Jou光

  • 親父
    彼は子供の時から絵が上手いと、親の欲目で思っている。目の前でさらさら描かれると、ついつい感嘆してしまう。世の中いっぱい絵の上手い人はいるが、この道で飯が食えるのはスポーツ選手と同じで極一部。でもとにかく趣味でも良いから絵を描くことは続けて欲しいと願っている。

春爛漫

  • ぼけの花
    柿茶の里は徳島県美馬郡つるぎ町に位置する。柿の葉の生産農家へ毎年春と秋に行く。春はことさら美しい。桜が咲き乱れ山の木々が新緑に包まれる。澄んだ青空に身も心も洗われる気がする。

アユタヤ遺跡

  • Pict0266
    1491年に建てられた王族の守護寺院。3つの大きな仏塔には、ラーマティボディ2世と父、兄の遺骨が納められています。 寺院ではありますが僧は居住せず、王の礼拝堂として王族の儀式に使用されていました。この寺院もまた、1767年ビルマ軍により破壊され、16mあったという金で覆われた仏像も金を奪われた後、壊されてしまいました。

暁の寺院 タイ

  • Pict0350
    トンブリ王朝時代の守護寺で最高位の寺院とか。きらきらと輝く陶器の破片に覆われた高さ約79mの大仏塔は、ラマ3世により5年がかりで改装された。朝日を浴びた大仏塔の神々しい姿が”暁の寺”の名前の由来。

ワット・ヤイ・チャイ・モンコン

  • Pict0201
    セイロンへの留学から戻ってきた僧侶のために、1357年初代王ウー・トーンが建立しました。仏教寺院は瞑想の場として使用されていました。現在も多くの仏教徒が訪れ、週末は観光客でにぎわいます。

水上マーケット

  • Pict0116
    ダムナン・サダックの水上マーケット。その昔、”東洋のベニス”と言われたバンコクでは、日常的商取引には運河が利用されてきた。水上マーケットは、古き良き時代の情緒溢れるバンコクの生活を体感させてくれる。 

2008年7月 タイ王宮

  • Pict0429
    白壁に囲まれた20万㎡の敷地内には、1782年に建設された国王の宮殿、即位式の建物、王室守護寺院のエメラルド仏寺院などチャクリー王朝歴代の王により建造・改築された建物が建ち並んでおり、ラマ8世までは実際にここに住まわてていたとか。

涅槃寺

  • Pict0386
    タイ語で Wat Pho(ワット・ポー)と呼ぶこの寺は、ラマ1世が建立したバンコク最大の境内を持ち、バンコク最古の歴史を持つ寺院。本堂には写真のようなリクライニング・ブッダの愛称で親しまれている寝釈迦仏が横たわる。足の裏には螺細細工でバラモン教における108の宇宙観が表現されていると言う。

最近のトラックバック

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

金魚

  • 金魚

ウェブページ

« ベトナム その16 (アナ マンダラ フエ ホテル) | トップページ | ベトナム その17 (国立歴史博物館) »

こんぴら歌舞伎

国の重要文化財に指定されている金丸座で「四国こんぴら歌舞伎大芝居」が開かれるようになって、早や 34年になるという (初回公演は1985年)。

瀬戸大橋が開通して30周年、それより4年も前から始まったとは・・・・。

そんな古い歴史があるのに、地元の私は見た事がなかった。

長男の嫁の実家からお誘いがあった。 ラッキー,ラッキー!

そう言えば、歌舞伎を見るのも初めて! 何でも初めてづくしの体験。7

Photo_2

↓ 観覧席も特等S席。
Photo_3

4

↓ 中の様子

5

午後15時半開演の第二部の演目は「義経千本桜(鳥居前)」・「鎌倉三代記」・「石橋(しゃっきょう)」の三本。

「義経千本桜」のストーリー(ネットより)

義経と駿河、川越の三人は伏見稲荷まで逃れてきます。後から静御前が追いつきます。静御前は自分も一緒に行きたいといいますが、義経は女人禁制の多武峰(とうのみね:奈良県桜井市)の寺へ行くので連れて行けません。

遅れて弁慶が追いつきます。「弁慶のおかげで卿の君の死が無駄になった」と義経は怒り、扇で弁慶を何度も叩きます。弁慶は涙をはらはらと流し謝ります。静も一緒に謝ってくれてようやく弁慶は許されます。

義経一行は、多武峰へ行くのはやめて、船で西国へ向かうことにします。やはり危険な船旅のため静を連れて行くことはできません。一緒に行きたいと訴える静に、形見だと「初音の鼓」を与えます。静は同行を許されないのならこの場で死ぬというので、しかたなく鼓の調べ緒(しらべお)で静を木に縛り立ち去ります。

一人残された静。追手の残党・逸見藤太(はやみの とうた)に見つかります。藤太は鼓を奪い、静を連れて行こうとします。そこへ義経の家来・佐藤忠信(さとう ただのぶ)が現れます。忠信は不思議な力を使って藤太を討ち取り、静を助け鼓を奪い返します。実はこの佐藤忠信は白狐が化けているのですが、その真実がわかるのは四段目です。

助けられて静は大喜び、義経一行も戻ってきて忠信を褒めます。義経は褒美に自分の大鎧と自分の名前である「源九郎」を与え、これからは「源九郎忠信(げんくろう ただのぶ)」と名乗り、静を守れと命じ、静を忠信に預けて別れます。

一本目の義経千本桜は予備知識がなくても、なんとなぁ~くストーリーが分かったが、
二本目・鎌倉三代記は、さっぱりチンプンカンプン!

後でパンフやネットで知って、そうかそうか!あの場面はこういう事か・・・と、納得。

三本目の「石橋」も後でネットで見たら深い意味があった。

だが、それを知らずに見ても歌舞伎役者扮する獅子が毛を振り踊るさまは感動もの。

とにかく見どころいっぱいの舞台だった。

石橋の後半は、舞台にも客席にも天井から紙吹雪が舞い、観客も役者と同化したような錯覚にさせる演出で、「お見事!」としか言いようがない。

この日は今回の公演の最終とあって、用意した紙吹雪をすべて舞い降ろしたのではないかと思ってしまった。

6

脳科学者の茂木氏も観劇されたようで、下のような感想を残している。

Photo_4

私も全く同感・同感。

20180423110915919_0001

« ベトナム その16 (アナ マンダラ フエ ホテル) | トップページ | ベトナム その17 (国立歴史博物館) »

日々生活の中で」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ベトナム その16 (アナ マンダラ フエ ホテル) | トップページ | ベトナム その17 (国立歴史博物館) »