Jou光

  • 親父
    彼は子供の時から絵が上手いと、親の欲目で思っている。目の前でさらさら描かれると、ついつい感嘆してしまう。世の中いっぱい絵の上手い人はいるが、この道で飯が食えるのはスポーツ選手と同じで極一部。でもとにかく趣味でも良いから絵を描くことは続けて欲しいと願っている。

春爛漫

  • ぼけの花
    柿茶の里は徳島県美馬郡つるぎ町に位置する。柿の葉の生産農家へ毎年春と秋に行く。春はことさら美しい。桜が咲き乱れ山の木々が新緑に包まれる。澄んだ青空に身も心も洗われる気がする。

アユタヤ遺跡

  • Pict0266
    1491年に建てられた王族の守護寺院。3つの大きな仏塔には、ラーマティボディ2世と父、兄の遺骨が納められています。 寺院ではありますが僧は居住せず、王の礼拝堂として王族の儀式に使用されていました。この寺院もまた、1767年ビルマ軍により破壊され、16mあったという金で覆われた仏像も金を奪われた後、壊されてしまいました。

暁の寺院 タイ

  • Pict0350
    トンブリ王朝時代の守護寺で最高位の寺院とか。きらきらと輝く陶器の破片に覆われた高さ約79mの大仏塔は、ラマ3世により5年がかりで改装された。朝日を浴びた大仏塔の神々しい姿が”暁の寺”の名前の由来。

ワット・ヤイ・チャイ・モンコン

  • Pict0201
    セイロンへの留学から戻ってきた僧侶のために、1357年初代王ウー・トーンが建立しました。仏教寺院は瞑想の場として使用されていました。現在も多くの仏教徒が訪れ、週末は観光客でにぎわいます。

水上マーケット

  • Pict0116
    ダムナン・サダックの水上マーケット。その昔、”東洋のベニス”と言われたバンコクでは、日常的商取引には運河が利用されてきた。水上マーケットは、古き良き時代の情緒溢れるバンコクの生活を体感させてくれる。 

2008年7月 タイ王宮

  • Pict0429
    白壁に囲まれた20万㎡の敷地内には、1782年に建設された国王の宮殿、即位式の建物、王室守護寺院のエメラルド仏寺院などチャクリー王朝歴代の王により建造・改築された建物が建ち並んでおり、ラマ8世までは実際にここに住まわてていたとか。

涅槃寺

  • Pict0386
    タイ語で Wat Pho(ワット・ポー)と呼ぶこの寺は、ラマ1世が建立したバンコク最大の境内を持ち、バンコク最古の歴史を持つ寺院。本堂には写真のようなリクライニング・ブッダの愛称で親しまれている寝釈迦仏が横たわる。足の裏には螺細細工でバラモン教における108の宇宙観が表現されていると言う。

最近のトラックバック

2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

金魚

  • 金魚

ウェブページ

« 第5回鎮守の杜のコンサート | トップページ | City Toure in Kuala Lumpur  その2 »

2014年度四国ブロック・ユネスコ活動研究会

2014年度四国ブロック・ユネスコ活動研究会が11月22日,23日の両日、松山で行われた。

主催は”松山ユネスコ協会”、来年2015年は丸亀ユネスコ協会が主催する事になっている。丸亀の一員としては、しっかり開催手順や内容を把握せねば・・・の思いで参加した。

会場は道後温泉の大和屋本店、道後の中心部に位置する大きなホテル。

Dsc04004

11月22日(土)13:00開会、

テーマは、”地域の文化と教育力を育む-地域に根差したESDとユネスコスクール-”

2014開催主旨は、『今年2014年は、UNESCOが主導機関となっている「国連ESDの10年」最終年度です。この10年の成果を踏まえて、ESDの視点から地域に根ざしたユネスコ活動の可能性を捉え直し、今後の取り組みへの意欲を高める機会となることを期待しています。』と。

テーマにも開催主旨に登場する”ESD”なる三文字略語は、「持続可能な開発のための教育」の意。

Dsc03991

主催者挨拶、来賓祝辞のあと、松山市立子規記念博物館館長・竹田 美喜氏による
「子規と妹 律 -兄の遺したもの・女子教育の重要性-」と題した基調講演が行われた。

Dsc03994正岡子規と言えば、日本の近代文学に多大な影響を及ぼした、明治を代表する文学者の一人として有名だが、子規に律なる妹がいたとはこの講演で初めて知った。
そして、律の存在が、当時の男尊女卑の世にありて、子規が女性への教育の重要性を説く影響力になった事も初めて知った。

今でもノーベル平和賞を受賞したマララ・ユスフザイさんが女性への教育の必要性をスピーチしているが、150年も前に子規がそれを言っていたとはすごい事だ・・・と今更ながら子規の偉大さを思い知った。

講演のあと、高校生カンボジア・スタディー ツアーの報告、「心の中に平和」エッセイ作文コンクールの表彰と朗読があり、全体会は終了。

休憩をはさみ後半は参加者が第1分科会と第2分科会の会場に分れての研修会。

第1分科会では、「地域を育てる人づくり・人を育てる地域づくり」のテーマでパネルディスカッション。
第2分科会は「地域の未来を創るESDと拠点としてのユネスコスクール」のテーマで事例発表とトークセッション、私は第1分科会の方へ参加した。

パネリストの一人に、現 愛媛大学国際連携推進機構教授のルース・バージン氏(アメリカ合衆国生まれ)の名前があったから。
日本在が長いとは言え、異国から来た人がどんな事を言うのか興味があった。

一日目のプログラムが終了し、参加者の懇親をはかる会で行われたオープニングアトラクションは感動的だった。
創作歌舞伎舞踊 伊予八百八狸 by 伊予八百八狸保存会が披露され、会場は拍手喝采に包まれる。

来年の丸亀で、こんな土着の披露芸があるだろうか?と頭の片隅で心配しながらも、懇親会は終了。

Dsc04015翌日のスケジュールは参加者全員による全大会で、午前中のみ。
【報告】ユネスコ運動の今と【分科会報告】・【意見交換】が行われ、全二日間の研究会は無事終了した。

今回の研究会も、ユネスコの理想”世界の平和と人類の幸福を永遠なものにする”ことを願う多くの方々が一堂に会した有意義な会で、主催した日本ユネスコ協会連盟や愛媛県ユネスコ連絡協議会、松山ユネスコ協会に、ご苦労さまの敬意を表するとともに、次回は丸亀ユネスコの主催と言う重い責任を感じさせられた研究会でもあった。

研究会前後の空き時間を利用して、道後を散策。

↓ まずは、有名な道後温泉本館

Dsc03940

Dsc03937

1

↓ 道後を見守るような高台に鎮座する道後温泉ならではの神社 "湯神社” 

   祭神は道後温泉を開いた大己貴命と少彦名命の二神。

Dsc03961

↓ 道後温泉の父”伊佐庭 如矢(イサニワ ユキヤ)の像

Dsc039531

石碑に曰く、

伊佐庭 如矢は、明治23年に道後湯之町の初代町長として、道後温泉本館建築に情熱のすべてを注ぎ、幾多の困難を乗り越えながらも明治27年4月落成に至った。・・・後略

せっかく道後に来たのに、本館の湯には入れなかった。また来たいものだ。

« 第5回鎮守の杜のコンサート | トップページ | City Toure in Kuala Lumpur  その2 »

日々生活の中で」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 第5回鎮守の杜のコンサート | トップページ | City Toure in Kuala Lumpur  その2 »