Jou光

  • 親父
    彼は子供の時から絵が上手いと、親の欲目で思っている。目の前でさらさら描かれると、ついつい感嘆してしまう。世の中いっぱい絵の上手い人はいるが、この道で飯が食えるのはスポーツ選手と同じで極一部。でもとにかく趣味でも良いから絵を描くことは続けて欲しいと願っている。

春爛漫

  • ぼけの花
    柿茶の里は徳島県美馬郡つるぎ町に位置する。柿の葉の生産農家へ毎年春と秋に行く。春はことさら美しい。桜が咲き乱れ山の木々が新緑に包まれる。澄んだ青空に身も心も洗われる気がする。

アユタヤ遺跡

  • Pict0266
    1491年に建てられた王族の守護寺院。3つの大きな仏塔には、ラーマティボディ2世と父、兄の遺骨が納められています。 寺院ではありますが僧は居住せず、王の礼拝堂として王族の儀式に使用されていました。この寺院もまた、1767年ビルマ軍により破壊され、16mあったという金で覆われた仏像も金を奪われた後、壊されてしまいました。

暁の寺院 タイ

  • Pict0350
    トンブリ王朝時代の守護寺で最高位の寺院とか。きらきらと輝く陶器の破片に覆われた高さ約79mの大仏塔は、ラマ3世により5年がかりで改装された。朝日を浴びた大仏塔の神々しい姿が”暁の寺”の名前の由来。

ワット・ヤイ・チャイ・モンコン

  • Pict0201
    セイロンへの留学から戻ってきた僧侶のために、1357年初代王ウー・トーンが建立しました。仏教寺院は瞑想の場として使用されていました。現在も多くの仏教徒が訪れ、週末は観光客でにぎわいます。

水上マーケット

  • Pict0116
    ダムナン・サダックの水上マーケット。その昔、”東洋のベニス”と言われたバンコクでは、日常的商取引には運河が利用されてきた。水上マーケットは、古き良き時代の情緒溢れるバンコクの生活を体感させてくれる。 

2008年7月 タイ王宮

  • Pict0429
    白壁に囲まれた20万㎡の敷地内には、1782年に建設された国王の宮殿、即位式の建物、王室守護寺院のエメラルド仏寺院などチャクリー王朝歴代の王により建造・改築された建物が建ち並んでおり、ラマ8世までは実際にここに住まわてていたとか。

涅槃寺

  • Pict0386
    タイ語で Wat Pho(ワット・ポー)と呼ぶこの寺は、ラマ1世が建立したバンコク最大の境内を持ち、バンコク最古の歴史を持つ寺院。本堂には写真のようなリクライニング・ブッダの愛称で親しまれている寝釈迦仏が横たわる。足の裏には螺細細工でバラモン教における108の宇宙観が表現されていると言う。

最近のトラックバック

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

金魚

  • 金魚

ウェブページ

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月

心配

今日、昨日起した交通事故のブログを書いた。

早速、丸亀走友会の会長、梶原さんから電話があった。私を心配して。

嬉しかった。

私の拙いブログをいつも見てくれる嬉しさ、私の体を心配してくれる嬉しさ。

人生まんざらじゃない!

父母も含め、親しい人があっちの世界に増えたとは言え、まだまだこっちにも未練は残る。

それが無くなったら勇んであっちへ行こう。

白い恋人パーク

白い恋人パークは、北海道銘菓「白い恋人」の製造工程やお菓子作りの体験工房、さらにはおもちゃの展示室,ローズガーデン,札幌からくり時計塔などがある一種のテーマパーク。

大勢の観光客で賑わっていた。

Dsc06939

Dsc06943

↓ 製造工程の見学

  Dsc06953

”白い恋人”の名前の由来は、歩くスキーを楽しんで帰宅した創業者が、何気なく言った「白い恋人たちが降って来たよ」から命名されたと言う。

吉本興業が「面白い恋人」を発売した時、商標権を侵害されたとして、裁判を起こしたニュースは記憶に新しい。

↓ 時計塔では毎正時に窓が開き、チョコレートカーニバルと題してキャラクター達がパレードを繰り広げる。

Dsc06975Dsc06974_4

Dsc06965

↓ こんなおもちゃ?も。

Dsc06962_2

交通事故

一瞬何が起こったのか分らなかった。それこそ頭が真っ白になった。えらいことをしてしまった・・・。

時は、2012年6月29日、午前7時40分頃。

信号待ちで停車する車の列が見えた。速度を落としブレーキをかけた丁度その時、車が暴走した。

ブレーキを踏む間もなく、前の車に思い切り追突した。

てっきり、私の車が何かの故障で暴走し、追突したと思った。

急いで車を路肩に寄せ、追突した車に謝りに行く。「すいません、大丈夫ですか???」

その時だった、うしろから若い男が頭を下げながら近寄って来るのが見えたのは。

「すいません、すいません、大丈夫ですか?」と。

それでやっと状況が理解できた。そうか私の車が追突されから、前の車にぶつかったんだ・・・と。

どこにでもある玉突き事故。まさか自分が巻込まれるとは想像だにしなかった。

結局、私が追突した車がその前の車にも追突、3台の玉突き事故となった。

↓ 私の車に追突された車、ひどいムチ打ちになったに違いない。

Dsc07097

↓ 追突され、追突した私の車

Dsc07101Dsc07098_3

↓事故の 元凶車、 今年4月に下ろしたばかりの新車  気の毒と云う他ない。

Dsc07100

事故のショックでおろおろしている若い男に、とにかく110番して・・・と。

事故を起した車の数だけ警察官が来て、それぞれの車の車検証や免許証のチェック、事故状況の調査をする。

外傷のある怪我人もなく、後は当事者で示談してね、今、他の交通事故が入ったから行くね・・・と、捨て台詞を残し、ポリスはそそくさと引き上げてしまった。

私も事故には慣れてない、何をしたら・・・取り敢えず保険屋と車屋に連絡。

追突された場合は、追突した車の保険で全てが仕舞されるとか。

私の体の方はと言えば、首は何ともなし、数日前から気になりだした腰痛がこの事故で顕在化されたようだ。

邪魔くさいが、病院へは行ってみよう。

↓ ちなみに事故現場は県道33号線、貞光線への交差点がすぐ近く。

Dsc07103

前を見てなかったと言う。

前は良く見て運転しなきゃ・・・運転中の捜しものは絶対ダメと、自分に改めて言い聞かせた。

赤レンガ庁舎

北海道庁旧本庁舎は赤レンガ造り、故、愛称は赤レンガ庁舎。明治21年(1888年)完成以来、新庁舎完成までの80年間にわたり道の中枢としての役割を果たしてきた。

アメリカ風ネオ・バロック様式のレンガ造りで、建築資材の多くは道産品を使用。

間口61m、奥行36m、塔頂部までの高さ33m、建設当時としては高層建築として人々を圧倒したと言う。

明治42年に火災で内部は焼失したものの、外観の赤レンガはさしたる損傷も無く、現在に至っている。

今日、これほど優れた明治時代の洋風建築物は国内でも数少なく、1969年国の重要文化財に指定された。

Dsc07068

札幌1日コース

6月17日は札幌西会の講演会、あくる日18日は札幌市内の観光としゃれ込んだ。

定期観光バスには色々なコースがある。札幌おまかせ満腹コース、白い恋人パークと場外市場コース、ふらのラベンダーストリートコース等々。

Dsc06858

一番無難そうな「札幌一日コース」をチョイス。平日月曜日のこととて、ガラガラと思いきや、20数名の観光客が集まった。それでも40数名乗れる大型バスはゆとり十分。

バスに乗って分かったが、札幌一日コースはおまかせ満腹コースと同じツアー。後者は朝昼晩の食事付きと言うだけ。

バスはまず、中央卸売市場場外市場へ。

場外市場は仲卸人と小売店の取引を行う為の場として昭和35年にできたと言う。

カニ,ウニ,イクラ,タラコなどの海産物をはじめ、夕張メロンやすいか、とうもろこし等の果物・野菜を売る店もあり、ざっと60の店舗が軒を並べる。

Dsc06774

↓ ここでの主役はやはりカニ。

Dsc06765 Dsc06766

Dsc06776 Dsc06777

Dsc06769

観光ツアーはまだ始まったばかり。朝から荷物になるのに買う気は起こらない。

せっかく来たのだからと、にぎり寿司を頂く。さすが新鮮でうまい!

次の観光地は大倉山ジャンプ場、昭和47年冬期オリンピック札幌大会90m級ジャンプ(現ラージヒル)の舞台となった場所。

Dsc06792

テレビで見るのと実物を見るのでは大違い、こんなに急な坂をよく平気で飛ぶものだと思う。35度の滑走路は想いのほか急斜面だった。

Dsc06815

次の観光地は羊が丘

↓ クラーク博士像の眼下に広がる牧歌的な景観は北海道農業研究センターの敷地。

Dsc06859

ラーメン横丁で腹ごしらえした後、藻岩山へ向かう。頂上までL字のため、ロープウエィーも途中乗り換え。

↓ 藻岩山から見る札幌市街の風景

Dsc06906

この後、白い恋人パークへ行き、サッポロビール園にて解散。

なかなか充実した観光旅行だった。レンタカーで廻るより観光バスがお得。

サッポロビール園

北海道へ来たらビールはサッポロビールを飲まないとね。地域経済の活性化に貢献しなきゃ・・・。

で、サッポロビール園に予約を入れた。愛媛県にもアサヒのビール園があるが、予約がなかなか取れない。

幸いサッポロビール園はOK。

トラディショナルジンギスカン・焼き野菜セットと生ラムジンギスカン・焼き野菜セットをオーダ。

Dsc07000 Dsc07003_2

久しぶりに大ジョッキでビールを飲む、うまい! 何でビール工場のビールはこんなに美味いのか。

Dsc07006

Dsc06996

Dsc06990

Dsc06991

4人でたらふく飲んで食って一人3,000円也、美味くて安い。

Dsc07013

↓ 以下ビール園のHPよりCM

サッポロビール園のシンボル、赤レンガ。
1890年に製糖工場として建設されたものです。
その後、1963年までは製麦工場として使用され
そして1966年、サッポロビール園が誕生したのです。

明治、大正、昭和、平成
それぞれの時代にそれぞれの表情を見せながら
歴史を紡いで一世紀余。
空に高くそびえる煙突も
赤色に輝くレンガの外壁も
当時のまま。

ここへ来ると、何となく故郷のように
懐かしく、あたたかい気持ちになります。
時代を超えて、世代を超えて、国境を越えて
愛され続けるサッポロビール園。
北海道の歴史を、おいしさを、
どうぞ心ゆくまでお楽しみください。

ラーメン横丁

元祖さっぽろラーメン横丁、地下鉄南北線 すすきの駅近くに位置する。

味噌ラーメン発祥の地として全国に「さっぽろラーメン」の不滅の伝説を作り上げた名横丁。僅か40mの狭い路地に17店がひしめく。

ここ数年景気が悪く、夜しかやってない店が5軒もあるとか。

Dsc06886

店が多すぎてどの店が美味いのか分からない。えぃ!どこでもいいや・・・と入ったのが「来々軒」。

店のおやじが話し好き、ラーメンを作る間、口も手も休む事はなかった。

↓ ラーメン横丁オリジナル千社札

Photo_2

来々軒のおやじ曰く、暇な時は外国へラーメン作りの助っ人で出かけるとか。ハワイやサンフランシスコ、シンガポール他多数。英語も堪能で、この日我々と同じバスのツアー客でハワイ在住の日本人家族とバイリンガル並みの会話。すご~い。

札幌時計台

日本三大がっかり名所のひとつ、札幌時計台へ行きました。正式名称は旧札幌農学校演武場。

明治11年(1878年)教頭W.S.クラーク博士の構想により札幌農学校演武場として建設され、旧五千円札でおなじみの新渡戸 稲造氏ら890名の先人が卒業しました。

建設当初、時計台はなく開拓長官 黒田清隆の指示により3年後の明治14年に時計塔が付けられた。

アメリカの開拓時代の建築スタイルを取り入れており、北海道開拓史上の貴重な建物として昭和45年に国の重要文化財に指定、2009年8月には国内に現存する最古の塔時計として機械遺産第32号に認定された。

Dsc07049

歴史を聞くと、がっかりどころか「えっ~」って思う。札幌市街の中心地になり、近代ビルに囲まれて存在感が薄れたとは言える。

Dsc07052

明治時代の時計台の風景(パンフレットより)

Photo

この時計台、羊が丘に建っていたらまた違った評価だったに違いない。

ちなみに日本三大がっかり名所は、第1位土佐のはりまや橋、第2位札幌時計台で決まり。第3位が長崎のオランダ坂とも沖縄の守礼門とも言われる。

もう一つ因みに世界の三大がっかりは、ブリュッセルの小便小僧、コペンハーゲンの人魚姫、シンガポールのマーライオンと言われているが、日本3大がっかりと同じように、いくつかの説があり、ドイツのローレライ、ローマの真実の口、シドニーのオペラハウスとも言われる。

これ、なぁ~に

Dsc07058

Dsc07059

Dsc07057 

道路にも積もる。

Dsc06759

西洋箱柳、別名ポプラ。

春に花が咲いた後、綿毛が大量に舞うと言う。車にあおられ歩道に溜まる。

↓ポプラ並木

Dsc06879

もうひとつのクラーク像

クラーク像前のポーズはちょっと恥ずかしいので・・・。

Dsc06861

近くで見る博士はイケメン。

Dsc06852

斜塔を支える男達

白い恋人パークにある斜塔、倒れちゃこまると男達が支える。

Dsc06935

Dsc06982

↓ やっぱり記念写真を撮るときは同じポーズで、パチリ。

Dsc06984

クラーク博士像

羊が丘にあるクラーク像は右手を挙げる独特のポーズで立つ。

旅人は像の前で記念写真をパチリ、パチリ・・・博士と同じポーズで。

↓ 結婚式前の記念写真・・・やはり同じポーズ

Dsc06871

このポーズ、遙か彼方にある永遠の真理を指し、そこに向かい大志を抱けとの思いが込められているとか。

この二人、永遠の愛の持続を願い、持続の努力をするとの意気込みなのか???

Photo 

そんなの絶対無理!と思うのは私だけか。

UFO着陸

羊が丘の草原の向こうにUFOが着陸。

Dsc06849

Face Bookに投稿したら”UFOにさらわれたい”とコメントをもらった。

Dsc06850

さらわれるかどうかは分からないがお金を払えばUFOの中には入れる。

北海道

北海道で札幌西会主催の講演会があった。

NPO法人健康を考えるつどいが共催する事になり、そのお手伝いで北海道へ飛ぶ。

高松から飛ぶ便はなく、岡山空港から出発。65歳以上のシニアー割引で12,000円也、東京へも沖縄へも同じ料金。

歳を取るのは嫌なものだが、シニアー割引だけは歳を取って良かったなぁ~と思う。

Dsc06637

北海道へ行くのは3回目。北海道は広い、なので札幌へは初めての旅。講演会そっちのけで楽しみ、楽しみ。

台風4号

6月に台風が上陸したのは8年ぶりとか。

そのおかげで岡山から坂出まで帰ってくるのに、510円のところが5,800円かかり、17分のところ20時間もかかった。

岡山駅で瀬戸大橋は運休との情報を聞き漏らし、児島駅に着いてから気付いた。Dsc07079 以前、橋の上で制限風速を超え、何時間も止ってさんざん苦情を言われたJRは、さすが懲りたのかえらい早めに運休を決めたようだ。

昨日(6月19日)児島駅に着いたのは14時頃、雨こそ降ってはいたものの風は殆んどなく、運休しているのが信じられなかった。

でもそのまま駅を出発し橋の上で風が強くなったら、同じミスを2度も犯したと前にも増してひどいバッシングを受けるのは明白。

それで強風警報が出たとたんに運休したよう。

おかげで広いお風呂で北海道旅行の疲れを癒し、元気はつらつ帰って来た。

これもまたしたくても出来ない経験に違いない。

神櫛神社

丸亀ユネスコ協会の昼食会が善通寺であると言うので、坂出駅から電車に乗った。JR善通寺駅に降りたのは何年ぶりだろう。

駅は多少化粧直しされたものの、昔の駅舎のまんま。

次の電車は何分発と分かる近代的な電光掲示板なんてない。

Dsc06612

駅から75番札所・善通寺の方へ歩いていると神社が見えた。

神櫛神社と書いてある。境内はペタングに興じる人達でかまびしい。

Dsc06618

Photo Photo_2

Dsc06614

田植え

昨日に引き続き、朝5時起き。目覚ましアラームを7時30分にセットしている私としては早起き。

昨日代かきした翌日に田植えとは早過ぎるのかも知れない。よその田んぼを見ると代かきしてしばらくはそのままにしているようだ。

Dsc06624

田植え機の使い方も何とか思い出して無事終了。今年の収穫は果たしてどうなる?

Cimg0540

Dsc06625

代かき

今日は田植え前の代かきをした。昨年に引き続き一年ぶり。

代かきとは、田植え前に田に水を引き、土塊を砕き、かきならすこと。

耕運機を使うが、深く耕すか浅く耕すかの調整が悪く、どうも浅目に代かきしてしまったようだ。

代かき前の耕運も浅めだったらしく、今年の稲の出来が心配。

耕す深さによって収穫量が違うのか、それとも深さに関係ないのか。

Cimg0538

↓ 代かき終了

Dsc06622

梶原 和雄 作品展

1、白峰寺

Img_s

2、雲辺寺公園より毘沙門天を望む

S

3、丸亀城

S_2

オーロラ講演会 at 小学校

私が理事を務めるNPO法人 健康を考えるつどいで、オーロラ写真家の中垣哲也先生を招いて講演会を開催した。

坂出市内の小学校にオーロラ動画鑑賞会の案内を出したが、希望したのはたったの6校。

教育現場の実態は知らないが、学校によってかなり温度差がある事は確か。

一番に手を上げた林田小学校の大平校長は、ご自身が天文に興味があり大変喜んでくれた。

↓ 小学校6校目、香川大学教育学部附属坂出小学校での鑑賞会風景。

Dsc06576

小学生でも低学年にはまだ難しいので、5,6年生に限った。

Dsc06580_3

オーロラに魅せられアラスカへ37 回以上も旅して撮られた映像は、何回見ても感動に値する。

Dsc06395

中垣氏のメッセージ

「地球上すべての生命が調和・共生することで、この惑星はもっと美しく輝けるはず」

たまねぎの収穫

昨年植えた玉ねぎの収穫。

小さいのもあるけど、こんなに多くの玉ねぎを収穫できたのは、また違った感動。

紐でくくって長期保存しようと思う。当分玉ねぎを買う必要はない。

Dsc06602

猫のひたいくらいの庭でも、野菜が立派に育つ喜びは経験しないと分からない。

Dsc06604


ちなみにポスト玉ねぎは、ゴーヤ。今年こそ長くて太いゴーヤを作るぞ・・・。

Dsc06603

家解体

私が中学2年の時、父が府中に家を建てた。

丁度、いとこ(母方の兄の子)が大工さんで、彼に建ててもらった。

中学2年から高校3年生までの5年間と、川重坂出工場に勤務した25年間住んだ家。

その間父母もあっちの世界へ旅立ち、子供らも巣立っていった。

家も古くなり建て替えを考えていた矢先、たまたま坂出市が売り出した西大浜の土地が抽選で当たった。妻の強運のおかげ。

主を失って15年、その間台風で床上浸水も味わい、家は荒れに荒れた。時たま草は刈ってくれるが、朽ちるのにへの突っ張りにもならない。

建物の一部が隣へ飛散する事実が、解体を決定づけた。

思い出がいっぱい詰まった家も、たったの一週間で目には見えなくなった。

今、府中の家は私の心の中に建っている。昔のまんま・・・・。

Before

Photo

After

Photo_3

解体途中

Photo_2

 

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »