Jou光

  • 親父
    彼は子供の時から絵が上手いと、親の欲目で思っている。目の前でさらさら描かれると、ついつい感嘆してしまう。世の中いっぱい絵の上手い人はいるが、この道で飯が食えるのはスポーツ選手と同じで極一部。でもとにかく趣味でも良いから絵を描くことは続けて欲しいと願っている。

春爛漫

  • ぼけの花
    柿茶の里は徳島県美馬郡つるぎ町に位置する。柿の葉の生産農家へ毎年春と秋に行く。春はことさら美しい。桜が咲き乱れ山の木々が新緑に包まれる。澄んだ青空に身も心も洗われる気がする。

アユタヤ遺跡

  • Pict0266
    1491年に建てられた王族の守護寺院。3つの大きな仏塔には、ラーマティボディ2世と父、兄の遺骨が納められています。 寺院ではありますが僧は居住せず、王の礼拝堂として王族の儀式に使用されていました。この寺院もまた、1767年ビルマ軍により破壊され、16mあったという金で覆われた仏像も金を奪われた後、壊されてしまいました。

暁の寺院 タイ

  • Pict0350
    トンブリ王朝時代の守護寺で最高位の寺院とか。きらきらと輝く陶器の破片に覆われた高さ約79mの大仏塔は、ラマ3世により5年がかりで改装された。朝日を浴びた大仏塔の神々しい姿が”暁の寺”の名前の由来。

ワット・ヤイ・チャイ・モンコン

  • Pict0201
    セイロンへの留学から戻ってきた僧侶のために、1357年初代王ウー・トーンが建立しました。仏教寺院は瞑想の場として使用されていました。現在も多くの仏教徒が訪れ、週末は観光客でにぎわいます。

水上マーケット

  • Pict0116
    ダムナン・サダックの水上マーケット。その昔、”東洋のベニス”と言われたバンコクでは、日常的商取引には運河が利用されてきた。水上マーケットは、古き良き時代の情緒溢れるバンコクの生活を体感させてくれる。 

2008年7月 タイ王宮

  • Pict0429
    白壁に囲まれた20万㎡の敷地内には、1782年に建設された国王の宮殿、即位式の建物、王室守護寺院のエメラルド仏寺院などチャクリー王朝歴代の王により建造・改築された建物が建ち並んでおり、ラマ8世までは実際にここに住まわてていたとか。

涅槃寺

  • Pict0386
    タイ語で Wat Pho(ワット・ポー)と呼ぶこの寺は、ラマ1世が建立したバンコク最大の境内を持ち、バンコク最古の歴史を持つ寺院。本堂には写真のようなリクライニング・ブッダの愛称で親しまれている寝釈迦仏が横たわる。足の裏には螺細細工でバラモン教における108の宇宙観が表現されていると言う。

最近のトラックバック

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

金魚

  • 金魚

ウェブページ

« マイナンバー制度いよいよ開始 | トップページ | 井上 杏奈さん 作品集 その9 »

モエレ沼公園 By イサム野口

イサム・ノグチの名前を聞いたことがある。
だけど、香川県と何か縁があるらしい程度にしか知らなかった。
彼の存在及び作品をハッキリ認識したのは札幌にあるモエレ沼公園を訪れてから。
札幌から岡山まで、一日一便しかない帰りの飛行機の出発時刻があまりに遅いので、その暇つぶしに行ったのが、モエレ沼公園。
そこに彼の作品があるとは全く知らずに行った。
札幌市の北東部にあり、270万tの廃棄物を埋め立てた後に造成された約1,890㎡の広大な公園。
ネット検索すると、1982(昭和57)年に着工され、2005(平成17)年7月に完成した。
基本設計はもちろんイサム・ノグチ。
1988(昭和63)年末に彼はこの公園の完成を待たずに死去。
その後は、彼の財団監修のもと彼の遺志を継いで計画を続行し、実に23年の歳月を経て完成した。
公園と言うより、彫刻作品の内部に入るような感覚は、正に彼の芸術に対するコンセプト”地球に彫刻する”を地で行く風景。
↓ モエレ山 これも作品と言うから驚き!
Img_9210
↓ 上の写真の反対側に山頂へ続く階段がある。130段なにがし???
Img_9384
Img_93851

↓ ガラスのピラミッド
Img_94391

Img_92351

Img_92541
↓ テトラマウンド
Img_93031

Img_93041

↓ プレイマウンテン
Img_92661

Img_92761

イサム・ノグチのご紹介 From ネット情報
日本人の詩人であり英文学者の野口米次郎とアメリカ人で作家のレオニー・ギルモアとの間に生まれたハーフ。
幼少期を日本で過ごし、アメリカ、フランスで彫刻を学んだノグチは、気鋭の彫刻家として活躍。
とりわけ戦後、東西の芸術精神を融合した多岐にわたる彫刻を制作し、従来の彫刻の域をはるかに広げた、大地の彫刻ともいえるランドスケープ・デザインを次々と発表するなど、その豊かな芸術性と表現力によって、20世紀を代表する彫刻家のひとりとして知られている。 

「大地の彫刻」誕生へのあゆみ

イサム・ノグチは1969年に四国・香川県の牟礼町にスタジオを構え、ここで彼の成熟期の代表作になる花崗岩、玄武岩を使った大型の彫刻の制作に励みました。

ノグチは1956年、パリのユネスコ本部の庭園デザインに使う石を探していた時、初めて四国を訪れました。

その後、巨大花崗岩彫刻『黒い太陽』(Black Sun)(1969年、シアトル美術館所蔵)を製作中、石職人の協力を求めて再び四国にやって来ました。

牟礼町出身の若い石工、和泉正敏に紹介され、ノグチはその後20年に亘って和泉と密接な協力関係を築き、制作を共にすることになります。

和泉はイサム野口のためにスタジオを建設し、ノグチは彼の人生最後の20年間、毎年半年を牟礼で過ごしました。 

屋島と五剣山に位置するサム・ノグチ庭園美術館は、150あまりの彫刻作品を所蔵し、その多くは未完のため、生前のノグチが実際に制作を行っていた当時の雰囲気を色濃く残しています。

イサム・ノグチのコンセプトその他。 

その2:誰でも触れる、子供が遊べる

その3:作品に名前を残さない

↓ 公園レイアウト

Img_92091

公園内にこんな車が? スーパーマリオ?

Img_92131

« マイナンバー制度いよいよ開始 | トップページ | 井上 杏奈さん 作品集 その9 »

旅に出よ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« マイナンバー制度いよいよ開始 | トップページ | 井上 杏奈さん 作品集 その9 »