Jou光

  • 親父
    彼は子供の時から絵が上手いと、親の欲目で思っている。目の前でさらさら描かれると、ついつい感嘆してしまう。世の中いっぱい絵の上手い人はいるが、この道で飯が食えるのはスポーツ選手と同じで極一部。でもとにかく趣味でも良いから絵を描くことは続けて欲しいと願っている。

春爛漫

  • ぼけの花
    柿茶の里は徳島県美馬郡つるぎ町に位置する。柿の葉の生産農家へ毎年春と秋に行く。春はことさら美しい。桜が咲き乱れ山の木々が新緑に包まれる。澄んだ青空に身も心も洗われる気がする。

アユタヤ遺跡

  • Pict0266
    1491年に建てられた王族の守護寺院。3つの大きな仏塔には、ラーマティボディ2世と父、兄の遺骨が納められています。 寺院ではありますが僧は居住せず、王の礼拝堂として王族の儀式に使用されていました。この寺院もまた、1767年ビルマ軍により破壊され、16mあったという金で覆われた仏像も金を奪われた後、壊されてしまいました。

暁の寺院 タイ

  • Pict0350
    トンブリ王朝時代の守護寺で最高位の寺院とか。きらきらと輝く陶器の破片に覆われた高さ約79mの大仏塔は、ラマ3世により5年がかりで改装された。朝日を浴びた大仏塔の神々しい姿が”暁の寺”の名前の由来。

ワット・ヤイ・チャイ・モンコン

  • Pict0201
    セイロンへの留学から戻ってきた僧侶のために、1357年初代王ウー・トーンが建立しました。仏教寺院は瞑想の場として使用されていました。現在も多くの仏教徒が訪れ、週末は観光客でにぎわいます。

水上マーケット

  • Pict0116
    ダムナン・サダックの水上マーケット。その昔、”東洋のベニス”と言われたバンコクでは、日常的商取引には運河が利用されてきた。水上マーケットは、古き良き時代の情緒溢れるバンコクの生活を体感させてくれる。 

2008年7月 タイ王宮

  • Pict0429
    白壁に囲まれた20万㎡の敷地内には、1782年に建設された国王の宮殿、即位式の建物、王室守護寺院のエメラルド仏寺院などチャクリー王朝歴代の王により建造・改築された建物が建ち並んでおり、ラマ8世までは実際にここに住まわてていたとか。

涅槃寺

  • Pict0386
    タイ語で Wat Pho(ワット・ポー)と呼ぶこの寺は、ラマ1世が建立したバンコク最大の境内を持ち、バンコク最古の歴史を持つ寺院。本堂には写真のようなリクライニング・ブッダの愛称で親しまれている寝釈迦仏が横たわる。足の裏には螺細細工でバラモン教における108の宇宙観が表現されていると言う。

最近のトラックバック

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

金魚

  • 金魚

ウェブページ

お寺へ旅たび

84番 屋島時

この寺は唐の僧・鑑真和上 過海大師が開創の基を開き、その弟子・恵雲律師空鉢(クウハツ)

と号した人が初代の住職になったと伝えられ、初めは律宗であったが弘法大師が真言宗に

改めたお寺。

Dsc07784
20240301-135422

↓ 境内

Dsc07787Dsc07788

境内にあるタヌキ像

Dsc07789

屋島のタヌキは太三郎狸、禿狸 等と呼ばれ、佐渡の団三郎狸、淡路の芝右衛門狸と並んで、
日本三大狸に数えられている。

86番札所 志度寺

さて次は86番・志度寺へ。

Dsc07781 Dsc07778

山門にどでかいわらじが奉納されている。写真右が本堂。

推古天皇33年(625)の年に薗子という尼が霊木で本尊を彫り、お堂を建てたのが

この寺の始まりです。

その後、天武天皇10年(681)の年に藤原不比等が妻である海女の墓を建立して「死度道場」

と名付けました。 

20240301-134746

長尾寺

2023年は弘法大師 御誕生 1250年の年。

それを記念して88ヶ寺では、納経帳に従来とは違う判(スタンプ)を押してくれる。

↓ 例えば長尾寺の場合はこんなスタンプ

20240227-140511

香川県の東ではこの判をもらってないお寺は86番・志度寺と87番・長尾寺と84番・屋島寺。

まず87番札所・長尾寺へ行ってきた。

Dsc07771Dsc07773

ウキペディアによると、

寺伝によれば天平11年(739年行基が当地で楊柳に霊夢を感じ、その木で聖観音菩薩像を刻み、
堂宇に安置したのが始まりとされ当時は法相宗とされた。

なお、寂本の『四国偏礼霊場記(1689年刊)』には、聖徳太子が創建し、本尊聖観音菩薩像は
空海作で同時に阿弥陀如来を造り当寺を再興したとなっている。

お寺の中にはたいてい神社があって神様を祀っている。

ここには長尾天満自在天神宮があった。

Dsc07775

説明看板に曰く、

平安時代、この寺に明印という名僧がいた。讃岐国司であった菅原道真公と親交が厚く

延喜二年(902年)道真公が九州へ左遷の時、志度浦に出て「不期天上一円月 惣入西方万里雲 」

の詩を贈って心を慰めた。道真公もまた詩と自画像を明印に与え、別れを惜しんだが、後にこの

古事により宝永七年(1710年)天満自在天神宮として建立、当山鎮守として祀られている。

7番札所 十楽寺 at 徳島県

7番札所 十楽寺

十楽寺(じゅうらくじ)は徳島県阿波市土成町高尾法教田にある高野山真言宗の寺院。

本尊は阿弥陀如来坐像、脇侍は観音菩薩立像と勢至菩薩立像で3躰とも鎌倉期の作と云われている。

本尊真言:おん あみりた ていぜい からうん

7_20230615152301

7_20230615152601777

 

「如実知自心 」を調べてみた

仏教に「如実知自心(にょじつちじしん)」という言葉があります。

この言葉は、自分自身のこころをありのままに知ることを意味しています。 

空海のお言葉に「慈悲とは人を平等に扱う心である」を意味する《抜
苦与楽》という語句があります-性霊集巻第六-
仏の心は慈(いつくしみ)と悲(あわれみ)の二つであるといいます。
大慈は人々に楽を与え幸福へと導く「与楽」
大悲は人々の苦しみを抜く      「抜苦」
今現在社会が厳しい状況下の中、時空を超えてお大師様のお教え
を胸に刻むことで苦しみは柔らぎ、必ずや生きていく楽しさが感
じられることでしょう。 

記念カード 西河健太 氏作 絵の番号「51」

5-29

温泉湯治の利益を伝る

大師は諸国を巡って井戸 ため池 道路 橋を作り温泉湯治の利益を伝えられた

↓ お姿

7_20230710123301

菩提樹の花

四国霊場85番札所 ・八栗寺へ行ったら菩提樹の花が見ごろを迎えていた。

ラッキー ♪ ♬ ♪

菩提樹がどんな木かも知らない・・・まして花が咲くことも知らない・・・。

菩提樹といえばお釈迦様がこの樹の下で悟りを開いた・・・とは知っている。

菩提は、サンスクリット語ボーディの音訳で「悟り」を意味すると書いてあった。

Photo_20230619105101 2_20230619105201

黄色い小さな可憐な花がたくさん咲いていた。

ボダイジュはシナノキ科の落葉高木。

この寺の木は樹齢約50年、高さ約10メートルと立派。

お遍路でお釈迦さまに縁のある菩提樹に会えるのは幸せ。

3_20230619112601

黄色い矢印が菩提樹

今日は何かいいことあるぞぅ~。

6番札所 安楽寺 at 徳島県

6番札所 安楽寺

安楽寺は徳島県板野郡上板町にある高野山真言宗の寺院。

温泉山(おんせんざん)瑠璃光院(るりこういん)と号する。

本尊は薬師如来。

本尊真言:おん ころころ せんだりまとうぎ そわか

6_20230615131701

6_20230615145701666

「如実知自心 」を調べてみた

仏教に「如実知自心(にょじつちじしん)」という言葉があります。

この言葉は、自分自身のこころをありのままに知ることを意味しています。 

弘法大師が一番大切にされた大日経というお経に「菩提というは
実の如く自心を知るなり」(如実知自心)とあります。
そして弘法大師は、無上正等覚(悟り)の根本とは何か、これを
一言でいうと「如実知自心」である―と説かれています。
そして、四国遍路の目的も行き着くところはこの「如実知自心」
の一言に尽きます。
それは今の言葉に直しますと、「本当の自分を知る」、そして四国
遍路は「本当の自分探しの旅」ということになります。
生まれてから今までの殻を一度捨てて(舎心)、本当の自分に脱皮
すること、これを「菩提」といい、この「菩提」の完成を「涅槃」
といいます。四国八十八ヶ所は胎藏曼荼羅の「発心」(阿波)、「修行」
(土佐)、「菩提」(伊予)、「涅槃」(讃岐)の道場であります

記念カード 西河健太 氏作 絵の番号「51」

5-29

温泉湯治の利益を伝る

大師は諸国を巡って井戸 ため池 道路 橋を作り温泉湯治の利益を伝えられた

↓ お姿

6_20230615145001Photo_20230619101201

5番札所 地蔵寺 at 徳島県

5番札所 地蔵寺

地蔵寺は、徳島県板野郡板野町羅漢にある真言宗御室派の寺院。

無尽山(むじんざん)荘厳院(しょうごんいん)と号する。

本尊は地蔵菩薩(延命地蔵)と、その胎内仏の地蔵菩薩(勝軍地蔵)。

本尊真言:おん かかかびさんまえい そわか

5_20230615125501

5_20230615125801555_20230619084801

「発心」を調べてみた

発心は「発菩提心(ほつぼだいしん)」の略で、菩提心を発(おこ)すことです。

菩提は、サンスクリット語ボーディの音訳で「悟り」を意味します。

つまり仏道修行者が、出家したりして修行を始めるときに「悟りを得るまで修行する」ことを決意する事。 

記念カード 三好 未来 氏作 絵の番号「29」

5-29

㉙ 温泉湯治の利益を伝る

大師は諸国を巡って井戸 ため池 道路 橋を作り温泉湯治の利益を伝えられた

↓ お姿

5_20230615131001

4番札所 大日寺 at  徳島県

4番札所 大日寺

大日寺(だいにちじ)は徳島県板野郡板野町黒谷にある東寺真言宗の準別格本山。

山号は黒巌山(こくがんざん)、院号は遍照院(へんじょういん)と号する。

本尊大日如来 

4_20230615115401

光明

4_20230615115601444

「光明」を調べてみた

光明(くゎうみゃう)とは、仏が発する光で、大乗仏典では智慧や慈悲の象徴として、瞑想中の全身から光明を放つ場面が描かれる。

転じて「光明を得た」といえば比喩的に覚ったことを表すこともある。

『倶舎論』によると自ら光を発するもの(太陽など)を光といい、その光を反射するもの(月など)を明という。

記念カード 髙橋佑桜水 氏作 絵の番号「10」

3-45

⓾ 儒学を志すも仏典学ぶ

この頃大師十八才 儒学 を志し広く経史 の典籍 を学ぶも仏道の道を秘かに思う

↓ お姿

4_20230615120401

3番札所 金泉寺 at 徳島県

3番札所 金泉寺

金泉寺(こんせんじ)は、徳島県板野郡板野町にある高野山真言宗の寺院。

亀光山(きこうざん)釈迦院(しゃかいん)と号する。

本尊は釈迦如来で、脇侍に薬師如来・阿弥陀如来を安置する。

3_20230614163301

天朗則垂象

Photo_20230614163501333_20230619084301

「天朗則垂象」を調べてみた

人感則含筆。 『三教指帰』弘法大師若き日の出家宣言書とされる歴史的な著作の書き出し部分からの引用。

四六駢儷体と言う流麗な漢文体を駆使されて、中国南北朝時代 の昭明太子によって編纂された詩文集「文選」から的確な引用が 多くみられ、漢文学に対する深い理解を証明される著作でもあります。

その書き出しに、『文章が書かれるには理由があります。 天が朗 らかに晴れ渡っているときは、吉凶をあらわす象を垂れ、人が何 かに感じるときには筆を取るものです』

文之起必有由。天朗則垂象。人感則含筆。 
『三教指帰』弘法大師若き日の出家宣言書とされる歴史的な著作の
書き出し部分からの引用となります。
 四六駢儷体と言う流麗な漢文体を駆使されて、中国南北朝時代
の昭明太子によって編纂された詩文集「文選」から的確な引用が
多くみられ、漢文学に対する深い理解を証明される著作でもあり
ます。
 その書き出しに、『文章が書かれるには理由があります。天が朗
らかに晴れ渡っているときは、吉凶をあらわす象を垂れ、人が何
かに感じるときには筆を取るものです』
 大師御自身の若き日のご修行から得心された出家への動機を、
天地自然が齎す現象になぞらえながら、奈良の都の官吏の道から、
山野の自然に身を置く修行者となる決意は不退転の強いものであ
ると宣言されています。
 その決意は天地自然による現象と同じで「人知を超え、天命と
ご理解下さいますよう」とご両親への報告の一文でもあると思慮、
理解をしています。

記念カード 西村飛馬 氏作 絵の番号「45」

3-45

㊺ 西域のみかん天皇に献上

大師は唐 から持ち帰ったみかんを乙訓寺 で栽培 実を摘み嵯峨天皇に献上された。

↓ お姿

3_20230615113401

2番札所 極楽寺 at 徳島県

2番札所 極楽寺

極楽寺(ごくらくじ)は徳島県鳴門市にある高野山真言宗の寺院。

日照山(にっしょうざん)無量寿院(むりょうじゅいん)と号する。

本尊は阿弥陀如来。

2_20230614161901

2_20230614162402222_20230619084001

「慈悲喜捨」の意味をネットで調べてみた。

無限で平等であることを中心とする仏教思想の中に「四無量心」という言葉の教えがあります。

この教えは、慈・悲・喜・捨という4つの心の働きを持つことで無限の愛を手にして自然界の全てのものと平等になるという考えを表していますが、具体的にどのような教えであるのかを知っていて説明できる方はそう多くはないようです。

慈悲喜捨という言葉を分かりやすく説明すると次の通りです。
「他人の幸福を望み(慈)、他人の不幸を取り除き(悲)、その仕事に満足し(喜)、とらわれることがない(捨)」


私達は人生の中で様々な問題に直面し、その都度それらを解決する為に悩みます。

例えば悩んでいる時、誰かがそばに来てくれ、相談に乗って頂き、自分の事のように悩んで下さり、

適切なアドバイスを頂き、問題が解決したことを共に喜び合ったという経験がある方も少なくないでしょう。

このような行動が慈悲喜捨という四つの言葉であり、仏陀の教えです。
この行動は、損得勘定や利害を抜きにしなければできません。しかし誰でも実践できる教えです。

お大師様も困っている方に対して、この教えを実践し続けてこられた方でもあります。

お大師様の足跡を歩かれるお遍路さんも同じく実践をして頂きたく存じます。

ご自身だけでなく、全ての人々が幸せになる世の中になりますように。

記念カード 髙田萌々子 氏 作 絵の番号「8」

2-8

阿刀大足に漢籍を学ぶ

大師は叔父 の伊予親王の学士阿刀大足 のもと大学入学のため漢籍 を学ばれた。

↓ お姿

2_202306151059012_20230727090701

より以前の記事一覧