Jou光

  • 親父
    彼は子供の時から絵が上手いと、親の欲目で思っている。目の前でさらさら描かれると、ついつい感嘆してしまう。世の中いっぱい絵の上手い人はいるが、この道で飯が食えるのはスポーツ選手と同じで極一部。でもとにかく趣味でも良いから絵を描くことは続けて欲しいと願っている。

春爛漫

  • ぼけの花
    柿茶の里は徳島県美馬郡つるぎ町に位置する。柿の葉の生産農家へ毎年春と秋に行く。春はことさら美しい。桜が咲き乱れ山の木々が新緑に包まれる。澄んだ青空に身も心も洗われる気がする。

アユタヤ遺跡

  • Pict0266
    1491年に建てられた王族の守護寺院。3つの大きな仏塔には、ラーマティボディ2世と父、兄の遺骨が納められています。 寺院ではありますが僧は居住せず、王の礼拝堂として王族の儀式に使用されていました。この寺院もまた、1767年ビルマ軍により破壊され、16mあったという金で覆われた仏像も金を奪われた後、壊されてしまいました。

暁の寺院 タイ

  • Pict0350
    トンブリ王朝時代の守護寺で最高位の寺院とか。きらきらと輝く陶器の破片に覆われた高さ約79mの大仏塔は、ラマ3世により5年がかりで改装された。朝日を浴びた大仏塔の神々しい姿が”暁の寺”の名前の由来。

ワット・ヤイ・チャイ・モンコン

  • Pict0201
    セイロンへの留学から戻ってきた僧侶のために、1357年初代王ウー・トーンが建立しました。仏教寺院は瞑想の場として使用されていました。現在も多くの仏教徒が訪れ、週末は観光客でにぎわいます。

水上マーケット

  • Pict0116
    ダムナン・サダックの水上マーケット。その昔、”東洋のベニス”と言われたバンコクでは、日常的商取引には運河が利用されてきた。水上マーケットは、古き良き時代の情緒溢れるバンコクの生活を体感させてくれる。 

2008年7月 タイ王宮

  • Pict0429
    白壁に囲まれた20万㎡の敷地内には、1782年に建設された国王の宮殿、即位式の建物、王室守護寺院のエメラルド仏寺院などチャクリー王朝歴代の王により建造・改築された建物が建ち並んでおり、ラマ8世までは実際にここに住まわてていたとか。

涅槃寺

  • Pict0386
    タイ語で Wat Pho(ワット・ポー)と呼ぶこの寺は、ラマ1世が建立したバンコク最大の境内を持ち、バンコク最古の歴史を持つ寺院。本堂には写真のようなリクライニング・ブッダの愛称で親しまれている寝釈迦仏が横たわる。足の裏には螺細細工でバラモン教における108の宇宙観が表現されていると言う。

最近のトラックバック

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

金魚

  • 金魚

ウェブページ

« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »

2016年10月

FMサン ラジオ出演

2016年11月13日(日)の講演会で、後援をお願いしている

”FMサン”から、講演会の宣伝をして欲しいとの依頼があった。

Photo_4

ラジオの生放送は今日で2回目、NPO法人の理事長と同行。

FMサンのアナウンサーが言葉巧みに講演会の事をアレコレ聞いてくれ、スムースに受け答えができた。

今日の全体テーマは、ハロウィン🎃について。

だから放送後の記念写真では、おなじみのハロウィンハット(アングルハットと言うらしい)をかぶった。

20161027fm

ハロウィンで変装するなら、どんな格好が希望? と、聞かれ

韓流ドラマに出てくる朝鮮王朝の王様になりたい・・・と。

フォルトゥナの瞳

百田直樹著”フォルトゥナの瞳”と言う小説を読んだだろうか?

Photo

主人公の車工場で働く20代の真面目な青年、木山慎一郎は、ある日突然、「人の死が分かる」という特殊能力があることに気がつく・・・・ということからストーリが展開していく。

死が近づいた人を見た時、手首,足首が透けて見え、死が間じかになると手,足全体が見えなくなる。

死ぬ直前の人は体がほとんど透け、着ている服や靴しか見えない。

そんな能力を持つ木山真一郎が心臓手術前の私を見たら、私はいつから手足が透けていたのだろう?

2012年12月にエントリーした高知県安芸市のタートルマラソンで、しんどくても途中歩くなんてしなかった事に不審を覚えた私は、年が明けた2013年1月、新年行事も終わったのを機に回生病院の心臓循環器内科へ健康診断のつもりで受診した。

結果は心臓冠動脈が7カ所も詰まっていて、いつ心筋梗塞を起こして死ぬかも知れない状態だった。

おまけに心臓から全身に血液を送り出している大動脈弁の機能低下で、送り出した血液の半分が心臓に逆流していると。

結果、心臓を止めて冠動脈バイパス手術と大動脈弁の生体弁置換手術をした。

2013年2月始めの事だった。

私の手足首は2012年の中ごろから透けていたのかも知れない。

講演会のお知らせ

■ 日 時:2017年7月22日(土) 10:00~15:50

■ 場 所:香川県民会館 レクサムホール

■ 主 催:松見歯科診療所、TEL:087-881-2323・FAX:087-881-8499

■ 演 題 :①口の健康は全身の健康 By 松見哲雄(歯科医師)

        ②舌癒着症は呼吸障害 By  山西敏朗(耳鼻咽喉科医)

        ③何を食べるかが命の原点 By 吉田俊道(農業者)

        ④生まれる時から自然に沿って By 岡野眞規代(助産師)

        ⑤自立神経を整えれえば病気は治る By 安保徹(免疫学者)

■ 前売券:1,000円 (当日券 1,500円)

20161005

死ぬこと

死ぬのは怖くない、怖いのは死ぬ過程だ。

心臓バイパス手術の時、全身麻酔した。

病室から手術室へ運ばれ、今から麻酔しますの声が聞こえ、麻酔が覚めるまで記憶は一切ない。

その間8時間あまり、思えば「その時間帯は死んでいた」と思っている。

死ぬのは怖いと思うのは、脳というハードがあるから。

でもそのハードがなくなると、考えることもできない。

死とは肉体の機能が停止する事、もちろん脳の機能も。

麻酔は一時的に脳のハード機能を止める、即ち死んだのと同じ?

麻酔中に神さまや仏さまに会った事はない。

生き返った人が良く言う、お花畑の向こうから・・・・云々の景色は見えなかった。

そりゃそうよ、本当に死んでないんだから・・・・と言う声が聞こえそう。

私は死後の世界があるとは思えない。死んだら何もない。

だから、死ぬのは怖くない、それより死にゆく過程が怖い。

「すこししんどいから休むと言って二階に上がり、下りて来ないので見に行くと死んでた」

なんて死に方ができれば別だが、癌や病気で苦しみながら死ぬのは怖い。

ピンピンころり、そんな生き方ができるよう努力せねばならない。

大変難しいけれど!

珊瑚

日本近海での珊瑚密猟が話題になった。

中国人は大の珊瑚好きと聞く。

台北101の展望室から地上へ降りるエレベータへ行くには、宝石店内を通らないとたどり着けない構造となっている。

だから、嫌がおうでも、サンゴの陳列棚を見ざるを得ない。

↓ タイトル”蘭”

Img_68821

中国人が愛する赤珊瑚、赤は幸運の色。

Img_68891

↓ 世界で最も高い宝石珊瑚・海景

Img_68841

この宝石珊瑚・海景は台湾北東の海、海底200mで取れた。

宝石珊瑚として1cmを育てるのに10年かかる。

この巨大な珊瑚は台湾の最も貴重な宝物と書いてある。


Img_68941


Img_68951

全世界の80%の珊瑚装飾品は台湾より輸出されたものであり、台湾の「サンゴ王国」の美名は豊富なサンゴ資源に裏打ちされた国宝級の彫刻師のおかげと締めくくっている。

台北101観景台

最頂部の高さ:509.2m、屋上の高さ:449.2m、最上階の高さ:439.2mは、2007年ドバイに建設されたブルジュ・ハリファ(828m)に抜かれるまで世界一の高さを誇った。

台北101ビル(タイペイいちまるいち)は地下5階+地上101階からなり、「101」という名前の由来はここから来ている。

以下ネット情報

この「101」という数字にはデジタル時代を代表する符号であること、「100を越え更なる高みを目指す」という意味も込められている。 

施工は日系企業が中心となって、約7年間かけてこの超高層建築物を完成。 

もうひとつの東アジア一がここにあり、それは「東アジア最速エレベーター」。

こちらも2007年ドバイのブルジュ・ハリファに抜かされるまでは、世界一速いエレベーター(上昇時分速1.010m、下降時分速600m)としてギネスブックにも認定されていた。

 上り分速1.010mの設定は名前にちなんで、意図的にそう設定したと思う。

Img_6831_2この101のタワー部は8層おきに節があり、節は全部で8つある。

これは「發財」といって、お金がどんどん入ってくる数字と言われる「八」にこだわったとか。

また、節は竹の節を表し、遠くから101を望むと確かに1本の竹のように見える。

竹も縁起のいい植物で、台湾では昇進した人に「歩歩高昇」(どんどん出世していくこと)と書いたカードをつけて竹の盆栽を送ったりする。

もう一つ節のところに丸いものがついていますが、これは中国の昔のお金で、8層の節ごとについているのは金庫のカギを表します。

こんなわけで101は、竹であり、ドル箱であり、天下無敵の縁起担ぎのビルなのです。

ここにオフィスを構えれば、会社はどんどん儲かって拡大していきますよってことでしょう。

更に言うならば、なぜ台北のこの地に建てられたのかというと、それは台北で一番のいい風水を持つところだからです。

101の入口付近には、台湾のお店などでもよくある水が流れる(お金の回転がいいということ=商売がうまくいっている)場所があります。水がグルグル回って流れているということに意義があるのです。

Img_6935_2建物の構造は言うまでもなく素晴らしいのですが、縁起物だらけの101、風水や縁起を担ぐのが好きな中国人ならではの発想。

 

Img_6826
↓ 展望台からの風景、都会の代表的な眺望か?
Img_6834
↓ これだけ高いビルだから、当然制振装置がついている。101ではこの装置も見学対象。
Img_6862Img_6863
87階から92階の中央部吹き抜け空間に660㌧もの巨大マスダンパーが居座っている。
風力による振動を最大40%抑制できると言う。
このビルには前に一度来た事があるが、それをすっかり忘れていてエレベーターに乗って始めて思い出した。

屋根の猫

九份の警察署近く、土産店の屋根に大きな猫が。

Img_7047

見慣れたものでも、これだけ大きいと目を引く。

どんな意図で、いくら費用をかけて、誰が・・・と要らぬ事を考えてしまう。

思い出した、そう言えば那覇の国際通りにも屋根に居座る猫がいた事を。

Img_20160918_114531

市場風景

台湾の市場風景は、沖縄とそっくり。

と云うより、台湾の文化が沖縄へ伝来したのだろう。

前に紹介したお墓の形も沖縄と台湾は良く似ている。

Img_6798

Img_6547

ガイドに台湾名物・夜市の事を聞いてみた。

衣服、装飾品、食べ物などありとあらゆる物を歩行者天国と化した道に、目いっぱい並べ売っている。

特に屋台の食べ物は見るからに旨そう。

だが、日本に留学経験のあるそのガイドは、非衛生的だから私は行かないと。

日本人に、あまりお勧めではないとも。

台湾の生水に慣れてないとおなかを下すかも知れない。

確かに外国へ行って一番注意すべきは水と食べ物なのは間違いない。

お寺

台湾のお寺は日本よりずっと派手。

↓ 平光寺

Img_71241

↓ 平光寺は門が閉まって入れない。門扉越しに境内を写す。

Img_7129

↓ 布袋さん? の巨大な像が境内にでん~と・・・居座る。

Img_7130

↓ 違うお寺、門なのに、屋根の装飾がすごい! 

Img_7100

Img_7106

↓ お供えして拝む場所

Img_7108

↓ここは行天宮、街中の一等地にある人気ランク台湾一のお寺。

Img_67741

↓ その参拝風景、この日は日曜日とて参拝客で溢れていた。

Img_6782

↑ 1967年に落成した新しいお寺で、毎朝早いうちから境内はお線香の煙につつまれる。

↓ 行天宮は、東京でいえば大手町にあたるようなビジネス街に位置するという。

Img_6769

人気の最大の理由は、ご本尊が商売の神様である「關聖帝君」であること。

關聖帝君とは、三国志でおなじみの関羽雲張のことで、真っ赤な顔と、黒くて長いヒゲが特徴。

関羽は劉備玄徳に仕える武将で、主君への厚い忠誠心が尊ばれ、死後、神として祀られるようになった。

武将である関羽がなぜ商売の神様となったのかは諸説あり、そろばんや簿記の発明者と考えられていることが有力な説。

商売熱心な人が多い台湾で、このお寺が人気というのも納得です。

台北市の街並み

台湾の台北市といえば、日本では東京みたいなもの。

東京と様子が違うのはバイクの多さ。

日本の駅前にたくさんの自転車が並ぶように、台北では道端のどこにでもバイクが並ぶ。

Img_66951

バイクが最も身近な交通手段、日本の自転車のように。

Img_6692

↑ こんな光景、日本ではあまり見られない。

↓ 台北市の街はどんな風景?と聞かれたら「こんな」と言える私チョイスの代表写真。

Img_70621

Img_7072

Img_7090

↓ こんな汚い今にも崩れ落ちそうな建物も混在している。

Img_6712

巨大地震が起こったら、どうなる?

後手猿(ごてざる)?

台北市のお寺、入口付近に”み猿・いわ猿・きか猿”の像が滑り台に並ぶ。

この猿たちはおなじみ。

Img_70941

うん!  ??? その滑り台へ上がろうと待つ猿がいる。手を後ろに組んで。

Img_7095

この猿、一体何を表現しているのだろう???

見ない、云わない、聞かない、手を出さない・・・だろうか?

それとも、見ない・言わない・聞かない・ ”ごてない(後手)”・・・だろうか?

本部町のお勧めグルメ

■ 田空食堂(本部町 具志堅集落)

Img_7270

↓ 入口にヤギの看板、ヤギ汁定食が売りか?

Img_7278

↓ 私の食べた、ウンチェバー定食。ランチ定食のひとつ。 

Img_7311

ウンチェバーとは何だろうと注文した。

出てきた実物を見ると空芯菜のことらしい。

この食堂には、サラダのミニバイキングもありなかなか美味しかった。

■ ガジュマル(本部町)

Img_7169

↑ 沖縄そばが美味しい。量も多い。

■ 亀蔵(本部町)

Img_7176

↑ 朝定食は550円で洋食、和食あり。夜は居酒屋になる。

■ UKAUKA(瀬底島)

Img_7195

↑ 軽食喫茶、最近ピザを始めた。ピザ釜で焼く本格ピザはうまい。

■ Gelateria Yahata(瀬底島)

Img_7161

沖縄産ジェラート、ランチボックス、サイドメニュー 等々。

TAKE OUT 可能とか。まだ入ったことはない。

ジェラートとは何? 

一般的なアイスクリームと比べて空気含有量が35%未満と少ないため、密度が濃く、味にコクがある。

また、乳脂肪分は4〜8%で、一般的なアイスクリームより比較的低カロリー。

そのため、日本の乳及び乳製品の成分規格等に関する省令ではアイスクリームではなくアイスミルク(乳脂肪分3%〜8%未満)、もしくは氷菓に分類される。

知らなかった。

ナインボット

ナインボットなる乗り物をご存じだろうか?

写真を見たらあぁ~あれか! と思うに違いない。

Photo
テレビでも放映されたこの乗り物、もちろん日本では公道の使用は禁止されている。

このナインボットを15分500円で体験できるコーナーが、瀬底島のホテル”テーラー・シーク”前にできた。

6月に来た時、なかったのに。

宿泊客に利用してもらおうと、ホテルが運営している。

↓ 案内の看板

Img_7197

↓ 体験コース

Img_7196

草の覆い茂っていた空き地を整備し、コンクリートを貼って20mほどのコースができていた。

体験したかったが、乗りこなす自信はなく、転んでケガでもしたらと思い、退散。

↓ ナインボットの説明

アクセルやブレーキをなくし、運転者の重心移動だけで走行ができる。 

前進・後退はそのまま前後の重心移動で行い、左右に曲がる動作はハンズフリーレバーを足で左右に傾けることで行う。 

両手が空くので、荷物の持ち運びやカメラ撮影にも最適とか。

最近、竹コプターまがいの空飛ぶ乗り物や、このナインボットのような、えっ!何コレ? と思うものが良くテレビ等で紹介されている。

未来では車が空を自由に飛ぶこと間違いない。

その時はもはや車とは呼ばないだろうが。

観月会

9月15日、観月会をするからおいで、と、瀬底島で民宿・やどかりを営む松本さんに誘われた。

島内スピーカからも「本日18時半より観月会がありますので・・・」と
放送されるのを朝から何回も聞いた。

↓ 定刻ころ、会場に来てみるとまだこんな風、予想の範囲内。

Img_7203

↓ やがてお月様も顔を見せた。

Img_7204

松本さんに「観月会になに持って行けばいい?」と聞いた。

舞台で沖縄伝統舞踊があるので、月も見ながら舞台も観ながら飲んだり食べたりするから、自前でその用意をして・・・と。

缶ビールひとケースと乾き物のつまみを用意して参加。

↓ 伝統舞踊

Img_7215

Img_7245

Img_7253

Img_7257

瀬底島には、こんな沖縄独特の踊りが伝承されている。

この踊りを継承していく若い人達が減っていくなか、踊り手達が継承努力をしていくと言う強い決意の挨拶があり、観月会は無事終了した。

Img_7268

踊ってくれた皆様に感謝・感謝!

台湾の旅(九份)

↓ 聖明宮

Img_7010

↓ 聖明宮の屋根の装飾

Img_7015

↓ 九份の小学校・・・狭い階段を上がるとこんなに広いところが。

Img_7021

↓ 九份の山の中腹に見えるお墓、沖縄のお墓と似ている、が、規模が大きい。

  でも似ていると言う事は、沖縄の人達はやはり台湾から渡って来たのだろう。

Img_7004

↓ ちなみに沖縄のお墓

Img_7153

台湾のお葬式について現地のガイドさんから聞いた話。

お葬式はいわばお祭り。

泣き屋を雇って大げさに泣いてもらったり、男性が亡くなった時はストリップショーも開かれるとか。

本当かな~??? と思うが。これも文化の違い?

↓ 九份のMAP、矢印から入り矢印から出るのが一般的。

Img_71511

でもガイドさんによっては、逆コースも。今回がこれだった。

九份 その2

↓ 暮れなずむ九份の海

Img_69721

5年ほど前に来た時、こんなに多くの観光客はいなかった・・・と記憶する。

だんだん人気が出たのか、この日もすごい人・人・人・・・・。 歩くのにも苦労する。

行きかう人々の会話はほとんど日本語。

前回は一番上からこの路地に入ったと記憶、今回は一番下から案内され、いきなり階段を上る。

Img_7041

Img_7026

↓ 日本統治時代につくられた映画館

Img_6975

↓ 中に入ると

Img_6978

↑ 懐かしい風景、高松から坂出に越してきた時、国鉄鴨川駅近くに映画館があった。

その映画館へ亡き母が連れていってくれた。その風景と同じ。

見た映画は「ベンハー」だったと思う。

そんな映画を上映しそうな・・・・。

Img_69962_2

↑ ここが唯一広場になっていて、階段を上る人・階段から降りてきた人でごったがえす。

九份 その1

二度目の台湾、5年ほど前に柿茶の井上社長と来て以来。

その時も九份へ行ったが、今回も何故か懐かしい思いがして行きたくなった。

アニメ 「千と千尋の神隠し」の舞台を彷彿とさせる街並みが好きだ。

ガイドによると、九份という地名は開墾した土地を9人で分けたところから付いたと言う。

九份は台湾北部に位置する一寒村に過ぎなかったが、19世紀末に金の採掘が開始された事に伴い、徐々に採鉱夫が各地から集まり、日本の統治時代に藤田組によりその最盛期を迎えた。

九份の街並みは今もその時代の面影を色濃くとどめている。

日本の台湾統治が終戦まで約50年も続いた事実を、今更ながら長い期間と再認識させられた。

今も、その間日本人がした良い事も悪い事も、現地人には語り継がれているに違いない。

第二次世界大戦後に金の採掘量が減りはじめ、1971年に金鉱が閉山されてから、町は急速に衰退し、元の一寒村に戻った。

その寒村が再び脚光を浴びたのは、それまでタブーとされていた二・二八事件を正面から取り上げ、台湾で空前のヒットとなった映画 『悲情城市(A City of Sadness)』(侯孝賢監督)のロケ地となったことによる。

映画を通じて、時間が止まったようなノスタルジックな風景に魅せられた若者を中心に多くの人々が九份を訪れ、メディアにも取り上げられるなど、台湾では1990年代初頭に九份ブームが起こった。

アニメ 「千と千尋の神隠し」の舞台との説はスタジオジブリは否定している。

↓ 九份の街並み

Img_6963

↓ 千と千尋の神隠しの舞台と似た茶楼 「阿妹茶楼(あめおちゃ)」

Img_69961

↓ 湯婆婆(ゆばぁば)の屋敷

Img_6991_2

千と千尋の神隠しの映画のキャラクターの顔のお守りを店で買えます。

と、書いてある。

日本統治時代、金の採掘量が一時下火になった時、藤田組はその採掘権を現地の”顔”氏に譲り渡した。

しかしその後、顔氏の努力でまた新しい金鉱が見つかり、採掘量が増えて顔一族は繁栄したとか。

その子孫が、今日本で活躍する歌手”一青窈”さんだと、ガイドさんは結んだ。

« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »