Jou光

  • 親父
    彼は子供の時から絵が上手いと、親の欲目で思っている。目の前でさらさら描かれると、ついつい感嘆してしまう。世の中いっぱい絵の上手い人はいるが、この道で飯が食えるのはスポーツ選手と同じで極一部。でもとにかく趣味でも良いから絵を描くことは続けて欲しいと願っている。

春爛漫

  • ぼけの花
    柿茶の里は徳島県美馬郡つるぎ町に位置する。柿の葉の生産農家へ毎年春と秋に行く。春はことさら美しい。桜が咲き乱れ山の木々が新緑に包まれる。澄んだ青空に身も心も洗われる気がする。

アユタヤ遺跡

  • Pict0266
    1491年に建てられた王族の守護寺院。3つの大きな仏塔には、ラーマティボディ2世と父、兄の遺骨が納められています。 寺院ではありますが僧は居住せず、王の礼拝堂として王族の儀式に使用されていました。この寺院もまた、1767年ビルマ軍により破壊され、16mあったという金で覆われた仏像も金を奪われた後、壊されてしまいました。

暁の寺院 タイ

  • Pict0350
    トンブリ王朝時代の守護寺で最高位の寺院とか。きらきらと輝く陶器の破片に覆われた高さ約79mの大仏塔は、ラマ3世により5年がかりで改装された。朝日を浴びた大仏塔の神々しい姿が”暁の寺”の名前の由来。

ワット・ヤイ・チャイ・モンコン

  • Pict0201
    セイロンへの留学から戻ってきた僧侶のために、1357年初代王ウー・トーンが建立しました。仏教寺院は瞑想の場として使用されていました。現在も多くの仏教徒が訪れ、週末は観光客でにぎわいます。

水上マーケット

  • Pict0116
    ダムナン・サダックの水上マーケット。その昔、”東洋のベニス”と言われたバンコクでは、日常的商取引には運河が利用されてきた。水上マーケットは、古き良き時代の情緒溢れるバンコクの生活を体感させてくれる。 

2008年7月 タイ王宮

  • Pict0429
    白壁に囲まれた20万㎡の敷地内には、1782年に建設された国王の宮殿、即位式の建物、王室守護寺院のエメラルド仏寺院などチャクリー王朝歴代の王により建造・改築された建物が建ち並んでおり、ラマ8世までは実際にここに住まわてていたとか。

涅槃寺

  • Pict0386
    タイ語で Wat Pho(ワット・ポー)と呼ぶこの寺は、ラマ1世が建立したバンコク最大の境内を持ち、バンコク最古の歴史を持つ寺院。本堂には写真のようなリクライニング・ブッダの愛称で親しまれている寝釈迦仏が横たわる。足の裏には螺細細工でバラモン教における108の宇宙観が表現されていると言う。

最近のトラックバック

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

金魚

  • 金魚

ウェブページ

« 2020年2月 | トップページ | 2020年4月 »

2020年3月

パラサイト 半地下の家族

パラサイトと言う英単語を初めて知ったのは50代半ばの頃。

川重坂出工場に勤務していた時から良く知っている須澤さんが、子会社の川重坂出サービスの新しい社長として赴任された時の事。

挨拶で開口一番口にした言葉がパラサイトだった。

この会社はパラサイトカンパニーである・・・云々。

その時は情けない事に意味を知らず、単語の響きの良さから「薔薇サイト?」」の感覚で褒めてくれたと思った。

意味を知って驚いた、響きの良さとは裏腹に「寄生生物、寄生虫、寄生植物、居候(いそうろう)、食客」の意。

そんなタイトルの韓国映画が、2020年2月9日の第92回米アカデミー賞で、非英語作品では初の作品賞など最多の4冠に輝いた。

是非見なければ・・・で、その見た感想は?

アカデミー賞も取ったから・・・と期待し過ぎたのでしょうか。

格差社会を画いた作品で、半地下よりもっと凄い生活があったと言うサプライズはあったものの、最後の方は訳の解らぬ展開となり

何これ!・・・と言うのが正直な感想。

Photo_20200322173901

私のような凡人はこの映画の感想は訳わからん・・・で終わりだが、

ネットに書いてあるネタバレ解説には、思いもよらぬ事が書いてあった。

『パラサイト 半地下の家族』ネタバレ解説:メタファー、伏線13個を総まとめ

これを読むと この映画すごく奥が深いと大いに感心。

特に「えっ~」と思ったのは、ポン・ジュノ監督の言葉。

この映画は簡単に言ってしまえば「貧しい家族が裕福な家族へ寄生していく」話だが、お金持ちも貧しい人々に寄生して労働力を吸い上げている ”寄生虫”だと言う。

金持ちは運転もできないし、ハウスキーピングもできないで、貧しい人に寄生しているという。

なるほどね~と思った。

最初に書いた須澤さんのパラサイト発言は、後日発言を取り消したのを鮮明に覚えている。

ヤマのない昔ばなし ~タヌキの親子 おだんごを食べに~

ほのぼのとした絵が上手い中村さんから久しぶりに絵本をもらった。

題して「ヤマのない昔ばなし ~タヌキの親子 おだんごを食べに~」

20200316131508462_0001

20200316131508462_0002

20200316131508462_0003

20200316131508462_0004

↓ 中村 文子氏 コメント

昔からキツネやタヌキが人を化かす話は大好きで何か描きたいと思っていました。

なんとなくタヌキの方がよく、しかし絵になりにくい。表紙はクマのようで何か違う。

また2枚目も~ちょっと違う。人間もなかなか…でだったこれだけの絵も難しいですな。

うちの四年生に見せたら「私もお金になる葉っぱ欲しい」と言いました。

キツネやタヌキが人を化かす話が昔からたくさんあります。

キツネが人間になり、嫁に来てつつがなく暮らしていたら、ある時つい自分のしっぽで庭を掃いていたのを夫に見つかり、キツネとばれた!!のを読んで笑ってしまいました。

あちこちにこのような話が残っているということは、何か人間と動物とのんびりした関係が続いていた時代のことで懐かしい気がします。

さっきの孫に「タヌキやキツネが作った葉っぱのお金は時間がたったら葉っぱにもどるらしいよ」と言ったら「フーン」といってました。今どきの子どもにはあまり響かないかしらね。

ちょっと微笑ましかった。

8,000歩あるくのを日課にしている。

散歩道は宇多津の「海ほたる」がある海岸沿いの道がお気に入り。

瀬戸内海の島々を見ながら歩くのは大いに癒される。

散歩道に今年3月20日にオープンする「四国水族館」があって毎日のように見ながら通る。

だからここ数年は水族館の着工から工事の様子を見ながら歩いた。

最近は工事中のバリケードも注意看板もなくなり、芝貼りも終わってアトはお客さんを待つばかりの外観となった。

一方 館内ではオープン準備で大わらわの様子がガラス越しに見える。

主役の魚たちは既に各漁港から水族館に運ばれ水槽で生活している。

そう言い切るのは、魚搬入の様子がテレビでも放映されたし、散歩道を歩いているとスタッフが忙しそうに出入りしているからだ。

エサやりや水質管理など、とっくに始まっているに違いない。

アト散歩道での楽しみは浜街道沿いにあるイオンタウンのマルナカでコーヒを飲む事。

そこで最近微笑ましい光景を目にした。

コロナの影響で学校が休み、近くの短大生がマルナカの休憩所でちょいちょいたむろしている。

先日コーヒを飲んでいたら、座っていた2~3人の女子学生が慌てた様子で外に走り出した。

えっ! 何事? そう思って見たら外で杖をついたじいさんが、躓いたのか具合が悪くなったのか、地べたに座り込んでいた。

それを見ていた学生が助けようと外に飛び出したらしい。

どうなることかと私も手助けすべく様子を見ていると、じいさん何とか学生の手を借りて立ち上り、歩き始めた。

やれやれ 😥。手を貸した女子学生に私は心の中で「イイね!いいね!」と拍手喝采した。

そこまでは良かったが、問題は助けられたじいさんの態度。

心配そうに見ている女子学生をしり目に、何事もなかったように、おぼつかない足取りでお礼をする仕草も見せず立ち去った。

うん! 何だこの態度は? こんな老人にはなりたくな~い・・・とつくづく思った。

年寄りを代表して「ごめんなさ~い」

Photo_20200313142001

別府ロープウエイ

阿蘇くじゅう国立公園の東端に位置する標高 1,375mの鶴見岳は今でも裏側で噴気を上げている活火山で別府温泉の源となっている。

その鶴見岳へ行くロープウエイがある。

Photo_20200303145601

標高 約500mの別府高原駅から標高 約1,300mまで800mの高低差を行き来する『別府ロープウエイ 』。

昭和37年12月21日に開業した。

Photo_20200228141501

ゴンドラの定員は 101名だから一度に大勢乗れるのがいい。

↓ 下から山上駅を見る。

20200104_145825

↓ 途中の絶景

20200104_150503

↓ 下りとすれ違う

20200104_150525

↓ 山頂駅へ到着

20200104_151153

↓ 鶴見岳山上案内図

Photo_20200303145501

山上駅のすぐ前に「鶴見山上権現一の宮」があった。↓

20200104_151453

20200104_151535

↓ 一ノ宮の境内から山上駅を望む

20200104_151620

この境内にある「わくど石」の由来が書いてあった。

昔、鶴見岳山中に大きな「わくど」が棲んでいました。
このわくどは時々麓の村に下りてきては山や森を崩したり田畑を荒らすので村人は大変困っていました。
困りはてた村人はある日集まってわくどの悪さを止めてもらうため岳の権現様(鶴見岳の神様)にお願いしようと衆議一決、
早速お願いした所、権現様はわくどを呼んで「これから悪さをやめて三日三晩の内に麓の大石100個を鶴見山上に持って登り、山上一帯を御神域にしたら私の親族にしてやろう」と約束した。

わくどは「やれ嬉しや、これで人の嫌がる獣から神様のお使いになれる。」とあらゆる知恵と力を使って約束どおり三日三晩のうちに石を持ち上げて立派な御神域を作り上げた。

これが今山上一帯にある巨石の数々です。ところで権現様は「親族になると言っても何のお使いをするか」と言われたので「自分は知恵と力を使って石を運びましたので脳(知恵)と命(健康・長生・活力)のお使いをしたい。」とお願いした。それ以来鶴見岳は脳の権現・命の神として大いに信仰されている。

なお、願成就に石をお供えするのは わくどに加勢するという意味があり、山上権現一の宮神前のわくど石はその分身。

↓ 山上駅から別府市内を望む

20200104_152120

↓ 三番札所 願かけ不動

20200104_151640

↓ 七福神めぐり 「布袋尊」

 20200104_152443

↓ 寿老人

20200104_153045  

↓ 六番札所 縁結び童子

20200104_153229

↓ 十二番札所 ”火男火売神社上宮 ”

20200104_153433

この札所前に頂上を示す標識があった ↓

20200104_153637

20200104_153532

↓ 別府湾

20200104_153607

↓ 十一番札所 風穴観音

20200104_153719

↓ 毘沙門天

20200104_154004

↓ 八番札所 鶴見山上権現

20200104_154200

↓ 恵比須天

20200104_154332_001

鶴見山・由布院の恋物語を紹介

大分県では、ここ鶴見山と由布院そして宮崎県境の祖母山の恋にまつわる伝説がある。

山の険しさや姿かたちによって男山・女山と呼ばれることがあるが、鶴見山はそれはそれは美しい女山と言われている。

そんな鶴見山に多くの男山が思いを寄せる中で、激しく恋争いをしたのは優しく美男の「由布山」と力持ちで頼りになる「祖母山」。

鶴見山は結局由布山を選び、今は寄り添うようにそびえている。

その熱い仲によぅってふもとの別府や湯布院に温泉がこんこんと湧き出している。

また恋に破れ南に去った祖母山が流した涙が志高湖になったという伝説が残っている

Photo_20200304141801

↓ 志高湖(左上が鶴見山、中ほど下が志高湖) 

2_20200304142501

次男と乗ったフェリー「国道九四フェリー」は佐多岬半島の三崎港から大分の佐賀関港まで約1時間10分と近い。

行く時も帰る時もフェリーは、年末年始とも重なって満車。

でも下の地図でも一目瞭然、別府より南だと四国へはもちろん関西方面へ行くのはフェリーを使うのが時間短縮。

大分 ⇔ 大阪間は250Kmも近くなる。

Photo_20200304142701

フェリーに多くのトラックが乗船していたのは納得! 納得!

« 2020年2月 | トップページ | 2020年4月 »