Jou光

  • 親父
    彼は子供の時から絵が上手いと、親の欲目で思っている。目の前でさらさら描かれると、ついつい感嘆してしまう。世の中いっぱい絵の上手い人はいるが、この道で飯が食えるのはスポーツ選手と同じで極一部。でもとにかく趣味でも良いから絵を描くことは続けて欲しいと願っている。

春爛漫

  • ぼけの花
    柿茶の里は徳島県美馬郡つるぎ町に位置する。柿の葉の生産農家へ毎年春と秋に行く。春はことさら美しい。桜が咲き乱れ山の木々が新緑に包まれる。澄んだ青空に身も心も洗われる気がする。

アユタヤ遺跡

  • Pict0266
    1491年に建てられた王族の守護寺院。3つの大きな仏塔には、ラーマティボディ2世と父、兄の遺骨が納められています。 寺院ではありますが僧は居住せず、王の礼拝堂として王族の儀式に使用されていました。この寺院もまた、1767年ビルマ軍により破壊され、16mあったという金で覆われた仏像も金を奪われた後、壊されてしまいました。

暁の寺院 タイ

  • Pict0350
    トンブリ王朝時代の守護寺で最高位の寺院とか。きらきらと輝く陶器の破片に覆われた高さ約79mの大仏塔は、ラマ3世により5年がかりで改装された。朝日を浴びた大仏塔の神々しい姿が”暁の寺”の名前の由来。

ワット・ヤイ・チャイ・モンコン

  • Pict0201
    セイロンへの留学から戻ってきた僧侶のために、1357年初代王ウー・トーンが建立しました。仏教寺院は瞑想の場として使用されていました。現在も多くの仏教徒が訪れ、週末は観光客でにぎわいます。

水上マーケット

  • Pict0116
    ダムナン・サダックの水上マーケット。その昔、”東洋のベニス”と言われたバンコクでは、日常的商取引には運河が利用されてきた。水上マーケットは、古き良き時代の情緒溢れるバンコクの生活を体感させてくれる。 

2008年7月 タイ王宮

  • Pict0429
    白壁に囲まれた20万㎡の敷地内には、1782年に建設された国王の宮殿、即位式の建物、王室守護寺院のエメラルド仏寺院などチャクリー王朝歴代の王により建造・改築された建物が建ち並んでおり、ラマ8世までは実際にここに住まわてていたとか。

涅槃寺

  • Pict0386
    タイ語で Wat Pho(ワット・ポー)と呼ぶこの寺は、ラマ1世が建立したバンコク最大の境内を持ち、バンコク最古の歴史を持つ寺院。本堂には写真のようなリクライニング・ブッダの愛称で親しまれている寝釈迦仏が横たわる。足の裏には螺細細工でバラモン教における108の宇宙観が表現されていると言う。

最近のトラックバック

2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

金魚

  • 金魚

ウェブページ

« 絵手紙教室 作品展 その5 | トップページ | 絵手紙教室 作品展 その6 »

薬の副作用に注意 By 豊岡 倫郎 氏 2017年6月15日

 薬の副作用は怖い 

1. 年々増加する国の医療費


厚生労働省が公表した2015年度の医療費は41.5兆円となり、前年比3.8%増えた。その内調剤医療費が59783億円で、前年比11.3%増で、そのなかのトップが血圧降下剤で、4953億円、次が抗ウイルス剤の4139億円と続く。

2. 薬に依存する日本人

今は高齢化社会で、お年寄りは体のあちこちに不具合が起きて、医者へ行くと、不具合の数に応じて、どっさりと薬袋をもらい、それらの薬を服用しても、長引くばかりで、医療費ばかりが嵩んでゆくのが実態である。更に問題なのは、何種類もの薬を長期に亘って飲んでいると、その副作用で、別の病に侵されて、命を縮めかねないのである。これを医原病と呼んでいる。

  東京大学大学院医学系研究科教授の秋下雅弘氏の著書「薬は5種類まで、中高年の賢い薬の飲み方」という本が話題に

  なっている。多種の薬を飲むことを戒めている。

.今必要なのは薬に関する正しい知識

いま生活習慣病を患っている人が激増している。例えば糖尿病は予備軍を入れて、2210万人、高血圧症4000万人、脂質異常症3200万人、これが三大生活習慣病である。

何故こんなに患者数が多いのか、答えは簡単である。症状を緩和させても、これ等の病気を完治させる薬がないから、一生飲み続ける羽目に陥るのである。

そこで問題なのは、これらの人たちが服用している薬の副作用がないのだろうかということである。昨年秋に大橋巨泉さんが亡くなったのを契機として、医療問題が話題となり、マスコミがこの件に関して、詳しく日本の医療事情の特集記事を発表し始めた。週刊現代が以下の記事を掲載した。上述の三大生活習慣病に関する薬の副作用のことである。

●コレステロールを下げるスタチン剤についての記事

1


  ●総コレステロールの基準値とは

  日本動脈硬化学会が定める基準値は、総コレステロール値が220以上は、高コレステロール血症という。しかしこれには多くの異論があり、次ページ右上のグラフを見ると、判るように低い方が死亡率が高いのである。コレステロールを下げる薬として広く使用されているのがスタチン剤であるが、急性で横紋筋融解症という命にかかわる病気がある。この病気に罹り、命がけの闘病生活と医療告訴を行ったのが、福田 実氏の著書「私は薬に殺される」である。これを読むと、薬に対する知識を持たずに、医者の薬を何の疑いも無く、飲み続けることの怖さをしみじみと感じさせるのである。

長尾クリニックの長尾和宏院長によると、急激な横紋筋融解症でなくても、徐々 に筋肉が低下していったり、筋肉痛になったり、肝機能が低下したり、酵素の働きを低下させるため、免疫力低下、ガンや認知症のリスクも高まるという。

●もうひとつ、コレステロール値と死亡率の関係について、日本動脈硬化学会と日本脂質栄養学会、良識派医師との間で論争があり、疑わしい病人を調査対象から除外したりして、作成されたのが、左下の表である。自治医科大学が発表したもので、160~200mg/dlの範囲の人を1として、200~240mg/dlの範囲にあっても、死亡率が低いことが見て取れる。特に女性の場合は、240mg/dl以上でも死亡率が低いのである。逆に160mg/dl未満の低コレステロールの人が死亡率が高いことが分かった。下の表は週刊現代に掲載されていたコレステロール値と死亡率の関係グラフである。

2
3

●下の表は主な高血圧症の薬に関する誤解という名で週刊現代に掲載されたものである。殆どの患者たちはこれらの薬を長期間服用しているから、副作用には留意が必要である。そもそもいまだに高血圧の基準値に関する論争は続いていて、70歳を過ぎた人の場合は上の値が140近くでも異常値ではないという意見が多い。

4
●下の表は糖尿病の薬に関する週刊現代
記事である。昔インシュリンが開発された当初は、これでもう糖尿病の患者は無くなると言われたものだった。しかし患者が2,220万人もいる現実の姿に、何を思うかである。

5

.無知は死を招く

今回この記事を書くに当たり、前述した本
以外に参考にした本は次の通りである。

●田村豊幸著 「薬の副作用にやられないための本」


   ●岡田正彦著 「薬なしで生きる」

   ●丹羽靭負著 「クスリで病気は治らない」

●近藤 誠著 「クスリに殺されない47心得」

●船瀬俊介著 「医療大崩壊、もうクスリはのめない、医者には行けない」

●安保 徹著 「薬をやめると病気は治る」

また下に掲げた表紙の本は現代医学の医者や薬剤師の方々の「良心の叫び」である。正に薬はリスクである。

67

 3. 薬から離脱するには

いわゆる生活習慣病は長年の間違った生活習慣によって、育まれてきた病気であるから、そう簡単に医者の一服のさじ加減で快癒するものではないことは、皆さんは百も承知している筈。その内、今度は薬の副作用によって、本来の病気以外の、本人も予想だにしなかった病気に罹り、死を早めるケースも多いのである。そもそも生活習慣病の薬というのは、症状を解消する対症療法である。血圧の降圧剤しかり、糖尿病の薬しかり、コレステロール降下剤しかりである。これ等の病気を招いた原因は、過食、酒の過飲、甘い糖分の摂りすぎ、肉類の過食、運動不足、ストレス、過労などに起因するものであるから、これらの原因を先ず解消する対策を採るのが本筋である。薬の服用者は自分の心の中の理不尽さに気づかないとは、どうしたことか。

4. 薬に関するワンポイントアドバイス

●薬は体にとっては本来異物であり、毒であること。

●長く服用を続けると、耐性が出きて、だんだん効かなくなる。

●一般に薬は自律神経の交感神経を昂進させるから、免疫力の低下など諸病につながる。

●漢方薬といえども副作用があること。よく便秘症の人が、センナやアロエを飲んでいるが、民間薬でも、副作用がある。

●今自分が飲んでいる薬が、体に入るとどんな働きをするのか、副作用は何かを調べて、納得した上で服用すべきで、
 医者の言葉を鵜呑みして、悪いようには
しない筈と、過信してはいけない。今は情報化社会で、インターネットや
 
スマホでなんでも調べられる。

  ●薬は5種類までという本を紹介したが、別の本には3種類までと書いてあるものもある。食品添加物もそうだが、
  何種類も体にいっぺんに入ると、
化学変化で本来体が持つ免疫力や自然治癒力、ホメオスタシス(生命恒常性維持

  機能)を狂わせて、生体がガタガタになる。

  ●高血圧の降圧剤で血圧が下がればよいというものではない。真の原因の動脈硬化や肥満などから、体が危機感から
  上げざるを得ないのに、薬で血圧
だけ下げても、根治にはならない。 

 ●70歳を過ぎると、体力、免疫力、酵素などの分泌量も半減するのに、働き盛りの大人と同じ用量はおかしい。     

  ●勝手に薬の服用を中止すると、体に異常が出ることもあるから、必ず医者に相談してみる。

5. まとめ

1) 私の持論の一つは、「悪事は良事を駆逐する」である。せっかくいろいろ健康療法をしていても、片方で、毎晩酒を飲んでいては、治るものも治らない。

2) 病気になって、反省する様子もなく、言い訳ばかりする人がいる。食べるのが、飲むのが、好きだから止められないと。健康法において、好きだの、嫌いだ等と、言っていては、前進はない。健康法は良いか、悪いかの基準が大事なのである。「甘えの構造」はいけない。

3) 血圧やコレステロールの基準値を設定する関係者、即ち厚生労働省、製薬業界、医師会などの間では、基準値のレベルを厳しくすることによって、薬の売り上げや診療費などの収入が跳ね上がるという。病人にされて、薬の服用を迫られ、副作用で命を縮めることのないようにしたいものだ。

 4) 薬に関する正しい知識を身に着けて、薬漬けの生活からの脱却策をいち早く実行する時代であることを痛感する次第である。  

    5) 紙面の関係で省略したが、風邪薬、胃腸薬、睡眠薬、精神安定剤、鎮痛剤などについても、問題点が多いことを付け 

    加えておきます。 

    6) 日本は狭い。本当に病気を治したければ、現代医学を習得した医者で、薬を使わずに生活習慣病を治している医者は沢山いるから看てもらったらよい。今回取り上げた三つの生活習慣病ほど悪い生活習慣の改善で治りやすい病気はないのではなかろうか。

 

おわり

« 絵手紙教室 作品展 その5 | トップページ | 絵手紙教室 作品展 その6 »

健康情報 By 豊岡倫郎氏」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 絵手紙教室 作品展 その5 | トップページ | 絵手紙教室 作品展 その6 »