Jou光

  • 親父
    彼は子供の時から絵が上手いと、親の欲目で思っている。目の前でさらさら描かれると、ついつい感嘆してしまう。世の中いっぱい絵の上手い人はいるが、この道で飯が食えるのはスポーツ選手と同じで極一部。でもとにかく趣味でも良いから絵を描くことは続けて欲しいと願っている。

春爛漫

  • ぼけの花
    柿茶の里は徳島県美馬郡つるぎ町に位置する。柿の葉の生産農家へ毎年春と秋に行く。春はことさら美しい。桜が咲き乱れ山の木々が新緑に包まれる。澄んだ青空に身も心も洗われる気がする。

アユタヤ遺跡

  • Pict0266
    1491年に建てられた王族の守護寺院。3つの大きな仏塔には、ラーマティボディ2世と父、兄の遺骨が納められています。 寺院ではありますが僧は居住せず、王の礼拝堂として王族の儀式に使用されていました。この寺院もまた、1767年ビルマ軍により破壊され、16mあったという金で覆われた仏像も金を奪われた後、壊されてしまいました。

暁の寺院 タイ

  • Pict0350
    トンブリ王朝時代の守護寺で最高位の寺院とか。きらきらと輝く陶器の破片に覆われた高さ約79mの大仏塔は、ラマ3世により5年がかりで改装された。朝日を浴びた大仏塔の神々しい姿が”暁の寺”の名前の由来。

ワット・ヤイ・チャイ・モンコン

  • Pict0201
    セイロンへの留学から戻ってきた僧侶のために、1357年初代王ウー・トーンが建立しました。仏教寺院は瞑想の場として使用されていました。現在も多くの仏教徒が訪れ、週末は観光客でにぎわいます。

水上マーケット

  • Pict0116
    ダムナン・サダックの水上マーケット。その昔、”東洋のベニス”と言われたバンコクでは、日常的商取引には運河が利用されてきた。水上マーケットは、古き良き時代の情緒溢れるバンコクの生活を体感させてくれる。 

2008年7月 タイ王宮

  • Pict0429
    白壁に囲まれた20万㎡の敷地内には、1782年に建設された国王の宮殿、即位式の建物、王室守護寺院のエメラルド仏寺院などチャクリー王朝歴代の王により建造・改築された建物が建ち並んでおり、ラマ8世までは実際にここに住まわてていたとか。

涅槃寺

  • Pict0386
    タイ語で Wat Pho(ワット・ポー)と呼ぶこの寺は、ラマ1世が建立したバンコク最大の境内を持ち、バンコク最古の歴史を持つ寺院。本堂には写真のようなリクライニング・ブッダの愛称で親しまれている寝釈迦仏が横たわる。足の裏には螺細細工でバラモン教における108の宇宙観が表現されていると言う。

最近のトラックバック

2023年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

金魚

  • 金魚

ウェブページ

« 2023年10月 | トップページ

2023年11月

健康への道しるべ 第166号 令和5年11月25日発行

■ 発行:健康への道しるべ友の会 編集 増田 桂子

■ 〒420-0962 静岡市葵区東1-14-31、Tel:054-245-8141、Fax:054-245-6142

■ 年間 購読料:2,500円

今回の見開きページは『 足は万病の元 その3 砂を歩く』

素足で砂の上を歩くのは健康に良い・長寿の秘訣は裸足にあり! との事です。

20231129142445541_0001

↓ 私の下手な絵手紙も掲載して頂いた。

Photo_20231130131801

下手な俳句を絵手紙にしました

朽ち果てた 民家彩る 柿侘し

20231124-095416

20231124-095729

Photo_20231128110401

Photo_20231128110501 2_20231128110501

健康へのトビラ Vol.36 2023年11月1日 発行

20231123140019134_0001

20231123140019134_0003

20231123140019134_0002

角 山

本当に久しぶりに角山へ登ってきた、標高184mの山。

Photo_20231123124701

11_20231123124901

最初はなだらかな坂道だが、それが終わると急な階段が待ち受けている。

途中で何人かの下山者に出会う。

↓ ミニ88ヶ所の石仏

20231123-125257

途中休み休みしてやっと頂上へたどり着く。

11_20231123130201

頂上は南北に長く広がった平地になっている。

↓ 頂上からの北側・瀬戸内海側の風景

12_20231123130301

↓ 頂上から南側の風景

13_20231123130801

讃岐富士・飯野山の存在感は抜群だ!

頂上中央に石鎚神社・剣神社の祠などがある。

↓ 剣神社

14_20231123131501

剣神社のまだ上に石鎚神社の祠があった ↓

15

浮世絵

前にも浮世絵を紹介したことがある。

父が収集したもので、父はこの他にも古銭や切手を収集していた。

特に切手には「見返り美人」とか「月と雁」などシートで持っていた。

Photo_20231122153301Photo_20231122154401

この切手シートは今弟が持っているはずだが???

古銭は妹の手にわたり、私にはこの浮世絵が残った。

今から75年くらい前に父が購入したものと思われる。

版画なので初版だと高額らしいが私が持っているのは何版のものか分からない。

Photo_20231122153801

 2_20231122153801

たまたま「何でも鑑定団 in 丸亀」のチラシが入っていた。

来年(2024年2月)丸亀市で開催されるという。

ものづきな私は早速応募した。採用されるかどうかは分からない。

乞う!ご期待である。

シギラ黄金温泉

「日本最南端の温泉」が謳い文句。

沖縄に銭湯はめったに無い!

そんな沖縄・宮古島で温泉があった、感激!

 

Img03653_hdr Img03652

ネットによると

シギラ黄金温泉の水源は豊かであり、ナトリウム―塩化物温泉。

源泉は50度の湯であり、一日に800tものお湯があふれ出る。

泉質が高く皮膚に働き傷の治癒につながり、体の芯から温まる。

塩味があるため、その塩分は殺菌効果があるといわれています。

そのほかの効能として冷え性やむくみ、肩こり、腰痛、傷、けが、打ち身など幅広い

症状への効果が期待できます。

・・・とある。

パチャの石段

来間島に来間大橋を見渡せる大きな岩を屋根にした休憩所がある。

この岩、もちろん本物ではない・・・。

Img03480_hdr

この休憩所から海岸へと降りるパチャの石段がある。

Img03442

1970年頃まで来間島には整備された港も車道もなく、島への生活物資や人の交流もすべて石段近くの浜に小船で乘り着け、この石段を登って集落へ運び、島からの物資もこの石段を降りて浜から島外へ運び出しました。

島民はこの石段を集落の東端にあることから「パチャ(端)の石段」と呼びましたが車社会へ移行に伴い放置状態となっていたのを宮古島市のneo歴史文化ロード事業を活用し遊歩道と連結し観光にも活用できるよう復元工事を行った。

石段を降り切ると美しい浜辺が広がっていた。

Img03450

来間御嶽

来間島にある御嶽(うたき)。

御嶽は、 琉球神道 における祭祀などを行う施設で、 琉球王国 ( 第二尚氏 王朝)が制定した 琉球神道 における聖域の総称とされる。 

だから鳥居がある。

Img03433 Img03434_hdr

来間島には現在21ヶ所の拝所があり、集落内でも最も霊験あらたかな御嶽としてここのアガイヌウタキ(東の御嶽)・男神テンガナスとイルヌウタキ(西の御嶽)・女神タカガンが祀られておりミュウトゥ神(夫婦神)と伝承されている。

両御嶽は諸々の願い事を聞き届けてくれる島の守護神として祭祀の中心となっておりツカサウマ,ユーザスウマ,ともうま達が年5回のこもり(3日2晩の泊まり込み)願いを執り行い人々の健康と子孫繁栄及び豊作を祈願する。

Img03435

聖通寺山

聖通寺山(しょうつうじやま)に登るのを日課のようにしている。

この山は、坂出市と宇多津町の境界に位置する標高 118.3mの山。

↓ 全景 山の手前が坂出市、裏側が宇多津町

Photo_20231110153301

写真の中央から右側が北峰(120.2m)、左側が南峰(117m)の双耳峰の山で

私は中央付近から右端の鉄塔の横を通って北峰をめざす。

正規の登り口は火葬場の横からだが、ショートコースがあって私は最短コースの65段の階段から登る。

Dsc07646

次に高速道路を跨ぐ橋を渡るための階段・114段をのぼり ↓

Dsc07653Dsc07655

橋を渡ってさらに67段の階段を登って本線の登りコースに合流する。

Dsc07666

そこから600mほど登ると結婚式場の「サンアンジェリーナ」に辿り着く。

114

ここが山頂だ。

113

門が開いている時は中の椅子に座り休憩させてもらう。

Dsc07690

↓ サンアンジェリーナの正門

44

そこから下る事50mくらいの所に東屋があり、毎日この山に登るメンバーがそこに陣取っている。

112

ここには数匹の野良猫が住み着いていて、メンバーがやる餌をあてにして生きている。

だから彼らがいない時、私が東屋で座っていると餌をくれるかと猫がすり寄ってくる。

20231116-153120115

だけど「餌はやるな!」の貼り紙を守り、持って来てないのでやれない。

111_20231120102801

また山頂には積石塚古墳(聖通寺山古墳址)がある。

20231117-15272312_20231120102301

↓ 古墳の説明看板

Img03362

聖通寺山の北峰頂上に立地するこの古墳は石を積み上げて墳丘を築造した積石塚である。

一般の古墳は盛土で築造されているのに対し積み石による古墳は全国的にも少なく特に

古墳時代前期の積石塚の大半が讃岐に分布する事から、早くよりその特殊性が重視されている。

聖通寺積石塚の現状での墳丘規模は直径約12m高さ約2mであり東部分がやや膨らんだ楕円形を

している。しかし現状に至るまでに数回の積み直しがあったようであり、旧状は墳丘中央部がすりばち状に

窪んでいたとも言われている。

東部分の膨らみはこの積み直しによる可能性が高く、墳丘の平面形態は円墳の可能性が強い。

墳丘裾部や内部主体、また出土遺物等については不明な点が多いが、讃岐の他の積石塚と同様に

古墳時代前期~中期(約4世紀~5世紀)頃の築造とす視察されており備讃瀬戸を一望し

中讃海域の要所に立地することにより、被葬者はこれらの地域に関係深い有力首長ではなかったかと

推察されている。

また一方で仙石権兵衛の投石によってできたという民間伝承でも有名な古墳である。

昭和63年9月 宇多津町教育委員会

↓ サンアンジェリーナからの風景

1151

↓ 青野山からみた聖通寺山

山の手前が宇多津町、裏側が坂出市

Dsc07736

 

笠山

毎日7,000歩のノルマを果たそうと歩く途中 ↓ の看板が見えたので久しぶりに登ってみた。

ここは、御大師池登山口。

20231110-133539

結論から言うと、とんでもない目にあった。

まず、山頂までの道が分かりずらい。

それでも道らしきところを辿ると何とか山頂にでた。

Img00005

山頂は猫のひたいほどのスペースしかない。

それでも座って休憩をとることはできた。

帰り道がとんでもないことになった。

下り始めると坂出駅方面と書いた看板があった。

元来た道を引き返すのも芸がないと思い、その道を辿ることに。

途中まではまぁ~ここが道らしいと区別がついたが、そこから全く道が消えた。

仕方なく下へ下へと行けば何とかなるだろう・・・と思った。

それが大きな間違い。

アト10m程の高さから下の広い舗装された道が見えた。

やれやれ・・・と思った。

ところがところが・・・である、そこから降りる道が全くない。

崖になっていた。

こりゃ~やばい! こんなところで遭難するわけにはいかない。

引き返して登ってきた道を帰るのが賢明だ。

それでまた道なき道を山頂まで登る。

落ち葉が道につもり滑ることすべる事。

慎重に!慎重に! 休み休み、時間をかけてやっと元の山頂まで帰ってきた。

もう涙が出るほどうれしかった。

そこからは元の道をたどり、やっと地上に降り立った。

どんな低い山でもひとりで行くのはもう絶対にやめようと思った。

山頂からの風景  ↓

 Img00009

山頂に小さなミカンよりまだ小さな柿の実がなっていた。

どこからかカラスが種を運んできたのかなぁ~

Img00014

自然はすごい!

LINE乗っ取り

ラインを乗っ取られたブログは書いた。

新聞でも記事が出ていた。

Photo_20231102110301

« 2023年10月 | トップページ