Jou光

  • 親父
    彼は子供の時から絵が上手いと、親の欲目で思っている。目の前でさらさら描かれると、ついつい感嘆してしまう。世の中いっぱい絵の上手い人はいるが、この道で飯が食えるのはスポーツ選手と同じで極一部。でもとにかく趣味でも良いから絵を描くことは続けて欲しいと願っている。

春爛漫

  • ぼけの花
    柿茶の里は徳島県美馬郡つるぎ町に位置する。柿の葉の生産農家へ毎年春と秋に行く。春はことさら美しい。桜が咲き乱れ山の木々が新緑に包まれる。澄んだ青空に身も心も洗われる気がする。

アユタヤ遺跡

  • Pict0266
    1491年に建てられた王族の守護寺院。3つの大きな仏塔には、ラーマティボディ2世と父、兄の遺骨が納められています。 寺院ではありますが僧は居住せず、王の礼拝堂として王族の儀式に使用されていました。この寺院もまた、1767年ビルマ軍により破壊され、16mあったという金で覆われた仏像も金を奪われた後、壊されてしまいました。

暁の寺院 タイ

  • Pict0350
    トンブリ王朝時代の守護寺で最高位の寺院とか。きらきらと輝く陶器の破片に覆われた高さ約79mの大仏塔は、ラマ3世により5年がかりで改装された。朝日を浴びた大仏塔の神々しい姿が”暁の寺”の名前の由来。

ワット・ヤイ・チャイ・モンコン

  • Pict0201
    セイロンへの留学から戻ってきた僧侶のために、1357年初代王ウー・トーンが建立しました。仏教寺院は瞑想の場として使用されていました。現在も多くの仏教徒が訪れ、週末は観光客でにぎわいます。

水上マーケット

  • Pict0116
    ダムナン・サダックの水上マーケット。その昔、”東洋のベニス”と言われたバンコクでは、日常的商取引には運河が利用されてきた。水上マーケットは、古き良き時代の情緒溢れるバンコクの生活を体感させてくれる。 

2008年7月 タイ王宮

  • Pict0429
    白壁に囲まれた20万㎡の敷地内には、1782年に建設された国王の宮殿、即位式の建物、王室守護寺院のエメラルド仏寺院などチャクリー王朝歴代の王により建造・改築された建物が建ち並んでおり、ラマ8世までは実際にここに住まわてていたとか。

涅槃寺

  • Pict0386
    タイ語で Wat Pho(ワット・ポー)と呼ぶこの寺は、ラマ1世が建立したバンコク最大の境内を持ち、バンコク最古の歴史を持つ寺院。本堂には写真のようなリクライニング・ブッダの愛称で親しまれている寝釈迦仏が横たわる。足の裏には螺細細工でバラモン教における108の宇宙観が表現されていると言う。

最近のトラックバック

2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

金魚

  • 金魚

ウェブページ

« インドネシア旅(バロンの踊り) | トップページ | 第19回写真展 »

インドネシア旅(ペンジョール)

ガイドのハニーさんが最初に教えてくれたものは「ペンジョール」

Img_2027

Img_2032

バリ島の各家の門口に立てられている竹の飾りがペンジョール。

ガルンガン祭礼期間中に、神々と共にご先祖様をお迎えするために立てられるとか。

日本の七夕飾りに似ていて、それと無関係ではなさそうだ。

七夕はその昔、お盆に関係があった。

七夕(たなばた)は棚機(たなばた)とも棚幡とも書き、故人をお迎えするため精霊棚と

その棚に安置する幡(ばん)をそろえる日でもあり、七日の夕方からそれを行ったため

棚幡がいつしか七夕と呼ばれるようになったとも。

従い、七夕の竹飾りはお盆に関係していて、亡くなった人の魂をお迎えすると言う意味で

ペンジョールがガルンガン期間中にご先祖様の魂をお迎えするのと似ている。

バリ・ヒンドゥー教にはたくさんの祭礼日や祝日があり、210日ごとにやってくるのがガルンガン。

ガルンガンは善であるダルマが悪アダルマに勝利した記念日の祝日で、神々や祖先の霊、また自然霊が地上の寺院に降り立つ日とされている。

この日には人々は祈りをささげてお供え物をしますが、祖先の霊が帰ってくるということから日本のお盆に通じるところもある祭礼。

ペンジョールは、写真の如く弓状に先をしならせた長い竹竿と椰子の葉を飾りつける。

以下ペンジョールについてネットから。

山岳信仰のあるバリでは、神々は“山”いるものと考えられてきた。

ペンジョールは、天と地をつなぐ龍を表しているという説と、山を象徴する説がある。

訪れた神々を手厚くもてなし、1年の豊作を祈願したことには違いない。

ことの起源は、16世紀半ばに活躍した高僧ニラルタに由来するといわれている。

この地上にある生活に必要なものは、すべて神が創造した神からの授かりものと考え、感謝の意味を込めて、大地からの恵みの作物、果物、稲、砂糖キビなど、収穫の一部を供える。

先端には、ポロサンや花をつけ、椰子の葉を見事に細工したサンピアンを飾る。

祝い事の日には、サンピアンはつけない。

また、供物を置く場所として、ペンジョールの足もとにサンガ(祭壇)も取り付けられる。

竹の長さや装飾は、地域によって違う。

特にウブド地域は豪華で、竹は太く長く、割とデザインが統一されている。

他の地域は、まったく質素なものだ。

シンガラジャ地方は、まさに七夕飾りと同じだ。

ペンジョールは、ガルンガン、オダラン、田んぼの儀礼、地霊儀礼の日にも立てられる。

現代では、独立記念の催しものなどの祝い事の日にも掲げられ、これはペンジョール・ヤヤサンと言われている。

ペンジョールが2本立っているのは、この家で、結婚儀礼があり家族が増えたということを神々に知らせるためだ。

家庭内の祝い事まで外部に分かるとは面白い。

言い忘れたがバリ島にはヒンドゥー教徒が圧倒的に多い。ガイドのハニーさんもそう。

次の観光先、ジョグジャカルタはイスラム教徒の島、だからジョグジャカルタでは

このペンジョール、どこにも見当たらなかった。

Img_1007

Img_1004_2

« インドネシア旅(バロンの踊り) | トップページ | 第19回写真展 »

異国へ旅たび」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« インドネシア旅(バロンの踊り) | トップページ | 第19回写真展 »