Jou光

  • 親父
    彼は子供の時から絵が上手いと、親の欲目で思っている。目の前でさらさら描かれると、ついつい感嘆してしまう。世の中いっぱい絵の上手い人はいるが、この道で飯が食えるのはスポーツ選手と同じで極一部。でもとにかく趣味でも良いから絵を描くことは続けて欲しいと願っている。

春爛漫

  • ぼけの花
    柿茶の里は徳島県美馬郡つるぎ町に位置する。柿の葉の生産農家へ毎年春と秋に行く。春はことさら美しい。桜が咲き乱れ山の木々が新緑に包まれる。澄んだ青空に身も心も洗われる気がする。

アユタヤ遺跡

  • Pict0266
    1491年に建てられた王族の守護寺院。3つの大きな仏塔には、ラーマティボディ2世と父、兄の遺骨が納められています。 寺院ではありますが僧は居住せず、王の礼拝堂として王族の儀式に使用されていました。この寺院もまた、1767年ビルマ軍により破壊され、16mあったという金で覆われた仏像も金を奪われた後、壊されてしまいました。

暁の寺院 タイ

  • Pict0350
    トンブリ王朝時代の守護寺で最高位の寺院とか。きらきらと輝く陶器の破片に覆われた高さ約79mの大仏塔は、ラマ3世により5年がかりで改装された。朝日を浴びた大仏塔の神々しい姿が”暁の寺”の名前の由来。

ワット・ヤイ・チャイ・モンコン

  • Pict0201
    セイロンへの留学から戻ってきた僧侶のために、1357年初代王ウー・トーンが建立しました。仏教寺院は瞑想の場として使用されていました。現在も多くの仏教徒が訪れ、週末は観光客でにぎわいます。

水上マーケット

  • Pict0116
    ダムナン・サダックの水上マーケット。その昔、”東洋のベニス”と言われたバンコクでは、日常的商取引には運河が利用されてきた。水上マーケットは、古き良き時代の情緒溢れるバンコクの生活を体感させてくれる。 

2008年7月 タイ王宮

  • Pict0429
    白壁に囲まれた20万㎡の敷地内には、1782年に建設された国王の宮殿、即位式の建物、王室守護寺院のエメラルド仏寺院などチャクリー王朝歴代の王により建造・改築された建物が建ち並んでおり、ラマ8世までは実際にここに住まわてていたとか。

涅槃寺

  • Pict0386
    タイ語で Wat Pho(ワット・ポー)と呼ぶこの寺は、ラマ1世が建立したバンコク最大の境内を持ち、バンコク最古の歴史を持つ寺院。本堂には写真のようなリクライニング・ブッダの愛称で親しまれている寝釈迦仏が横たわる。足の裏には螺細細工でバラモン教における108の宇宙観が表現されていると言う。

最近のトラックバック

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

金魚

  • 金魚

ウェブページ

« 2023年8月 | トップページ | 2023年10月 »

2023年9月

酸欠は万病の元 By 豊岡 倫郎 氏 2023年 9月29日

1.酸素の重要性

     私たちは普段無意識に息をしているが、5分間も呼吸がストップすれば死んで
     しまう。呼吸の仕方ひとつで、心身の健康は大きく左右される。
    「たかが呼吸」と侮らず、ぜひ正しい方法を身につけて、健康度アップしよう!

2.酸素の重要な働き

1)酸欠は万病のもとと言われる所以
     酸欠状態が続くと、内蔵が十分に働くことができず、生活習慣病などの病気の
     原因となる。また酸欠状態では細胞の免疫機能が劣り、万病のもとにもなる。
     酸欠は美容の大敵でもある。酸素が不足すると、せっかく取り込んだ栄養を
     活かすことができず、お肌を老化させることになる。
     酸欠人間はダイエットできないという。酸素は脂肪を燃焼させるが、酸欠状態
     では、余分な脂肪を燃焼させることができず、体内に多くの脂肪を蓄えること
     になる。これが有酸素運動が求められている理由である。

2)酸欠がガンの原因である。

     ドイツのDr.オットー・ワールブルグ博士は「細胞を35%以上の酸欠状態に
     すると100%ガン化する」 事を発見し、ノーベル賞を受賞した。
     この原理を追求すると、細胞の一つ一つが酸素を大量に含んでいれば、
     ガン細胞の増殖を抑え、制止することが可能ということ。

     体内の酸欠をおこさせる原因として、一酸化炭素の問題がある。
     フランスの医学博士ラオール・エストリポー氏は、ガンの原因を追求した
     ところ、その一因が体内の一酸化炭素にあることを発見した。
     その訳は喫煙や宿便の停滞などによって、体内に一酸化炭素が発生すると、
     直ぐヘモグロビンと結合してしまい、酸素の細胞への供給が少なくなるため、
     酸欠を起こす。だから喫煙者や宿便停滞者にガンが多いのも納得できる話である。

     もと京都大学の医学部教授和田洋已の著書「がん劇的寛解」によれば食生活の
     乱れから、脂質異常症、糖尿病、肥満などで、血管壁の肥厚や炎症が細動脈内径
     が矮小化させ、白血球や赤血球が毛細管の末端に届かず、酸素が供給されず、
     液体の栄養分だけが流れて、臓器や組織に供給されることになる。
     これが組織のガン化の引き金となっていると。よく言われているように、血流の
     悪いところにガンが発生する所以である。西式健康法に裸療法があるが、
     これらは裸になったり、衣服を着たりを交互にして、皮膚を引き締めたり、
     緩めたりすることによって、体内に酸素を取り込み、体内の一酸化炭素などの
     毒素を排泄させることと毛細血管を再生させることによって、健康増進させる療法である。

3.呼吸の働き

    我々は通常一分間に15~16回呼吸している。呼吸によって肺に入った酸素は肺胞から
    肺胞毛細血管に取り込まれて、その大部分が血液中のヘモグロビンと結合して、全身を
    循環する。そして体の各臓器や器官はヘモグロビンから酸素を受け取る。
    一方各臓器や器官で新陳代謝によって発生した二酸化炭素は、血液中に取り込まれて、
    肺に運ばれて、呼気と一緒に体外へ放出される。このやりとりをガス交換と呼んでいる。

    最近の人は運動不足と姿勢の悪さ、ストレスなどから、呼吸が速く、浅くなってきている。
    呼吸の速さは寿命と関係していて、ながーい呼吸は寿命もながーいといわれている。
    ネズミは呼吸が速く、命は短い。ゾウは呼吸が遅く、寿命が長い。呼吸が速く、浅いと、
    酸素が各臓器や器官に慢性的な不足を来たし、万病のもとなる。 

4.呼吸法の種類

   呼吸法の種類には「胸式呼吸」、「腹式呼吸」、「逆腹式呼吸」などが一般的に知られ
     ているが、例えば、普通大人の男性は腹式呼吸をするし、女性は胸式呼吸をする。
     女性は妊娠すると腹式呼吸が出来ないからだ。

   腹式呼吸とは・・・一般的には胸郭(肋骨などからなる籠状の骨格)をなるべく動かさずに、
     腹を出したり引っ込めたりすることにより横隔膜を上下させる呼吸をいう。

     胸式呼吸とは・・・胸郭の肋骨についている肋間筋によって行われる呼吸で、
     ラジオ体操の深呼吸のように肋骨を大きく広げて息を吸う方法をとる。
     また激しい運動をした後のハーハー呼吸しているときが胸式呼吸である。

5.呼吸法の歴史的流れ

   健康法に呼吸法を採用しているのは、インド、中国、日本など東洋だけである。
   西洋にはない。また現代医学で呼吸法を治療法として、採用している綜合病院は聞いた
   ことがないが、開業医ではいくつかある。

   今から約2500年ほど前に、お釈迦様が悟りを開かれたときに、呼吸法の話が出ている。
   お釈迦様の教え「大安般守意経」の中には、正しい呼吸こそは悟りへの道として、
   呼吸の重要さについて話されたという。

   また呼吸法といえば、必ず出てくるのが、白隠禅師の「夜船閑話」という書物に書かれ
   てある丹田呼吸法である。白隠禅師が病に倒れたが、丹田呼吸法を作り上げ、健康を
   回復した経緯は、村木弘昌著「丹田呼吸法」と言う本に詳しく載っている。

  ヨガにしても、気功術にしても、健康法と呼吸法は切っても切れない密接な関係にある。
    これは呼吸の仕方次第で、健康も左右されることを物語るものである。
    指圧療法を受ける際にも、押されたときは、息を吐かないと効果がない。

  座禅は宗教的な利用の仕方もあるが、精神療法の一環として普及したこともある。
    座禅のひとつに明治40年代、岡田虎二郎によって提唱され、当時一世を風靡した岡田式
  静坐法がある。他に

   ★調和道丹田呼吸法・・藤田霊斉提唱、村木弘昌医学博士、帯津良一医学博士が継承。
   ★二木式呼吸法・・・文化勲章受章した二木謙三医学博士提唱  
   ★ヨガによる呼吸法・・・種類が沢山ある。★西野式呼吸法・・・合気術の西野皓三提唱   
   ★瞑想とかヒーリング呼吸法・・・種類が沢山ある。★気功呼吸法・・・種類が沢山ある。
   ★正心調息法・・・塩谷信男医学博士提唱、呼吸しながら手を組み、念じる。
   ★自彊術健康法・・・中井房五郎考案の腹圧重視積極的呼吸法。

6.代表的な丹田呼吸法とは

1)昔から色々な呼吸法が考案されているが、ここでは代表的な丹田呼吸法の仕方をご説明する。
      これは腹式呼吸で行う。丹田とは、臍の下約10センチのところをいう。

   ① 座ってでも、仰向けに寝た状態でもよい。

  ② 両手を重ねて、丹田に置く。全身の力を抜く。意識を丹田に集中する。

   ③ 呼吸は吸うのも吐くのも、鼻で行う。

   ④ まず息をゆっくり吐き出す。

   ⑤ 次に息をゆっくり吸い込む。吐き出す時間は吸い込む時間より長めにする。  

   ⑥ この呼吸法を朝晩2回行う、最低呼吸は20回以上繰り返す。毎日続けることが大切で、
   慣れてくると、30回、50回と回数を増やしてゆくのが良い。

   ⑦ 眼は閉じても、軽く開けていてもよい。心は無心の状態で行う。

2)この丹田呼吸法のバリエーション

  上述のは一番簡単な丹田呼吸法であるが、その変形にはいろいろある。例えば
      ★呼気は口をすぼめてすーっと出す。★眼をつむり、自分の願いや目標などを念じる。
      ★呼気から吸気に移るとき、数秒間息を止める。★呼気のとき、意識して丹田を凹ませ、
         肛門もすぼめる。★座って行う場合、呼気のとき上半身を少しかがめて、吸気の時
         元の状態に戻る。★立てって行うのもある。★手を丹田に置かないのもある。

7.何故呼吸法が健康効果をもたらすのだろうか

 ★体内に酸素が豊富に取り込まれる。逆に二酸化炭素の吐き出しも通常の5倍にもなる。

 ★体内の血流が良くなる。体内の血液の半分は腹部に溜まっていると言われている。
      病人になると3分の2の血液が滞っているという。

 ★血液がキレイになり、筋肉が柔らかく、伸びる。酸性の血液がアルカリ性になる。

 ★酸素は神経組織の栄養源となり、神経伝達がスムースになる。

 ★細胞の新陳代謝が良くなり、老廃物を排泄し、細胞を活性化させる。

 ★丹田に力が加わり、下腹の筋肉や腹圧強化や腹部マッサージとなり、胃腸、腎臓、
      肝臓、膵臓などの働きが良くなる。

 ★自律神経の副交感神経の働きが活溌となり、高ぶった交感神経が落ち着くことによって、
      不快症状が緩和される。要は自律神経のバランスがとれるので、免疫力が高まる。

 ★脳は大量の酸素を必要としているが、酸素が不足していると、ホルモンや酵素の
      生成にも影響を及ぼす。呼吸法を実行すると頭から足まで、全身の血流が良くなる
      のを実感できる。

 ★意識的に呼吸することは、心臓の働きを補助することになるから、血流が良くなる。
      血圧が正常になる。

 ★脳から神経伝達物質のセロトニンが出る。いまうつ病対策として注目されている
      のがこのセロトニンである。調息することで、調心と調身ができる。

 ★効果が得られる疾病としては、頭脳の疲れ解消、不眠症、うつ病、自律神経失調症、
      胃腸病、不整脈、肝臓や膵臓の機能低下、頭痛、2日酔い、リュウマチ、便秘、
     食欲不振、ストレス、老化防止、アトピー性皮膚炎、情緒不安定、疲労回復、高血圧、
     低血圧、前立腺肥大、認知症予防など。しかしこれらの疾病や症状が発生した直接原因が、
     過食、肉食過多、糖分過多、アルコールやカフェインの入った飲み物の過飲、
     姿勢や骨格の歪みなどに起因している場合は、それらを解決することが先決である
     ことは、論を待たないことである。

8.呼吸法の特徴

   1)寝たきりの病人でも自分で寝たまま出来る。

   2)場所を選ばず、寝ていても、座っていても、電車やバスの中でも出来る。

  3)体に負担がかからない。疲れない、むしろ疲れを取り、精神的に充実感が得られる。

   4)目が覚めているときは、意志の力でコントロールできる。

9.まとめ                                  

 心身一如という言葉がある。一日に5分でも10分でもよいから、寝る前でもよいから、
   丹田を意識して、腹式呼吸を試みれば、自然治癒力も高まり、潜在能力も高まるだろう。
   今までの自分を見直す良い機会となるだろう。

おわり         

母の短歌

造船挽歌

Photo_20230928160701

船台は造るふねなく 高々とクレーンは  動かぬまゝに  しづもる


造船挽歌

2_20230928160801

いつの世の 石仏ならん風化して こけむすままに

供花のゆるゝ

俳句の会

昨日、川重のOBがやっている俳句の会に誘われ行ってきた。

お題があってひとり2句を詠み、名前は伏せて参加者がいいなぁ~と思った句を選ぶ。

そして票が多い順に紹介されるというもの。

今回のお題は「鰯雲」

私の提出句、

「見上げても また見上げても 鰯雲」

「大漁の鰯が泳ぐ空の海」

今回の参加者は6人、

最優秀作は

「天を刺す 五重の塔や 鰯雲」 

さすが!!!

お題の他にも1句投稿できる。

私はこの夏休みの家族旅行で沖縄へ行った句を詠んだ。

「台風の合間を縫って家族旅」

おそまつでした。

おそまつついでに下の絵もごらん下さいませ。

Photo_20230928101701

2_20230928102101

Photo_20230928102101

2_20230928102301

Photo_20230928102401

般若心経

私の孫が通っている世尊院幼稚園から「敬老の日 おめでとうございます」なるお手紙がきた。

担任の先生と孫のツーショット写真を掲載して。

調べると世尊院幼稚園は宗教法人が運営する幼稚園らしく、宗派は真言宗だった。

それで丁度描きうつした仏画を令状にかえて投函した。

毎年敬老の日に送ってくるハガキに返事したのは初めて。

少し良い気分になった。

Photo_20230919141601

北斎は偉大だ

最近の暇つぶしに仏画や絵画を見て写し取ろうと絵を描き始めた。

葛飾北斎の「神奈川沖波裏」を真似しようと描いたがとても難しくて描けたもんじゃない。

私が描くと下の如く小学生低学年並みよりまだ下手だった。

おふざけついでにお日様まで付け加えたが、これはこれでまた笑ってしまう。

とほほ!!!

20230913-160748

255_20230913160901

↑ これは波の絵よりはましか???

NPO法人健康を考えるつどい が発行する機関誌 35号

NPO法人健康を考えるつどい が発行する機関誌 35

2023年9月1日発行

法人の住所、連絡先 ↓

〒762-0011 香川県坂出市江尻町1220 TEL:0877-45-8441  FAX:0877-45-8444

今回の記事は、

1、連載健康情報 By 豊岡 倫郎 氏 『夏の体調管理』

  「めまい」で悩んでいる人が増えている ?

2、話題の著書紹介 医療介護経営研究会 著「 図解 介護のお金とサービス 」 

3、甲田光雄先生 「上手に断食を(1)」

4、西式健康法

 「その実践に基づいた貴重な体験と健康法のすすめ 」

5、暮らしのワンポイント 『 認知症は突然に? 』

6、ふるさとの風景 高松港の現代アート

7、暮らしを彩る花 『 ガザニア』

20230912125223415_0001

20230912125223415_0003

20230912125223415_0002

健康への道しるべ 第165号 令和 5年 9月 1日発行

■ 発行:健康への道しるべ友の会 編集 増田 桂子

■ 〒420-0962 静岡市葵区東1-14-31、Tel:054-245-8141、Fax:054-245-6142

■ 年間 購読料:2,500円

今回の見開きページは『 足は万病の元 その2』

165

■ いのちを育む「食」は苦瓜 即ちゴーヤについて

夏バテ予防・強い抗酸化力によるガン予防・動脈硬化予防・老化防止など有効成分が多く含まれる。

下手な仏画

Photo_20230907122601

 

6_20230907122701

51

Photo_20230907122801

おじぞうさん

Photo_20230906160501

3_20230906160501

Photo_20230906160502

2023年度 四国ブロック・ユネスコ活動研究会 in 四国中央市

2023年度四国ブロック・ユネスコ活動研究会が9月3日(日)愛媛県四国中央市で開催された。

今回の主催は四国中央ユネスコ協会、会場は川之江ふれあい交流センター。

私の所属する丸亀ユネスコ協会からも川松会長はじめ6名が参加。

Photo_20230905091101

本大会テーマ :『 紙文化の持続的な伝承と発展』

● 開催主旨:紙産業の町・四国中央市における文化・歴史を紹介すると共に大会テーマについて研鑽を行いユネスコ運動の意義を再確認する。

四国中央ユネスコ協会の活動報告を聞くと、設立13年続く柱の事業があるという。

それは四国中央市内の未来に残したい自然や文化財を地域ごとに織り込んだカレンダーの製作と販売事業。

2,000部をつくり800円で販売しているとか。

これが大きな収入源となって、その収益で地域文化遺産保存基金を設立し10周年記念事業でネパール・ルンビニに寺子屋を寄附した と。

突然だが、どこのユネスコ協会でもそうと思うが、お金がなければ積極的な活動はできない。

我が丸亀ユネスコ協会も何か収入源が欲しい!

そこで提案だが、

丸亀の特産品であるうちわに注目し、形とか図柄がユニークで皆が買いたいと思う「うちわ」を作り、販売したらどうかと思う。

例えば、丸亀のうちわの紙に四国中央市の手すき和紙を使い、うちわのカレンダーを作る。

それを販売し、売れればその収益でいろいろできると思うが・・・。

ついでに法人会員をもっと増やし、会費を増やす努力をしたらどうか。

企業に足を運びお願いするしかないが・・・そのくらいの努力は買って出る。

すこし話がそれた。

◆10時に始まった会は、今年四国中央市で開催された第16回書道パーフォーマンス甲子園の映像で幕を開けた。

何を書くのかの一例 

Photo_20230904103401Photo_20230904121401

縦4m、横6mに書かれた書は大迫力だが、書く時のパーフォーマンスが見事・感動もの。

Img03315

この甲子園の開催趣旨は、

日本一の紙のまち四国中央市で「書道パフォーマンス甲子園」を開き、伝統文化としての書の本質を磨きながら新しい書の魅力を探求することによって、新文化の創造発展に寄与することや、書を通じた芸術文化の地域間交流を促進するとともに、紙産業の振興及び地域の活性化を図る。

また、書道パフォーマンスに励む高校生に、全国的な規模で演技する場を提供することによって、書への意欲向上と創造的な人間育成を図るとともに、高校生による高校生のための大会づくりにより、高校生の主体的な活動と相互交流や親善を図ることを目的とする。

とある。

◆続いて四国中央少年少女合唱団によるユネスコの歌を合唱

Img03301_hdr

◆次に四国中央ユネスコ協会会長・森實 達治氏による開会挨拶、続いて主催者・来賓の挨拶。

Img03302_hdr

国内委員会報告・協会活動報告の後、基調講演が始まった。

題して「セルロースナノファイバーを活用した新たな紙製品の開発、そして、紙の未来」

Kouennkai1

この講演内容は目からうろこだった。

聞くとすごい技術で紙の可能性がますます広がるなぁ~と感動することしきり。

ちなみにセルロースナノファイバー(CNF)は、セルロースを主成分とする植物繊維を、ナノ(1ナノは10億分の1)メートルサイズまでほぐして微細化した素材。

環境にやさしい天然物ながら、鋼鉄の5分の1の軽さで5倍の強度を持ち、熱で膨張しにくい、吸水性が高いなど、さまざまな特徴がある。

また植物を原料としているため、再生型資源として気軽に身近なものから手にいれることができる。

講演では CNFを装着した車の開発や医療診断用のペーパデバイスの開発が紹介された。

Photo_20230905093101

また身近な例としてペンで書いた文字を直後は消しゴムで消せるが、一定時間が経つと消せなくなる高機能紙の開発も紹介された。

Photo_20230905092701

聞いていて紙はすごい! 紙の可能性は無限と思った。

こんな研究をしている人が羨ましいとも思った。

昼食後は紙の伝統工芸水引細工の「あわび結び」を体験。

図で結び方を書いてくれているのだが、やってみると難し~い。何とか結べた。

Photo_20230908093001

◆ 続いて連盟報告があり「僕が手漉き和紙職人になった理由」と題する活動発表

◆ 二つ目の基調講演があり、閉会式のあと解散。

四国大会には毎年参加しているが、どの大会も中身が充実して参加のしがいがある。

ユネスコの会員以外にも是非参加をお願いしたいものだ。

ロシアによるウクライナ侵攻がいまだ続く中、改めてユネスコ憲章を守りたい。

戦争は人の心の中で生まれるものであるから、人の心の中に平和の砦を築かなければならない

CMです、

丸亀ユネスコ協会では、入会者を募集しています。ご希望の方は下記までご連絡下さい。

◆ 〒763-0046 丸亀市南条町11-4 総合造形センター内 小久保 事務局長

           丸亀ユネスコ協会  電話: 090-1172-2057  
                                                      FAX: 0877-24-2057

« 2023年8月 | トップページ | 2023年10月 »