Jou光

  • 親父
    彼は子供の時から絵が上手いと、親の欲目で思っている。目の前でさらさら描かれると、ついつい感嘆してしまう。世の中いっぱい絵の上手い人はいるが、この道で飯が食えるのはスポーツ選手と同じで極一部。でもとにかく趣味でも良いから絵を描くことは続けて欲しいと願っている。

春爛漫

  • ぼけの花
    柿茶の里は徳島県美馬郡つるぎ町に位置する。柿の葉の生産農家へ毎年春と秋に行く。春はことさら美しい。桜が咲き乱れ山の木々が新緑に包まれる。澄んだ青空に身も心も洗われる気がする。

アユタヤ遺跡

  • Pict0266
    1491年に建てられた王族の守護寺院。3つの大きな仏塔には、ラーマティボディ2世と父、兄の遺骨が納められています。 寺院ではありますが僧は居住せず、王の礼拝堂として王族の儀式に使用されていました。この寺院もまた、1767年ビルマ軍により破壊され、16mあったという金で覆われた仏像も金を奪われた後、壊されてしまいました。

暁の寺院 タイ

  • Pict0350
    トンブリ王朝時代の守護寺で最高位の寺院とか。きらきらと輝く陶器の破片に覆われた高さ約79mの大仏塔は、ラマ3世により5年がかりで改装された。朝日を浴びた大仏塔の神々しい姿が”暁の寺”の名前の由来。

ワット・ヤイ・チャイ・モンコン

  • Pict0201
    セイロンへの留学から戻ってきた僧侶のために、1357年初代王ウー・トーンが建立しました。仏教寺院は瞑想の場として使用されていました。現在も多くの仏教徒が訪れ、週末は観光客でにぎわいます。

水上マーケット

  • Pict0116
    ダムナン・サダックの水上マーケット。その昔、”東洋のベニス”と言われたバンコクでは、日常的商取引には運河が利用されてきた。水上マーケットは、古き良き時代の情緒溢れるバンコクの生活を体感させてくれる。 

2008年7月 タイ王宮

  • Pict0429
    白壁に囲まれた20万㎡の敷地内には、1782年に建設された国王の宮殿、即位式の建物、王室守護寺院のエメラルド仏寺院などチャクリー王朝歴代の王により建造・改築された建物が建ち並んでおり、ラマ8世までは実際にここに住まわてていたとか。

涅槃寺

  • Pict0386
    タイ語で Wat Pho(ワット・ポー)と呼ぶこの寺は、ラマ1世が建立したバンコク最大の境内を持ち、バンコク最古の歴史を持つ寺院。本堂には写真のようなリクライニング・ブッダの愛称で親しまれている寝釈迦仏が横たわる。足の裏には螺細細工でバラモン教における108の宇宙観が表現されていると言う。

最近のトラックバック

2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

金魚

  • 金魚

ウェブページ

« スリランカ 六日目(ゴール宿泊ホテル) | トップページ | スリランカ 七日目(ゴール市内観光) »

スリランカ 七日目(ゴール出発コロンボへ)

スリランカを満喫した旅も終わりに近づいた。

七日目は朝ゴール市内観光後、空港のあるコロンボへの移動。夜の便で帰国の途につく。

17

ホテルを出て、ゴール市内にある世界遺産”ゴール要塞都市”へ向かう。

↓ 如何にも要塞とおぼしき石壁が見えてきた。

Img_1908

ゴールはセイロン島の南西端に位置し、海に突き出した半島2

人口は10万人弱の都市で、城壁に囲まれた所が旧市街、その外が新市街。

航空写真でみるとこんなかんじ(パクリ画像です)

↓ 写真上が城壁入口で、中を海淵に右回りに案内してくれた。

Photo_2

3ゴールは、中東と中国を結ぶ「海のシルクロード」の中継地点として古代から栄えた港町。

大航海時代に入るとポルトガルとオランダによって街が築かれ、今も中世ヨーロッパ調の雰囲気が色濃く残る。

列強各国の人達は自分たち以外の「外国人」侵入を防ぐため、城壁や要塞を築き、ゴールを強固な城塞都市へと育て上げた。

旧市街をぐるりと囲う城砦は、ポルトガルによって造られ、オランダによって補強された。

城砦は低いところで6m、高いところでは20m近くの高さがある頑強なもので、2004年に発生したスマトラ沖地震の津波にも耐え、住民を守ったことから『奇跡の世界遺産』とも呼ばれている。

↓ 住民を守った城砦

Img_2118

↓ オランダ植民都市時代に築かれたオランダ改革派教会(1752年)

Img_1910_2

↓ イギリス国教会に属する諸聖人教会(1871年)

Img_1939_2

↓ 城壁内の風景

Img_1942

Img_1944

↓ 城壁入口

Img_2182

↓ ゴール要塞の灯台

Img_2018

↓ オランダ植民都市時代に起源を持つ、メーラ・モスク(1904年)

Img_2026

↓ こんな看板があった。 ”CRAZY JUMPERS”

Img_20851

何これ? とガイドに聞いたら ↓ この岩と岩の間の海にダイビングするのだと言う。

正にクレージー。

Img_2083

↓ こんな所で運動会???

Img_2156

以下ウキペディアから引用

ゴール市内は大きく分けると3つの地区に分類される。

半島部に形成された要塞が残るフォート・エリア、

海岸や国道沿いに見られるムスリム商人の多い商店街エリア、

仏教寺院が多く見られる丘陵部の住宅地エリア。

このうち、世界遺産対象地域になっているのはフォート・エリアのみ。

フォート内部はオランダ植民都市にしばしば見られる格子状の街路が走るが、地形に合わせて若干の変形が見られる。

オランダ人やイギリス人が居住してきたことから、ゴール市内のキリスト教会4つのうち、3つがフォート・エリアに残っている。

オランダ植民都市時代に築かれたオランダ改革派教会(1752年)、

イギリス国教会に属する諸聖人教会(1871年)、

そしてメソジストの教会堂である。

かつてはポルトガル植民都市時代に築かれたカトリックの聖堂もあったが、17世紀にオランダによって取り壊され、その跡地には仏教寺院のウィクラマシンハ寺院(1889年)が建っている。

現在のフォート・エリア内にはムスリムが多く住む。1999年の統計ではフォート・エリアの住民2197人中、ムスリムは1009人で、シンハラ人の1159人と大差がない。

これは伝統的に住んでいるムスリム(スリランカ・ムーア)のほか、スリランカ独立後、

ヨーロッパ人やバーガー人の外部への流出によって空いた住居に移住してきた者たちが含まれている。

そのため、モスクもフォート・エリア内に4つあり、そこにはオランダ植民都市時代に起源を持つメーラ・モスク(1904年)も含まれる。

以上、キリスト教、仏教、イスラームのそれぞれの施設は残るが、ヒンドゥー教の寺院はない。

« スリランカ 六日目(ゴール宿泊ホテル) | トップページ | スリランカ 七日目(ゴール市内観光) »

異国へ旅たび」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« スリランカ 六日目(ゴール宿泊ホテル) | トップページ | スリランカ 七日目(ゴール市内観光) »