Jou光

  • 親父
    彼は子供の時から絵が上手いと、親の欲目で思っている。目の前でさらさら描かれると、ついつい感嘆してしまう。世の中いっぱい絵の上手い人はいるが、この道で飯が食えるのはスポーツ選手と同じで極一部。でもとにかく趣味でも良いから絵を描くことは続けて欲しいと願っている。

春爛漫

  • ぼけの花
    柿茶の里は徳島県美馬郡つるぎ町に位置する。柿の葉の生産農家へ毎年春と秋に行く。春はことさら美しい。桜が咲き乱れ山の木々が新緑に包まれる。澄んだ青空に身も心も洗われる気がする。

アユタヤ遺跡

  • Pict0266
    1491年に建てられた王族の守護寺院。3つの大きな仏塔には、ラーマティボディ2世と父、兄の遺骨が納められています。 寺院ではありますが僧は居住せず、王の礼拝堂として王族の儀式に使用されていました。この寺院もまた、1767年ビルマ軍により破壊され、16mあったという金で覆われた仏像も金を奪われた後、壊されてしまいました。

暁の寺院 タイ

  • Pict0350
    トンブリ王朝時代の守護寺で最高位の寺院とか。きらきらと輝く陶器の破片に覆われた高さ約79mの大仏塔は、ラマ3世により5年がかりで改装された。朝日を浴びた大仏塔の神々しい姿が”暁の寺”の名前の由来。

ワット・ヤイ・チャイ・モンコン

  • Pict0201
    セイロンへの留学から戻ってきた僧侶のために、1357年初代王ウー・トーンが建立しました。仏教寺院は瞑想の場として使用されていました。現在も多くの仏教徒が訪れ、週末は観光客でにぎわいます。

水上マーケット

  • Pict0116
    ダムナン・サダックの水上マーケット。その昔、”東洋のベニス”と言われたバンコクでは、日常的商取引には運河が利用されてきた。水上マーケットは、古き良き時代の情緒溢れるバンコクの生活を体感させてくれる。 

2008年7月 タイ王宮

  • Pict0429
    白壁に囲まれた20万㎡の敷地内には、1782年に建設された国王の宮殿、即位式の建物、王室守護寺院のエメラルド仏寺院などチャクリー王朝歴代の王により建造・改築された建物が建ち並んでおり、ラマ8世までは実際にここに住まわてていたとか。

涅槃寺

  • Pict0386
    タイ語で Wat Pho(ワット・ポー)と呼ぶこの寺は、ラマ1世が建立したバンコク最大の境内を持ち、バンコク最古の歴史を持つ寺院。本堂には写真のようなリクライニング・ブッダの愛称で親しまれている寝釈迦仏が横たわる。足の裏には螺細細工でバラモン教における108の宇宙観が表現されていると言う。

最近のトラックバック

2022年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

金魚

  • 金魚

ウェブページ

« ほのぼの展 5月 | トップページ | 北向八幡神社 »

六甲山1/4縦走

4月29日 明石沖の船釣り予定が、強風のためリジェクト。風はj強いが青空、家にこもるにはもったいない。2年ぶりに六甲山へ登る。JR塩屋駅を降りて旗振り山を目指す。

登り始めてすぐ【山王神社】に出会う。

Dsc01097

Dsc01095 Dsc01094

Dsc01093 

神社の入口に「鳥居をくぐるときの心がまえ」の看板。曰く、

参拝する時、鳥居から先は神様のいらっしゃる場所(神域)になりますので、まず鳥居をくぐる前に衣服を整え、浅いオジギをして神に敬意を表します。次に水で両手を清め口をすすぎます。

拝殿の前に立ったら、お賽銭を入れ鈴を鳴らします。お賽銭は神へのささやかな貢物を意味し、鈴はその清らかな音色で神さまをお招きし、これから祈願を申し上げますと言う一種の合図のような役割を果たしています。

拝礼は二拝二拍手一拝の順でおこないます。二度深々と頭を下げ、ついで拍手を二度。それから両手を胸の前で合わせて祈願をして、再び深く頭を下げます。このとき清めの言葉を唱えます。

清めの言葉【祓いたまえ、清めたまえ、神ながら守りたまえ、幸いたまえ】

拝礼の後、神社を出るときも鳥居をくぐったところで、社殿の方を向いて一例します。

山王神社の境内神【白菊大明神】

Dsc01098_2

須磨浦山上遊園地(ふんすいランド)に到着。まだ桜の花が残っていて、花のピンクが明石海峡のブルーに映える。

Dsc01101_2 Dsc01099

旗振毘沙門天に出会う。

旗振毘沙門天は信貴山朝護孫子より勧請されたものである。当霊地は摂津と播磨の国境にあたり、国境の毘沙門天は特に霊験あらたかと伝えられている。

古伝では数々の奇跡が伝えられており福徳開運の天王として、商業繁栄にまた聖徳太子御自ら毘沙門天を祀り勝利に導かれた事から学問成就の願かけとして篤く信仰されている。

毘沙門天が寅年、寅の日、寅の刻に突如出現した伝承により、寅の日を祀り日とし、特に正月寅の日を大祀り日とする。

Dsc01122 Dsc01124

旗振山・旗振茶屋に到着。

ここ旗振山(標高253m)は17世紀末江戸中期元禄時代から電信が普及される大正初期まで畳一枚大の大きな旗を振って大阪堂島の米相場を加古川・岡山に伝達していた中径場所であることから「旗振山」と呼ばれる。

旗振茶屋は六甲山の最西端にありJR,山電塩屋駅と山電須磨浦公園からの道が交わる所に位置し、明石海峡大橋、神戸空港を望める茶屋として知られ、毎日登山署名所がある。

創業は昭和六年(1931年)三月、その後阪神淡路大震災で倒壊し平成九年(1997年)五月再建した。

Dsc01129

旗振茶屋でしばし休憩。鉄拐山(234m)経由高倉山へと歩を進める。Dsc01130高倉山のおらが茶屋に到着。そこで持ってきたおにぎりとサンドイッチをほおばる。快晴なれど風強く、多量の汗が気化熱を奪い寒い。

おなかも一杯になり、荷物も軽くなり一気に高倉台へと降下。高倉台は高倉山を削ってできた街とか。

高倉台を抜けると、そこから栂尾(トガノオ)山頂への長い~長い~階段が待っている。真っ直ぐなコンクリート製の階段を登ること約400段、さらに山道を登って頂上へ着く。

Dsc01141 Dsc01146

栂尾山から高倉山、旗振山、鉢伏山を望む。中央は高倉台団地。

Dsc01147

Dsc01150

栂尾山から一旦下って登りかえすと横尾山に至る。

横尾山頂から神戸空港を望む。

Dsc01152

ここからいよいよ六甲の絶景【須磨アルプス】へ。

Dsc01164 Dsc01165

Dsc01168 Dsc01170

Dsc01171_2 Dsc01172

高取山を目指そうとしたが、仲間の足痛で縦走中断。妙法寺駅へ。日を改めて残りの1/4を縦走予定している。

妙法寺へのレンギョウの道。

Dsc01178 Dsc01179

Dsc01183

Dsc01182

« ほのぼの展 5月 | トップページ | 北向八幡神社 »

ぷらりと・・・」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ほのぼの展 5月 | トップページ | 北向八幡神社 »