Jou光

  • 親父
    彼は子供の時から絵が上手いと、親の欲目で思っている。目の前でさらさら描かれると、ついつい感嘆してしまう。世の中いっぱい絵の上手い人はいるが、この道で飯が食えるのはスポーツ選手と同じで極一部。でもとにかく趣味でも良いから絵を描くことは続けて欲しいと願っている。

春爛漫

  • ぼけの花
    柿茶の里は徳島県美馬郡つるぎ町に位置する。柿の葉の生産農家へ毎年春と秋に行く。春はことさら美しい。桜が咲き乱れ山の木々が新緑に包まれる。澄んだ青空に身も心も洗われる気がする。

アユタヤ遺跡

  • Pict0266
    1491年に建てられた王族の守護寺院。3つの大きな仏塔には、ラーマティボディ2世と父、兄の遺骨が納められています。 寺院ではありますが僧は居住せず、王の礼拝堂として王族の儀式に使用されていました。この寺院もまた、1767年ビルマ軍により破壊され、16mあったという金で覆われた仏像も金を奪われた後、壊されてしまいました。

暁の寺院 タイ

  • Pict0350
    トンブリ王朝時代の守護寺で最高位の寺院とか。きらきらと輝く陶器の破片に覆われた高さ約79mの大仏塔は、ラマ3世により5年がかりで改装された。朝日を浴びた大仏塔の神々しい姿が”暁の寺”の名前の由来。

ワット・ヤイ・チャイ・モンコン

  • Pict0201
    セイロンへの留学から戻ってきた僧侶のために、1357年初代王ウー・トーンが建立しました。仏教寺院は瞑想の場として使用されていました。現在も多くの仏教徒が訪れ、週末は観光客でにぎわいます。

水上マーケット

  • Pict0116
    ダムナン・サダックの水上マーケット。その昔、”東洋のベニス”と言われたバンコクでは、日常的商取引には運河が利用されてきた。水上マーケットは、古き良き時代の情緒溢れるバンコクの生活を体感させてくれる。 

2008年7月 タイ王宮

  • Pict0429
    白壁に囲まれた20万㎡の敷地内には、1782年に建設された国王の宮殿、即位式の建物、王室守護寺院のエメラルド仏寺院などチャクリー王朝歴代の王により建造・改築された建物が建ち並んでおり、ラマ8世までは実際にここに住まわてていたとか。

涅槃寺

  • Pict0386
    タイ語で Wat Pho(ワット・ポー)と呼ぶこの寺は、ラマ1世が建立したバンコク最大の境内を持ち、バンコク最古の歴史を持つ寺院。本堂には写真のようなリクライニング・ブッダの愛称で親しまれている寝釈迦仏が横たわる。足の裏には螺細細工でバラモン教における108の宇宙観が表現されていると言う。

最近のトラックバック

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

金魚

  • 金魚

ウェブページ

« 真弓 | トップページ | あしたのジョー »

あけび

道の駅【ことなみ】であけびを見つけた。3ヶ120円也。

昔子供達に読んだ本にあけびの名があった。実物を見たのはこれが初めて。

どんな味がするのか興味津々、買ってみた。サツマイモのような皮に、包丁の切り込みが入り白い果肉が見える。

切り口を広げて実を取り出すと黒い種が透けて見え、芋虫のようだ。触った感触も似ていて少し不気味。

一気に口に放り込む。歯ごたえの無いゼリーのようで、甘くもなくすっぱくもない。やたら種が多く歯ですごき吐き出しながら食す。

もう一個と手は出ない。

Cimg2449

皮は捨てたが、後で調べるとこの皮も食べるのだそうだ。

普通は実を捨てて皮を食べるのが多いらしいが、私は逆だった。

Cimg2437

ネットで調べたアケビ 食べ方

アケビの食べ方を知らない人が増えて、種の周りの甘い実を捨てて皮だけを食べているとか。皮や新芽も天ぷらなどの料理でよく使われますが果物としても味わって欲しいので、アケビの食べ方をご紹介します。さらに焼酎に漬ければ栄養ある薬用酒にもなりますよ。

アケビの食べ方を知らない人が増えている?

アケビを知らない人が甘い白い中身を捨てて、紫色の苦い皮だけを食べたという話が最近多くなってきているそうです。たしかに料亭などでは、実ではなく皮を珍味料理として利用していますが、もともとは果物として種を包んだ白い実の部分だけを食べていたんです。でも山がどんどんなくなっていって、子供たちがおやつ代わりにアケビの実を採って食べるという風習がなくなったので、皮を調理するほうがメインになってきているのかもしれませんね。

ちなみにアケビの実の食べ方は白い部分にかぶりついて、ゼリー状の部分の甘味を味わったら種はプッと吐き出すというもの。種の周囲は苦味があるので、あまり噛み砕いてまで食べないほうがいいですよ。

アケビの料理はどんなものがある?

アケビの料理法は皮を細かく切って炒めたり、あけびの皮に詰め物をして蒸し物にすることが多いですね。

天ぷらを作って食べた人の感想によると「もちっとしていて、苦味がある。この苦味はビールに合うと思う」だそうです。味噌炒めなども酒の肴としてよく出されるので、少しくせのある通好みの味なのかもしれません。アケビは皮の部分だけではなく新芽も山菜として好まれ、しゃきしゃきした食感とほろ苦い味が魅力だそうです。

また、アケビにはアケビン、サポニンなどの栄養有効成分が含まれており、利尿効果や鎮痛作用もあり健康食材としても注目を浴びています。漢方薬では「木通」という生薬扱いされており、焼酎でアケビの実を漬け込んだアケビ酒は薬用酒として愛飲する人も多いようです。

アケビは種から蔓まで捨てるとこなし?

秋田県ではアケビの種から油を採っていて、江戸時代から明治時代にかけては高級品として珍重されていたそうです。最近になってまた採取が復活したようですね。

またアケビのつるは丈夫で頑丈なので、かごを編むなどして工芸品の素材として利用されています。でも近年は職人が少なく後継者もいないことと、年々採れる量が少なくなり1ヶ月近くも山に入らなければならないこともあるとか。種から蔓、紫水晶のように美しい実に皮、それに新芽とまさに捨てるとこなしの有難いアケビ、もっと多く栽培して欲しいものですね。

なお、アケビの生産量の大半は山形県に占められているようですが、アケビ狩りを楽しむのなら長野県天龍村の「アケビの里」や青森県弘前市の「森の中の果樹園」がおすすめですよ。

« 真弓 | トップページ | あしたのジョー »

旅に出よ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 真弓 | トップページ | あしたのジョー »