Jou光

  • 親父
    彼は子供の時から絵が上手いと、親の欲目で思っている。目の前でさらさら描かれると、ついつい感嘆してしまう。世の中いっぱい絵の上手い人はいるが、この道で飯が食えるのはスポーツ選手と同じで極一部。でもとにかく趣味でも良いから絵を描くことは続けて欲しいと願っている。

春爛漫

  • ぼけの花
    柿茶の里は徳島県美馬郡つるぎ町に位置する。柿の葉の生産農家へ毎年春と秋に行く。春はことさら美しい。桜が咲き乱れ山の木々が新緑に包まれる。澄んだ青空に身も心も洗われる気がする。

アユタヤ遺跡

  • Pict0266
    1491年に建てられた王族の守護寺院。3つの大きな仏塔には、ラーマティボディ2世と父、兄の遺骨が納められています。 寺院ではありますが僧は居住せず、王の礼拝堂として王族の儀式に使用されていました。この寺院もまた、1767年ビルマ軍により破壊され、16mあったという金で覆われた仏像も金を奪われた後、壊されてしまいました。

暁の寺院 タイ

  • Pict0350
    トンブリ王朝時代の守護寺で最高位の寺院とか。きらきらと輝く陶器の破片に覆われた高さ約79mの大仏塔は、ラマ3世により5年がかりで改装された。朝日を浴びた大仏塔の神々しい姿が”暁の寺”の名前の由来。

ワット・ヤイ・チャイ・モンコン

  • Pict0201
    セイロンへの留学から戻ってきた僧侶のために、1357年初代王ウー・トーンが建立しました。仏教寺院は瞑想の場として使用されていました。現在も多くの仏教徒が訪れ、週末は観光客でにぎわいます。

水上マーケット

  • Pict0116
    ダムナン・サダックの水上マーケット。その昔、”東洋のベニス”と言われたバンコクでは、日常的商取引には運河が利用されてきた。水上マーケットは、古き良き時代の情緒溢れるバンコクの生活を体感させてくれる。 

2008年7月 タイ王宮

  • Pict0429
    白壁に囲まれた20万㎡の敷地内には、1782年に建設された国王の宮殿、即位式の建物、王室守護寺院のエメラルド仏寺院などチャクリー王朝歴代の王により建造・改築された建物が建ち並んでおり、ラマ8世までは実際にここに住まわてていたとか。

涅槃寺

  • Pict0386
    タイ語で Wat Pho(ワット・ポー)と呼ぶこの寺は、ラマ1世が建立したバンコク最大の境内を持ち、バンコク最古の歴史を持つ寺院。本堂には写真のようなリクライニング・ブッダの愛称で親しまれている寝釈迦仏が横たわる。足の裏には螺細細工でバラモン教における108の宇宙観が表現されていると言う。

最近のトラックバック

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

金魚

  • 金魚

ウェブページ

« 瀬底土帝君 | トップページ | クルーズ船『ロストラル』  »

人の縁とは「摩訶不思議」・・・・と、今回長男の結婚でつくづく思った。

と言うのも、

私がお邪魔している柿の葉茶を製造・販売する会社に、宇多津町でお豆腐屋さんを営む久保社長が話を持ってきた。

会社の奥さんへ、息子さんへの見合い話だ。

高校時代からの親友の柿茶家族には6人の息子がいて、その次男さんに・・・と。

お見合い相手は商売家族の嫁にピッタリだと久保社長は思っていたようだ。

事実、私も後になって、彼女の人となりを見るに、陽気で明るく人見知りしない性格は合っていると思った。

ところが次男坊はその見合い話に興味を示さなかった・・・僕には彼女がいるとかで。

そこで私が一言つぶやいた・・・

私の所にも東京に住む独身息子が二人もいるんだけどなぁ~・・・と。

それを聞いた久保さん、それは是非に・・・と話を振ってきた。

振られたものの、私は良く承知していた。

長男も次男も結婚の意思がない事を。

正月に帰省するたび、

「結婚相手さがそうか?」

「いえ、結構」 と、いつも断られていたから。

長男には過去一度、香川からわざわざ相手を東京まで行かせて見合いさせたが、うまくいかなかった。

今回のお相手は女6人姉妹の末っ子で、東京在住。同じ東京どうしで、会うのに距離的制約はなかったが・・・。

振られた話を受けたものの、息子はこの話をすぐ断るだろうと、預かった釣書は連絡もせず放置。

時間を置いて、久保さんに「あの話、息子に言ったがダメだった」と嘘をつくつもりだった。

・・・本当にごめんなさい~・・・

でもでも・・・ここからが縁の不思議さである。

このアト、久保さんから「あの話どうでした?」と電話の問合せなら、私も予定どうり嘘をついて、この縁は終わっていた。

ところが何と!、面と出くわし「前田さん、あの話・・・・」ときたもんだ。

これはヤバイと思った。

とにかく話だけでも長男にしないと、いつどこで食い違いの事実が露顕するやも知れぬ。

今は電子メールと言う早くて便利ないツールがある。

これが手紙を書いて・・・となると、また決心が鈍る。

取り急ぎ、釣書と写真をPDFで取り込みメールに添付して連絡はすんだ。

あれだけ見合い話を固辞していたので、すぐに断ってくるだろうと思いながら。

久保さんが話を持って来たのは2年前・秋頃の話、私が息子に連絡したのがその年末。

さて、息子の反応は?・・・何と思ったか・・・見合いしても良いと言う。

もうこっちがビックリポンである。

その後、早速相手の連絡先を教え、お互いメールやり取りして・・・と、橋渡しの役目は終わり。

ところが後で聞いた話、息子のメールが彼女の迷惑メールに入っていて、しばらく連絡が付かなかったらしい。

昨年正月に長男が帰省した時、あの話は?と聞いたら相手から返事がない・・・と言う。

また久保さんに連絡して、その後はうまく接触できたよう。

その後二人がどう交際したのか知らないが、挙式がその結果証明。

人の縁は摩訶不思議!

もし私が久保さんの最初の話を聞く場にいなかったら、

もし私が二度目に久保さんと顔を合わせなかったら・・・この結婚式はなかった。

縁があれば、縁は切っても切れない。

201754

これで私も安心してあっちへ行ける。長生きして良かった。  

↓ 新郎が描いたWelcome Board

Photo
1

4_2

↑ NPO法人健康を考えるつどいが運営する坂出健康会館の絵手紙教室作品

By 井上 杏那 氏

« 瀬底土帝君 | トップページ | クルーズ船『ロストラル』  »

日々生活の中で」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 瀬底土帝君 | トップページ | クルーズ船『ロストラル』  »