Jou光

  • 親父
    彼は子供の時から絵が上手いと、親の欲目で思っている。目の前でさらさら描かれると、ついつい感嘆してしまう。世の中いっぱい絵の上手い人はいるが、この道で飯が食えるのはスポーツ選手と同じで極一部。でもとにかく趣味でも良いから絵を描くことは続けて欲しいと願っている。

春爛漫

  • ぼけの花
    柿茶の里は徳島県美馬郡つるぎ町に位置する。柿の葉の生産農家へ毎年春と秋に行く。春はことさら美しい。桜が咲き乱れ山の木々が新緑に包まれる。澄んだ青空に身も心も洗われる気がする。

アユタヤ遺跡

  • Pict0266
    1491年に建てられた王族の守護寺院。3つの大きな仏塔には、ラーマティボディ2世と父、兄の遺骨が納められています。 寺院ではありますが僧は居住せず、王の礼拝堂として王族の儀式に使用されていました。この寺院もまた、1767年ビルマ軍により破壊され、16mあったという金で覆われた仏像も金を奪われた後、壊されてしまいました。

暁の寺院 タイ

  • Pict0350
    トンブリ王朝時代の守護寺で最高位の寺院とか。きらきらと輝く陶器の破片に覆われた高さ約79mの大仏塔は、ラマ3世により5年がかりで改装された。朝日を浴びた大仏塔の神々しい姿が”暁の寺”の名前の由来。

ワット・ヤイ・チャイ・モンコン

  • Pict0201
    セイロンへの留学から戻ってきた僧侶のために、1357年初代王ウー・トーンが建立しました。仏教寺院は瞑想の場として使用されていました。現在も多くの仏教徒が訪れ、週末は観光客でにぎわいます。

水上マーケット

  • Pict0116
    ダムナン・サダックの水上マーケット。その昔、”東洋のベニス”と言われたバンコクでは、日常的商取引には運河が利用されてきた。水上マーケットは、古き良き時代の情緒溢れるバンコクの生活を体感させてくれる。 

2008年7月 タイ王宮

  • Pict0429
    白壁に囲まれた20万㎡の敷地内には、1782年に建設された国王の宮殿、即位式の建物、王室守護寺院のエメラルド仏寺院などチャクリー王朝歴代の王により建造・改築された建物が建ち並んでおり、ラマ8世までは実際にここに住まわてていたとか。

涅槃寺

  • Pict0386
    タイ語で Wat Pho(ワット・ポー)と呼ぶこの寺は、ラマ1世が建立したバンコク最大の境内を持ち、バンコク最古の歴史を持つ寺院。本堂には写真のようなリクライニング・ブッダの愛称で親しまれている寝釈迦仏が横たわる。足の裏には螺細細工でバラモン教における108の宇宙観が表現されていると言う。

最近のトラックバック

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

金魚

  • 金魚

ウェブページ

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月

何!これ!

Cimg3965

ハウステンボス駅から長崎行きの電車に乗った。窓の外を見てドキッとした。大きく口を開けた恐竜?  良く良く見ると手だ!!!

何これ! 誰の手? 

怪奇コメディー”アダムスファミリー”の映画に「ハンズ君」と呼ばれる手だけが動き回るキャラクターが出てくる。何かそれを連想させた。

Cimg4161

電車を降りて分かった。”V・ファーレン長崎”の等身大選手の手が列車のボディーに納まりきらず窓にまで伸びていた。ただそれだけだった。

人騒がせな!

九州の列車

JR四国や西日本,東日本の列車と比べ、JR九州の列車は個性のあるものが多い。

乗務員の服装や帽子もどこか違って見える。

JNR(日本国有鉄道)が民営化され、国鉄時代とは何もかも大きく変わった。駅員の対応しかり乗務員の対応しかりだ。従業員が国の組織にあぐらをかいて威張っていた時代が今は懐かしいほど。

電電公社も郵便局も民営化されて正解。いまだに郵政民営化に異を唱える国会議員もいるが、時代遅れもはなはだしい。

警察だって消防だって民営化すれば良い。きっとやり方が変わるに違いない。今よりは良い方へ。

話しがそれた。今日はJR九州の個性ある列車の紹介。

SEA SIDE LINER

Cimg3973TSUBAME 787Cimg3982_3

Cimg3974

885LIMITED EXPRESS

Cimg3948_2

下の電車はハウステンボスから長崎行き、”V・ファーレン長崎”の応援一色。

Cimg4161_2

賀川豊彦記念館

徳島県鳴門市にあるドイツ館の隣に賀川豊彦記念館がある。神戸で生まれ、鳴門で育った偉人。ガンジー,シュバイツアーと並んで世界の三大偉人と言われるほどの人なのに、恥ずかしながら今回初めて知った。

大衆の生活に即した新しい政治活動,社会運動,組合運動,農民運動,協同組合運動など、およそ運動と名のつくものの大部分は賀川豊彦に源を発していると云っても過言ではないとか。

生協コープの生みの親と言われて身近に感じた。

友愛・互助・世界の平和を求め続けた世界の偉人がこんな近くにいた。

1

2

ハウステンボス

佐世保市にあるハウステンボスはオランダの街並みを再現したテーマパーク。

Cimg3770

子供達がまだ小さい頃、家族で行ったことがある。ハウステンボスがオープンして間もないころの事。

1992年開園と言うから約20年、その間入場者数の減少により経営破綻、会社更生法の適用を受け甦った。東京ディズニーランドとほぼ同規模の敷地ながら、ここはヨーロッパ風の街並みが並ぶだけで、遊戯設備がほとんどないため、家族連れや若者にはあまり魅力は感じられないのかも知れない。少なくとも子供には退屈なところに違いない。

前に来た時の事はあまり覚えていない、変わったと言えば820万個のLEDを使ったイルミネーション、日暮が早い冬のこととて午後5時頃から点灯したその光は圧巻である。

Cimg3900

Cimg3903_3

Cimg3902_3

Cimg3888

Cimg3897

あーとらんどギャラリー

山下高志氏が経営する「あーとらんどギャラリー」では、いろいろな芸術家の作品展を開いている。今日は大島由起子さんの石彫展のご紹介。彼の紹介文をそのまま掲載する。

あーとらんどギャラリーでは、25()から26()まで大島由起子さんの石彫展を開催致します。

大島さんは大阪府堺市に生まれ、武蔵野美術大学造形学部彫刻学科卒業後、彫刻家として東京を拠点に国内外で活躍しておられ、あーとらんどギャラリーでは2008年の「小さな石彫展」に続いての出品となります。

また、初日の25()は午後2時より大島さんを迎え、当画廊にてささやかなオープニングを行います。皆様お誘い合わせの上、ご来廊いただきますようご案内申し上げます。

■□ 大島由起子 展 ■□

会期:201225()26()

時間:午前10:00-午後6:30

休廊:火曜(予約営業)、水曜

会場:あーとらんど ギャラリー

出品:石 彫 ‥‥‥17

作家在廊日:25

ささやかなオープニングを行いますので、お気軽にご出席下さい。

■ 日 時 : 25日(日) 午後2時 ~ 

■ 参加費 無料

Oosima

冬は鍋

ほのぼの展 2012年1月 冬は鍋 中村 文子さんの作品

Photo

三段壁

千畳敷から元来た道を少し後戻りすると、名勝「三段壁」に出る。

Dsc03123

エレベータで地底へ36m下がると、洞窟がある。かって熊野水軍の船隠し場だったとか。

三段洞窟の由来が書いてある、曰く

第五十代桓武天皇の頃、熊野鬼ケ城を本拠とした海賊多賀丸なるものがいた。三段壁もその頃は「みだん」と呼ばれて海上を運行する船の状況を偵察したり、果ては魚群の様子等を岩頭に立ってみる壇だった事から、見だん→三段になったと云われている。

Dsc03158

太平洋の荒波が狭い洞穴に押し寄せ、津波の如く高さを増して岩肌にぶつかる。波しぶきが舞い上がり歩道をぬらす。

打ち寄せる波の圧力で空洞のある岩盤から海水が吹き上がる様は、鯨が潮吹く様と似て豪快である。

洞窟から海の方を見る。こんなに狭い穴に太平洋の波が押し寄せるのだから、時化の時はどんなにすごい事だろうか。

Dsc03159

ずっとずぅーっと若い頃、この光景を見たような・・・前に確か来たことがあるなぁ~。

千畳敷

南紀白浜にある千畳敷

新第三紀層の砂岩からなる、太平洋に面したスロープ状の岩盤。

砂岩は非常に柔らかいため、打ち寄せる波の侵食を受け、複雑な地形を形成している。

その広さはおおよそ4ヘクタールで、畳を千枚敷けるほどの広さであることが名前の由来。

この場所から望む夕日の美しさは非常に有名らしく、広大な太平洋へ沈む姿が素晴らしいと聞いたが、行ったのが朝とて夕日は望むべくもない。

Dsc03096

この日はたまたま虹が出て、ちょっと感動的。虹を見たのはずいぶん久しぶりだ。

Dsc03088

千畳の畳に立ちて 何思う 後姿に 孤独泡立つ  

Dsc03114

Dsc03106

般若心経

川重OBの先輩、宮武さんが書いた般若心経の直筆。 

文字の空白を遠くから見ると「佛心」と読める。言われるまで分からなかった。

Photo

3

Photo

Photo_2

トトロのトンネル

隣のトトロに出てくるメイちゃんが通った木々のトンネル。薄暗いこのトンネルを抜けると潮岬灯台へと続く道に出る。

Dsc03025

なんだか癒される。

潮御崎神社

潮岬灯台を出てすぐ左に折れ、鳥居へ向かって坂道を下ると、神社へ上る石段が見えてくる。

Dsc03008

元旦と言えど、午後も4時過ぎとあって境内は人もまばら。

家族の安全、世界平和を祈願して手を合わす。家族みんなが健康で無事故で過ごせますように、世界が平和でありますように・・・と。

Dsc03015

潮岬灯台の展望台から見た神社。

Dsc03000

神社から見た灯台

Dsc03017

潮岬灯台

本州最南端にある灯台、潮岬灯台。灯台内をお金を払えば上まで登れる。

Dsc02972

北緯33度26分15秒、東経135度45分16秒、 地上よりの高さ23m

この灯台は慶応2年(1866年)江戸幕府がイギリス、フランス、オランダ、アメリカの四カ国と締結した江戸条約で建設が決められた観音埼,釼埼,野島埼,神子元島,樫野埼,潮岬,伊王島及び佐多岬の八灯台のひとつ。

当初のものは英人技師ヘンリーブラントンが設計し、明治2年(1869年)4月着工、一年余り要し翌3年6月完成、同月10日仮点灯した日本初の様式木造灯台だった。

その後、明治6年9月15日正式点灯して業務を開始、明治11年4月15日現在の石造りに改装された。

Dsc02987

灯台からの風景

Dsc02993


Dsc02975

橋杭岩

吉野熊野国立公園の天然記念物。

その昔弘法大師が紀州行脚の際、この地に立ち寄り向かいの大島へ渡るため天邪鬼に手伝わせて橋をかけ始めたが、天邪鬼がくたびれて鶏の鳴き声をまねたので大師も夜が明けたと思って中止したため、その橋杭だけが残ったと言われる。

25の橋の杭のように連なる島と岩。 

左から元島・ゴロゴロ島・黒岩・タコ島・海老島・コボレ岩・折岩・蛭子島・平岩・ハサミ岩・ポオス岩・大オカガミ岩・小オカガミ岩・ビシャコ岩・童子岩・弁天岩・イガミ島・小メ戸コオシ島・辰欠島・馬乗島・大メド沖ノ島・四ノ島・三ノ島・二ノ島・一ノ島

Dsc02943

1400万年前の火成活動に伴い、北北西ー南南東へのびる地層の割れ目にそってマグマが上昇して冷えてかたまり、橋杭岩のもとになったと言われる。泥岩層の間に石英斑岩が貫入、貫入後に差別侵食により、柔らかい泥岩部が速く侵食され、硬い石英斑岩が杭状に残された。

Dsc02944

寒空に鷹の夫婦だろうか親子だろうか。


Dsc02958


ここは串本 向かいは大島 仲をとりもつ~

和歌山を代表する民謡、串本節に唄われる大島。昔は船だったが、今はくしもと大橋で陸続きとなっている。

Dsc02820

ここは串本、向かいは大島、仲をとりもつ巡航船 Dsc02819_2

大島側からすれば”ここは大島 、向かいは串本  ”となる。

実際はこの歌詞が正しく、それが大正以降串本側の宣伝や売り込みの派手さに押され、すっかりお株を奪われたと聞いた。ヘェ~である。

宿泊したホテルから大島がすぐ目の前に見える。串本に来たからには大島にも行ってみたいと思った。くしもと大橋を渡り、串本の方を見渡す。

Dsc03034

くしもと大橋

Dsc03035_2


大島側にも何か観光地があるかと思ったが、閑散とした漁港が広がっているだけだった。

Dsc03031

那智山青岸渡寺

西国第一番札所 天正18年(1590年)建立 熊野地方で一番古い建造物、世界文化遺産。

Dsc02887

説明看板に曰く

当山は仁徳帝の頃(313~399年)インドより裸形上人が熊野の裏に漂着、現在の堂の地に庵を結んだのに始まると伝えられている。

生仏上人が来山し玉椿の大木をもって、現在の本尊(御大約4m)を彫り裸形上人感得の観世音菩薩を胸仏として納め安置す。後推古帝の勅願寺となり、那智霊場の中心として熊野信仰を育んできた。

従って御本尊如意輪観世音菩薩の霊験を受けんとして、日夜礼拝修行する者その数を知らず、又天皇上皇の尊宗も深く、殊に平安時代、人皇六十五代花山上皇が滝の上の山中に庵を造り、三ケ年御修業の後、当山より西国三十三ヵ所観音霊場巡拝の旅に出られた。当時より長きに亘り巡拝のお寺として親しまれている。

当山は古くより那智山如意輪堂と称していたが、明治の神仏分離によってその形態が変わり以来青岸渡寺と称するようになった。

現在の建物は天正十八年、豊臣秀吉公が発願再建されたもので桃山時代様式の建物として南紀唯一の重要文化財である。

三重塔と那智の御滝

Dsc02919

那智の奥、大雲取連山から流れ出る流水が大滝となっていて全山に48もの滝がある。一番高いのがこの那智の御滝で高さ133m、幅13m、滝壷の深さ10m以上とか。Dsc02928 落口の岩盤の切れ目によって三筋に分かれているため「三筋の滝」とも言われる。滝そのものが飛瀧神社の御神体となっている。

この日は水量が少なく迫力に欠けていた。

家族旅行 第2日目

正月の朝、自宅外で迎えたのはもう何年前だろうか。

生憎の曇り空、初日は望めそうもない。今にも雨が降り出しそうな空模様。

ホテルで朝食バイキング、元旦のバイキングは豪華だ。当然お雑煮もあるが、香川のあん餅雑煮は望むべくもない。

いかに大勢の人が宿泊しているかが、バイキング客で分かる。

世界遺産 熊野三山 熊野那智大社へ初詣に出かける事に。那智の滝でも有名な所。

途中、昨年大きな被害の出た台風の傷跡に出くわす。テレビの映像とは比べ物にならない自然の驚異が目の前に広がり、唖然とさせられる。大きな家が傾きいまだ修復もおぼつかない。Dsc028313.11もしかり、自然の前に人間はなす術もない。

途中雨もパラついたが、神社へ到着した頃には時折太陽が顔をのぞかせた。

Dsc02848

Dsc02860

Dsc02861 Dsc02862

熊野のクマとは「奥まった処」「隠れたる処」との意味があり、そこは上座であり、聖なる地と位置づけている。「クマ」と「カミ」とは同じ意味で「クマノ」は「カミの野」で神々の住まえる地だそうな。

初詣客で賑わう境内

Dsc02875

熊野那智大社のすぐ隣には西国第一番札所「那智山青岸渡寺」がある。いざお寺へ。

Photo_2  

家族旅行 第1日目

久しぶりの家族旅行。それも年末年始にかけて。

昨年9月頃そんな計画が持ち上がって、すぐ国民休暇村を当たった。半年前から電話予約ができるらしい。

で、早速娘希望の富士山が見える休暇村に電話。なんともう予約でいっぱい。えっ~そんな。それで候補と思われる休暇村に片っ端から電話した。

結果は同じ。あきらめました、またにしようと。

ある日駄目元で息子に連絡、どこかホテルはないかと。幸い彼の会社と提携するホテルがかろうじて取れた。値段は少々お高いがラッキー。

行き先は南紀白浜。ホテルは「南紀串本ロイヤルホテル」、 初日の出がきれいと聞く。

坂出から串本まで陸路はきつい。それで徳島まで車、そこから和歌山まで船旅と決めた。

船に乗るのは本当に久しぶり。Dsc02777 Dsc02779 Photo朝7時半に坂出出発、徳島港に10時前到着、11時発のフェリーで和歌山港到着13時、そこからはひたすら串本まで車を走らせる。紀三井寺や風車を後にして。串本のホテルに着いたころには日も暮れ始めていた。Dsc02793 Dsc02794

Dsc02823_2 Dsc02796_2 

大きなホテルで部屋も広い。

さあ、明日は元旦、日の出が見られるだろうか。

死語

「チョンガー」って知ってる?と会社の若い人に聞く。 何?それ!と返事が返ってくる。

あぁ~もうこの言葉も死語になっているんだ・・・と知らされる。

昭和42年(1967年)川重に入社した時、”エレチョン会”なるアフター5の会があった。

エレチョン会って何?と聞いた。

先輩曰く、この部署は電気の設計集団、だから電気の英語、エレクトリックの「エレ」と独身の男性を意味する「チョンガー」を合成して「エレチョン」会。

当時はインターネットもなかったから、チョンガーが独身者と言われる訳を知る由もなかった。

今になって調べてみた。

チョンガーとは

  1. 結婚をしない、もしくは、できない独身の男性を指した俗語
  2. 総角の朝鮮語読み。「チョンガッ」(총각、chong-gag)とも表記される。昔の朝鮮で未婚の男性が結っていた髪型で、1.の語源だとする説がある。
  3. 韓国のキムチの種類。チョンガーキムチ

へぇ~、そうか朝鮮語だったんだ・・・。

ついでに死語辞典なるものがネットにあって見てみた。

エグい、色男、いの一番、イチコロなど・・・懐かしい言い回しが並んでいた。そう言えば最近「イケメン」とは言うけど「色男」とは言わない。

話し言葉もその解釈も時代の流れで変わるものだ。「姑息な」の本来の意味は「その場しのぎ」だが今は「卑怯な」と多くの人が解釈している。だから今、姑息はそのような意味で使うしかない。

「イケメン」もそのうち何それ?って言われる時代が来るんだろう。

梶原さんが色紙に書いた干支の竜5点を紹介します。どれもなかなかのもの。

P1

P2

P3

P4

この龍すごい!

P5

2012年年賀状

本年の宜しくお願いします。

昨年は友人の柿茶の社長とNPO法人 健康を考えるつどいを4月に起ち上げました。坂出市江尻町にある健康会館で、太極拳,自彊術,ヨーガ,絵手紙,フラダンス,フラワーアレンジメント,オカリナ教室等のスクールの運営に加え、西式健康法の普及の為の健康合宿や一般対象の講演会活動等を行って来ました。当法人への入会者の顔ぶれと数の多さは、友人がこれまで培ってきた人財の賜物であり、私の知らない彼の偉大な足跡を垣間見た思いでした。今年は、入会して良かったと喜んでもらえる活動や健康に関する情報を幅広く発信していきたと思っています。この奇跡とも言える青い地球に誕生したありとあらゆる命が、大げさですが、毎日元気で笑って過ごせるような世になるよう、僅かでも貢献できればと思っております。

2012

このひし形の干支デザインを使って、今年で丁度ひとまわりしました。早12年が経った・・・て、感じです。

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »