Jou光

  • 親父
    彼は子供の時から絵が上手いと、親の欲目で思っている。目の前でさらさら描かれると、ついつい感嘆してしまう。世の中いっぱい絵の上手い人はいるが、この道で飯が食えるのはスポーツ選手と同じで極一部。でもとにかく趣味でも良いから絵を描くことは続けて欲しいと願っている。

春爛漫

  • ぼけの花
    柿茶の里は徳島県美馬郡つるぎ町に位置する。柿の葉の生産農家へ毎年春と秋に行く。春はことさら美しい。桜が咲き乱れ山の木々が新緑に包まれる。澄んだ青空に身も心も洗われる気がする。

アユタヤ遺跡

  • Pict0266
    1491年に建てられた王族の守護寺院。3つの大きな仏塔には、ラーマティボディ2世と父、兄の遺骨が納められています。 寺院ではありますが僧は居住せず、王の礼拝堂として王族の儀式に使用されていました。この寺院もまた、1767年ビルマ軍により破壊され、16mあったという金で覆われた仏像も金を奪われた後、壊されてしまいました。

暁の寺院 タイ

  • Pict0350
    トンブリ王朝時代の守護寺で最高位の寺院とか。きらきらと輝く陶器の破片に覆われた高さ約79mの大仏塔は、ラマ3世により5年がかりで改装された。朝日を浴びた大仏塔の神々しい姿が”暁の寺”の名前の由来。

ワット・ヤイ・チャイ・モンコン

  • Pict0201
    セイロンへの留学から戻ってきた僧侶のために、1357年初代王ウー・トーンが建立しました。仏教寺院は瞑想の場として使用されていました。現在も多くの仏教徒が訪れ、週末は観光客でにぎわいます。

水上マーケット

  • Pict0116
    ダムナン・サダックの水上マーケット。その昔、”東洋のベニス”と言われたバンコクでは、日常的商取引には運河が利用されてきた。水上マーケットは、古き良き時代の情緒溢れるバンコクの生活を体感させてくれる。 

2008年7月 タイ王宮

  • Pict0429
    白壁に囲まれた20万㎡の敷地内には、1782年に建設された国王の宮殿、即位式の建物、王室守護寺院のエメラルド仏寺院などチャクリー王朝歴代の王により建造・改築された建物が建ち並んでおり、ラマ8世までは実際にここに住まわてていたとか。

涅槃寺

  • Pict0386
    タイ語で Wat Pho(ワット・ポー)と呼ぶこの寺は、ラマ1世が建立したバンコク最大の境内を持ち、バンコク最古の歴史を持つ寺院。本堂には写真のようなリクライニング・ブッダの愛称で親しまれている寝釈迦仏が横たわる。足の裏には螺細細工でバラモン教における108の宇宙観が表現されていると言う。

最近のトラックバック

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

金魚

  • 金魚

ウェブページ

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

2013年12月

ハザードランプ

ハザードランプは故障した時や路肩に車を長く止める時など、非常時に使う。

車の前と後の左右のランプが同時に点滅する。

そのランプが、お礼の合図に使用されるようになった。

誰が始めたのか定かでないが、何か感じは良い・・・と思うのは私だけだろうか?

左折や車線変更の合図を出している車を、自分の車の前に入れた時などに、前の車のハザードランプが二三度点滅する。

「ありがとうございました」と言っているように思えるから不思議だ。

ハザードランプをこんな用途に使う事を考えたのは一体誰???

車同士がコミュニケーションを採り始めたのかも知れない。

車の後ろに電光掲示板が装備され、「ありがとう」や「ごめんなさい」や「どうぞお先に」等のメッセージが出せるように将来なるのだろうか。

さぬきうまいもん祭り2013

12月13日~15日までの3日間、サンメッセ香川で、”食の大博覧会 さぬきうまいもん祭り2013”が行われた。

柿茶本舗も毎年出店している。

Dsc02000

Dsc02023

14日(土)天気:晴れ

大勢のお客さんで会場は熱気ムンムン。柿茶もたくさん売れた。

Dsc02017

↓ 外の会場は”うまいもん グルメソーン”、 天気も良く、賑わっていた。

Dsc02013

柿茶は一般の人には珍しいお茶みたいだ。

小さな紙コップに入れて試飲してもらうと、「思ったより苦くないね」の声が聞こえてくる。

子供達もおいしいと言ってくれるのが、うれしい。

映画館

本当に久しぶりにマイカルシネマズ宇多津で映画を見た。

作品名は ”47RONIN”。

2013年に公開されたアメリカのファンタジー・アドベンチャー映画。

忠臣蔵をモチーフにし、四十七士にキアヌ・リーブス演じる架空の浪士”カイ”が登場する。

また柴咲コウ演じる浅野内匠頭の娘も登場、こちらは架空か本当にいたかは不明。

その2人の愛の物語でもある。

アメリカ映画ゆえ、英語の筈だが、見たのは吹き替え版で日本語。

主人公以外、皆日本人だから吹き替え版が吹き替えとは思えない。

だから、英語版は登場する日本人達が皆英語で話しているのだろうか・・・と思ってしまう。

47

英語版の方が、吹き替え版なのかも。

この映画、3-D用と2D用の2種類あって、上映時刻が異なる。

3-D用は追加料金が300円、おまけに専用メガネが必要。

でも、3-Dの迫力はすごかった、300円払う価値は十分だった。

かなめ

香川県丸亀市風袋町151にある、個人住宅を改装したお店 ”美味し家「かなめ」”で昼食を食べた。

Img_0396

ランチ定食、1,000円也。

Img_0388

↑ サラダ、ご飯(五穀米)、鯵の煮付け、鳥の南蛮風八宝菜、糸こんにゃくの煮物、お味噌汁、プリン、お漬物。

美味しかった。

一度行ってみてはどうでしょう。

でも住宅街の中にあるから分かりにくいのは確かだ。

Img_0393

Img_0391

また夜にお酒を飲みに来たいものだ。

第39回安芸タートルマラソン全国大会

12月8日(日)高知県安芸市でマラソン大会が開催された。

私は、この大会で連続20回出場となる。

表彰をしますとの事前連絡があった。

会場に表彰者の名簿が張り出されていた。20回連続は16名、いわば同期の桜である。

20

ひとり一人呼ばれて記念品のお皿をくれ、最後に記念撮影が行われた。

↓ 被表彰者待ち合い

20_2

↓ 記念品授与式

Photo

↓ 表彰アト

Img_0368

↓ 記念撮影

20

この大会、出場資格が男子は40歳から、女子は30歳からだから、20回連続は一番若い人でも男60歳、女50歳。

私が最初に参加したのが49歳、このアト25回,30回,35回,40回連続出場表彰があるが、25回までがギリギリか。

丸亀走友会の中には20回連続が私を含め3人、25回が2人、35回が1人もいる。

ちなみに20回連続の記念品のお皿に画かれた絵は浜千鳥。

浜千鳥』は、作詞:鹿島 鳴秋、作曲:弘田 龍太郎による童謡。

安芸市は、作曲家・弘田龍太郎のふるさとであることから、童謡に特化したまちづくりを進めている。

閉会宣言の後にはいつも童謡を歌って散会となる。

アルコールバッチテスト

私はアルコールに弱い体質と思っていた。

若い時、ビールをコップ一杯飲むと、真っ赤になったし、飲み過ぎるとゲロゲロ吐いたから。

父もお酒に弱かった。父が酔っ払って道で寝ているのを、おふくろが探しに行ってたのを覚えている。

その点、母は強かった。飲んでも顔色は変わらなかった。

そんな父母を持った私は、父親似で酒には弱い体質と思い込んでいた。

私がまあまあお酒を飲めるようになったのは、ジョギングを始めてからだ。

お酒を飲むと心拍数が増え、ドキドキして苦しくなる。それで多くは飲めない。

ジョギングしても心拍数が増える、それが慣れるとお酒を飲んで心拍数が増えても苦しくなくなった。

心臓が鍛えられたから、でも体質は酒に弱いと思っていた。

アルコール体質チェックのお試しキットがたまたま手に入った。早速やってみた。

Img009

Img007_2

結果はなんと、飲める人だった。それこそ”じぇじぇじぇ”だ。

Img010
↑ 右の正方形の色が薄いか濃いピンクなら弱い体質だそうな。

私の場合、何も変わらず。

ダイヤモンド丸亀城

川重OBの岬さんの作品

Photo

これだけの写真を撮るためには大変なねばりが必要。

写真が根っから好きな人で無ければ、なかなか撮れない。

この写真を撮った次の日が一番ど真ん中に太陽がくる日だったらしいが、お天気が悪くてダメだったと聞いている。

シャッターチャンスはほんのわずかなタイミングで変わる。

安芸マラソン

↓ 土佐くろしお鉄道の安芸駅に阪神タイガースの列車が停まっていた。

安芸市はタイガースのキャンプ地、キャンプ中には大勢のファンがこの地を訪れる。 

Img_0307

安芸マラソンには5Kmと10Kmがある。初参加以来、ずっと10Kmにエントリーして来た。

今年は古希の節目を迎えた事から5Kmに変更、マラソン道中を楽しむ事にしカメラ持参で走った。

↓ スタート前の光景

Img_0317

↓ 走りながらワンショット

Img_0325

Img_0332

↓ 毎年太鼓で応援してくれる

Img_0336

↓ 野良時計

Img_0342

↓ ゴール直前

Img_0351

↓ 走り終わり体育館でアトラクションと連続出場表彰式と閉会式が行われた。

Img_0358

↓ 帰り道にいつも寄る海産物直売所

Img_0377

今年も丸亀走友会の県外遠征行事は無事終了した。

サプリメント

”サプリ、トクホの嘘と本当”と言う特集が11月30日の週刊東洋経済に出た。

興味もあり読んでみた、面白かった。

今や日本人の6割以上が当たり前のように取っているサプリメントやトクホ。

かく言う私も、武田のビタミンCと協和発酵バイオのシトルリンを飲んでいる。

青魚に含まれ、頭が良くなると言われるDHAも、かっては飲んでいたが、今はやめている。

今2兆円の健康食品市場は、サプリの規制緩和で4兆円・6兆円になろうとしているとか。

でも本当に効くのか・宣伝に嘘はないのか?がこの特集の言いたい事だ。

Img006_2

・まずTVでおなじみ、グルコサミンとかコンドロイチン、飲んでも意味がないと言う。

・ヒアルロン酸も注射は有効だが、飲んでも無意味。

・コラーゲン、食べても飲んでもお肌はプルプルにはならないそうだ。

・飲み会前に良く飲んでいた”ウコン”、胃の不調を改善してくれるかも知れないが、アルコールから肝臓を守ってくれるかどうかは科学的データ不足。

・DHA・EPAは、中性脂肪を下げる働きはあるが、頭が良くなると言うのは根拠がない。

・ビタミン、ミネラル不足は様々な病気の根本原因になるから、摂取したほうが良い。

・特にマグネシウムは、次の心配事に有効な成分。

糖尿病・便秘・骨粗鬆症・更年期障害・ダイエット・夏バテ・コレステロール・がん・肩こり,冷え性・お肌

アト面白かった記事は、健康食品のCMやラベルに表現できない文言や言い回しの例である。

糖尿病、高血圧が気になる方に・・・とか、花粉症でお悩みの方に・・・とか、免疫力UP・・・とか。

そんな言葉が使えないから、広告のプロが書く宣伝文句は、消費者が錯覚しそうな文言が使われる。

例えば「ダイエットのおともに」とは書いているが、「ダイエットできる」とは書いていない。

これがプロの宣伝文句のすごワザなんだそうな。

酔に任せた独り言

・酔にまかせた”ひとりごと”思いつくまま書きとめる。

・寂しさに幾度も携帯チェックする

・若き日を共に過ごせし友も皆、我と同じく齢(ヨワイ)を重ね

・懐かしき友の話に涙する、老いて涙もろきは我だけか

・若き日の夢中で過ぎた日々想う

・メールして返事なきが寂しくて、酒でごまかし杯重ね

・孫の手にひかれて店へ二度三度、会話もはずみ足はずむ

・道筋を孫に聞くジジ馬鹿ぶり、分かっちゃいるが・・・

・一人住む気楽さは寂しさと帳消に

・「年取ると楽しきことなど何もない」母の残した言葉しみる

・若き日の妻へのしうち分からずに、跳ね返る日々続く

死後の世界

私も死後の世界は無いと思っていた。

この番組を見るまでは。

今まで臨死体験の話の中で、死後の話はあったが、何か嘘っぽいと思っていた。

臨死と言う状態は死んではいない・・・だからその状態で体験したことを死後の世界と言うのはおかしい。

そりゃ呼吸してなかったとか心臓が止まっていたとかあるだろう。

でも生き返ったのだから・・・その体験が死後の世界とは言えないだろう。

でも11月28日のアンビリバボーの番組を見て、その確信が揺らいできた。

Photo

番組HPで曰く、

昨年10月、脳神経外科の世界的権威、エベン・アレクサンダー医師の「死後の世界は存在する」という発言が大論争を巻き起こしている。

これまで、死後の世界の存在を完全に否定してきた人物だったから、なお更。

臨死体験に関しては、現在、懐疑的な声の方が多い。

だが、エベン医師は臨死体験はもちろん、「死後の世界はある」と強く主張。

私はこの正月、心臓をとめて手術した。

8Hあまり麻酔で眠らされ、その間何も覚えていない。

これは脳が機能してないから当然、でも、死んではいなかった。

死後の世界を話す臨死体験は、死んではいないから体験できる事・・・と思っていた。

でもこの番組で紹介された、エベン・アレクサンダー医師が体験した事は、生きているのに死後の世界を見たに違いないと思わせる、納得させる内容だった。

詳しくはこちら

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »