Jou光

  • 親父
    彼は子供の時から絵が上手いと、親の欲目で思っている。目の前でさらさら描かれると、ついつい感嘆してしまう。世の中いっぱい絵の上手い人はいるが、この道で飯が食えるのはスポーツ選手と同じで極一部。でもとにかく趣味でも良いから絵を描くことは続けて欲しいと願っている。

春爛漫

  • ぼけの花
    柿茶の里は徳島県美馬郡つるぎ町に位置する。柿の葉の生産農家へ毎年春と秋に行く。春はことさら美しい。桜が咲き乱れ山の木々が新緑に包まれる。澄んだ青空に身も心も洗われる気がする。

アユタヤ遺跡

  • Pict0266
    1491年に建てられた王族の守護寺院。3つの大きな仏塔には、ラーマティボディ2世と父、兄の遺骨が納められています。 寺院ではありますが僧は居住せず、王の礼拝堂として王族の儀式に使用されていました。この寺院もまた、1767年ビルマ軍により破壊され、16mあったという金で覆われた仏像も金を奪われた後、壊されてしまいました。

暁の寺院 タイ

  • Pict0350
    トンブリ王朝時代の守護寺で最高位の寺院とか。きらきらと輝く陶器の破片に覆われた高さ約79mの大仏塔は、ラマ3世により5年がかりで改装された。朝日を浴びた大仏塔の神々しい姿が”暁の寺”の名前の由来。

ワット・ヤイ・チャイ・モンコン

  • Pict0201
    セイロンへの留学から戻ってきた僧侶のために、1357年初代王ウー・トーンが建立しました。仏教寺院は瞑想の場として使用されていました。現在も多くの仏教徒が訪れ、週末は観光客でにぎわいます。

水上マーケット

  • Pict0116
    ダムナン・サダックの水上マーケット。その昔、”東洋のベニス”と言われたバンコクでは、日常的商取引には運河が利用されてきた。水上マーケットは、古き良き時代の情緒溢れるバンコクの生活を体感させてくれる。 

2008年7月 タイ王宮

  • Pict0429
    白壁に囲まれた20万㎡の敷地内には、1782年に建設された国王の宮殿、即位式の建物、王室守護寺院のエメラルド仏寺院などチャクリー王朝歴代の王により建造・改築された建物が建ち並んでおり、ラマ8世までは実際にここに住まわてていたとか。

涅槃寺

  • Pict0386
    タイ語で Wat Pho(ワット・ポー)と呼ぶこの寺は、ラマ1世が建立したバンコク最大の境内を持ち、バンコク最古の歴史を持つ寺院。本堂には写真のようなリクライニング・ブッダの愛称で親しまれている寝釈迦仏が横たわる。足の裏には螺細細工でバラモン教における108の宇宙観が表現されていると言う。

最近のトラックバック

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

金魚

  • 金魚

ウェブページ

« 体がだるい、疲れが取れない時は鈍重肝臓かも By 豊岡 倫郎氏 2018年2月14日 | トップページ | 前立腺肥大 »

猿投温泉

新幹線で名古屋駅を何回も通過したが、降りた事はなかった。

金沢の村田さんが、名古屋で講演会をすると言うので、これはいい機会とNPO研修旅行を兼ねて名古屋へ。

講演会が終わり、この日の宿泊先は豊田市の愛知高原国定公園内にある猿投温泉ホテル”金泉閣”。

名古屋市在住のNPO法人健康を考えるつどいの会員・熊代さんが紹介・予約してくれた。

名古屋市街から車で一時間ちょっと。

Img_98462

「猿投」の地名が変わっているので調べてみた。

猿投山の山麓にある猿投神社の社蔵文書によると、

景行天皇が伊勢国へ赴いた際、可愛がっていた猿が不吉なことを行ったので、

猿を海へ投げ捨てた。

その猿がどう助かったのか、今の猿投山に籠もって住んだとされることから、

"猿投"と呼ばれるようになった・・・・と。

↓ 金泉閣

Img_9844

Img_9829

↑の道を上がっていくと鈴ヶ滝神社へ出る。

↓ 鈴ヶ滝不動明王(創建1554年)

Img_9830

Img_98311

↓ 鈴ヶ滝

Img_9833

↓ 鈴ヶ滝橋

Img_9842

↓ 鈴ヶ滝湖

Img_9838

Img_9852

↓ 案内板に書いてある鈴ヶ瀧の由来と伝説

古から山は信仰の場になっており、猿投山(標高629m)もその一つである。

猿投山に詣ずる修験者達がこの澤を通り、この瀧で身を清めて頂上に向かった錫杖の音が耐えなかった事から、この瀧を鈴ヶ瀧と呼ぶようになった。

15世紀に入り中央には織田信長,豊臣秀吉,徳川家康,北条早雲など群雄が割拠し、戦国時代んと呼ばれ、この地方も三河北辺の護りとして重要な拠点をなしていた。

当時この地は松平清康が支配し、衣(現在の豊田市)を中心に広瀬城,上野城,寺部城,衣城,福谷城,八草城などがあり、この城主たちが松平清康に反抗し、連合して戦ったが、利あらず敗退し、天文18年この地を中古広見城主中条将監秀正が代わって治めていた。

文和4年(1554年)秀正の愛育せる鷹が澤の大樹に巣を作っており、これを猿投山を徘徊する大蛇が見つけ窺っていた。

城主は村民に命じて監視させていたが、ある日大蛇が現れ巣を襲わんとした。

監視していた二人の村民は用意の弓矢で放つこと18本、この時一天俄かにかき曇り大雨が沛然と降り来たり、その物凄さに恐れ震えて村民は逃げ帰った。

大蛇は矢傷に堪えず山中深く姿を消した。

猿投山の西北に鈴ヶ瀧という滝があり、手負いの大蛇はこの瀧壺に逃げ込み傷を洗い清めた。

村民は川を辿り鈴ヶ瀧に喘ぎ吠える大蛇を切り、身体は鈴ヶ瀧の傍らの洞に祀り、頭は村に持ち帰り手厚く弁才天として祀った。

その時大雨が降ったことから干ばつの時、ここに難を祈れば効顕ありと云われ、鈴ヶ瀧のすぐ下流にある大きな釜石に供物して雨乞いを行うようになった。

アト略。

« 体がだるい、疲れが取れない時は鈍重肝臓かも By 豊岡 倫郎氏 2018年2月14日 | トップページ | 前立腺肥大 »

旅に出よ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 体がだるい、疲れが取れない時は鈍重肝臓かも By 豊岡 倫郎氏 2018年2月14日 | トップページ | 前立腺肥大 »