Jou光

  • 親父
    彼は子供の時から絵が上手いと、親の欲目で思っている。目の前でさらさら描かれると、ついつい感嘆してしまう。世の中いっぱい絵の上手い人はいるが、この道で飯が食えるのはスポーツ選手と同じで極一部。でもとにかく趣味でも良いから絵を描くことは続けて欲しいと願っている。

春爛漫

  • ぼけの花
    柿茶の里は徳島県美馬郡つるぎ町に位置する。柿の葉の生産農家へ毎年春と秋に行く。春はことさら美しい。桜が咲き乱れ山の木々が新緑に包まれる。澄んだ青空に身も心も洗われる気がする。

アユタヤ遺跡

  • Pict0266
    1491年に建てられた王族の守護寺院。3つの大きな仏塔には、ラーマティボディ2世と父、兄の遺骨が納められています。 寺院ではありますが僧は居住せず、王の礼拝堂として王族の儀式に使用されていました。この寺院もまた、1767年ビルマ軍により破壊され、16mあったという金で覆われた仏像も金を奪われた後、壊されてしまいました。

暁の寺院 タイ

  • Pict0350
    トンブリ王朝時代の守護寺で最高位の寺院とか。きらきらと輝く陶器の破片に覆われた高さ約79mの大仏塔は、ラマ3世により5年がかりで改装された。朝日を浴びた大仏塔の神々しい姿が”暁の寺”の名前の由来。

ワット・ヤイ・チャイ・モンコン

  • Pict0201
    セイロンへの留学から戻ってきた僧侶のために、1357年初代王ウー・トーンが建立しました。仏教寺院は瞑想の場として使用されていました。現在も多くの仏教徒が訪れ、週末は観光客でにぎわいます。

水上マーケット

  • Pict0116
    ダムナン・サダックの水上マーケット。その昔、”東洋のベニス”と言われたバンコクでは、日常的商取引には運河が利用されてきた。水上マーケットは、古き良き時代の情緒溢れるバンコクの生活を体感させてくれる。 

2008年7月 タイ王宮

  • Pict0429
    白壁に囲まれた20万㎡の敷地内には、1782年に建設された国王の宮殿、即位式の建物、王室守護寺院のエメラルド仏寺院などチャクリー王朝歴代の王により建造・改築された建物が建ち並んでおり、ラマ8世までは実際にここに住まわてていたとか。

涅槃寺

  • Pict0386
    タイ語で Wat Pho(ワット・ポー)と呼ぶこの寺は、ラマ1世が建立したバンコク最大の境内を持ち、バンコク最古の歴史を持つ寺院。本堂には写真のようなリクライニング・ブッダの愛称で親しまれている寝釈迦仏が横たわる。足の裏には螺細細工でバラモン教における108の宇宙観が表現されていると言う。

最近のトラックバック

2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

金魚

  • 金魚

ウェブページ

« 井上杏那さんの作品 2021年6月 | トップページ | 柿タンニンパワー »

城 山

長年城山のふもとに住んでいたのに一度も歩いて登った事がなかった。

山頂にゴルフ場があり、そこで下手なプレーは何回もしたことがあるが・・・。

しろやまと書いて「きやま」と読む。

私の息子の名前もそこから一字取った。

ここで城山の由来 ↓

城山は我が国最初の国立公園・瀬戸内海国立公園(1934年指定)の一画で、古代の城の総称である「城」をそのまま山名としている。

讃岐岩質安山岩の頂上附近に朝鮮式山城跡がある。

梶君という高校の同級生がいて、聞くと子供達に城山で野外活動のボランティアをしていると言う。

その話も聞いていたので6月の「こんぴらWalk」は城山(標高 462m)に登ろうという事になった。

↓ 地図

Photo_20210616102501

登り口は帰りに温泉につかれる城山温泉登山口(地図右上⑥ )と決めた。

まず竜王宮を目指す。

登る人が少ないのか道はかなり荒れていて迷いながらも何とか到着。

Img00789

竜王宮から明神原を目指したが、途中道が分からなくなり完全に迷った。

で、ひたすら獣道を登ることになった。

明神原への矢印もなく迷ったが、後で反省するに木に赤いテープを巻いてあったのが目印だったと思う。

急な坂道をひたすら上へ上へと木々の枝を振り払いながら登ること1時間強。

広い道に出るのだろうか? 行き止まりで引き返す羽目になるのか? と心配しながら・・・・。

引き返すのが一番嫌だった。

登るのは木の枝につかまりながら何とか足場を確保できるが、下りは滑るのが怖い。

おまけに足元は落ち葉が積み重なり滑りやすくなっているし急勾配だ。

それでテレビ塔のある広い道に出て来た時には本当に安堵した。やれやれ!

そこからは広い道を辿って山頂へ。

この日は薄曇りで眼下に広がる讃岐の山々はけむっていた。

↓ 晴れた日は

Img00784_hdr

展望休憩所で各自持ってきた弁当を食す。

展望休憩所付近の地図 ↓

Photo_20210616112801

↓ 史跡城山の説明看板より

城山は標高462mとこの付近の最高峰の山であり視界は極めて広く景勝の地です。

山腹は比較的急峻ですが山上部は穏やかに起伏していてその中に西北に向かって口を開く凹地を囲んで城郭の跡がある。

城郭は山上部を中心に二重の石塁で囲まれている。

山頂部の礎石群や内側の石塁の間に城門、水門といった城郭遺構が残っている。

外郭の急峻な斜面付近には、上面が平坦となる石塁や土塁が稜線に沿って約6Kmにもわたって山頂を囲っている。

城内各所にはホロソ石、マナイタ石と呼ばれる石製加工物も確認されている。

築城の時期は詳らかでないが七世紀後半頃に築かれた古代山城と考えられている。

東の明神原には平安時代に国司・菅原道真が雨乞いをしたという古代祭祀の跡もある。

城門や石塁など良く当時の様子を留めており古代史上貴重な遺跡として昭和26年に国の史跡に指定されている。

昼食後は来た道を戻り途中「明神原遺跡」に立ち寄る。

Img00800 Img00798

曰く、

ここ城山の東南に突出するこの山は明神原と呼ばれ、山頂の南側に烏帽子岩といわれる巨石を正面にその南左右に巨石が並び立ち中央は階段状に見える平坦な空地がある。

古代農業によって村造りが行われた頃、部落を見下ろす山頂の巨石・大木を憑代として天より降臨する神霊を招き迎えて豊作を祈る祭祀が行われたが、この明神原の巨石群はその配置から神を迎え祭祀を行う磐境であり、烏帽子岩は神霊の憑りつく磐座と考えられる。

伝えによれば仁和4年讃岐干ばつの時、国守・菅原道真公が城山に雨を祈ったのはここであり、延喜式内社・城山神社は元この地に祈られたと云う。

また城山築城後はその守護神として祭祀されたと考えられ、古代祭祀研究上貴重な遺跡である。

Img00795_hdr

下山途中で城山不動の滝に立ち寄った。

Img00804

ここ数日まとまった雨も降らなかったので水量はほとんどない。

↓ 坂出市のHPより水量の多い時は

Photo_20210616131901

不動明王がある落差15mの滝で坂出のパワースポット。

城山の8合目あたりにあり,弘法大師修行の際,岩壁に不動の像を刻んだことからこの名があるといわれています。

滝のすぐ横に不動明王が祀られており,昔から修験道の場所として滝行を行っていたと伝わっています。

↓ 滝のすぐ横にある不動明王

Photo_20210616132401

不動の滝から下ること約20分、やっと俗世間に帰還した。

とにかく山道は険しい。

 

« 井上杏那さんの作品 2021年6月 | トップページ | 柿タンニンパワー »

走る」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 井上杏那さんの作品 2021年6月 | トップページ | 柿タンニンパワー »