Jou光

  • 親父
    彼は子供の時から絵が上手いと、親の欲目で思っている。目の前でさらさら描かれると、ついつい感嘆してしまう。世の中いっぱい絵の上手い人はいるが、この道で飯が食えるのはスポーツ選手と同じで極一部。でもとにかく趣味でも良いから絵を描くことは続けて欲しいと願っている。

春爛漫

  • ぼけの花
    柿茶の里は徳島県美馬郡つるぎ町に位置する。柿の葉の生産農家へ毎年春と秋に行く。春はことさら美しい。桜が咲き乱れ山の木々が新緑に包まれる。澄んだ青空に身も心も洗われる気がする。

アユタヤ遺跡

  • Pict0266
    1491年に建てられた王族の守護寺院。3つの大きな仏塔には、ラーマティボディ2世と父、兄の遺骨が納められています。 寺院ではありますが僧は居住せず、王の礼拝堂として王族の儀式に使用されていました。この寺院もまた、1767年ビルマ軍により破壊され、16mあったという金で覆われた仏像も金を奪われた後、壊されてしまいました。

暁の寺院 タイ

  • Pict0350
    トンブリ王朝時代の守護寺で最高位の寺院とか。きらきらと輝く陶器の破片に覆われた高さ約79mの大仏塔は、ラマ3世により5年がかりで改装された。朝日を浴びた大仏塔の神々しい姿が”暁の寺”の名前の由来。

ワット・ヤイ・チャイ・モンコン

  • Pict0201
    セイロンへの留学から戻ってきた僧侶のために、1357年初代王ウー・トーンが建立しました。仏教寺院は瞑想の場として使用されていました。現在も多くの仏教徒が訪れ、週末は観光客でにぎわいます。

水上マーケット

  • Pict0116
    ダムナン・サダックの水上マーケット。その昔、”東洋のベニス”と言われたバンコクでは、日常的商取引には運河が利用されてきた。水上マーケットは、古き良き時代の情緒溢れるバンコクの生活を体感させてくれる。 

2008年7月 タイ王宮

  • Pict0429
    白壁に囲まれた20万㎡の敷地内には、1782年に建設された国王の宮殿、即位式の建物、王室守護寺院のエメラルド仏寺院などチャクリー王朝歴代の王により建造・改築された建物が建ち並んでおり、ラマ8世までは実際にここに住まわてていたとか。

涅槃寺

  • Pict0386
    タイ語で Wat Pho(ワット・ポー)と呼ぶこの寺は、ラマ1世が建立したバンコク最大の境内を持ち、バンコク最古の歴史を持つ寺院。本堂には写真のようなリクライニング・ブッダの愛称で親しまれている寝釈迦仏が横たわる。足の裏には螺細細工でバラモン教における108の宇宙観が表現されていると言う。

最近のトラックバック

2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

金魚

  • 金魚

ウェブページ

旅に出よ

地球雑貨

読谷村に地球雑貨という店がある。2回は行ったと思うが毎回道に迷う。

今回も迷った。

調べると正確な住所は、

〒904-0305 沖縄県中頭郡読谷村都屋157-1

電話:098-956-1168

↓ 地 図 

Photo_20210730095601

主に、インド、マレーシア、インドネシア、タイ、中国、メキシコといった世界各地の雑貨や家具を輸入・販売している。

Img_10712_20210730101201

中はもちろんの事、店先にも多くの品物が並ぶ。

所狭しと並ぶ雑貨を見るだけでも実に楽しい。

↓ 店内の様子

Img_1072 Img_1073 Img_1074 Img_1075

家のフェンスに何か飾るGoodsを探しに行って、水牛の角で出来た小鳥の置物を買った。

帰りに残波岬にオープンしたレストランや土産店が入る施設に行ったが、緊急事態宣言発出中で閉まっていた。

Img_1087

↓ 1967年創業、沖縄初のドライブインレストラン「SEA SIDE DRIVE-IN」。

Img_1103

冷蔵庫の製造業者として米軍基地に出入りしていた創業者が、基地内のレストランを見てそのスタイルを気に入り、地元である恩納村にオープンした。

NHKで数年前、このドライブインを利用する人間模様を放映していた。

ここで売られているスープが安くて美味だと・・・。

私も食べたが、ほんと! うまかった。

備瀬の福木並木

美ら海水族館から少し北に行くと備瀬の福木並木がある。

↓ 赤ポイントの場所

Fukugi

↓ 並木道はこんな感じ

Img_1041

↓ 夫婦福木、2本の福木が寄り添っている事から名付けられた。

Img_1043

↑ この夫婦福木は樹齢 300年とか、夫婦円満や幸せを呼ぶといわれる。

↓ 夫婦フクギのある通りは「フクギ並木のパワースポット」らしい。

Img_1039

Img_1053

本部町備瀬区は2015年に2月9日を「フクギの日」と定め、区を「フクギの里」と宣言。

↓ その記念碑

Img_1050

↓ 並木の海側には伊江島が見える

Img_1048 Img_1026

フクギはオトギリソウ科の植物。

このフクギを並べて植えることで天然の防風林・防潮林としての役割を持たせている。

台風が多い沖縄にマッチした木と言えよう。

カンカン照りの日でも並木道に入るとひんやりして癒される。

葉っぱから何か癒し成分が降り注いでいるに違いない。

キジムナー

キジムナーってご存知でしょうか?

沖縄の道路を走っているとちょくちょく ↓ こんな像を見かける。

Img_2462

↑ 瀬底大橋を渡るとすぐの道路際にあるキジムナー

昨今のユルキャラブーム、これもそのひとつかと思っていたら、全く違っていた。

このキジムナー、由緒ある妖怪で沖縄に昔からいる火の精霊。

ガジュマルの樹に住み着いていると言う。火の精霊が何故樹に宿っているのか? 分からないが・・・。

ネット情報(Travel Book)によると、

キジムナーは火の精霊なので赤い髪をしていて、背丈は人間の子供程度。

しかし、見た目の年齢・身長など自由自在に変えられる妖怪と伝えられており、地域によって見た目の伝承が異なっている。

一般的な妖怪と異なるのは、人間の生活に溶け込んで生活しているものが多いということ。

座敷童のように、家のガジュマルの樹に住み着くと福の神として裕福になると伝えられ、沖縄の人に古くから愛されている。
キジムナーに嫌われてしまうと、反対に家が滅びるといわれてきた。

キジムナーが漁を手伝ってくれると大漁になったり農作業を手伝うと豊作になったりするとも云われる事から、漁師や農家ではガジュマルの樹は大切に育てられてきた。

↓ 壁画のキジムナー

Img00889_hdr_20210728135301

↓ ネットで見つけた すごいキジムナー

Photo_20210729101401

ちなみにガジュマルの樹は ↓

Photo_20210730102201 

ブセナ海中公園

漢字で「部瀬名」と書く。

ここは沖縄海岸国定公園の中にあり、海中公園には生物のすみ家として重要なサンゴ礁が発達している。

海中展望塔の場所はこちら ↓ 部瀬名岬の突端。

Photo_20210724113101

2_20210724113301

↓ 展望塔入口

Img00942

↓ 170 m先に展望塔がある

Img00943_20210724114101

塔内のらせん階段を降りていくと、

Img00975_hdr

のぞき窓がある。

Img00968_hdr

窓の外には豊かな魚の群れが ↓

Img00973

のろ火の神(ヌルヒヌカン)

祝女火神(ヌルヒヌカン)はウチグシク入口にあり、通称「ヌルルンチ(ノロ殿内)」ともいう。

南の方に向いて祠があり南側に鳥居が建つ。

祝女火神はノロ管轄で村落のほとんどの祭祀に拝まれる。戦前は「お宮」とも呼ばれていた。

ちなみに『ノロ』とは 祝女 と書き、琉球神道における女性の祭司の事。

Img_2495_20210416134901

Img_2497 

Img_2498 

チンガー

チンガーとは、沖縄方言で井戸を意味する。

瀬底島で『チンガー』と書かれた石柱があり近くに池があった。

Img_2485

松本さんの調べによると『チンガー』とは飲料水を貯める池の事。

現在瀬底島にあるチンガーは長年放置されていて、とても飲めるような水ではない。

そのため今は農業用水として使われている。

旧暦の9月9日にこの池の奥にある拝所で水への感謝、村落の繁栄、健康を祈願しているという。Img_2489 

↓ 池の右奥に拝所がある

Img_2488 

御嶽(ウタキ)

沖縄では「御嶽」と書かれた祠のようなものが数多くある。↓

Photo_20210415135601

↑ 瀬底島のアンチ浜にある「アンチ御嶽 」

お墓のようでもあるし見方によっては、ミニミニ神社のようでもある。

御嶽って何? 調べてみた。

御嶽は村落構成の最も重要な要素で、その位置は丘の上とか山の中腹にあり、村落もその周辺に形成されてきた。

御嶽として拝まれている所は、村をおこした先祖のお墓で 後に「御嶽」という聖域になったものが多く、村の守護神である祖霊神が祀られている所だという。

聖域の御嶽で神の鎮座する場所を「イビ 」と称し、そこには大きな岩や樹木などがあって神女以外は立ち入り禁止となっている。

「イビ 」の手前は「イビの前 」と称し、露天に石の香炉や台石が置かれている。

御嶽の近くに守護神を招いて祭祀を行う「神アサギ 」と称する広場があるが、沖縄北部ではその広場に屋根の低い東屋風の建物(祭屋という)がある所が多い。

そこは神女達が遙拝をしたり神歌を謡ったり神酒のふるまいを受けたりする場所だという。

これを読んでやっと分かった。

瀬底島にも祭屋を見かける。屈まなければ中に入れないのでどんな用途か不思議に思っていた。

↓ 瀬底島にある祭屋のひとつ

Img_2466_20210415195801

↓ 瀬底島の東の御嶽・ウチグシク

20190218_142134 

ウチグシクは「祝女火神(ヌルヒヌカン)」の東奥・ウチグシク山と呼ばれる所にあり、東側一帯は崖になっている。

ここは瀬底村落の発祥の地で、島の主要な祭祀がここで行われる事から島の中心となる祖霊神を祀る御嶽と思われている。

コーラルビュークルージング

コーラルとは珊瑚の事、その珊瑚を見に行くツアーが「コーラルビュークルージング」。

クルージングの船が出るのは「もとぶ元気村」から ↓

Img_9609

その船がこちら ↓ 船名は「 PIAZZA-1」 ピアッツァ(Piazza)は、イタリア語で広場の意味。

Img_9658

この船、船体中央部が水中に沈む構造になっていて窓から海底を見渡せる。これで瀬底島付近へ珊瑚を見に行く。

コロナの影響で客はたったの4人、船が出るのか心配したが出してくれるという。

ビューイング場所は瀬底島からほんの 100m くらいのところ。

ここにサンゴ礁があるなんて知らなかった。

↓ 色鮮やかな珊瑚ではなく全体的に灰色

Img_9725

↓ エサをやって魚を集めてくれるサービス付きだ。

Img_9744

水族館で見る魚とはまた違う海中の様を堪能し、大いにエンジョイできた。

↓ 瀬底島全景

Img_9721 

ヤンバルクイナ

沖縄県国頭村安田(あだ)にあるヤンバルクイナ生態展示学習施設「クイナの森」へ行って来た。

施設内でヤンバルクイナを飼育しているという。

Img_9780 Img_9787

ヤンバルクイナの像は沖縄で良く見かける。

その最たるものが辺戸岬にある巨大ヤンバルクイナ ↓

Photo_20210330160001

その他にも ↓

20200131_134046

こんな像ばかり見てきたから実物はニワトリよりは大きいだろうと勝手に思っていた。

だからその小さき姿に驚いた。

Img_9800

この鳥について調べてみた。

ツル目クイナ科で全長 約 35㎝,体重 約 420g、沖縄北部の国頭村,大宜味村,東村を合わせた「やんばる」と呼ばれる地域にしか生息しない天然記念物。

翼は体重に比べて面積が小さく、翼を動かす筋肉も発達していないので、ほとんど飛ぶことはできない。

その代わり100mを9秒ほどで走ることができると聞いた。オリンピックに出たら金メダル候補だ。

↓ 広いケージにたった一匹しか飼育してない。聞くとこの鳥は縄張り意識が強く喧嘩するそうだ。

Img_9802_20210331103001

ヤンバルクイナは今絶滅の危機にある。

この鳥の昔からの天敵はカラスとハブだが、もともとやんばるに生息していたから彼らが絶滅危機の原因ではない。

何が原因かと云うと、人の生活の変化に伴いカラスや捨て猫・捨て犬が増えたことと、ハブ退治のため100年以上も前に外国から那覇市に持ち込まれたマングースが北上し、やんばるまでやって来た事。

ヤンバルクイナは肉食の哺乳類がいない環境で生きてきたのでネコやイヌやマングースから上手く逃げる術を持ってない。

特に天敵のいないマングースはやんばるの生態を壊していて、それを阻止するため環境省と県はマングースの根絶を目指している。

ヤンバルクイナが安心して暮らせる環境づくりを行う施設がここと言うわけ。

石敢當(イシガントウ)

沖縄では真っ直ぐに進めなくて左右に道路が分かれる いわゆる三叉路(T 字路や Y 字路)には、必ずと言っていいほど「石敢當」の表示がある。

Img_56291

Img_5624_20210329145801

この石碑は沖縄で古くから信じられている魔物の総称・ マジムンを撃退するために置かれているんだそうな。

このマムジンに股をくぐられた者は死んでしまうという迷信がある。

マムジンの種類は様々で、動物の身なりをしたものがほとんどだが、中にはしゃもじが悪霊化したものもあるらしい。

マジムンは真っ直ぐにしか道を進めず、曲がれないので T 字路や Y 字路にぶつかると、そのまま家や庭に入ってきてしまう。

それを防ぐのが、石敢當。

そもそも石敢當とは琉球時代から交流のある、中国の福建省から伝来したもので強い武士の名前にちなんでそう呼ばれる。

何故「石敢當」を見ただけでマムジンが撃退できるのか? 

Img_5582

↑ 塀に「スイジ貝」を置いている。

これも立派な魔除けで、水を連想させることから、火にまつわる災害も避ける役目を果たすのだそう。

沖縄ではくしゃみをしたら「ハクション」でなく「クスケー」と言う習慣があるらしい。

これもマジムンから魂を奪われないための対策だという。

「クスケー」というのは、簡単に言うと「くそ食らえ」という意味で、汚い言葉でののしるとマジムンが傷付いて、魂を奪わなくなるんだとか。

石敢當の名前を見るだけで退散したり、「くそくらえ」の暴言で傷ついたりするマムジン、本当に悪霊なの???

古くから沖縄の人は魔の力を恐れ、目に見えないからこそ、いつ何時襲い掛かるかわからないと考えていました。

その結果、こうして二重・三重と対策を打ってきたのだそう。

いまなお「魔除け」文化が色濃く残っているのも、沖縄ならではなのです。

より以前の記事一覧