Jou光

  • 親父
    彼は子供の時から絵が上手いと、親の欲目で思っている。目の前でさらさら描かれると、ついつい感嘆してしまう。世の中いっぱい絵の上手い人はいるが、この道で飯が食えるのはスポーツ選手と同じで極一部。でもとにかく趣味でも良いから絵を描くことは続けて欲しいと願っている。

春爛漫

  • ぼけの花
    柿茶の里は徳島県美馬郡つるぎ町に位置する。柿の葉の生産農家へ毎年春と秋に行く。春はことさら美しい。桜が咲き乱れ山の木々が新緑に包まれる。澄んだ青空に身も心も洗われる気がする。

アユタヤ遺跡

  • Pict0266
    1491年に建てられた王族の守護寺院。3つの大きな仏塔には、ラーマティボディ2世と父、兄の遺骨が納められています。 寺院ではありますが僧は居住せず、王の礼拝堂として王族の儀式に使用されていました。この寺院もまた、1767年ビルマ軍により破壊され、16mあったという金で覆われた仏像も金を奪われた後、壊されてしまいました。

暁の寺院 タイ

  • Pict0350
    トンブリ王朝時代の守護寺で最高位の寺院とか。きらきらと輝く陶器の破片に覆われた高さ約79mの大仏塔は、ラマ3世により5年がかりで改装された。朝日を浴びた大仏塔の神々しい姿が”暁の寺”の名前の由来。

ワット・ヤイ・チャイ・モンコン

  • Pict0201
    セイロンへの留学から戻ってきた僧侶のために、1357年初代王ウー・トーンが建立しました。仏教寺院は瞑想の場として使用されていました。現在も多くの仏教徒が訪れ、週末は観光客でにぎわいます。

水上マーケット

  • Pict0116
    ダムナン・サダックの水上マーケット。その昔、”東洋のベニス”と言われたバンコクでは、日常的商取引には運河が利用されてきた。水上マーケットは、古き良き時代の情緒溢れるバンコクの生活を体感させてくれる。 

2008年7月 タイ王宮

  • Pict0429
    白壁に囲まれた20万㎡の敷地内には、1782年に建設された国王の宮殿、即位式の建物、王室守護寺院のエメラルド仏寺院などチャクリー王朝歴代の王により建造・改築された建物が建ち並んでおり、ラマ8世までは実際にここに住まわてていたとか。

涅槃寺

  • Pict0386
    タイ語で Wat Pho(ワット・ポー)と呼ぶこの寺は、ラマ1世が建立したバンコク最大の境内を持ち、バンコク最古の歴史を持つ寺院。本堂には写真のようなリクライニング・ブッダの愛称で親しまれている寝釈迦仏が横たわる。足の裏には螺細細工でバラモン教における108の宇宙観が表現されていると言う。

最近のトラックバック

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

金魚

  • 金魚

ウェブページ

« 2024年4月 | トップページ | 2024年6月 »

2024年5月

脳腸相関とうつ病について By 豊岡 倫郎氏 2024.年5月28日

  1. 脳腸相関とは

脳の状態が腸に影響し、腸の状態が脳に影響する、このように脳と腸は連携し合いながら、私達の体や心の状態をコントロールしている関係を「脳腸相関」と呼ぶ。その典型的な例がうつ病ではなかろうか。今うつ病の患者が年々増えている。日本に400万人から700万人いると推定される。ではなぜ増えているのだろうか。それには腸で作られる神経伝達物質のセロトニンが脳に影響を及ぼしていることが判っている。

  1. セロトニンとは

最近の研究でセロトニンが不足すると、うつ病を発症することが、判ってきた。セロトニン、別名「幸せホルモン」と呼ばれているが、このセロトニンの9割は腸で作られ、自律神経を整えて心を前向きにする作用がある。そしてセロトニンの合成を促す酪酸菌の多い人ほど「自分は健康だ」と感じている。近年研究が進み、うつ病の人は、腸内環境が乱れていることが明らかになった。

また双極性障害(躁うつ病)では眠れない症状が強い人ほど、腸内の乳酸菌が少ないことに加え、ビフイズス菌が少ないことによるコルチゾール(イライラの元になるホルモン)の増加すると云われている。なお酪酸菌やビフィズス菌を増やす食材の詳細は下記の本参照。以上は江田クリニック院長、江田 証(えだあかし)著「長生きのための新しい腸活」2024年3月新星出版社より発行。

(注)うつ病、双極性障害(躁うつ病)とは、うつ病は単極性うつ病ともいい、気分が落ち込んだり、やる気がなくなったり、眠れなくなったり気が滅入る、もの悲しいと言った「抑うつ症状」が長期に継続するもので、不眠、頭痛、肩こりなどの身体症状といったうつ状態の症状だけがみられるのに対して、双極性障害(躁うつ病)はうつ状態と躁状態または、軽躁状態を繰り返す病気で、つまり、「双極性障害」と「うつ病」の違いはうつ状態だけなのか、うつ状態と躁状態を繰り返すのかという点が大きな違いである。

  1. セロトニンの働きと合成                                   

セロトニンのその他の働きとしては、自律神経を整え、精神の安定させる作用がある、これが少ないと、怒りやすい、いらいらする、ぼーっとするなど、精神が不安定な状態になる。セロトニンが増えることで脳の報酬系ホルモンであるドーパミンを減らすことによって、食欲抑制効果がある。またセロトニンには腸の蠕動運動を活発にする作用がある。実はセロトニンを作っている場所は小腸や大腸で、腸の中の「腸クロム親和性細胞」という部分で作られている。この細胞は自律神経と繋がっている細胞なので、脳と密接の関係にあり、ストレスを受けた時など影響が大きいのである。セロトニンは腸内でトリプトファンというアミノ酸から合成されるが、この時腸内細菌の働きが寄与している。但しセロトニンは脳の血液脳関門と言う関所を通過することができない。そこで腸からは、この関所を通過できるトリプトファンが転じた5HTPという物質を脳に送り込み、脳の神経細胞がセロトニンを合成している。             

  1. トリプトファンとは

トリプトファンは、トリプトファンヒドロキシラーゼという酵素の働きによって、5-HTP(5-ヒドロキシトリプトファン)という物質に変化する。ではセロトニンの材料となる必須アミノ酸のトリプトファンを摂取するには、トリプトファンを多く含む食材として挙げられるのは、牛・豚・鶏のレバー、小麦胚芽、牛乳、チーズ、バナナ、大豆、アーモンドかつお、まぐろなど。これらの食材を食事に取り入れると、不眠やうつ病などの解消を促すことができる。トリプトファンはセロトニンを生成後、夜になるとメラトニンに変化します。メラトニンは、体内のリズムを整え自然の眠気を促す働きをするため、不眠を解消することができる。

  1. うつ病は肝臓鈍重が原因

 甲田光雄著「食べ方問答」マキノ出版によると、うつ病は鈍重肝臓(どんじゅうかんぞう)が原因だと言う。以下原文によると、「現代医学ではうつ病は脳のセロトニンと言う物質が不足して起きるという事になっていますが、本当は肝臓の機能低下が原因です。鈍重肝臓になると、体がだるい、疲れやすく、なかなか疲れが取れない、慢性的な疲労感がある,やる気がわかない、うつ傾向になり、悲観的に物事を考えるなど、心身の症状が現れる。日本人の成人の2人に1人がこの鈍重肝臓になっていると、私は推測する。今、ウイルス感染もない、飲酒も関係していないけれど肝機能が低下している、非アルコール性脂肪性肝炎(NASH)と言う病気が、肝臓の専門医の間で大きな問題になっている。これが私のいう鈍重肝臓に相当する。現代医学ではうつ病は脳のセロトニン不足によっておこると考えている。セロトニンはアミノ酸のトリプトファンを原料にして作られる。トリプトファンは食品に含まれるほか、肝臓で合成される。肝臓の機能が低下していると、トリプトファンを摂取しても、うつ病は治りません。肝臓が健全に働いていれば、少しの事で精神的にまいったりはしない。肝臓の働きが悪いからストレスに直面すると、イライラしたり、うつ傾向になったりする。肝臓が悪くなる原因は食べ過ぎと腸が悪い。腸が悪いと肝臓も悪くなるのである。」更に甲田博士は飽食・過食の害を述べている。「人間の腸を調べてみると、誰でも癒着が見られる。その原因は胃腸の処理能力を超えた食べ過ぎにある。すると胃腸が伸びたり、横に広がって、安定が悪いため、胃腸がへばりついて、癒着が起こる。癒着したところは、変形して、細くなったり、捻じれたりする。そこに食物残滓が引っ掛かり、宿便として渋滞する。そしてその部分が横に膨れて、腸マヒが起こる。蠕動運動も弱くなり、更に便が渋滞することになる。そこでは食べた物が異常発酵して腐敗物から毒素が出て、体内に吸収されると、頭痛、肩こり、めまい、倦怠感など様々な症状が起こる羽目に陥るのである。以上著者が50年間に2万人以上の臨床治療から得た結論である。その例として甲田光雄著「断食療法50年で見えてきたもの」春秋社発行によれば、大学2年生のS君の体験談が載っている。うつ病であちこちの大病院で検査を受けたが治らず、甲田医院を受診して来られた。診察してみると、うつ病症状は、鈍重肝臓が原因であった。そして西式甲田療法即ち半日断食や生野菜汁療法などを行い、宿便が排泄されると、肝臓も回復してきて、様々な症状も軽快した。この様な例をいくつも甲田博士は体験して、確信を持ったのである。

  1. 抗うつ剤の知識                                     

生田哲(いくた・さとし)著「うつを克服する最善の方法」2005年11月講談社α新書発行 サブタイトル「抗うつ薬SSRIに頼らず生きる」。少し古いが、うつ病や抗うつ薬の全貌を理解するには適当な本である。                             (まとめ)日常の食べ物の善し悪しが腸内細菌に影響を及ぼす。最近テレビでは大食、ドカ食いを煽る番組が多い。高脂肪-・高蛋白食をたらふく食べて、胃腸に負担をかけて、腸は泣いていないか。悔い(食い)改めなければ、このうつ病は解消いないのではなかろうか。先ず心の宿便を取ろう。「心身一如」である。   

おわり

第66番札所 雲辺寺

雲辺寺に車で行くのは初めてかも・・・???

普通は香川県側からロープウェイで行く。

車だと徳島県側から行く。参道補修費として普通車だと500円が要る。

納経所で支払う。

↓ 駐車場からお寺への道 右側は崖になっていて深い森が広がる。

Dsc08060

ここは四国八十八ヶ寺では最も高いところにあるお寺で、標高927m。

↓ 山門

Dsc08075

↓ 本堂 

Dsc08063

↓ 大師堂

Photo_20240528134701 

雲辺寺の観音様のお話

香川県と徳島県の県境の山に雲辺寺というお寺があります。

昔、このお寺の近くに与成という鉄砲を撃つのが上手な猟師が住んでいました。

与成は、毎日朝早く「今日も獲物がたくさんとれますように」と雲辺寺の観音様に

お参りをしてから山へ出かけていました。観音様は「与成が動物を殺すのをなんとかして

やめさせたい」と考えていました。

そこで山の中でつりがねをかぶり、獲物にばけて待っていました。いつものように山に

出かけた与成は何やら動く黒いものを見つけて、鉄砲を撃ちました。

グアーンと大きな音がし、それに驚いた与成は、木の陰に隠れて様子を見ていました。

「与成はどこへ行ったのかなぁ~」観音様はつりがねを持ち上げてそっとのぞきました。

与成は光る目をめがけてズドーンともう一発撃ちました。「やったぞ!」喜んだ与成は

獲物のところへ行きました。しかし獲物はいなくて血が落ちています。それを辿っていくと

雲辺寺の観音様のところへつきました。不思議に思って見上げると観音さまの目から血が

出ています。はっとした与成はそれから動物を殺すのをやまてしまったという事です。

目を撃たれた観音様は目の悪い人をなおしてあげる事にしました。今でも目の悪い人が

お参りすると良くなると言われています。「香川のむかしばなし」より。

つばめ

つばめの巣を見たと写真が来たのでご紹介。

20240520-160516

こいのぼりの片付け

息子嫁の実家で毎年こいのぼりを上げてくれる。

こいのぼりを上げるのは手伝ったことがないから分からないが、

たぶん雛祭りが終わったら上げるのだと思う。

その片付けに呼ばれた。

それがこんなにも大変だとは想像だにしなかった。

5人ががりでようやく片付けが終わった。一時間以上はかかったと思う。

でも、こいのぼりを上げるのはもっと大変だったに違いない。

あげる時に手伝いに呼ばれてないから分からないが・・・。

そんな鯉のぼりの上げ下げを10年以上も続けてきたのだから実家のお父上はすごい!

感謝で頭が下がる。

もう今年でこいのぼりは終わりにするそうな。

長い間お疲れ様でした、そして長い間ありがとうございました。

20240514-145617

 

鯉のぼり

最近見かけなくなったものに鯉のぼりがある。

20240507-131143

昔はひな祭りが終わると鯉のぼりが各所で見られたものだが・・・???

若い世代は鯉のぼりには無関心。

たいてい祖父母が孫のためにあげるのだが、最近の高齢化で鯉のぼりを

あげるが体力的に難しくなった。ポールを立てるのが大変。

そして鯉のぼりの上げ下げが大変、毎日の事だから・・・。

私も鯉のぼりなんてあげたことがないからその大変さは分からない。

 

もうひとつ見かけないものに「つばめ」がある。

軒先に巣をつくりふんが落ちるので下に糞受けをしてあるのを昔は良く見かけものたが・・・

最近は見ない。

20240509-150724

ネットで調べてみると確かに最近は日本に来るつばめが減っているという。

その原因が農薬の使い過ぎ。

農薬でつばめの餌となる虫が水田にいないから。

確かにそう言われれば虫を見ない。

てんとう虫も最近見てない・・・。

人間が自然を破壊していることは間違いないとしても、スピードが速すぎないか?

今日の俳句 (5月のお題 虫と花 その3)

うぐいすが恋をさがしていまだ鳴く

うぐいすが声を絞りて愛叫ぶ

山裾に黄金の麦眩しくて

田畑にひときわ眩く麦実り

78番札所 郷照寺 

宇多津町の南・青ノ山のふもとの高台に建ち、境内からは臨海の宇多津の町と瀬戸大橋が
見える。

奈良時代に行基菩薩が開創し仏光山・道場寺と称していた。

本尊の阿弥陀如来は行基の作といわれる。

後に、弘仁6年(815)弘法大使42歳のころ、この地を訪れ、自作のご尊像を刻み厄除の
ご誓願を
なされたことから「厄除うたづ大師」として信仰を集めている。

その後、正応元年(1288)時宗の開祖・一遍上人によって浄土易行の法門の伝統が加わり、
真言・念仏の2教の法門が伝わった。元亀、天正の兵火で伽藍を焼失した。

江戸時代に入り、高松藩主・松平頼重により再興された。
その際、宗旨を真言宗とともに一遍上人を偲んで時宗も奉持することにし、
寺名も78番「郷照寺」と改めた。


真言宗と時宗の両宗にわたる寺としては四国札所唯一の寺である。

589 

ぼたんの花がきれいに咲いていた。

Dsc07892

↓ 本堂

Dsc07896

郷照寺に伝わる伝説「釣り鐘と龍神さま」良く鳴るようになったつりがね

江戸時代、この郷照寺の釣り鐘が割れて鳴らなくなり和尚さんは大変困りました。
丁度その折り、大阪・堺からお遍路に来ていた腕の良い鋳物師に直してもらう
事になりました。その時、鐘を鋳なおす材料にと山に蓄えていた沢山の銅鏡を
「とみくま村」の庄屋さんと運んでくれたおじいさんがいたのですが、いつの間にか
姿が見当たらなくなり、お礼を言おうと皆で探しましたが消えていなくなっていました。
その鏡のあったところは川津の山だったことから、お爺さんは春日の明神さま
だろうとみんなで噂しあいました。鏡を入れて作り直した鐘はとても良い音で鳴り
遠く対岸の本州まで聞こえ、その音色に誘われて龍神が現れたそうです。

Dsc07898

 

今日の俳句 (5月のお題 虫と花 その2)

黄金の麦の絨毯陽に染まり

田畑にひときわ眩く麦実り

20240507-130229

薄日差しもやに煙る瀬戸の海

20240507-130229_20240507130601

« 2024年4月 | トップページ | 2024年6月 »