Jou光

  • 親父
    彼は子供の時から絵が上手いと、親の欲目で思っている。目の前でさらさら描かれると、ついつい感嘆してしまう。世の中いっぱい絵の上手い人はいるが、この道で飯が食えるのはスポーツ選手と同じで極一部。でもとにかく趣味でも良いから絵を描くことは続けて欲しいと願っている。

春爛漫

  • ぼけの花
    柿茶の里は徳島県美馬郡つるぎ町に位置する。柿の葉の生産農家へ毎年春と秋に行く。春はことさら美しい。桜が咲き乱れ山の木々が新緑に包まれる。澄んだ青空に身も心も洗われる気がする。

アユタヤ遺跡

  • Pict0266
    1491年に建てられた王族の守護寺院。3つの大きな仏塔には、ラーマティボディ2世と父、兄の遺骨が納められています。 寺院ではありますが僧は居住せず、王の礼拝堂として王族の儀式に使用されていました。この寺院もまた、1767年ビルマ軍により破壊され、16mあったという金で覆われた仏像も金を奪われた後、壊されてしまいました。

暁の寺院 タイ

  • Pict0350
    トンブリ王朝時代の守護寺で最高位の寺院とか。きらきらと輝く陶器の破片に覆われた高さ約79mの大仏塔は、ラマ3世により5年がかりで改装された。朝日を浴びた大仏塔の神々しい姿が”暁の寺”の名前の由来。

ワット・ヤイ・チャイ・モンコン

  • Pict0201
    セイロンへの留学から戻ってきた僧侶のために、1357年初代王ウー・トーンが建立しました。仏教寺院は瞑想の場として使用されていました。現在も多くの仏教徒が訪れ、週末は観光客でにぎわいます。

水上マーケット

  • Pict0116
    ダムナン・サダックの水上マーケット。その昔、”東洋のベニス”と言われたバンコクでは、日常的商取引には運河が利用されてきた。水上マーケットは、古き良き時代の情緒溢れるバンコクの生活を体感させてくれる。 

2008年7月 タイ王宮

  • Pict0429
    白壁に囲まれた20万㎡の敷地内には、1782年に建設された国王の宮殿、即位式の建物、王室守護寺院のエメラルド仏寺院などチャクリー王朝歴代の王により建造・改築された建物が建ち並んでおり、ラマ8世までは実際にここに住まわてていたとか。

涅槃寺

  • Pict0386
    タイ語で Wat Pho(ワット・ポー)と呼ぶこの寺は、ラマ1世が建立したバンコク最大の境内を持ち、バンコク最古の歴史を持つ寺院。本堂には写真のようなリクライニング・ブッダの愛称で親しまれている寝釈迦仏が横たわる。足の裏には螺細細工でバラモン教における108の宇宙観が表現されていると言う。

最近のトラックバック

2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

金魚

  • 金魚

ウェブページ

« 2020年11月 | トップページ | 2021年1月 »

2020年12月

土庄八幡神社

御祭神:応神天皇(誉田別命)・神功皇后(息長帯姫命)・仲姫命(姫太神)

大木戸八幡宮と奉称せらる。

応和2年(962年)創祀とされているが「八幡大菩薩遷座因縁起」によれば、伊喜末・大木戸両社とも延長4年(926年)勧請にして、応和2年5月 村上天皇の勅命により再建せられしと云う。

一説に伊喜末に高橋氏あり、数代 伊喜末の地頭にして大木戸は高橋氏預所と云う。

その後高橋入道存孝妻を土之庄より娶り、其子 右衛門太夫を土之庄へ移住し氏神の遠きを以って土之庄郷大木戸村に遷座せり。

これは弘安年間(1278~1287年)のことにして、当社は即ち元高橋氏の氏神なりとも云えり。

Img_7805

Img_7808

Img_7812

Img_7816 

西光寺

「西光寺」は小豆島霊場 第58番札所

Img_7776

↑ 山門

弘法大師千百五十年御遠忌を記念して立て替えられた朱塗りの鐘楼門で「四恩の門」と名づけられている。

↓ 本殿

Img_7777

↓ 三重塔 58番札所の奥の院  本殿の裏にある。

Img_7796

 西光寺中興400年の記念事業の一環として昭和50年(1975)に建立された。塔の名称は「誓願の塔」。

↓ 天然記念物 西光寺のイチョウ

Img_7789

イチョウは生きた化石といわれ一属一種の植物。

中国が原産で日本には野生種がなく、鎌倉・室町時代から栽植されたと言われている。

推定樹齢は250年以上といわれイチョウの成木としてほぼ完成した樹形・雌木。 

井上 杏那 さん作品

今日はクリスマスイブです。

Sannta1 

”サンタクロース” って、一体何者 ??? 調べてみた。

4世紀ごろ、現在のトルコでミュラの司教であった聖ニコラスと言われています。

彼は、日ごろから困っている人や貧しい人を助け、自分の持ち物を惜しまず与えていた心のやさしい人でした。

あるとき、ニコラスの近所に3人の娘のいる家族が住んでいました。

たいへん貧しくて、娘を売らなければならないほど、お金に困っていました。

そのことを知ったニコラスは、その夜、その家の煙突から金貨を投げ入れました。

ちょうどその金貨は、暖炉のそばに干してあった靴下の中に入って、そのお金で娘は救われました。

聖ニコラスは、同じことを下の2人の娘のときも繰り返し、その家庭を救ったと言われています。

クリスマスに靴下を下げておくと、サンタクロースが煙突から入って贈り物を入れてくれるという習慣は、ここから生まれたようです。

ニコラスにまつわる伝説や奇跡は、この他にたくさん残ってます。

船乗りを嵐から救ったり、殺された子どもを生き返らせたという話も伝えられています。

彼は、つねに子どもたちや貧しい人、弱い立場にある人と共に生きていたので、「子どもの守護の聖人」とされています。

Sannta11

健康への道しるべ 第148号のご紹介

 第148号 心と体の健康生活:令和2年12月20日発行

■ 発行:健康への道しるべ友の会 編集 増田 桂子

■ 〒420-0962 静岡市葵区東1-14-31、Tel:054-245-8141、Fax:054-245-6142

■ 年間 購読料:2,500円

20201223144815503_0001

Photo_20210201161201

小豆島 尾崎放哉 記念館

尾崎 放哉なる俳人をここ小豆島へ来て知った。

尾崎 放哉(本名・尾崎 秀雄)は大正時代の俳人。

鳥取市吉方町に明治18年(1885)に生まれ、東大卒業後、生命保険会社に就職、

大阪支店次長を務めるなど出世コースを進み、豪奢な生活を送っていたエリートでありながら、突然それまでの生活を捨て、大正12年(1923)から放浪生活に入る。

先輩・荻原井泉水の世話で小豆島の井上 一二 を頼って来島し、西光寺住職・杉本 宥玄の好意で奥院南郷庵の庵主として居住、

大正14年8月から同15年4月に亡くなるまでの八か月間、自由律俳句200余句をつくり人々に感動をあたえた。

いれものがない 両手でうける

障子あけて置く 海も暮れ切る

夜びて 吹いて 朝も 吹いて 師走の 島はよ

Img_7774 Img_7772

咳をしても一人

の解釈は、

激しい咳をして苦しいが、自分には看病してくれる人もいなければ、身を心配してくれる人もいない。

ただ一人。孤独である。

墓地からもどって来ても一人

という句もあり、

墓地とは”死の地” もどって来た南郷庵=家 は”生きる地”

放哉の思いの中では、「家」には、誰かがいてほしい、家族が待っていてほしいとの願望がある。

しかし実際は、「墓地」でも「一人」、家でも一人と極めて孤独。

孤独の寂しさを詠んだもの。

私と同じだ・・・・。

富丘八幡神社の桟敷

桟敷とは演劇,相撲などの興行を見物するための上等の見物席をいう。

ここの桟敷は祭り見物のため。

富丘八幡神社の本殿は高台にあるため祭りの奉納はふもとの馬場で行われる。

高台の北西側の傾斜地を利用し、石垣で桟敷席がつくられている。

桟敷は江戸時代後期から次第に増加してきたもので、毎年秋に開催される例大祭行事を見物するための観覧席として今も使用されている。

Img_7755

石垣造りの桟敷は最下段の桟敷の裾を結ぶと 約150mの浅い馬蹄形になっている。

最上段の桟敷と馬場との比高差は約24m、戦前にはおよそ 420 面余りあったが現在使用されているのは364面程。

いずれの桟敷席からも馬場の全景を見渡すことができる。

この桟敷は祭典当日それぞれの家族がくつろぐ団欒の場でもあり、親戚や友人を招いての交歓の場でもある。

そして太鼓や神輿の奉納など賑やかな祭典行事を楽しみ一日を過ごす場。

この桟敷は宮司や氏子総代が綿密な制度を作り、管理と運営を実施し二百数十年の長い間祭典を盛り上げ人々を楽しませてきた重要な文化遺産。

↓ 看板にある祭り風景

Photo_20201218141201 

宝生院のシンパク

小豆島の宝生院には樹齢1500年以上と推定されるシンパクがあり特別天然記念物に指定されている。

Photo_20201217141901

↓ 宝生院 入口通り

Img_7696 Img_7697

シンパクで特別天然記念物に指定されたものは我が国ではここにある樹のみとか。

シンパクはイブキ又はビャクシンとも言われ我が国中部以南の海岸まれに山地に自生する裸子植物。

葉形は幼樹の頃は針状だが大きくなり大樹になると鱗状に変わる。

根本の幹周りは16.6m、地上約1 mのところで三方に裂開したように枝幹を出し、本幹の基部の一部分は朽ちて空洞となっているが樹勢には何ら関係なく極めて旺盛な壮観で遠くから眺めると森のように見える。

この樹は第15代応神天皇が小豆島遊幸の時、皇踏山に登られ南麓の小高い所に御手植になられたとの伝説がある。

Img_7703

↓ 三方に裂開した根本

Img_7707 Img_7727

Img_7717

ご神木に宿る聖獣として① 龍 ② 象 ③ 亀 が紹介されている。

↓ 龍

Img_7709

天に向かい幸せをつかみに行く昇り龍、水を司る神とされる。

↓ 象

Img_7711

お釈迦様誕生の際、母・摩耶夫人は6つの牙を持つ白い像がお腹の中に飛び込んできた夢をみて懐妊したとされる。

↓ 亀

Img_7713

鶴は千年、亀は万年と言われるように長生きの縁起物とされる。

亀に見えるような見えないような ???

宝生院

小豆島にも八十八カ所霊場がある。

宝生院はその第54番札所、境内に樹齢1500年といわれる真柏がある事でも有名。

↓ 入口正面にあるのが宝生院と思ったらこれは社務所・客殿だった

Img_7699

Photo_20201217155201

宝生院は皇踏山吉祥寺と称し、境内は2,000坪と広く、境内に 51 番、52 番、54 番と三ヶ所の札所がある。

↓ 第52番 八幡宮

Img_7723

↓ 第54番 宝生院 本堂

Img_7736

↓ 大師堂

Img_7734

平和の群像

平和の群像は昭和29年の木下恵介監督・高峰秀子主演による壺井 栄の小説「二十四の瞳」の映画化を記念してできた像。

Img_7684

二十四の瞳のあらまし

昭和 3年頃、島の南にある田ノ浦岬の分教場に若い女性教師の大石先生が赴任してきた。

若い「おなご先生」は当時は珍しく、自転車で通勤し周囲の目をひく。

教え子たちに深い愛情を注ぎ教え子たちも先生を慕うようになる。

小学校卒業後の教え子のそれぞれの人生や結婚後の大石先生の生活が描かれる中、日本は満州事変、太平洋戦争へと突入していく。

戦争に翻弄される大石先生や教え子達。戦争の犠牲になり戦死したかっての教え子たちが、与えられた逆境の中で母として女性として力強く新しい時代を生きていくであろうことが暗示されている。

世界一狭い海峡「土渕海峡」

  全長約2.5Km、最大幅は約400m、最狭幅は9.93mで世界一狭い海峡として1996年ギネス認定。

海峡の両岸がコンクリートで見た目には小さな川のよう。

Img_7688

地図で見ると ↓ 前島は小豆島本島と陸続きではなくこの海峡で切り離されている。

Photo_20201216131601

 2_20201216132201

昔々、小豆島タートルマラソンで前島にある土庄町役場をスタートし、すぐの土淵海峡を渡って21.095Kmのハーフに挑んだ。

懐かしい思い出。

↓ 紅白の鉄塔あたりが役場

Img_7695

天使の道

寒霞渓へ登った日は小豆島・土庄町の老舗ホテル「海廬」で一泊。

朝起きると窓越しに瀬戸内の穏やかな海と島々が輝いていた。

有名な「エンジェルロード」も見渡せ、ホテルからそこへ行く階段もついている。

↓ 左から弁天島、エンジェルロード、中余島、小余島、大余島

Photo_20201216112401

右端の大余島はYMCA専用のキャンプ場で立ち入り禁止。

Img_76721

↑ この日の朝は満ち潮の真っ最中でエンジェルロードは消えかかっていた。

↓ 引き潮の時はこんな感じ

2_20201216113101

小豆島観光の中でも人気が高く、ロマンティックな名前の通り天使が願いを叶えてくれるといわれている。

行ってみたかったがタイミングが悪くあきらめた。

寒霞渓

寒霞渓の紅葉がきれいだと連日TVで聞くので出かけてみた。

高松から小豆島へのルートは4つもある。

高松 ⇒ 土庄 ルートは「小豆島タートルマラソン」の最寄り港で現役時代に毎年1回はマラソン参加のため乗船した。

高松 ⇒ 坂手 ルートは「小豆島オリーブマラソン」の最寄り港だがフェリーに乗った事はなく、坂出から坂手まで船をチャーターしてマラソンに参加した。

高松 ⇒ 池田,高松 ⇒ 草壁 ルートは利用したことはない。

今回は寒霞渓へ登る最寄港として草壁行のフェリーに乗船。

Photo_20201212133601

↓ 今年10月に就航したという内海フェリーの新造船「ブルーライン」

Img_7485

↓ 船内もきれい

Img_7469

船首にVIP ルームがあり、コロナ禍でなければ有料のところ、この日は自由に出入りできた。

前面ガラス越しに瀬戸内海が広がり操船気分に浸れる。

↓ 草壁港に到着

 Img_7482

↓ 港にある厳島神社

Img_7491

ここからロープウエイ乗り場の「こううん駅」までウオーキング

Photo_20201214152501

草壁港からずっと上り坂が続く。

↓ 内海ダムが見えてきた。

Img_7501

Img_7505

↓ こううん駅に到着

Img_7527

↓ こううん駅近くの紅葉

Img_7536

↓ ロープウエイからの景色

Img_7543 Img_7557

とにかくこの日は紅葉を満喫した一日だった。

↓ 烏帽子岩 神主さんがかぶる冠(烏帽子)に似ているところからこの名が付いた。

Photo_20201215143501

↓ この岩に這いつくばっている根っこ、どうなっている?

Img_7639 

森 美千代 著「少食健康法」 

大阪で鍼灸院を開業する森 美千代氏の新刊をご紹介。

筆者の紹介(ウキペディアより引用)
森美智代 は鍼灸師で、20代のころ脊髄小脳変性症を患い歩行困難となるが断食療法の甲田光雄先生のもとで治療する
以来、1日青汁1杯で生活しており、2010年には森を中心にしたドキュメンタリー映画の『不食の時代』が撮影されるなど注目を集めた。

20201214153710144_0001

断食は一般人にはなかなかできない。

せめて週末断食や週末少食はやれないこともないと思うがいかがでしょうか。

年賀状

今年も年賀状を書く時期がやってきた。

現役時代は賀状を書く時間が取れず、年末ぎりぎりポストに放り込んだものだった。

引退後は有り余る時間を使い、12月はじめから賀状づくりにいそしむ。

宛先は届いた賀状を見ながら手書きするのが私流。

再度ハガキを見直すのも楽しみ。

そんな読み返しの中で「これいいなぁ~」と思ったのをご紹介。

↓ 井上 尚代 氏作品

2021

↓ 梶原 和雄 作品

2020_20201211152701

↓ 孫から初年賀

  Photo_20201211154101 

20201212114951294_0001

大塚美術館

大塚美術館には過去数回行った事がある。

団体旅行で行ったので、じっくり絵画を鑑賞するという余裕はなかった。

じっくり・・・が目的で、ひとりで行ってみた。

Img_7372

Img_7376

道路沿いに面した入り口( ↑ ) を入ると、いきなり展示階へ上がる階段が迫る。

↓ エスカレーターを使えばいいのに、歩数計稼ぎで階段をのぼる、112段あった。

Img_7455

上がると第二の入り口 ↓

Img_7380

↓ 中に入ると売店や軽食コーナもある広いロビーがある。

Img_7381

ロビー正面ホールには、バチカン宮殿にあるシスティーナ礼拝堂を再現したホールがある。

入るとミケランジェロの「最後の審判」がド迫力で迫りくる。

ここだけで大塚美術館へ来た甲斐があると初めての人は思うに違いない。

Img_7389

Img_7394 Img_7395

↓ ブリューゲル作・バベルの塔

Img_7425

『旧約聖書』の創世記に登場するバベルの塔を主題として描かれた作品。

ブリューゲルがバベルの塔を描いた作品は三作あったが今はふたつしか残っていない。

創世記にある塔の意味は、増長者は罰を受ける物語と解釈され、ブリューゲルも意図的にこの解釈で作品を描いた。

塔の建設に関わる人間がどれだけ努力しようとも終局的には無益に帰してしまうことを示唆しているという。

現代社会の高層ビル群が立ち並ぶ光景に通じるものがあると思ってしまう。

↓ サンドロ・ボッティチェッリ 作「ヴィーナスの誕生」

Img_7423

↓ 同じく「春」

Img_7424

↓ ヨハネス・フェルメール作「真珠の耳飾りの少女」 

Img_7437

ヨハネス・フェルメール(1632年~1675年)は17世紀のオランダの画家。

フェルメールブルーと呼ばれる青色の美しさに定評があると記憶している。

オランダのモナリザ、北のモナリザとも言われる。

↓ ムンクの「叫び」

Img00451_hdr

↑ 絵画の説明看板に曰く、

「黒く青いフィヨルドと町の上には血まみれの舌のような形の炎がかかっていた。友人は先を行き、私は震えながら後に残った。

その時、自然を駆け抜けるような大きな終わることのない叫びを聞いた」(ムンク)

斜めに走る欄干から生まれる画面左奥へ収斂してゆく遠近法的な空間が心理的な緊迫感を一層高めている。

画家の個人的な体験に重ね合わせた世紀末の黙示録的な世界である。

ゴッホのひまわり

大塚美術館の特設会場にゴッホのひまわり展があった。

ゴッホが残したひまわりの絵は全部で7枚。

陶板ながらその7枚を並べて一堂に見れるのは世界でもここだけ???

そのうちの二作目は戦前 日本にあったが残念ながら第二次世界大戦で焼失した。

幸いカラー写真が残っていて、それを元に大塚美術館が2014年10月 陶板で再現した。

20201120140528926_0001

白樺派美術館の設立を考えていた武者小路実篤の依頼で、1920年 実業家の山本顧彌太がスイスにあったこの絵を 現在の換算価格・約2億円で購入した。

購入後東京や大阪で展覧会が行われたが美術館設立の構想が頓挫したため、兵庫県芦屋市の山本氏の自宅にあったが 1945年8月6日アメリカ軍の阪神大空襲を受けて焼失した。

焼けずに残っていたら・・・と思うと残念!

ちなみに一作目のひまわりはこちら ↓

Img_7430
↑  アメリカで個人所有
↓ 三作目

Img_7433 
↑  ドイツ・ミユンヘンにあるノイエ・ピナコテーク美術館所蔵
↓ 4作目

Img_7434
↑ ロンドンのナショナルギャラリー所蔵

↓ 5作目

Img_7436
↑  東京 SMPO美術館所蔵

↓ 6作目

Img_7434_20201208153101

↑  アムステルダムのファン・ゴッホ美術館所蔵

↓ 7作目

Img_7433

↑  フィラデルフィアの美術館所蔵

三作目をゴッホ本人が模写したと言われる。構図はいっしょ、色使いが違うだけ。

NPO法人健康を考えるつどい 12月 健康スクール予定

20201125112147146_0001 

« 2020年11月 | トップページ | 2021年1月 »