Jou光

  • 親父
    彼は子供の時から絵が上手いと、親の欲目で思っている。目の前でさらさら描かれると、ついつい感嘆してしまう。世の中いっぱい絵の上手い人はいるが、この道で飯が食えるのはスポーツ選手と同じで極一部。でもとにかく趣味でも良いから絵を描くことは続けて欲しいと願っている。

春爛漫

  • ぼけの花
    柿茶の里は徳島県美馬郡つるぎ町に位置する。柿の葉の生産農家へ毎年春と秋に行く。春はことさら美しい。桜が咲き乱れ山の木々が新緑に包まれる。澄んだ青空に身も心も洗われる気がする。

アユタヤ遺跡

  • Pict0266
    1491年に建てられた王族の守護寺院。3つの大きな仏塔には、ラーマティボディ2世と父、兄の遺骨が納められています。 寺院ではありますが僧は居住せず、王の礼拝堂として王族の儀式に使用されていました。この寺院もまた、1767年ビルマ軍により破壊され、16mあったという金で覆われた仏像も金を奪われた後、壊されてしまいました。

暁の寺院 タイ

  • Pict0350
    トンブリ王朝時代の守護寺で最高位の寺院とか。きらきらと輝く陶器の破片に覆われた高さ約79mの大仏塔は、ラマ3世により5年がかりで改装された。朝日を浴びた大仏塔の神々しい姿が”暁の寺”の名前の由来。

ワット・ヤイ・チャイ・モンコン

  • Pict0201
    セイロンへの留学から戻ってきた僧侶のために、1357年初代王ウー・トーンが建立しました。仏教寺院は瞑想の場として使用されていました。現在も多くの仏教徒が訪れ、週末は観光客でにぎわいます。

水上マーケット

  • Pict0116
    ダムナン・サダックの水上マーケット。その昔、”東洋のベニス”と言われたバンコクでは、日常的商取引には運河が利用されてきた。水上マーケットは、古き良き時代の情緒溢れるバンコクの生活を体感させてくれる。 

2008年7月 タイ王宮

  • Pict0429
    白壁に囲まれた20万㎡の敷地内には、1782年に建設された国王の宮殿、即位式の建物、王室守護寺院のエメラルド仏寺院などチャクリー王朝歴代の王により建造・改築された建物が建ち並んでおり、ラマ8世までは実際にここに住まわてていたとか。

涅槃寺

  • Pict0386
    タイ語で Wat Pho(ワット・ポー)と呼ぶこの寺は、ラマ1世が建立したバンコク最大の境内を持ち、バンコク最古の歴史を持つ寺院。本堂には写真のようなリクライニング・ブッダの愛称で親しまれている寝釈迦仏が横たわる。足の裏には螺細細工でバラモン教における108の宇宙観が表現されていると言う。

最近のトラックバック

2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

金魚

  • 金魚

ウェブページ

« 宇和島城 | トップページ | 地獄めぐり(海地獄) »

地獄めぐり(鬼石坊主地獄)

次男と一緒に別府へ行ってきた。

私の人生で彼も含め子供達とはアト何時間一緒に過ごせるのだろうか?

別府と言えば温泉、でも地獄めぐりには行った事がない。

地獄めぐりの位置する別府市鉄輪・亀川の一帯は千年以上前より噴気・熱泥・熱湯などがすざましい勢いで噴出していた場所だと「豊後風土記」にも記載されており、近寄る事もできない忌み嫌われた土地だったらしい。

それがまるで仏典に描かれた地獄絵のような事から、里人はこの地域を『地獄』と呼ぶようになった。

今でも鉄輪では熱泉噴出口を”地獄”と呼んでいる。

ここに日本で初めてバスガイドを添乗させた観光バスを走らせ、海地獄や血の池地獄などを見せてまわる地獄めぐりを確立させたのが別府観光の礎となった油屋熊八だった。

その後『山は富士・ 海は瀬戸内・ 湯は別府』という標語で別府をPRした事により魅力ある観光地として一躍脚光を浴びるようになった。

↓ それぞれに特色や形態が異なる七つの地獄めぐり

Photo_20200217113501

上の地図で左上の鬼石坊主地獄よりスタートした。

↓ 鬼石坊主地獄、噴出口の温度は約 98℃

灰色の熱泥が大小の球状をなし沸騰するさまが坊主頭に似ており、鬼石という地名に由来して鬼石坊主地獄と命名された。

20200104_113153

■ 鬼石坊主地獄の由来

鬼石坊主地獄の歴史は古く、文献に表れたのは天平5年(733年)頃書かれた『豊後風土記』の玖倍理湯の条に「口の径、丈餘、湯の色黒く、泥常に流れず」と記載されている。

また元禄7年(1694年)にこの地を訪れた貝原益軒は「豊国紀行」に「円内坊地獄とて熱湯あり泥土なり」と記し、

寛政7年(1795年)には脇欄室が「函海魚談」で「泥を躍し、湯を起こし」とも述べている。

このように形容された当時の地獄は田畑の所々に点在していたが、熱泥により稲が育たず人々の暮らしもできない正に不毛の地獄の土地。

しかしその奇異なる自然現象は逆に人々の注目を集め、見物客が畦道を歩いて廻り始めたのが「地獄見物」の始まりと言われる。

日露戦争以降その人気に拍車がかかり、明治43年(1910年)に日本では初めて入場料(2銭)を取る「地獄見物」が「海地獄」から始まった。

その後「血の池地獄」「坊主地獄」「八幡地獄」「紺屋地獄」とメニューを加え当時最大10カ所まで発展、

その中で「新坊主地獄」と呼ばれていた鬼石坊主地獄には、粘土質の泥中に湯玉が次々と湧き上がる「熱泥地獄」と噴気を勢い良く噴き上げる「間欠泉」の二種類があった。

↓ 鬼の高鼾 

昔々 鶴見おろしの寒さに震え上がった鬼達が石布団の上で高いびきをかいてうたた寝をしていたとか。

噴出温度:100℃、蒸気量:2,530 kg/H、熱量:1Kw電球で1,870個分というからすごい!

20200104_113101

Photo_20200217132101

20200104_113045

次は海地獄へ。

« 宇和島城 | トップページ | 地獄めぐり(海地獄) »

旅に出よ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 宇和島城 | トップページ | 地獄めぐり(海地獄) »