Jou光

  • 親父
    彼は子供の時から絵が上手いと、親の欲目で思っている。目の前でさらさら描かれると、ついつい感嘆してしまう。世の中いっぱい絵の上手い人はいるが、この道で飯が食えるのはスポーツ選手と同じで極一部。でもとにかく趣味でも良いから絵を描くことは続けて欲しいと願っている。

春爛漫

  • ぼけの花
    柿茶の里は徳島県美馬郡つるぎ町に位置する。柿の葉の生産農家へ毎年春と秋に行く。春はことさら美しい。桜が咲き乱れ山の木々が新緑に包まれる。澄んだ青空に身も心も洗われる気がする。

アユタヤ遺跡

  • Pict0266
    1491年に建てられた王族の守護寺院。3つの大きな仏塔には、ラーマティボディ2世と父、兄の遺骨が納められています。 寺院ではありますが僧は居住せず、王の礼拝堂として王族の儀式に使用されていました。この寺院もまた、1767年ビルマ軍により破壊され、16mあったという金で覆われた仏像も金を奪われた後、壊されてしまいました。

暁の寺院 タイ

  • Pict0350
    トンブリ王朝時代の守護寺で最高位の寺院とか。きらきらと輝く陶器の破片に覆われた高さ約79mの大仏塔は、ラマ3世により5年がかりで改装された。朝日を浴びた大仏塔の神々しい姿が”暁の寺”の名前の由来。

ワット・ヤイ・チャイ・モンコン

  • Pict0201
    セイロンへの留学から戻ってきた僧侶のために、1357年初代王ウー・トーンが建立しました。仏教寺院は瞑想の場として使用されていました。現在も多くの仏教徒が訪れ、週末は観光客でにぎわいます。

水上マーケット

  • Pict0116
    ダムナン・サダックの水上マーケット。その昔、”東洋のベニス”と言われたバンコクでは、日常的商取引には運河が利用されてきた。水上マーケットは、古き良き時代の情緒溢れるバンコクの生活を体感させてくれる。 

2008年7月 タイ王宮

  • Pict0429
    白壁に囲まれた20万㎡の敷地内には、1782年に建設された国王の宮殿、即位式の建物、王室守護寺院のエメラルド仏寺院などチャクリー王朝歴代の王により建造・改築された建物が建ち並んでおり、ラマ8世までは実際にここに住まわてていたとか。

涅槃寺

  • Pict0386
    タイ語で Wat Pho(ワット・ポー)と呼ぶこの寺は、ラマ1世が建立したバンコク最大の境内を持ち、バンコク最古の歴史を持つ寺院。本堂には写真のようなリクライニング・ブッダの愛称で親しまれている寝釈迦仏が横たわる。足の裏には螺細細工でバラモン教における108の宇宙観が表現されていると言う。

最近のトラックバック

2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

金魚

  • 金魚

ウェブページ

« 大石林山(森林コース) | トップページ | 国際交流クッキング »

大石林山(聖地・安須杜の神話)

この神話は沖縄版・「国生み物語」である。

昔、天城(テングス)にアミクマという神がおられた。

天帝がアミクマを呼んでおっしゃるには、この下に神の住むべき霊所がある。

しかし、まだ島となってないのが残念である。その方、降りていって島を造れよと命じた。

アミクマは命を受け、降りてみると、なるほど聖地ではあるがまだ島とはなっていなかった。

そこでアミクマは天に帰り、土石草木を下されば、島を造りましょうと天帝に申し上げた。

天帝はなるほどと、それを与えたので、これを持ち下り、島造り始めた。

まず第一に国頭の辺戸に安須杜(アシムイ)の造営をし、そのうえで次々と別の御嶽の仕事にとりかかった。

それから数万年を経たが人も生せず、これでは神の威光もあらわし難く、天帝がアミクマに仰せられるには、その方も知っての通り天に神々は多いがアシムイに遣わすべき神はいない。

と言って捨ててもおけないからと、天帝の御子の男女を下された。

二人の間に陰陽の和合はなかったが、吹き通る風によって女神は孕み、三人の男と二人の女を生んだ。

長男は国王・天孫氏、二男は諸侯 即ち按司のはじめ、三男は百姓のはじめとなった。

長女は君々(最高女神)のはじめ、二女は祝々のはじめとなった。

久高島がトコヨ(常世)たるニライカナイに最も近い島だとすれば、安須杜(アシムイ)は天なる神々の世界に最も近い地点だと信じられた。

ニライカナイとは、死者の魂が向かう神々の世界で、豊穣や生命の根源でもある。

年初にニライカナイから神が来訪して豊穣をもたらし、年末に帰るとされる。
ニライカナイに向かった霊魂は死後七代して親族の守護神になるとされ、祖霊神の生まれる場所でもあった。

開闢神話の頂点に立つ安須杜は琉球王国時代その地位に恥じない扱いを受けた。

毎年5月と12月に国王の命で使者が派遣され、安須杜の湧き水をくませた。

この聖水は国王とその家族の長寿を祈る若水として用いられた。

また正月と9月にも国王の名代が遣わされ、国家の平安,繁盛を祈願させた。

安須杜はまた航海安全を見守る聖地でもある。

以下、聖地・アシムイのHPより 「琉球開びゃく神話 」

17世紀に編集された琉球最初の歴史書『中山世鑑』(ちゅうざんせいかん)によると、島建ての神・アミクマが降り立ち沖縄最初の聖地・安須杜(アシムイ)を創ったという 。

琉球王国時代には王家の繁栄、五穀豊穣、航海安全をこの地で祈り、今も四十箇所以上ある御願所(拝所)に神人の祈りが捧げられる。

2億年前に石灰岩層が隆起し長い歳月をかけて侵食された四連の岩山が安須杜で、地元の古老たちはその峰を「イヘヤ」・「シジャラ」・「アフリ」・「シノクセ」 と呼ぶ。

↓ 左から ” 悟空岩・イヘヤ・シジャラ・アフリ・シノクセ”

Photo_20191223124101

安須杜は長老の杜、アフリは天帝の差す傘、シジャラは女性の乳房を意味しています。

また、12〜17世紀に琉球王府がまとめた沖縄最古の歌謡集『おもろさうし』には、国王の命で安須杜の湧水が王家の長寿を祈る若水として用いられたと詠われています。

« 大石林山(森林コース) | トップページ | 国際交流クッキング »

旅に出よ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 大石林山(森林コース) | トップページ | 国際交流クッキング »