものだ。

蟻にとって降って沸いたような大水は、天変地異の何物でもなかったろうに、私から見ればほんのちょっとしたイタズラだった。

人間社会からは見えないもっと大きな世界があって、そこに住む生命体がイタズラで箸かなんかで地球をチョンと突くと大地震が起こり、手で海水をちょいとかくと大津波が起こる・・・地球に住む我々にとって、それは天変地異の何物でもないが、それを見て面白がっている者がいるかも知れない。

そのイタズラが我々には見えないんだから、一体何が起こったんだろうと逃げ惑う事になる。

鈴木光司氏の小説に何かそんなような設定があった気もする。「らせん」だった?

進化

地球に生命体ができて進化して来た。そして今進化の頂点にあるのは人類。

その人類の進化は今も続いているのだろうか?それともこれ以上の進化はないのか?

アメリカドラマ【Heroes】に出てくるテレポートできるとか他人の考えが読めるとか空を飛べるとか・・・それが進化?

でも考えてみたら、そんな能力を持つのが進化じゃないな~。

それより、地球以外の星に住むのを余儀なくされ酸素なしに生きていける身体になるとか、無重力に適応するとか・・・そんなのが何億年先にみる進化かも知れない。

もっともそれまでに、この地球が一部の愚かな生命体に滅ぼされずに存在していたらの話である。

地球人

東京へ行ったとする。仕事でも何でも初対面の人と話しているうちに、自分と同郷だと分ったとたん、相手にえらく親しみを感じて香川県の何処ですか・・・と方言も交えながらさらに会話がはずむ。

ニューヨークに行ったとする。たまたま会った人が東洋人でしかも日本人だと分かると、何県ですか・・・と東京で同郷の人に会った以上に親しみを感じ、母国語での会話がはずむ。

宇宙に行ったとする。そこで出会った知的生命体の中に地球人を見つけると、地球の何処ですか?エッ南アメリカからですか・・・とニューヨークで会った日本人以上に親しみを感じ、英語での会話がはずむ・・・と想像する。

宇宙で地球人に会った時のような親しみや仲間意識を、今地球で暮す我々が持てば、今の時代にも絶えることの無い戦争やテロはこの地球からなくなるのではなかろうか。

でもやっぱり殺し合いのサガを持つ人類は、相手を宇宙の知的生命体に変えて、スターウォーズを繰り広げているのかも知れない。

それ程人間は、愚かな生き物である。

手紙 ~親愛なる子供たちへ~

5月4日の丸亀お城祭りの時、丸亀ロータリークラブの人から頂いた涙が出そうになる詩を紹介する。

老いゆく親の愛情詩

年老いた私がある日

今までの私と違っていたとしても

どうかそのままの私を理解し受けいれて欲しい。

私が服の上に食べ物をこぼしても

靴ひもを結び忘れても

あなたに色んなことを教えたように見守って欲しい。

あなたと話す時同じ話を何度も何度も繰り返しても

その結末をどうかさえぎらずうなずいて欲しい。

あなたにせがまれて繰り返し読んだ絵本のあたたかな結末に

祝福の祈りを捧げて欲しい。

いつも同じでも私の心を平和にしてくれた。

悲しいことではないんだ 消え去ってゆくように見える私の心に

励ましのまなざしを向けて欲しい。

楽しいひと時に私が思わず下着を濡らしてしまったり

お風呂へ入るのをいやがるときには思い出して欲しい。

あなたを追い回し何度も着替えさせたり様々な理由をつけて

いやがるあなたとお風呂に入った懐かしい日のことを。

悲しい事ではないんだ 旅立ちの準備をしている私に

祝福の祈りを捧げて欲しい。

いずれ歯も弱り

飲み込む事さえ出来なくなるかも知れない

足も衰えて

立ち上がる事すらも出来なくなったら

あなたがか弱い足で立ち上がろうと私に助けを求めたように

よろめく私にどうかあなたの手を握らせて欲しい。

私の姿を見て悲しんだり自分が無力だと思わないで欲しい。

あなたを抱きしめる力がないのを知るのはつらい事だけど

私を理解して支えてくれる心だけをもっていて欲しい。

きっとそれだけでそれだけで

私には勇気がわいてくるのです。

あなたの人生の始まりに

私がしっかりと付き添ったように

私の人生の終わりに

少しだけ付き添って欲しい。

あなたが生れてくれたことで私が受けた多くの喜びと

あなたに対する変らぬ愛をもって笑顔で答えたい

私の子供達へ

愛する子供達へ。

原作詩 不詳

 

ヌートリア

とらのもりさんが、ブログ「何これ」にコメントをくれました。ヌートリアとは知らなんだ。ついでにウキペディアフリー百科辞典で調べたら、「ヌートリア」とはスペイン語カワウソ(の毛皮)を意味するとの事で、「かわうそ? そんなばかな」と書いたのは当たらずとも遠からず。

上は間違いなく
ヌートリアという動物です。

ビーバーとドブネズミを足して
2で割ったような感じです。

この辺りではため池が多いので
見かけることが多いです。
私も初めて見たときは、なにこれ?って
思いましたが、調べてみて分かりました。

ルーツは南アメリカから
軍服の毛皮用として輸入飼育され
それが、自然に繁殖して
広まったそうです。
雑食なのでどちらかというと
嫌われ者みたいです。

鳥は多分
鷺の一種だと思います。
詳しい種類は分かりませんが
羽の部分が灰色っぽければ
アオサギですが。

これも川や池の水辺で
すぐ見かけることが出来ます。

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »