Jou光

  • 親父
    彼は子供の時から絵が上手いと、親の欲目で思っている。目の前でさらさら描かれると、ついつい感嘆してしまう。世の中いっぱい絵の上手い人はいるが、この道で飯が食えるのはスポーツ選手と同じで極一部。でもとにかく趣味でも良いから絵を描くことは続けて欲しいと願っている。

春爛漫

  • ぼけの花
    柿茶の里は徳島県美馬郡つるぎ町に位置する。柿の葉の生産農家へ毎年春と秋に行く。春はことさら美しい。桜が咲き乱れ山の木々が新緑に包まれる。澄んだ青空に身も心も洗われる気がする。

アユタヤ遺跡

  • Pict0266
    1491年に建てられた王族の守護寺院。3つの大きな仏塔には、ラーマティボディ2世と父、兄の遺骨が納められています。 寺院ではありますが僧は居住せず、王の礼拝堂として王族の儀式に使用されていました。この寺院もまた、1767年ビルマ軍により破壊され、16mあったという金で覆われた仏像も金を奪われた後、壊されてしまいました。

暁の寺院 タイ

  • Pict0350
    トンブリ王朝時代の守護寺で最高位の寺院とか。きらきらと輝く陶器の破片に覆われた高さ約79mの大仏塔は、ラマ3世により5年がかりで改装された。朝日を浴びた大仏塔の神々しい姿が”暁の寺”の名前の由来。

ワット・ヤイ・チャイ・モンコン

  • Pict0201
    セイロンへの留学から戻ってきた僧侶のために、1357年初代王ウー・トーンが建立しました。仏教寺院は瞑想の場として使用されていました。現在も多くの仏教徒が訪れ、週末は観光客でにぎわいます。

水上マーケット

  • Pict0116
    ダムナン・サダックの水上マーケット。その昔、”東洋のベニス”と言われたバンコクでは、日常的商取引には運河が利用されてきた。水上マーケットは、古き良き時代の情緒溢れるバンコクの生活を体感させてくれる。 

2008年7月 タイ王宮

  • Pict0429
    白壁に囲まれた20万㎡の敷地内には、1782年に建設された国王の宮殿、即位式の建物、王室守護寺院のエメラルド仏寺院などチャクリー王朝歴代の王により建造・改築された建物が建ち並んでおり、ラマ8世までは実際にここに住まわてていたとか。

涅槃寺

  • Pict0386
    タイ語で Wat Pho(ワット・ポー)と呼ぶこの寺は、ラマ1世が建立したバンコク最大の境内を持ち、バンコク最古の歴史を持つ寺院。本堂には写真のようなリクライニング・ブッダの愛称で親しまれている寝釈迦仏が横たわる。足の裏には螺細細工でバラモン教における108の宇宙観が表現されていると言う。

最近のトラックバック

2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

金魚

  • 金魚

ウェブページ

お寺へ旅たび

五百羅漢

五百羅漢について元駒澤大学総長・奈良 康明氏はこう書いている。

羅漢さんと言う言葉は私たちに親しい。子供の頃からなじんでいて郷愁にも似た響きがある。

日本中何処に行っても羅漢さんはいらっしゃる。

五百羅漢さんは「野の仏」然として並んでいるし十六羅漢さんは彫刻や絵画、襖絵などに姿を見せている。

羅漢さんの表情は千差万別である。彫刻した石工達が自分の知り合いの人をイメージして彫ったのではないかと言う。

庶民的な顔ばかりである。この点、沈潜と静まりかえった表情の下に限りない智慧と慈悲を秘めた仏・菩薩像とは雰囲気ががらりと変わっている。

目を見開いたり目を細めたり、口を大きく開けて哄笑したり皮肉な笑いをたたえていたり、哀しげな表情を見せるかと思うと刺すような目つきで私たちを眺めたりしている。

自由奔放な羅漢さんの表情の中に、しかし、共通なものがひとつある。眼だ。さまざまな表情の中に眼だけはしっかりと私たちの心を見ている。

喜怒哀楽の表情の中に私たち人間の性を見抜きその愚かさを嘆き、悲しんでいる眼がある。いや、人間の悲しさと愚かさを知り、しっかりと生きていけと言わんがためにこそ、私たちの心を映した表情をして見せている、と言う方が正しいのかも知れない。

そう。それもその筈なので、羅漢さんとは仏法を守護し私達を救ってくれる聖者なのである。

別の文献によると、

羅漢(阿羅漢)は、もとは 仏 の別称であったが、後に仏と区別され弟子を指す言葉となった 。
大乗仏教 では弟子を批判的に阿羅漢と呼び、仏と区別した 。
大乗仏教の漢訳圏では総じて、阿羅漢を弟子と同一視し、菩薩や仏と対置して批判的にみる 俗説が通流した。

禅宗 の中には、阿羅漢だった 摩訶迦葉 に釈迦の 正法 が直伝されたとして、釈迦の弟子たちの修行の姿を理想化し、阿羅漢の図像を正法護持の祈願の対象とした宗派がある 。

中国・日本では仏法を護持することを誓った16人の弟子を 十六羅漢
第1回の仏典編集に集まった500人の弟子を 五百羅漢 と称して尊崇することも盛んになった 。

雲辺寺にある五百羅漢はすごい!

Img00642 Photo_20210603150801

表情豊かで皆違った顔をしている。私に似た像をさがしたがいなかった。

夜ここを歩くと怖いだろうなぁ~。

雲辺寺

 四国霊場66番札所・雲辺寺

「はるばると 雲のほとりの寺にきて 月日を今は 麓にぞ見る(空海)」

Img00669_20210603111001

住所は徳島県だが札所は香川県に含まれる。

↓ 雲辺寺の参道に県境がある。徳島からは車で来れるが、香川からは車では行けない。

Photo_20210603111501

雲辺寺は四国霊場中最高峰にして海抜1000m、讃岐と阿波の県境にあり「四国高野」と称されている。

開創は桓武天皇延歴八年 弘法大師16歳の建立で鎌倉時代は全盛を極め境内には十二坊と境外には末寺八カ寺を有し、雲水雲の如く集まり仏道修行の道場だった。

開山以来1200年の歴史を持つ当山は今なお観音信仰を求めて善男善女が全国各地から訪れている。

↓ 山門

Img00649_hdr_20210603114101

↓ 本堂

Img00652_hdr

↓ 大師堂

Img00661_hdr

昔話「雲辺寺の観音さま」

むかし昔、このお寺の近くに与成という鉄砲が上手な漁師が住んでいました。与成は毎朝早く「今日も獲物がたくさんとれますように」と雲辺寺の観音様にお参りをしてから山へ出かけていました。

観音様は「与成が動物を殺すのを何とかしてやめさせたい」と考えていました。そこでつりがねをかぶり、獲物に化けて待っていました。

いつものように山に出かけた与成は何やら動く黒い物を見つけて鉄砲で撃ちました。「グウァーン」とすごい音に驚いた与成は木の陰に隠れて様子を見ていました。

与成はどこへ行ったかなぁ~と観音様はつりがねを持ち上げてそっと覗きました。与成は光る目をめがけてズドーンともう一発撃ちました。

やった~と喜んだ与成は獲物の所へ行きましたが、獲物はいなく血が落ちていました。その血をたどって行くと雲辺寺の観音様のところに行きつきました。

不思議に思い見上げると観音様の目から血が出ています。はっとした与成はそれから動物を殺すのをやめてしまったという事です。

目をうたれた観音様は目の悪い人をなおしてあげることにしました。

今でも目の悪い人がお参りすると良く治ると言われています。

一言だけお願いを聞いてくれるという「一言観音」

Img00666

私は「ぽっくり死ねますように」とお願いした。

Img00651

5月度 里山歩き

月に一度の里山歩き、今月は高松市牟礼町にある五剣山へ。

JR坂出駅から電車に乗り、高松駅でレンタサイクルを借りて八栗寺行きケーブルカー乗り場を目指す。

Img_0776

緩やかな坂道がじわじわと勾配を上げ、自転車を降りて押し歩きせざるを得なくなった。

しばらく押し歩きが続きやっと登り場に到着。 そこに自転車を置いた。

Img_0778

乗り場の左側から五剣山中腹にある四国八十八ヶ所霊場第85番・八栗寺までの道を歩く。

↓ ちなみにケーブルカーだと約5分で行ける

Img_0842

お寺なのに鳥居が至る所にある。

Img_0787

↑ 歓喜天の鳥居

八栗寺は神仏混淆で四国八十八ヶ寺である以外にお聖天様と呼ばれる「歓喜天」という神様も祀られている。

だから鳥居がある、納得!!

鳥居をくぐり進むと舗装道もあったがあえて遍路道をたどることにした ↓

Img_0788

↓ 遍路道が急に開けるとそこは駐車場だった

Img_0790

↓ 駐車場のすぐ横に「お迎え大師」像がある

Img_0801

お迎え大師像のいわれ ↓

弘法大師が修行でこの五剣山にたどり着いた折り、岩間よりあふれる清水でのどをうるおしたと言う。

里人はその水辺に大師像をまつり、いつしか水大師と呼ぶようになった。

このたび大師堂の弘法大師木像を石でつくり讃岐平野をのぞむこの地にまつる。

水大師にちなみ、参拝者を迎えるお迎え大師と名付けた

「讃岐平野を望むこの地」がこちら ↓

Img_0796

↓ 参道の両脇にあった昔の賑わいが今は見る影もない

Img_0802

↓ 山 門

Img_0806

↓ 山門を抜けると正面に本堂、左側に歓喜天社

Img_0812Img_0815

納経所へ行くと神仏混淆だけにお寺の納経と歓喜天のご朱印があります・・・と言われ、この日朱印帳しか持ち合わせてがなくご朱印をもらった。

20210520104429602_0001_20210520114601

↓ 歓喜天

Img_0820

昔は八栗寺から五剣山(標高 375m)山頂まで登れたらしいが今はその道は封鎖されている。

↓ 封鎖地点

Img_0834

↓ 五剣山八栗寺縁起

八栗寺は天長6年(829年)空海により開創された。

寺伝によれば、大師修行の折り 天から降った五本の剣を山に埋めて鎮護した事から「五剣山」と名付けられた。

また大師が入唐求法(唐に渡り密教の経典を伝授する事)の成否を占うため、植えた八個の栗が帰朝後すべて成長して繁茂していたことから「八栗寺」と名付けられた。

↓ 地図

Photo_20210520114701

弥谷寺

天霧城址へは弥谷寺を経由して行った。

↓ お寺の駐車場に車をとめて、お寺への「昇運の石段」を上る。

Img_0375

↓ 山門が見えてきた、「剣五山」の表札がある。

 Img_0472

第71番札所は「剣五山千手院弥谷寺」が正式名称。

この寺は天平年間に、聖武天皇の勅命による祈願で 行基菩薩が開いたとされ、後に弘法大師が唐から帰国して修行をした際、天から五つの剣が降りて金剛蔵王権現のお告げを聞いたと伝えられ、これが、山号の由来となった。

↓ 大師堂への百八階段

Img_0387

百八には三つの意味があると書いてある。

① 煩悩を落とす・・・古来インドでは108は「無数にある」という意味があった。

② 一年を表す・・・月の数が 12、春分・冬至などの季節指標が 24節気、古代中国の季節方式が 72候で、これらの合計が 108。

③ 四苦八苦を落とす・・・4×9 + 8×9=108

除夜の鐘も一年の四苦八苦を打ち払う意味で108回打つ。

↓ 境内地図

Photo_20210325160201

108 段を上りきったところに大師堂があるが、まずは本堂へ参拝するのが筋っていうもの。

本堂と大師堂は隣接または対面近くにある寺が多いが、ここはえらく離れている。

本堂へ行く途中にある多宝塔  ↓

Img_0464

↓ 札所のお寺には必ずある大師像

Img_0400

↓ 磨崖仏

Img_0414

磨崖仏の三尊像は南に面する約 12mの岩壁に彫られており、中央の阿弥陀如来は約 1m,左右の観音勢至両菩薩は約 90cmで、全体に良く整って温和な表情をたたえている。

この像の左右の岩肌には南無阿弥陀仏と陰刻された六文字の名号(六字各号)が九行あり、これに関連して上方にある本堂付近の岩壁には無数の納骨穴が彫られている。

この納骨穴に対する回向のために、下方に阿弥陀三尊像及六字の各号が刻まれたものと思われる。

従いこれらは平安時代から鎌倉時代にかけてのものではないかと言われている一方、大師の作とも言われる。

↓ 本堂

 Img_0411

↓ 本堂をお参りしたので次は大師堂へ

Img_0465

大師堂もお参りして帰途へついた。

成田山光輪寺

鳴門から高松への帰路、お寺を見つけ立ち寄った。

↓ 成田山光輪寺

 Img_7458

Img_7464

↓ 不動明王

Img_7461

光輪寺建立縁起によると、

大正6年成田山不動尊行者・大黒よしの尼は大本山道場において参籠を厳修して不動明王の御分霊を拝受し鳴門市池谷の地に一宇を建立したのが成田山光輪寺の発祥。

昭和24年 高野キミ尼はこれを継承して永年の難苦に耐え法燈を護持し続けて今日の基を築いた。

現在の本堂は大塚製薬グループの援助により完成したとある。

 

10番札所 切幡寺

■ 場所 徳島県阿波市市場町切幡字観音129

Photo_20200213160901

■ 開基:弘法大師

■ 本尊:千手観音

↓ 入口

20200102_134547

↓ 山門

20200102_134529

20200102_140504

■ 由来

弘仁年間、弘法大師が四国を巡業中この山麓で機織りの信心深い乙女から七日間の施しを受け、お別れの日に大師が布を乞うたところ織っていた布を惜しげもなく切って差し出したという故事から”切幡寺”の名がついた。

大師はこの乙女の信心深さにうたれ、彼女の願いどおり千手観音の像を刻み、時の天皇・嵯峨天皇に奏請して本堂を経て、この像を安置した。

その時、乙女の願いにより得度させ(仏門に入る事)灌頂を授けたところ、乙女は千手観音の姿になったといわれ、大師が刻んだ千手観音像とともに女即身成仏の乙女が秘仏として安置された。

それで寺号とともに山号を得度灌頂院と院号を称している。

本堂より一段高い北方の山腹に建つ大塔は、徳川二代将軍・秀忠が堺に建立したものを明治6年ここに移転した、国指定重要文化財。

それがこれ ↓

20200102_141038

Photo_20200213152901

この大塔は家康の勧めにより豊臣秀頼(茶々の第二子)が秀吉の増進菩提のため慶長12年(1607年)大阪・住吉大社神宮寺に建立したもの。

明治初頭この寺が神仏判然令により廃寺となったため明治6年(1874年)に当山第45世住職・天祐上人がこの塔を買い受け解体移築したが天祐上人の時代には初重部のみ仕上がり、続いて智堪上人が二重部を仕上げ完成に十年を費やした。

この塔の特徴は五間四面にして初重と二重との間が方形をなす。

今日この形式の遺構は本邦唯一であり国指定重要文化財たる所以。高さは24.168mある。

第70番札所 本山寺

71番から逆打ちして70番札所・本山寺へ。

Photo_2

↓ 仁王門

Img_7451

五重の塔は「平成の大改修」中だった。

Img_7454

2

おん あみりとう どはんば うん ぱった 

そわか

70

第71番札所 弥谷寺

今年正月早々から、次男の運転慣れの特訓。

むやみに車を走らすのも芸がない。

そこで、長男夫婦の安産祈願を兼ねて香川県内の四国八十八箇所霊場を巡る事にした。

1月2日一日目、第71番札所”弥谷寺”へ。

22

↓ 本堂

Img_7441

↓ 大師堂(納経所もこの中にある)

Img_74481

↓ このお寺にある修行大師御尊像は、歩き出してしまいそうなお姿。

Img_7434

Img_7427

Img_7447

このお寺、とにかく階段が多い。

国指定史跡「天霧城跡」の看板ありて、途中まで足を進めたが日を改める事にした。

Img_7445

Photo

おん ばざら たらま きりく

71

金剛峯寺

高野山は金剛峯寺の山号とか。

金剛峯寺は真言宗の総本山としての高野山全体と同義。

Img_7391

↓ 金剛峯寺の前の通り

Img_7410

↓ 寺院の中

Img_7394

Img_7401

この日は大晦日にて拝観料が無料だった。

勿論ここでも納経してもらった。

Photo

高野山

高野山に行くのは、これで2回目。

最初は現役の頃、会社の同僚とバイクで行った。

オートバイの中型免許を取り、400ccのカワサキオートバイを購入してライダー気取りだった。

もう遠い遠い懐かしい思い出。

高野山のロッジで一泊したような記憶があるが定かでない。

途中山路で急カーブとスピードの出し過ぎで、転倒した記憶もあるが・・・???。

今回は息子の免許取りたての練習運転を兼ねる高野行き。

いやいやもう一つ大事な目的があった。

四国八十八箇所参りが結願して、そのお礼参りに行かな行かなと思いながら、もう15,6年経ち、ずっと気になっていた。

八十八ヵ所を巡り終えた同行二人の報告と感謝の気持ちをお大師様にお伝えするためだが、遅すぎた。

でも行かないよりはマシと思って。

お礼参りする真言宗総本山金剛峯寺や奥の院は、和歌山県伊都郡高野町にある周囲を1,000m級の山々に囲まれた標高約800mの平坦地に位置する。

高野山についてネットより、

平安時代の弘仁7年(816年)に嵯峨天皇から空海(弘法大師)が下賜され、修禅の道場として開いた日本仏教における聖地の1つ。

現在は「壇上伽藍」と呼ばれる根本道場を中心とする宗教都市を形成している。

山内の寺院数は高野山真言宗総本山金剛峯寺(山号は高野山)、大本山宝寿院のほか、子院が117か寺に及び、その約半数が宿坊を兼ねている。

恥ずかしながらお礼参りは金剛峯寺でするものと思っていた。

それで、金剛峯寺より先に行った奥の院で納経帳に印をもらう時、

四国八十八箇所巡りの奥の院では押印するページが番外なので、それと同じと思い込んで

『どこか空いてるページに御朱印お願いします』と帳面を差し出した。

すると、窓口にいた僧侶が少し軽蔑したような眼差しで私の顔をまじまじと見た。

良くは聞き取れなかったが、

巡礼しておきながらこんな基本的な事もこいつは知らないんだ~

みたいな事を言われ、またまた恥をかき、またまた勉強になった。

『ここですよ! ほら納経帳の一番最初のページにあるでしょ! 』 と。

へぇ~知らなんだ! へぇ~知らなんだ!

↓ 奥の院

Img_7379

↓ 手前の橋は御廟橋

Img_7378

この橋を渡ると弘法大師空海御廟への霊域となる。

この橋は36枚の橋板で出来ているが、橋全体を1枚として計37枚と数え、金剛界37尊を表していると言われ、橋板の裏には仏を表す梵字が刻まれているらしい。

古くから、お大師様が参拝する者をこの橋までお迎え下さり、帰りはお見送りして下さると信じられている。

従来木の橋だったが、今は木橋を模した石橋とか。

↓ 納経所

Img_7386

↓ 奥の院への道

Img_7388

Img_7387

奥の院への参道には織田信長、豊臣秀吉、武田信玄などの歴史に名を残している戦国武将や名立たる武士、著名人などの墓所や基碑が所狭しと並んでいる。

12

↑ 黒矢印(一の橋)からオレンジ矢印(奥の院)まで約2Km(表参道)

Photo_2

より以前の記事一覧