Jou光

  • 親父
    彼は子供の時から絵が上手いと、親の欲目で思っている。目の前でさらさら描かれると、ついつい感嘆してしまう。世の中いっぱい絵の上手い人はいるが、この道で飯が食えるのはスポーツ選手と同じで極一部。でもとにかく趣味でも良いから絵を描くことは続けて欲しいと願っている。

春爛漫

  • ぼけの花
    柿茶の里は徳島県美馬郡つるぎ町に位置する。柿の葉の生産農家へ毎年春と秋に行く。春はことさら美しい。桜が咲き乱れ山の木々が新緑に包まれる。澄んだ青空に身も心も洗われる気がする。

アユタヤ遺跡

  • Pict0266
    1491年に建てられた王族の守護寺院。3つの大きな仏塔には、ラーマティボディ2世と父、兄の遺骨が納められています。 寺院ではありますが僧は居住せず、王の礼拝堂として王族の儀式に使用されていました。この寺院もまた、1767年ビルマ軍により破壊され、16mあったという金で覆われた仏像も金を奪われた後、壊されてしまいました。

暁の寺院 タイ

  • Pict0350
    トンブリ王朝時代の守護寺で最高位の寺院とか。きらきらと輝く陶器の破片に覆われた高さ約79mの大仏塔は、ラマ3世により5年がかりで改装された。朝日を浴びた大仏塔の神々しい姿が”暁の寺”の名前の由来。

ワット・ヤイ・チャイ・モンコン

  • Pict0201
    セイロンへの留学から戻ってきた僧侶のために、1357年初代王ウー・トーンが建立しました。仏教寺院は瞑想の場として使用されていました。現在も多くの仏教徒が訪れ、週末は観光客でにぎわいます。

水上マーケット

  • Pict0116
    ダムナン・サダックの水上マーケット。その昔、”東洋のベニス”と言われたバンコクでは、日常的商取引には運河が利用されてきた。水上マーケットは、古き良き時代の情緒溢れるバンコクの生活を体感させてくれる。 

2008年7月 タイ王宮

  • Pict0429
    白壁に囲まれた20万㎡の敷地内には、1782年に建設された国王の宮殿、即位式の建物、王室守護寺院のエメラルド仏寺院などチャクリー王朝歴代の王により建造・改築された建物が建ち並んでおり、ラマ8世までは実際にここに住まわてていたとか。

涅槃寺

  • Pict0386
    タイ語で Wat Pho(ワット・ポー)と呼ぶこの寺は、ラマ1世が建立したバンコク最大の境内を持ち、バンコク最古の歴史を持つ寺院。本堂には写真のようなリクライニング・ブッダの愛称で親しまれている寝釈迦仏が横たわる。足の裏には螺細細工でバラモン教における108の宇宙観が表現されていると言う。

最近のトラックバック

2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

金魚

  • 金魚

ウェブページ

« ベトナム その29 (ホーチミン市内観光) | トップページ | 井上杏那 作品 2018年5月 その1 »

ベトナム その30 (水上人形劇)

1月20日はベトナム観光最後の日。

朝からメコン河クルーズへ行き、昼食を食べ、アトは帰るだけ。

フライトが翌21日の0時20分だからまだ時間はたっぷりある。

ガイドのアンさんが提案してくれた、タンロン水上人形劇を見ますか? ・・・と。

えっ! 水上人形劇? 面白そう・・・でも”水上”とは初めて聞くことば。

どんな人形劇なのか興味津々。

調べると、「水上人形劇」とは、千年の歴史を持つベトナムの伝統芸能で、元来、農民たちの間で、農作業の合間に豊作を祈って行われていた地方の娯楽。

水面を舞台にして繰り広げられる人形劇は、劇場では3~5分程度の短編が16話で、約1時間弱の構成。

1

人形を繰る人は、かなり長い間水中で息止めの演技を強いられる。

劇は夜の8時半から始まると言うので早めに行った。

↓ 劇場入口

Img_9738

↓ 看板

Img_97431

↓ 赤い膜が引かれると、水を張った舞台が現れた。

Img_97481

↑ 舞台左右に語り部と楽団部の三人ずつが座っている。

↓ この日のプログラム

2

タンロン水上人形劇の本場はハノイで、

ホーチミンではなかなか見れなかったらしいが、2007年に専用劇場がオープンし、連日盛況だとか。

ベトナム語による語りと共に水中で繰り広げられる人形のコミカルな動きは、語りが何を言っているのか分からないものの、人形の動きで観客はストーリーに惹き込まれる。

ただ現地人が語りに合わせた動きに爆笑しても、こちらはポカ~んとする場面もある。

↓ 仙女の舞い

Img_9775

Img_9780

この劇、先にも記載した如く、千年もの昔から農民たちが演じていたもので、彼らの生活が基盤となっており、演目のストーリーは民話や習慣.伝説など民族的なもの。

ベトナム伝統楽器の音色も昔風でいい。

水の中でどのように人形を繰っているのかサッパリ分からないが、水上に出た人形の動きを見る限り、水中ではさぞかし激しい動きを息を止めてやっているに違いない。

また、龍が火を吹いたり花火のしかけもあって、の中でをどう操っているのかは謎。 

こうした人形の繰り方は門外不出とのことで、劇団は村ごとの職能組合で、それぞれ独自の「約束ごと」によって活動し、入団に際しては一座の秘伝を堅く守るという誓いを立てなければならない。

それで現構成員の子供や孫が優先的に受け入れられると言う。

かつて女性は、泥水に長時間浸かり、人形を操ることに体力的に適さないと考えられたことや、人形劇の秘伝が夫の家族へ漏れることも恐れて、女性参加は認められなかったらしい。

伝統的な水上人形劇団は、演劇のために使用する池を所有し、魚の養殖等で活動資金を捻出し、パゴダや寺院の毎年の定期公演を認められるという権利を有している。

ベトナムに伝えられる水上人形劇は、ロイ・ヌオックと言い、一説によると9世紀の中国・宋代にあったという「水傀儡」と同種のもの、あるいはその流れを汲んだものではないかと考えられている。

↓ 劇が終了し、人形使いがご挨拶

Img_9781

Img_9782

劇場は拍手喝采に包まれ、約一時間のショーは終わった。

こうして楽しかったベトナムの旅は終わった。

« ベトナム その29 (ホーチミン市内観光) | トップページ | 井上杏那 作品 2018年5月 その1 »

異国へ旅たび」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ベトナム その29 (ホーチミン市内観光) | トップページ | 井上杏那 作品 2018年5月 その1 »