Jou光

  • 親父
    彼は子供の時から絵が上手いと、親の欲目で思っている。目の前でさらさら描かれると、ついつい感嘆してしまう。世の中いっぱい絵の上手い人はいるが、この道で飯が食えるのはスポーツ選手と同じで極一部。でもとにかく趣味でも良いから絵を描くことは続けて欲しいと願っている。

春爛漫

  • ぼけの花
    柿茶の里は徳島県美馬郡つるぎ町に位置する。柿の葉の生産農家へ毎年春と秋に行く。春はことさら美しい。桜が咲き乱れ山の木々が新緑に包まれる。澄んだ青空に身も心も洗われる気がする。

アユタヤ遺跡

  • Pict0266
    1491年に建てられた王族の守護寺院。3つの大きな仏塔には、ラーマティボディ2世と父、兄の遺骨が納められています。 寺院ではありますが僧は居住せず、王の礼拝堂として王族の儀式に使用されていました。この寺院もまた、1767年ビルマ軍により破壊され、16mあったという金で覆われた仏像も金を奪われた後、壊されてしまいました。

暁の寺院 タイ

  • Pict0350
    トンブリ王朝時代の守護寺で最高位の寺院とか。きらきらと輝く陶器の破片に覆われた高さ約79mの大仏塔は、ラマ3世により5年がかりで改装された。朝日を浴びた大仏塔の神々しい姿が”暁の寺”の名前の由来。

ワット・ヤイ・チャイ・モンコン

  • Pict0201
    セイロンへの留学から戻ってきた僧侶のために、1357年初代王ウー・トーンが建立しました。仏教寺院は瞑想の場として使用されていました。現在も多くの仏教徒が訪れ、週末は観光客でにぎわいます。

水上マーケット

  • Pict0116
    ダムナン・サダックの水上マーケット。その昔、”東洋のベニス”と言われたバンコクでは、日常的商取引には運河が利用されてきた。水上マーケットは、古き良き時代の情緒溢れるバンコクの生活を体感させてくれる。 

2008年7月 タイ王宮

  • Pict0429
    白壁に囲まれた20万㎡の敷地内には、1782年に建設された国王の宮殿、即位式の建物、王室守護寺院のエメラルド仏寺院などチャクリー王朝歴代の王により建造・改築された建物が建ち並んでおり、ラマ8世までは実際にここに住まわてていたとか。

涅槃寺

  • Pict0386
    タイ語で Wat Pho(ワット・ポー)と呼ぶこの寺は、ラマ1世が建立したバンコク最大の境内を持ち、バンコク最古の歴史を持つ寺院。本堂には写真のようなリクライニング・ブッダの愛称で親しまれている寝釈迦仏が横たわる。足の裏には螺細細工でバラモン教における108の宇宙観が表現されていると言う。

最近のトラックバック

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

金魚

  • 金魚

ウェブページ

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月

ほうれん草

猫のひたいしかない我が家の庭でも野菜作りが楽しめる。それどころか食べ頃になっても食するに困る。

食べても食べてもなくならない。毎日ほうれん草と水菜ばかりは食えぬ。

Dsc03730

冬の寒い時期が過ぎ、そろそろ春めいて来た今日この頃、茎が伸びはじめた。そろそろ子孫繁栄の菜の花を咲かす準備を始めたようだ。

大根やカブの菜の花を毎年咲かせる。種を取るわけでもないのに・・・。今年はほうれん草と水菜の種ができそう。どうする???

体が硬い

自彊術の佐野先生にしても、真向法の先生にしても、とにかく体が柔らかい。

足を真直ぐに伸ばして座り、真横に広げ、上半身を曲げると床に顔が着く。下図第三体操。

Photo

直立して膝を曲げず上半身を曲げて手の平が床に着く。

何とも柔らかい。私など足を真横に広げるなんてとんでもない。せいぜい120°がMAXでその時も上半身は垂直でいられない。後ろに手をついてやっと。

ためしてガッテン!のテレビで血管の柔らかさは体の柔らかさに比例すると言う。

体の柔らかさは筋肉の柔らかさの象徴、血管も筋肉だから体が硬いと血管も硬くなっていると。

そこで筋肉のストレッチが大事、私もストレッチを始めた。

まずは直立し膝を曲げずに上半身を曲げるストレッチ開始。手先が床上10㎝~15㎝までしか曲がらない、体が硬過ぎる。

これを一年続けると結果はどうなる。一年過ぎてまた生きていたら報告する。

2月26日(日)

今日は丸亀走友会の集まりで、朝5時半起床,6時半丸亀城集合,約1時間土器川沿いをジョギングして来ました。

帰りに散髪して、洗濯して、今フェースブックの使い方をネット検索して読んでいます。

昼になったらビールを飲んで、韓国ドラマを見て・・・今日一日はゆっくりです

笑いと健康

今日、坂出市医師会主催の健康教室講演会が坂出グランドホテルであった。

500席用意された椅子は満席。この講演会は人気があって毎年大勢の人が押しかける。

今日は中央群馬脳神経外科病院理事長でもあり、落語家でもある中島先生のお話、題して「笑いと健康」。

医師でもあり、十代目桂 文治門下で「桂 前治」を名乗るれっきとした落語家と言うからすごい。Dsc03716_2

前半は医師として笑いの医学的効果を説明。

笑いの効果として、まず運動効果がある事。

笑うと血圧が10ほど上がり有酸素運動をしたのと同じ効果、血糖値が下がり超悪玉コレステロールも下がる。

二つ目は免疫力が上がる事。

血液をさらさらにするには玉ねぎを沢山食うのも良いが、笑うのが一番良い。

水を飲むのも血液サラサラになる。水代わりにお茶でも良いように思うが緑茶にはカフェインが入っているのでダメと言う。その点、柿茶®はカフェインゼロだから、水替わりに飲めるし柿茶®の方が断然うまい。Object1_2
西式健康法でも水と柿茶®を飲めと説いている。

「脳天気が一番良い、バカは風邪をひかない、でもバカは夏風邪をひく」とか。

後半は落語を聞かせてくれた。病院での診察風景を面白可笑しくしゃべってくれて、大いに笑った。

今日は少し免疫力がUPした。

Photo

Dsc03728

確定申告

平成23年度の確定申告を昨日(2012年2月23日)してきた。

還付金は約1万円、毎年同じくらい。パソコンを使い昨年のデータを引用して作成できるので1時間もかからない。

便利な世の中になったものだ。

坂出税務署に提出し、控えをもらって昨年度分と一緒にファイルしようと、去年提出した日付をみた。奇しくも2月23日、今年の提出日と同じ。

へぇ~こんな偶然もあるんだ。

氷見

氷見は高岡駅を始発とする最終駅。だから先に続く線路はない。

Dsc03623

駅を降りるとこの日に泊まる宿の車が待っていた。Dsc03606

車中から「ハットリ君とその仲間たちに会える街 氷見」の看板が見えた。氷見とハットリ君とはどんな関係?

アトで分かった、忍者ハットリくんを描いた漫画家・藤子不二雄A氏は氷見の出身で、それに因んだもの。

2004年(平成16年)よりJR氷見線,城端線で忍者ハットリ君列車の運行が始まったそうだが、残念ながら今回の旅でその電車には会えなかった。Photo

氷見名物は寒ブリ、氷見の寒ぶりは脂が一番のった今時期(11月~3月)水揚げされ、その美味しさで全国ブランドになっていると聞いた。

今回の旅行目的はこの寒ブリを味わうこと。

ホテルで寒ブリづくしの料理を堪能、寒ブリのお造りから始まり、しゃぶしゃぶ,最後の〆は寒ブリの照り焼きときた。

Dsc03616

大きなお風呂に入れるのは宿泊の醍醐味、この日は雪が降りしきる中で露天風呂に浸かった。幻想的で、贅沢感のある入浴だった。

おまけ  

高岡から氷見へ行く途中「雨晴」と書く駅がある。何と読む・・・アメハレ?アマハレ? 

正解は”アマハラシ”

Dsc03624

「雨晴」の名は、京都から東北へ逃亡する源義経が、この近くの岩陰(義経岩)でにわか雨が晴れるのを待ったことに由来すると言われている。

富山

坂出から岡山までマリンライナー、岡山から姫路まで各駅停車、姫路から長浜まで新快速電車と、ここまで急行・特急利用せず。

新快速電車は急行列車みたいなもの、非常に便利。

新大阪から京都まで途中「高槻」しか停まらない。大阪⇔京都間を新幹線利用するのは馬鹿げている。

新快速の終点、長浜から特急「しらさぎ」へ乗り換え。

琵琶湖の西側を走る湖西線だと相生から敦賀まで新快速電車で行ける、感動もの。所用時間も約3時間半と暇人には丁度良い時間。帰りはこの電車に乗ろう。

長浜までそんなに雪は積もっていない、どの辺から雪景色になるのか?興味深々。

Dsc03471

長浜を出て北陸へと特急はひた走る。そろそろ雪景色一色になって来た。

Dsc03497

Dsc03485

富山駅に着いた頃は抜けるような青空が広がる、いい天気・・・大雪と聞いていたのに。

Dsc03504_2

駅はあいにくの改装中。駅前に路面電車の線路が見える。ここにも長崎や岡山,高知にあるような電車が走っているんだ~。

Dsc03520_2

Dsc03570

富山県庁舎に展望室があると聞いて上ってみた。エレベータに乗り、8階で降りるとそこには立山連峰の素晴らしいパノラマが展開していた。

快晴とあって立山が間近に迫り大迫力。

Dsc03540

Dsc03543 Dsc03558

富山県庁(中央)

Dsc03559

富山城

Dsc03567

戦国時代には佐々成政の居城であり、江戸時代には富山前田家の230年間の居城として、富山藩政の中心だったお城。石垣の築造技術がすばらしく、歴史的価値の高いお城。

この城跡が「富山城址公園」として整備され、市民の憩いの場となっているとの事だが、行った時には改修工事中。

春のきざし

2012年2月 中村 文子氏作

201203

白えび

せっかく富山まで来たんだから富山名物を食おう。 美味いもんは?

”白えび” 

Dsc03512

780円の白えび天丼を注文

Dsc03507

まぁ普通のえび天丼の味、えびの種類が白えびと言うだけ・・・と味音痴の私は思った。

Dsc03508

万引き

富山市内のとある大通りを歩いていたら交差点で信号につかまった。

立ち止ったところに雑貨店があって、トイレットペーパーやティシュペーパー,洗剤などを並べている。

それらが、ガラス越しに並ぶのなら当たり前だが、外へむき出しに商品を並べている。

えっ!何と無防備な・・・黙って持って行かれても店の人は気付かないのでは?

富山には万引きする人はいない? それともここの店主は性善説?

Dsc03595_2

高岡大仏

奈良大仏は天平勝宝四年(752年)、高岡大仏は承久三年(1221年)頃、鎌倉大仏は寛元四年(1246年)創建され、いずれも非常に長い歴史がある。

その三大仏のひとつ。

Dsc03640

高岡は梵鐘・銅像・花器・茶器・美術作品など様々な銅器製品の産地で、国内シェアーが90%を超える日本一の銅器の町。この町の象徴として30年の歳月をかけ青銅大仏が1932年完成。総高15.85m、重量65トン。すべて地元の手による大仏で、顔立ちのいいことでは日本一の大仏様と言われている。

Dsc03641 Photo_3

Dsc03643 Dsc03642

Photo_5 Dsc03646

 

土蔵造りの町並み

高岡駅から歩いて約10分、土蔵造りの町並み”山町筋”に至る。

明治後期の大火後に建てられた土蔵造りの旧家が42棟建ち並ぶ。明治時代の優れた防火建築が今にその姿を残す全国でも珍しい通りとか。

Dsc03656

Dsc03658

雪の降りしきる町並みは、また違った風情に違いない。

Dsc03654

高山最大の祭り「高山御車山祭」が繰り広げられるのがこの山町筋界隈だそうな。

高岡山 瑞龍寺(国宝)

瑞龍寺は高岡の町を開いた加賀藩二代目藩主 前田 利長公の菩提寺。

三代目藩主 利常が兄 利長への深い恩から、寺は加賀120万石の威信をかけた一大事業として約20年の歳月をかけて建立されたと言う。

Dsc03671

お寺の前に立つと、一直線に位置する法堂・仏殿・山門・総門を結ぶ伽藍は、荘厳にして格調高く、その美しさは際立っている。

Dsc03678_2

総門(重要文化財) ↓
 
Dsc03674

山門(国宝) ↓

Dsc03679

Photo

山門の金剛力士像

Cimg4216Cimg4217_3

仏殿(国宝) ↓ 仏殿の屋根は重さが47トンと言う鉛板葺で、全国でも金沢城の石川門と瑞龍寺だけ。

Cimg4223

雪のない仏殿は ↓

Photo

法堂(国宝) ↓  境内第一の大建築、総檜造り。

Cimg4229

Photo_2

33間(100m)もある回廊  山門から右回りでも左回りでも法堂へと続く。回廊の途中に禅堂や大茶堂,鐘楼,大庫裏(オグリ)を配する。

Cimg4228

禅堂前にある木魚、座禅中の何かの合図に使うのか?

Dsc03685

八丁道

瑞龍寺から前田利長の墓所を結んだ参道は、その長さが約八町(870m)あることから、八丁道(ミチ)と呼ばれる。

Dsc03690

瑞龍寺を参拝しての帰り、昼時ともなりお腹もへった。すぐ近くに「まちの駅 たかおか 懐石・精進料理 清風」なるお店があって、入ってみた。

ちょっと小奇麗なお店。お昼時にてほぼ満席、カウンター席をゆずってもらい何とか座れた

Dsc03689

日替わり定食を頼む。コーヒー付きで980円也。

Dsc03688

とても美味で、ボリュームもあった。コーヒーに羊羹までついて・・・これで980円とは安い!

このお店、地元の方々の語らい場所か?

雪の八丁道

Dsc03668

加賀100万石の礎を築いた前田 利家の長男で二代目藩主の前田 利長公の像もこの道に。

Dsc03670

雪だるま

自動販売機の横に、空缶、空ビン、空ペットボトル回収箱が並ぶ。

が降り積もり人顔に変身。

Cimg4238

手前は笑っていて、何とも微笑ましい。高岡駅にて。

日枝神社

山王さんの名で富山市民に親しまれる富山市一番の大社。佐々木氏、前田氏と歴代の城主も崇敬し、富山城下の産土神。

Dsc03578

Dsc03580

Dsc03583Dsc03582

雪の残る神社はまた格別の趣がある。

Dsc03584

Dsc03585_3

Dsc03590

Dsc03587_4

6月1日、2日の大祭は山王祭りとして全国に知られ、約千軒の露店が立ち並び賑わいを見せるとか。

ICOCAカード

イコカカードは2003年11月にサービスを開始したJR西日本が発行するICカード。プリペイドカードでお金をチャージしておけば切符代わりに使える他、最近はこのカードで支払いもできる店が増えて来ている。

Dsc03460

2005年に明石の会社にお世話になった時からこのカードを使い始めた。今では現金じゃなく、クレジットカードからチャージできるスマートイコカカードも持っている。

現金チャージ用のカードは会社業務で使用する時、スマートイコカはプライベイトで使用する時と区別している。

今、JR四国にはこんなカードはない。ところが今年の春から四国でもこのイコカカードを使用できるようにすると言う。岡山からこのカードを使って来るお客を増やそうとのねらい。

それに先立ち2月7日から四国内のローソンで使えるようになった。

車内にその宣伝があってはじめて知った。カード保有者には朗報である。

越中富山のまんきんたん

富山は薬の行商で有名、だったと言うべきか。私が子供の頃、薬袋が吊るしてあってその中に胃薬とか風邪ぐすりとか入っていたのを覚えている。行商人が何カ月おきかに家にやって来て薬を入れ替えて行った。

今とは違って薬局なんてそんなに無かった時代、富山の薬売りは大きなニーズがあったに違いない。

いつ頃からなくなったのだろうか?今でもあるのだろうか。調べてみた。

富山県は江戸時代には前田家100万石の城下町として大変栄え、藩の奨励から発展して現代に至る越中富山の薬の行商は、およそ300年の歴史があります。

「毒消しはいらんかえー、越中富山の万金丹!」というかけ声で、富山の薬の行商は全国を歩きました。

多様な諸症状に効能がある数多くの薬を訪問先の家庭に置いておき、半年後に使用した分だけ料金を払うというシステムが脈々と受け継がれ、より発展した形で現代の今でも存続しています。

今でもあるんだ

富山市内に老舗の店があると言うので行ってみた。

Dsc03573

店内に入ると”越中反魂胆”

Dsc03574

子供の頃に見たような薬袋が並んで・・・へぇ~懐かしい。

Dsc03575

Dsc03576

雪国

北陸へ旅をした。

今年の雪は半端じゃないと毎日テレビで報じられる。雪下ろしで屋根から落ちて死んだとか、雪の下敷きになったとか。

そんな雪国へ、富山・高岡・氷見の町へ。

雪対策のひとつ雪吊(ゆきづり or ゆきつり)は、雪が付着することで、樹木の枝が折れないように、樹木の幹付近に柱を立て、柱の先端から各枝へと放射状に縄を張る。

金沢の兼六公園の雪吊風景が有名だが、宿泊した氷見のホテルにも雪吊があった。

Dsc03612

雪対策をしないと雪の重みで木々が押し潰されあわれ。

Dsc03569

雪がどれほど重いか、重さに耐えかね支柱が折れていた。

Dsc03596

現地で見つけた雪対策、まず誰でも使えるようにと横断歩道を渡った角にスコップが設置。

Dsc03634

道路に3m間隔くらいで水噴射口があり四方へ勢い良く飛び出している。車には良いかも知れぬが歩行者にはえらい迷惑、靴に入るは顔にまでかかるは・・・  

Dsc03638_2

Dsc03639_2

Dsc03653

お寺の境内では穴開きビニールチューブから水が・・・・これって田んぼの散水用チューブ?

Dsc03644

信号機は縦に、こんな高さまで積雪???あるかも・・・。

Dsc03611_2

Cimg4235_3

駅のホームでは駅員さんが雪かき、ホーム下ではレールに向け放水。

Cimg4258

瑞龍寺のボランティアガイドさんに「雪景色は風情があるよね」って言ったら「私らうんざりですわ」と吐き捨てるように言われた。  ごもっとも。

うどん県

両景橋を東に向い走っていたら、バスが見えた。バスの横と後ろにに要 潤さんの写真とともに大きく「うどん県 それだけじゃない 香川県」と書いてある。

Dvc00002

うどん県なんて誰が言い出したんだろう? 調べてみたが良く分からない、どうも年明けうどんと言いだしたさぬきうどん振興協議会か???

香川県のバックシートを背景に要 潤さんのテレビCMが流れた時、本当にうどん県に改名したのかと思った。

Udon

何と香川県知事も思い切った決断をしたもんだ、でも悪くないと思った。

「香川はうどん県、それだけじゃないが、やっぱうどん県」。

うどんは他の県ではまずくて食えない。

坂出駅前に”讃岐うどん味めぐり”の琴参バスが停まっていた。やはり「うどん県」のCMが。

Dsc03458

Dsc03457_3

第35回オリーブマラソン大会

第35回オリーブマラソン大会の案内が早くも届いた。開催日は5月27日(日)。

今年は行けそうにない、いや行けない。

と、言うのも5月26日(土)はNPO法人健康を考えるつどいの第11回健康を求めての講演会があり、その夜は懇親会、翌27日は遠方からわざわざうどん県まで来てくれた人達へ香川の良さをPRする観光を企画。

毎年この大会には参加しているのに、残念! でもこの大会、高知の安芸マラソン大会と違い連続出場 の表彰がないから、まぁええか~。

35

ドリーマーズ 収録

今日、柿茶®で西日本放送(RNC)の番組、「ドリーマーズ ~地方時代のリーダー達~」のテレビ収録があった。

柿茶®の社長、井上 信幸氏がこの日のリーダー。この番組のコンセプトは、

「地方の時代」が叫ばれる中、ふるさと香川・岡山のリーダー達は自分達の企業・組織、そして自身の生き方をどうしようとしているのか?経済分野、モノ作りの現場、さらには地域に根ざした文化・芸能・スポーツなど、様々なジャンルでどういう方向を目指しているのか?香川・岡山で活躍しているリーダー達にスポットをあて、未来の方向性、リーダー論、生き方、こだわりに迫る ・・・ と謳っている。

インタービューのアナウンサーは鴨居 真理子氏、美人だ ・・・ 社長もあがらなければいいが????

収録風景

Dsc03399

収録中の井上氏と鴨居アナウンサー

Dsc03446

筋書きが用意されているが、話し好きの社長のこととて、しばしば脱線する。すぐチェックが入ってやり直し。でも結果的にはなかなか良い内容、さすが社長。

放映時間は10分くらいと聞くが、収録は1時間以上かかった。3月4日(日)11:45~12:00放送予定。 西日本放送(RNC)を是非見てください。

Dsc03455

塩入り温泉

仲多度郡満濃町にある塩入り温泉。初めて行った。高松信用金庫の支店長が交代すると言うので歓送迎会をやろうと言う事になった。

温泉と併設したふれあいロッジがあり、4人~10人宿泊できる。本格的なログハウス造り。夏ならこのロッジも混んでいるんだろうが、真冬のこの時期平日ともあって利用客はほとんどいない。

Dsc03354

10人棟で平日一泊3万円と安い。そのかわりセルフサービス、使用した寝具や食器は元通りにしなければならない。

この日は全部で8人、男ばかり。料理は手のかからない、しゃぶしゃぶとキムチ鍋をする事にした。

酒がはずんで盛り上がったが、とにかく寒い。ログハウスとて天井が吹き抜けで、石油ストーブ1台とエアコン1台だけでは追っかない。

外には何もない。早めに就寝、寝ていてもとにかく寒かった。

Dsc03357

ふれあいロッジと塩入温泉のパンフ、一度利用してみて下さい。

1

2

第18回天狗マラソン大会

今年で18回目の天狗マラソン、今年も参加した。初回からずっと15Kmにエントリーしてきたが、昨年より 5Kmに変更。ずいぶん楽になった。いつもなら丸亀走友会の面々も数人参加するのだが、今年は私だけ。

Rimg0011

今年から坂出ブランド商品の展示即売Rimg0013コーナが

新設され、柿茶®の販売も。それでスタート前の時間つぶしができた。

Rimg0021 

Rimg0001 Rimg0002

マラソン大会は18回目だが、天狗まつりは21回目。16回目からポスターがある。漫画チックな画もあれば、妙にリアルな画もあって面白い。

Rimg0015 Rimg0018 Rimg0016

18

思い込み

明石の大久保駅から乗車、岡山駅に着いたのは16時10分過ぎ。乗り継ぎのマリンライナーは? 丁度発車したばかり。えっ30分も待つの?

出発案内の電光掲示板を見た。各駅停車の電車があった。慌てて飛び乗った。この電車、児島行き、児島行きと勝手に思い込んでいた。

茶屋町駅に到着。「瀬戸大橋線にお乗換えの方は、この駅でお降り下さい~」のアナウンス。

何も、ここで降りて待たなくても児島駅で・・・と、まだ思い込んでいた。

茶屋町駅を出て、何かおかしいと初めて気付いた。児島へ行くには茶屋町からトンネルを3っくぐる。トンネルに入る筈なのに???

やっと間違いに気付いた。この電車、児島行きじゃなくて宇野行きなんだ・・・と。

慌てて次の駅で降りる。無人駅の彦崎駅。

折り返しの電車は?時刻表、時刻表っと・・・、あった。幸い16時~19時代は30分おきにある。20分くらい待って茶屋町行の電車に乗れた、やれやれ。

回り道をしたおかげで、帰宅は1時間以上延びた。

それにしても、思い込みと加齢は恐ろしい。

ポイント

JR西日本が発行する”J-west”カードを使っている。

どこのカードでも同じだが、使った金額に応じてポイントが貯まる。200円で1ポイント。

J-Westカードは3,000ポイント、5,000ポイント毎に、ポイントをSMART ICOCAへチャージできる。

チャージしたポイントは電車代でも使えるし買い物にも使えて便利。

最近5,000ポイント貯まったからイコカカードへチャージした。

Icoca_2

ポイントが貯まるからカードを使うのがお得とは言えど、5,000ポイント貯めるのに100万円もカードを使ったと言う事か。  えっ~そんなに!

年賀状当選番号

毎年120枚くらいの年賀状を出し、ほぼ同数の年賀状を受け取る。

それで毎年2~3枚は4等のお年玉切手シートが当たる。 2_2

4等は下二桁が合えば良い。確か2~3年前は下二桁の組合せが3種類あったのに、いつからか2つに減った。日本郵便も予算不足か。

組合せは減ったが、私の場合当たり枚数はそう減ってない、不思議だ。

今年は4枚も当たった。内一枚は余った年賀状、残り3枚は・・・その差出人を見て驚いた。

120枚ほど来た中で当った差出人は、全員株式会社システムハウスの面々。

こんな事もあるんだね~。

Photo

会社宛に18枚の年賀状が届いた。内1枚当たり! 確率5.6% すごい~。

年賀状

手作りの年賀状は味がある。そんな年賀状を紹介。

梶原 和雄さんからの年賀状

Photo_2


内海 節子さんからの年賀状
Nenga
岡田 信 さんからの年賀状 

Photo

水仙

井上 尚代さんの作品 2012年2月

Suisen_2



2012年丸亀国際ハーフマラソン

県立丸亀競技場を出て県道33号線を東に辿り坂出駅近くで折り返す21.0975Kmのハーフ。

数年前に公認コースとなり有名人が来るようになり、時間制限も3時間に延びたこともあって、参加者は増加傾向にある。なんと言っても有名アスリート達の走りを見るのは楽しみ。

何年も前に一度だけエントリーした事がある。地元のレースとあって沿道に知り合いも多く、私のように遅いランナーは恥ずかしくて走れない。

いつも5Km地点で応援する。今年TOPで来たのはケニアのマシュー・キンリオ

Dsc03323


埼玉県庁の市民ランナー、川内選手の姿も。

Dsc03328

とにかく走りが違う、私のようにペタペタと音はしない。サクサクって感じの走りだ。

Dsc03330


キンリオがTOPで帰って来た。

Dsc03342


一般参加は15分遅れのスタートとは言え、往路は長く続くランナー達であふれる。

Dsc03345


Dsc03349


いい加減見飽きたところで、沿道沿いの餃子の王将にてちょっと一杯

柿茶®のペットボトル

柿茶®のペットボトルがキヨスクで販売開始。

昨年11月に新発売してやっと店頭に並ぶ事になった。今のところJR坂出駅のキヨスクでしか売っていない。

「カフェインゼロだから赤ちゃんも飲める」、「無農薬,無添加」、「60年以上続いた伝統の味」が売り言葉。

ほんのり甘くて飲みやすい、利尿効果抜群でお酒の後に飲むのが良い。是非お試しを。

”OAK=(O)お酒の(A)後には(K)柿茶®”

Dvc00001

Dvc00004_3

Dvc00005_3

2月のこんぴらさん

2月4日(土)毎月恒例のこんぴらWalk、丸亀郡家の冨上宅から奥社まで歩く。

もう2年以上続けているが、2週続けてこんぴらさんへ行ったのははじめて。そして雪景色のこんぴらさんもはじめて。

昨日降った雪が溶けず、こんぴらさんは銀世界。石段にも雪が残り滑らないように滑らないようにと歩をすすめた。

Dvc00006


Dvc00011


誰が作ったのか、雪だるま うまく作ってある。

Dvc00014


Dvc00024

奥社へ辿り着く。

Dvc00018


無事滑ることもなく帰宅できた。神の御加護、ありがたい。

東長寺

博多駅周辺にはお寺がたくさんある。観光パンフレットに載っている東長寺を訪ねた。

寺伝によれば、大同元年(806年)唐から帰国した空海の創建とされる。福岡藩主・黒田家の菩提寺で、弘法大師創建のお寺としては日本最古。木造坐像では日本最大級の福岡仏像がある。また福岡市指定の文化財・六角堂も有名とか。

Cimg4196

Cimg4195

六角堂

天保13年(1842年)博多で薬や油を扱っていた豊後屋栄蔵は各地の商人より浄財を募って、名古屋の堂宮大工 伊藤平左衛門を招き工事に当たらせ、完成すると東長寺に寄進した。

この六角堂は正面が広く変形の六角で礼拝しやすくされたもの。屋根は珍しい本瓦行基葺で、九州に於いては国東の富貴寺があるのみ。

中の六角形の厨子扉には当時の日本を代表する文人 墨客の書画が彫刻され六体の仏像が安置されている。

Cimg4193

Cimg4185

厳寒

温暖化が叫ばれている中、今年の寒気は異常なほど強い。毎日大雪のニュースがテレビで流れる。

1月28日今年初のこんぴらWalkに行った。こんな寒い中、春は確実に近づいている。

Dsc03316

早くも梅の花がちらほらと。

Dsc03317

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »