Jou光

  • 親父
    彼は子供の時から絵が上手いと、親の欲目で思っている。目の前でさらさら描かれると、ついつい感嘆してしまう。世の中いっぱい絵の上手い人はいるが、この道で飯が食えるのはスポーツ選手と同じで極一部。でもとにかく趣味でも良いから絵を描くことは続けて欲しいと願っている。

春爛漫

  • ぼけの花
    柿茶の里は徳島県美馬郡つるぎ町に位置する。柿の葉の生産農家へ毎年春と秋に行く。春はことさら美しい。桜が咲き乱れ山の木々が新緑に包まれる。澄んだ青空に身も心も洗われる気がする。

アユタヤ遺跡

  • Pict0266
    1491年に建てられた王族の守護寺院。3つの大きな仏塔には、ラーマティボディ2世と父、兄の遺骨が納められています。 寺院ではありますが僧は居住せず、王の礼拝堂として王族の儀式に使用されていました。この寺院もまた、1767年ビルマ軍により破壊され、16mあったという金で覆われた仏像も金を奪われた後、壊されてしまいました。

暁の寺院 タイ

  • Pict0350
    トンブリ王朝時代の守護寺で最高位の寺院とか。きらきらと輝く陶器の破片に覆われた高さ約79mの大仏塔は、ラマ3世により5年がかりで改装された。朝日を浴びた大仏塔の神々しい姿が”暁の寺”の名前の由来。

ワット・ヤイ・チャイ・モンコン

  • Pict0201
    セイロンへの留学から戻ってきた僧侶のために、1357年初代王ウー・トーンが建立しました。仏教寺院は瞑想の場として使用されていました。現在も多くの仏教徒が訪れ、週末は観光客でにぎわいます。

水上マーケット

  • Pict0116
    ダムナン・サダックの水上マーケット。その昔、”東洋のベニス”と言われたバンコクでは、日常的商取引には運河が利用されてきた。水上マーケットは、古き良き時代の情緒溢れるバンコクの生活を体感させてくれる。 

2008年7月 タイ王宮

  • Pict0429
    白壁に囲まれた20万㎡の敷地内には、1782年に建設された国王の宮殿、即位式の建物、王室守護寺院のエメラルド仏寺院などチャクリー王朝歴代の王により建造・改築された建物が建ち並んでおり、ラマ8世までは実際にここに住まわてていたとか。

涅槃寺

  • Pict0386
    タイ語で Wat Pho(ワット・ポー)と呼ぶこの寺は、ラマ1世が建立したバンコク最大の境内を持ち、バンコク最古の歴史を持つ寺院。本堂には写真のようなリクライニング・ブッダの愛称で親しまれている寝釈迦仏が横たわる。足の裏には螺細細工でバラモン教における108の宇宙観が表現されていると言う。

最近のトラックバック

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

金魚

  • 金魚

ウェブページ

« ペンション みかんの郷 | トップページ | 何故こんなに腰痛、膝痛の人が多いのか(その1)  2023-6-29 豊岡倫郎 氏 »

マットレス洗浄脱水機

SA会という会がある。

何の略か定かでないが多分「SAKAIDE  ASSIST」の頭文字?

川重坂出工場に勤めていた幹部クラスのOBが集う会。

コロナで3年間中止、この度久しぶりに開催された。

その中では私はまだまだ中ほど。

最長老は大学も先輩の広岡さん。御年91歳になられる。

とにかく元気溌剌 ! お会いするといつも元気がもらえる。

元気溌剌なのはその裏に、お歳にしては想像もつかぬ努力の賜物がある。

毎日ウォーキングや筋トレに通う。一日一万歩は歩くと聞くからすごい! 

3年ぶりとあって昔話や近況の話しで時間はあっという間に過ぎて行った。

 

私が最も懐かしく思い出深い人は、須澤 元KSS社長。

昔、川重坂出工場の子会社に 川重坂出サービス(株)があって

そこに社長として来られたのが須澤さん、私にとっての上司。

一緒にいろんな仕事をして、 いろんな思い出がいっぱいある。

子会社では親会社へのサービス事業もさることながら、地域へのサービス業務もやっていた。

例えばふとんの丸洗い事業もそのひとつ。

当時、ふとんを丸洗いする習慣は一般家庭ではなかった。

LRS(Living  Refresh Service)なる普及法人があって、そこにKSSも加入し

指導を受けながら丸洗い事業をはじめた。

そのうち、ふとんだけでなくマットレスも洗いたいとのニーズが高まった。

マットレス、特に病院のは見た目は白いシーツに覆われて清潔そうだが、

実は点滴の液漏れ, 尿漏れ等で相当汚れていると言う。

でもそのマットレスを洗うのはふとんと同じように手作業でしかない。効率が悪い。

そこでこれを機械で洗えないかと言われた。

須澤社長と相談し、その機械を開発しようと言う事になった。

実に面白いことが始まった。

当時常務だった富永さんも加わり3人で開発業務を開始。

マットレスを丸ごと、どう入れて・どう洗剤をかけて・どう水洗いして・どう乾燥するのか? 

どう?どう?どう? ・・・ばかりの課題。 考えるのが実に楽しかった。

世にないものを造り出す喜びを感じた。

3人で長い間検討し基本構想を決めて、機械設計は山口技研の社長・山口守彦 氏に依頼、電気設計は私が担当した。

完成したマットレス洗浄脱水機がこれ ↓

Photo_20230713112901

さすがに乾燥までしていては時間が長くかかり過ぎるので乾燥は別にした。

一度にマットレスを2枚入れて洗浄・脱水できる。

洗浄液とすすぎ水は筒状の回転軸から供給する。いいものが出来たと思った。

早速 LRSに加入する洗濯業者から注文があり製造・販売・据付・調整・アフターサービスまで行った。

もう記憶にないが20台近く売れたのではないかと思う。

そのお陰で北は仙台、南は宮崎まで据付と調整に出張できた。

本業だった造船の電気艤装より出張範囲が広がった。楽しかった。

3人で特許もずいぶん取った。今はもう時効になったが・・・。

須澤さんとの思い出はもっともっとあるが、一番はこの機械の開発だ。

« ペンション みかんの郷 | トップページ | 何故こんなに腰痛、膝痛の人が多いのか(その1)  2023-6-29 豊岡倫郎 氏 »

日々生活の中で」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ペンション みかんの郷 | トップページ | 何故こんなに腰痛、膝痛の人が多いのか(その1)  2023-6-29 豊岡倫郎 氏 »