Jou光

  • 親父
    彼は子供の時から絵が上手いと、親の欲目で思っている。目の前でさらさら描かれると、ついつい感嘆してしまう。世の中いっぱい絵の上手い人はいるが、この道で飯が食えるのはスポーツ選手と同じで極一部。でもとにかく趣味でも良いから絵を描くことは続けて欲しいと願っている。

春爛漫

  • ぼけの花
    柿茶の里は徳島県美馬郡つるぎ町に位置する。柿の葉の生産農家へ毎年春と秋に行く。春はことさら美しい。桜が咲き乱れ山の木々が新緑に包まれる。澄んだ青空に身も心も洗われる気がする。

アユタヤ遺跡

  • Pict0266
    1491年に建てられた王族の守護寺院。3つの大きな仏塔には、ラーマティボディ2世と父、兄の遺骨が納められています。 寺院ではありますが僧は居住せず、王の礼拝堂として王族の儀式に使用されていました。この寺院もまた、1767年ビルマ軍により破壊され、16mあったという金で覆われた仏像も金を奪われた後、壊されてしまいました。

暁の寺院 タイ

  • Pict0350
    トンブリ王朝時代の守護寺で最高位の寺院とか。きらきらと輝く陶器の破片に覆われた高さ約79mの大仏塔は、ラマ3世により5年がかりで改装された。朝日を浴びた大仏塔の神々しい姿が”暁の寺”の名前の由来。

ワット・ヤイ・チャイ・モンコン

  • Pict0201
    セイロンへの留学から戻ってきた僧侶のために、1357年初代王ウー・トーンが建立しました。仏教寺院は瞑想の場として使用されていました。現在も多くの仏教徒が訪れ、週末は観光客でにぎわいます。

水上マーケット

  • Pict0116
    ダムナン・サダックの水上マーケット。その昔、”東洋のベニス”と言われたバンコクでは、日常的商取引には運河が利用されてきた。水上マーケットは、古き良き時代の情緒溢れるバンコクの生活を体感させてくれる。 

2008年7月 タイ王宮

  • Pict0429
    白壁に囲まれた20万㎡の敷地内には、1782年に建設された国王の宮殿、即位式の建物、王室守護寺院のエメラルド仏寺院などチャクリー王朝歴代の王により建造・改築された建物が建ち並んでおり、ラマ8世までは実際にここに住まわてていたとか。

涅槃寺

  • Pict0386
    タイ語で Wat Pho(ワット・ポー)と呼ぶこの寺は、ラマ1世が建立したバンコク最大の境内を持ち、バンコク最古の歴史を持つ寺院。本堂には写真のようなリクライニング・ブッダの愛称で親しまれている寝釈迦仏が横たわる。足の裏には螺細細工でバラモン教における108の宇宙観が表現されていると言う。

最近のトラックバック

2022年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

金魚

  • 金魚

ウェブページ

旅に出よ

シュノーケリング

加賀さん夫妻に誘われて海に潜った・・・と言うより浮かんできた。

場所は長浜ビーチ、遠浅の海。

スノーケル、マスク、足に装着するフィン等の使い方を教えてもらい、早速海へ。

↓ 熱帯魚の泳ぐ3次元の美しい海の世界が広がっていた。こんな風景見たの初めて。

Umi21 Umi211 Umi2111 Umi21115

スノーケルから時々海水が入ってきて、息ができなくなる。

そんな時、足が底に届かないとパニックになる。

そして大量の海水を飲み込む事になりかねない。私も少々塩水の洗礼を受けた。

足をつける時はぐるっとひっくり返り、後ろ向きにならないと立てない。

前向きでは足のフィンが邪魔になりなかなか立てないし、立てても前のめりに海中にすぐ沈む。

そんな事も教えてくれないと分からないし、知らないと一大事になる。

シュノーケリング中に若い女性が溺れた話も聞いている。

まして古希を過ぎた私にとって、油断は禁物。

恐る恐るゆっくりゆっくり慣れるまで慎重に行動する。

沖に行くほど魚の種類も数も多くなる。

水族館でみる光景がガラス越しじゃなく眼下に広がるのが何と新鮮な事か!

加賀さんが持ってきた”フ ”を手のひらに置くと魚たちがつつきにくる。

小鳥が手のひらの餌をついばむように。

あっという間に時間は過ぎて初体験は終わった。実に楽しい経験となった。

加賀さん、ありがとうございました。

瀬底島一周道路

2022年4月12日開通

長い間工事をしていたのがやっと完成。おめでとう ございます!

瀬底一周道路でブログ記事を書こうと思っていたら、現地の民宿「やどかり」の松本さんに先を越された。

20224

で、せめて工事中の写真を掲載

Img_4709 Img_4714

Img_4734 Img_4745

Img_4757 Img_4808

斎場御嶽(せーふぁうたき)

沖縄県南城市にあるこの御嶽は2000年12月に「琉球王国のグスク及び関連遺産」のひとつとしてユネスコ世界文化遺産に登録された。

ちなみに関連遺産とは「今帰仁城跡」「座喜味城跡」「勝連城跡」「中城城跡」「首里城跡」「園比屋武御嶽石門」「玉陵」「識名園」「斎場御嶽」

パンフから ↓

御嶽とは奄美諸島から宮古・八重山にいたる南西諸島に広く分布している「聖地」の総称。

ここ斎場御嶽は琉球王朝時代に王府が整備した国家的な宗教組織との関連が深い格式の高い祭祀場で、琉球開びゃく伝説に登場する琉球王国最高の聖地。

琉球国王や聞得大君の聖地巡拝の行事を今に伝える「東御廻り(あがりうまーい)の参拝地として今も多くの人々から崇拝されている。

御嶽の中には6っの神域・イビがあり、琉球国王はこの6カ所を参拝しながら国家繁栄・安寧・五穀豊穣・航海安全などを神に祈願した。

王国時代、国家的な祭事には聖なる白砂を「神の島」と言われる久高島から運び、御嶽に敷き詰めた。

最も大きな祭事が琉球最高神女である聞得大君(きこえおおきみ)の就任儀式「御新下り(おあらうり)」だったという。

↓ チケット売り場

Img_5128 Img_5131

↓ 入口を入ると小部屋に案内され、そこで御嶽の説明を聞かされた。

Img_5133

↓ 御嶽全体図

Photo_20220408111001

↑ 地図の現在地と書いてある所が参道

この参道は琉球王国時代の頃に行われた国王による聖地巡拝の儀礼である「東御廻り(アガリウマーイ)」の際、待垣泊から斎場御嶽へ向かう道として使用されたと言われ、参道の中腹にウローカーという井泉があり、そこで禊ぎを行った後、御嶽の入り口である御門口(ウジョウグチ)へ向かった。

↓ 参道

Img_5138
↓ 行幸の風景

Photo_20220408112101

↓ 久高島遥拝所

琉球王国の絶対的な存在である国王は太陽であり、その太陽があがる方向にある久高島は東方楽土ニライカナイへの「お通し(遥拝)」所として沖縄各地で崇拝されている。

↓ 左が拝所 右が久高島

Img_5140 Img_5198_20220408112701

↓ 御門口(うじょうぐち)

Img_5144

御嶽の入口で神社で言えば拝殿にあたる所。琉球最高の御嶽ゆえにここから入場できるのは王府関係者のみ。右側には御嶽内にある六っの拝所を示す香炉が置かれ、一般の人はここで御嶽の中に向かって拝んだとの事。

↓ 三角形の空間の突き当り部分は三庫理(サングーイ)、右側の岩の上がチョウノハナの拝所で、いずれも首里城内にある場所と同じ名前が付  けられている。

Img_5183_20220408114201

↓ 残念ながらこの中は立ち入り禁止になっていて入れない。残念!!

Img_5187

↓ 奥の壷がシキヨダユルアマガヌビー、手前の壷がアマダユルアシカヌビーと呼ばれ壷の中には鍾乳石から滴り落ちる水が入っている。

この水は神聖な水でそれぞれが中城御殿(国王の世子)と聞得大君御殿の吉兆を占うとともに、お正月の若水とりの儀式に使われる霊水で、一般人は触れることは許されない。

Img_5176 Img_5178

↓ 全体図

Photo_20220408132001 

Photo_20220408134101 

安波のサキシマスオウノキ

サキシマスオウノキはマングローブなどの湿地帯に生える常緑樹。

その根がすごい! ↓ は国頭村安波のサキシマスオウノキ

Img_4310

沖縄県指定の天然記念物で、指定当時は分布の北限として指定された個体群で最大樹高10~15m,根の高さ1m前後。

樹齢は200年をこえると言われている。

ぶながや

↓  大宜味村の道の駅へ行ったら沖縄の伝説の精霊・キジムナーとそっくりな『ぶながや』と書かれた看板を発見。

Img_4268

看板に曰く、

「ぶながや」は平和と自然を愛し、森や川の恵みを巧みに利用し、時折私たちにその姿を見せてくれる不思議な生き物である。

第二次世界大戦以前は沖縄のほとんどの村々で暮らしていた「ぶながや」たちは、激しい戦禍と基地被害、戦後復興の近代化に耐えきれず、かってのふるさとを離れ20世紀最後の安住の地を求め、豊かな自然と人々の肝清らさ(ちむちゅらさ)にひかれ、大宜味村に命を永らえるようになったという希少種族である

ちなみにキジムナーの肖像画は ↓

Img00889_hdr_20210728135301

どう見ても同じ顔、大宜味村ではキジムナーの事を「ぶながや」と呼ぶのでしょうか。

大宜味村へ

大宜味村へ行って来た。

Img_4261

↓ 道の駅「おおぎみ」

Img_4265

ここに来た目的のひとつはノニジュースを買う事。

ノニについて、Photo_20220401153501 のHPによれば、

ノニは、太平洋諸島、東南アジア、オーストラリア、インドで見られる小さな常緑樹です。

しばしば溶岩流の中で成長します。

歴史的に、ノニはポリネシアで何千年もの間、食料源として、そして薬用(通常は皮膚に塗布)として使用されてきました。

現在では、ノニは、サプリメントとしてがんの予防、感染症の予防、高血圧の治療、そのほかさまざまな症状・疾患の改善のために良いとされています。

とある。

ノニの抗がん作用については日本でも実験が行われており、がん細胞を正常細胞に変える効果が確認されたとか。

Photo_20220401143001

↓ 道の駅の近くに鳥居と祠があって、その横に滝が流れている。

Img_4269 Img_4275

↓ 滝 名前は分からない

Img_4272

来たついでに、近くのオクラレルカ畑に行ってきたがまだ花は無かった。4月上旬が見ごろ。

Img_4278

↓ その後現地から開花の写真が届いた

IMG_20220404_140654629_HDR 

 

東村 つつじ祭り

東村と言えばプロゴルファー・宮里あいさんの出身地。 

それで ↓ 東村文化・スポーツ記念館には宮里選手の功績を展示しているコーナがある。

Img_4849   

今回のつつじ祭りは、この記念館を拠点として開かれていた。

Img_4942

4.5 ha(13,500坪)に 約 45,000本のつつじが植わった「村民の森つつじ園」は1976年から造成が始まり6年余りの歳月をかけて完成した。

植え付けには老人会・婦人会・青年会・児童生徒らが自主的に参加して行われ、公園が完成した1983年には村制60周年も記念し「つつじ祭り」が開催された。

以降毎年3月には県内外から多くの観光客が訪れている。

さすがに45,000本もあると見ごたえがある。人集めのハード整備としては素晴らしい取り組みだと思う。

Img_4901 Img_4897  

私の住んでいる自治体には広い~広い~騒音緩衝緑地帯がある、花もなく木だけの何の変哲もない緑地で散歩する人がちらほら。

この緑地に人が集まってくるような魅力のあるものにしたいが、何か見ごたえのある花を人が感動するくらいたくさん植えるしかないのではないかと思っている。

Img_4919

笑味の店

笑味の店は大宜味村にある自然食を出すお店。

Img_4286

笑味の店がオープンしたのは1990年と古い。

島野菜を中心とした自給自足の生活を、幼い頃から見て育った店主が始めたお店

予約が必要でメニューは左の「くふぁじゅうしぃランチ:850円」と
右の「まかちぃくみそぅれランチ:1500円」の2種類。
「まかちぃくみそぅれ」とはお任せ下さいの意味らしい。

Photo_20220404111601 Img_4294

せっかくはるばる来たので高い方を頼んだ。

メニューは ↓

☆ 笑味の店オリジナルの炊き込みご飯 ”やんばる硬ジューシー”
☆ 玄米おにぎり ☆ 漬物 ☆ 味噌汁(ゆし豆腐,季節の野菜)
☆ ラフテー(豚バラ肉を弱火で3時間くらい煮込むと脂が40%減)
☆ 結び昆布と季節の野菜 ☆ スーネー ☆ 笑味の麺の冷製もずくのせ
☆ ゴーヤーイリチー(ゴーヤー炒めを卵で軽くとじる)
☆ スルル小(ぐゎー)のマース煮(きびなごを沖縄ならではの調理法で)
☆ サーターアンダギー・タピオカアンダギー
☆ 季節の野菜のウサチー(和え物)
☆ カスピ海ヨーグルトのフルーツソースかけ

↓ お店の中

Img_4295

都会から住み込みでこの店で働いている若い子がいて、聞くと将来都会でこんな自然食のお店を開きたいんだそうな。

夢があっていいなぁ~。

↓ 笑味の畑 ここで作った野菜を使っているらしい

Img_4290 

美味しかったです。ごちそうさまでした。

伊平屋島 その3

念頭平松のすぐ近くに「伊平屋天巌戸神社」がある。

Img_4573  

天岩戸伝説のクマヤ洞窟に関係ある神社か ?

Img_4574

↓ 念頭平松

平成28年3月1日に指定された国の天然記念物、樹齢およそ280年。

高さ8m,幅 28 m,幹の太さ 4.5m、3世紀にわたり島の歴史を見守って来た伊平屋のシンボル。

右はプロの写真

Img_4577Photo_20220401103701

この木何の木 気になる木 ~
ハワイにある日立の樹(モンキーポッド)と外観は似ているが、樹齢は130年と言うから念頭平松はその倍以上。

人間も含め、100歳を超えると神さまになると言うからこの木は神木に違いない。

この日の宿は田名区にある民宿で、あるじに聞くとすぐ近くに神社があると聞きお参りした。

↓ その名も「田名神社」

Img_4609 Img_4603_20220401095901

↓ 宿泊は ”民宿 むらどんち” 夕食と朝食付きで5,500円。

Img_4601 Img_4600

一棟貸しの民宿で広い。

冷蔵庫の中に前の宿泊者が残していった缶ビールや泡盛があって、自由に飲んでいい・・・と言う。

遠慮せずに頂き、旅の疲れも手伝ってか酔いが早くまわり早々に寝てしまった。

次の機会には伊是名島へ行きたいと思いながら・・・。

伊平屋島 その2

クマヤ洞窟から北に進むと白い灯台が見える。

Img_4448

久葉山にはビロウの木が一面を覆い独特の景観をかもし出している。

ビロウを沖縄では「クバ」と言い、それがこの山の由来か?

↓ クバの林

Img_4496

久葉山は田名区の祖先が住んでいた山と伝えられ、「琉球国由来記」には「アウサキの三崎イベ」と記され 古くから神聖な場所とされていたと言う。

↓ 島ならではの景観

Img_4509Img_4519

↓ 無蔵水(んぞみじ) 美しい夫婦愛の伝説が残る岩

Img_4528

むかし、田名村にいた若い夫婦の話。

ある夏、夫は小舟で田名岬沖へ釣りに出て、突然の暴風雨で行方不明になり、2~3年経っても帰って来なかったので村人はもう死んだものとあきらめました。

村一番の美人だった妻は再婚の縁談がひきもきらず、親もすすめましたが夫の生存を信じ、毎日沖合が見える大岩の上で帰りを待ちました。
その甲斐あって数年後夫は無事帰って来たと言うことです。

この大岩は海岸にあるのに、その岩穴に決して涸れない真水の水たまりがあり、これを無蔵水と呼んだ。

上に登れないので確認はできないが、説明看板には写真があったのでご紹介 ↓

Photo_20220331140001

愛を涸らさず待った妻の貞操をたたえ、女性たちへの教訓歌を作り残している。

大田名ぬ後に 無蔵水ぬあゆん 夫振ゆる女 ありにあみし

と。

↓ ヤヘ岩 今帰仁の軍勢から島を守ったと言われている城石

Img_4540 Img_4541

↓ 道路沿いに何故かヤギが草を食む。

放し飼いにしているの? ちゃんと家に帰れるの ?

Img_4553

↓ 山の中腹に小山の突起 ? ちょっと不思議な景色。

通り過ぎて反対から見たら大きな岩だった。

Img_4562 Img_4565

つづく 

より以前の記事一覧