Jou光

  • 親父
    彼は子供の時から絵が上手いと、親の欲目で思っている。目の前でさらさら描かれると、ついつい感嘆してしまう。世の中いっぱい絵の上手い人はいるが、この道で飯が食えるのはスポーツ選手と同じで極一部。でもとにかく趣味でも良いから絵を描くことは続けて欲しいと願っている。

春爛漫

  • ぼけの花
    柿茶の里は徳島県美馬郡つるぎ町に位置する。柿の葉の生産農家へ毎年春と秋に行く。春はことさら美しい。桜が咲き乱れ山の木々が新緑に包まれる。澄んだ青空に身も心も洗われる気がする。

アユタヤ遺跡

  • Pict0266
    1491年に建てられた王族の守護寺院。3つの大きな仏塔には、ラーマティボディ2世と父、兄の遺骨が納められています。 寺院ではありますが僧は居住せず、王の礼拝堂として王族の儀式に使用されていました。この寺院もまた、1767年ビルマ軍により破壊され、16mあったという金で覆われた仏像も金を奪われた後、壊されてしまいました。

暁の寺院 タイ

  • Pict0350
    トンブリ王朝時代の守護寺で最高位の寺院とか。きらきらと輝く陶器の破片に覆われた高さ約79mの大仏塔は、ラマ3世により5年がかりで改装された。朝日を浴びた大仏塔の神々しい姿が”暁の寺”の名前の由来。

ワット・ヤイ・チャイ・モンコン

  • Pict0201
    セイロンへの留学から戻ってきた僧侶のために、1357年初代王ウー・トーンが建立しました。仏教寺院は瞑想の場として使用されていました。現在も多くの仏教徒が訪れ、週末は観光客でにぎわいます。

水上マーケット

  • Pict0116
    ダムナン・サダックの水上マーケット。その昔、”東洋のベニス”と言われたバンコクでは、日常的商取引には運河が利用されてきた。水上マーケットは、古き良き時代の情緒溢れるバンコクの生活を体感させてくれる。 

2008年7月 タイ王宮

  • Pict0429
    白壁に囲まれた20万㎡の敷地内には、1782年に建設された国王の宮殿、即位式の建物、王室守護寺院のエメラルド仏寺院などチャクリー王朝歴代の王により建造・改築された建物が建ち並んでおり、ラマ8世までは実際にここに住まわてていたとか。

涅槃寺

  • Pict0386
    タイ語で Wat Pho(ワット・ポー)と呼ぶこの寺は、ラマ1世が建立したバンコク最大の境内を持ち、バンコク最古の歴史を持つ寺院。本堂には写真のようなリクライニング・ブッダの愛称で親しまれている寝釈迦仏が横たわる。足の裏には螺細細工でバラモン教における108の宇宙観が表現されていると言う。

最近のトラックバック

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

金魚

  • 金魚

ウェブページ

« 有機JAS認証 | トップページ | 脳卒中で絶対に倒れない法 »

松江へ(青柳楼の大燈籠)

次男の積算ドライブ時間を増やす目的もあって車で出雲へ行った。

2泊の予定で宿泊先は松江市、出雲大社へは何回か行った事があるが松江の町をじっくり見たのは初めて。

ホテルから歩いて散策することにした。

↓ 城下町らしい土塀のある風景に出くわす。

Img_3880

そう!ここ松江には日本100名城のひとつ「松江城」がある。

松江市の案内看板に曰く、

松江市は、北には日本海を望む大山隠岐国立公園に指定されている島根半島の山並みを、中央にはラムサール条約に指定された宍道湖・中海、南には中国山地を配して、水と緑の豊かな自然に恵まれ、多種多様な文化遺産や魅力ある観光資源を有する国際都市です。

松江城を囲む森やしっとりとした佇まいの町並みが堀川に映って古都の面影を残し、これら「日本のおもかげ」を求めて多くの文学者が松江を訪れています。

明治時代の松江の町の印象と人々の暮らしを、小泉八雲は多くの文章に書きました。

大正に入って徳富蘆花が訪れ、志賀直哉・芥川龍之介は松江でひと夏を過ごした。

島崎藤村,田畑修一郎,中里恒子,立原正秋,五木寛之など多くの作家たちが松江城天守閣からの眺望の感動や湖畔にある宿から見える宍道湖の穏やかな景色を文章に残している。

横断歩道の向こうに宍道湖が見え、その湖を燈籠が見張っているようだ。

Img_3883

↓ 歩道を渡ると宍道湖が圧倒的広さで迫って来た。

Img_3885

Img_3888

Img_3893

Img_3907

↓ 遠くに島が見える、望遠で撮ってみた。島の左端に鳥居も見える。

Img_3895

 アトで調べたら、この島は「嫁ヶ島」といい、宍道湖に浮かぶ唯一の島とか。

こんなに広い湖なのに島はこれだけ? 驚いた!

全長約150m、幅27mという細長いこの小島は、もちろん無人島。
島には弁財天を祀る竹生島神社があり、可愛らしい鳥居と祠が立つ。

嫁ヶ島という名には、悲しい伝説があるという。
なんでも姑からいじめを受けた若い嫁が、凍りついた宍道湖を歩いて渡る途中、氷が割れて水死。
それを不憫に思った水神が、一夜にして島をつくったのだという。

湖畔から島までの距離は約200mだが、この間の水深は非常に浅く、わずか140cmほど。
そのため、ロープを伝って島へ渡る「歩いて渡る嫁ヶ島」というイベントがあり、毎年開催されているらしい。

↓ 青柳楼の大燈籠

Img_3904

Img_3914

Photo_20190904163901

この石燈籠はもともと明治初期から松江の歓楽地として賑わった白潟天満宮の裏(天神裏)で、代表的な料亭のひとつ「青柳楼」にあった。
当時その辺は宍道湖の波打ち際であり、総来待石・高さ6m余りの大石燈籠は入江の燈台の役割を果たしていたもので松江の名物のひとつと
なっていた。

その後、宍道湖の埋め立てにより取り残されていたが、松江開府350年祭にちなんで昭和33年現在地に移設された。
また、明治維新の時松江藩の危急を救ったといわれる侠女 玄丹お加代が、後に芸妓として勤めていたのが青柳楼の隣にあった鳴玉楼だったことから、この石燈籠は「お加代燈籠」とも呼ばれている。

« 有機JAS認証 | トップページ | 脳卒中で絶対に倒れない法 »

旅に出よ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 有機JAS認証 | トップページ | 脳卒中で絶対に倒れない法 »