Jou光

  • 親父
    彼は子供の時から絵が上手いと、親の欲目で思っている。目の前でさらさら描かれると、ついつい感嘆してしまう。世の中いっぱい絵の上手い人はいるが、この道で飯が食えるのはスポーツ選手と同じで極一部。でもとにかく趣味でも良いから絵を描くことは続けて欲しいと願っている。

春爛漫

  • ぼけの花
    柿茶の里は徳島県美馬郡つるぎ町に位置する。柿の葉の生産農家へ毎年春と秋に行く。春はことさら美しい。桜が咲き乱れ山の木々が新緑に包まれる。澄んだ青空に身も心も洗われる気がする。

アユタヤ遺跡

  • Pict0266
    1491年に建てられた王族の守護寺院。3つの大きな仏塔には、ラーマティボディ2世と父、兄の遺骨が納められています。 寺院ではありますが僧は居住せず、王の礼拝堂として王族の儀式に使用されていました。この寺院もまた、1767年ビルマ軍により破壊され、16mあったという金で覆われた仏像も金を奪われた後、壊されてしまいました。

暁の寺院 タイ

  • Pict0350
    トンブリ王朝時代の守護寺で最高位の寺院とか。きらきらと輝く陶器の破片に覆われた高さ約79mの大仏塔は、ラマ3世により5年がかりで改装された。朝日を浴びた大仏塔の神々しい姿が”暁の寺”の名前の由来。

ワット・ヤイ・チャイ・モンコン

  • Pict0201
    セイロンへの留学から戻ってきた僧侶のために、1357年初代王ウー・トーンが建立しました。仏教寺院は瞑想の場として使用されていました。現在も多くの仏教徒が訪れ、週末は観光客でにぎわいます。

水上マーケット

  • Pict0116
    ダムナン・サダックの水上マーケット。その昔、”東洋のベニス”と言われたバンコクでは、日常的商取引には運河が利用されてきた。水上マーケットは、古き良き時代の情緒溢れるバンコクの生活を体感させてくれる。 

2008年7月 タイ王宮

  • Pict0429
    白壁に囲まれた20万㎡の敷地内には、1782年に建設された国王の宮殿、即位式の建物、王室守護寺院のエメラルド仏寺院などチャクリー王朝歴代の王により建造・改築された建物が建ち並んでおり、ラマ8世までは実際にここに住まわてていたとか。

涅槃寺

  • Pict0386
    タイ語で Wat Pho(ワット・ポー)と呼ぶこの寺は、ラマ1世が建立したバンコク最大の境内を持ち、バンコク最古の歴史を持つ寺院。本堂には写真のようなリクライニング・ブッダの愛称で親しまれている寝釈迦仏が横たわる。足の裏には螺細細工でバラモン教における108の宇宙観が表現されていると言う。

最近のトラックバック

2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

金魚

  • 金魚

ウェブページ

旅に出よ

瀬底島に居酒屋 オープン

瀬底島にある唯一の居酒屋は「ゆんたく」↓

Img_3928

そこに昨年新しい居酒屋がOPENした。

その名も「ちょい吞み処 49ストアー商店」 ↓

Img_3925_20220119131401

ALL 490 yen と書いてあるが おつまみ一品が490円? それともお酒も ?

コロナとて今は休業中。残念なり!

↓ やんばる焙煎工房 の建屋内にあった止り木スタイルのコーヒ店 兼 雑貨店を改装してOPEN。

Img_3923

居酒屋店主はやんばるコーヒ店の次男で東京で沖縄料理の居酒屋をしていたが沖縄へ Uターンしてきたとか。

コロナが明けるのが待ち遠しい。

 

もとぶ八重岳 桜まつり

日本で一番早く咲くさくらの祭りが毎年本部町の八重岳で開催されている。

今年は第44回目で期間は2022年1月22日から2月6日まで。

下のポスターは第38回のもの

Hana

Photo_20210803114001

祭りが始まる前から花を見にくる人は多く、私もそのひとりで1月11日に行って来た。

道路沿いに7,000本ほどの桜の木がある。

この日は三分から五分咲きくらい。

Img_4082

木によっては8分から9分咲きの木もある。

Img_4070Img_4080

Img_4076

沖縄の桜は寒緋桜 (カンヒサクラ) で ソメイヨシノのような薄ピンクの花でなく梅や河津さくらのような鮮やかなピンク色。

ソメイヨシノと全く違うのは桜吹雪が見られない事。

と言うのも、散る時はツバキの花のように花びらが付いたまま下に落ちるんだそうな。

それで花吹雪はない。花びら散る桜の木の下でお酒を酌み交わす・・・なんて光景は見られない。

この桜並木はそろそろ寿命を迎えていて本部町では2年前より保全活動の寄付金を募っている。

追伸

沖縄ではソメイヨシノの花は咲かない。そのわけはこの桜は一度寒さを経験しないと咲かない仕組みになっているとか。

ヤギ刺汁自動販売機

瀬底島にこんな自販機がお目見え。

「ヤギ専用冷凍自動販売機」が正式名称だそうな。

つい最近設置されたみたいで、今はヤギの刺身とヤギ汁しか入ってない。

設置者によると将来的に合計10品目は用意するそうだ。

Photo_20220113095801

 Photo_20220113141801

Img_4091

沖縄には「ラフテー」や「ソーキそば」などの良く知られた料理があるが「ヤギ料理」は沖縄の隠れた名物料理という。

沖縄ではお祝い事や人が集まるときに食べられることが多く、全国のマタギファンにはよく知られています。

 ヤギ肉は牛肉や豚肉に比べカロリーが 1/4と低く、タンパク質は 1.5倍 あり低脂肪の肉。一度買ってみるか・・・??

考案した仲田 睦希氏によると、

沖縄伝統のお祝い料理として愛されてきた「ヤギ肉」を多くの皆様に味わってもらい、地元瀬底島の産業の一つとして発展をさせていきたい!緊急事態宣言再発令などによる飲食店営業自粛やイベントの自粛で出荷が激減してます。感染対策にもなる冷凍自動販売機で24時間いつでもヤギ料理を食べられる自動販売機を作りたい!

そうな。

立派! 立派!

はりまや橋

日本三大がっかり名所のひとつ、他に「札幌時計台」「オランダ坂」がある。

Img02887_hdr

「土佐の高知のはりまや橋で,坊さんかんざし買うを見た 🎵」とよさこい節のフレーズにもなり
純信とお馬の恋物語でも知られているはりまや橋。

藩政(江戸)時代に堀川を挟んで商売を行っていた豪商・播磨屋と富商・櫃屋(なりや)が 両者の往来のため私設の橋を架けたことが「はりまや橋」の由来といわれている。当時は簡素な木造りの橋でした。

その後,何度か橋は架けかえられ,昭和33年には南国博覧会のため朱色の欄干になりました。
翌年歌謡曲『南国土佐を後にして』がヒットし同名の映画に映し出された朱色の欄干が全国に知られるようになりました。

その後堀川も埋め立てられましたが、現在の木造りの橋は平成5年全国から寄せられた680件の『はりまや橋に対する整備のイメージ』をもとに江戸期のはりまや橋として再現したものとか。

室戸廃校水族館

室戸で柿茶のペットボトルを製造する仕事の合間、テレビでも見た事のある廃校水族館へ行って来た。

Img02544_hdr Img02543_hdr

椎名小学校が閉鎖になり、そこを改修した「むろと廃校水族館」

2018年4月26日にオープン、室戸市の観光ジオパーク推進課が運営する。

学校らしく、開館を「登校時間」閉館を「下校時間」と記載。

4月~9月は 9:00~18:00、10月~3月は 9:00~17:00。

入ると元小学校だった証しを見せるための習字作品が展示されている。

Img02505_hdr

↓ 長い廊下には魚の種類別の水槽が並ぶ。

Img02509_hdr Img02508_hdr

↓ 骨格標本展示中の札を掲げる骸骨人

 Img02520_hdr-2

↓ 踊り場、懐かしい風景

Img02530_hdr

屋外プールは格好の水槽

Img02526_hdr

サバらしい日々

Photo_20211129150901

サバの旬は2月から3月上旬らしい。

20211201-4

門出駅

静岡県島田市横岡新田にある大井川鐵道大井川本線 に昨年11月に誕生した駅

この新駅は1985年の「日切駅」以来の新しい駅なんだそうな。

Img_3348

この門出駅誕生に合わせ、従来あった隣の駅が「五和(ごか)」駅から“合格駅”へと改称されたと言うから「そこまでやるか!」って感じ。

“合格”と“門出”、こんな縁起のいい2つの駅名は、受験生なら聞き捨てならない。

合格祈願だけでなく、商売繁盛、良縁祈願など多くの願いを叶えてくれるスポットもあるとか。

この鉄道会社はユニークで、SLやEL(電気機関車)などの観光列車を多く運転している。

大井川沿いののどかな風景の中を走るレトロな観光列車に是非乗りたいものだ。

↓ こんな電車も走っているという

Photo_20211124150901 
子供達はさぞかし大喜びするだろう。

五和駅から“合格駅” となった駅舎 ↓
Photo_20211124151801 
この鉄道沿線で見つけたポスターが私に似ているという。それがこちら↓
Img_3339
少しは似ている気もする。

寸又峡

静岡県榛原郡川根本町犬間 にある寸又峡へ行って来た。

紅葉の真っ盛り。

Map_20211124114301

雄大な大自然と渓谷の中にあり、「日本の自然百選・新日本観光地百選」に選ばれている。

温泉地としても有名で、奥井県立自然公園が源流の大間川の左岸100mの高所から湧き出す寸又峡温泉は、その昔野生の動物が寝ていた場所に湯が湧き出て発見されたと伝えられている。

明治22年に共同浴場「湯山温泉」として開発され、その後3回にわたりポーリングを試みた結果 43 ℃・540リットル/分のお湯が出た。

その源泉から温泉街まで約3.8 Kmを引き湯して現在に至っている。

美女つくりの湯・美肌よし人もうらやむ寸又の湯 が謳い文句。

↓ 入口に特別天然記念物のかもしかの像

 Img_3192

↓ 紅葉真っ盛り。

Img_3223

紅葉を見ながら寸又川の上流にかかる「夢の吊り橋」を目指す。

途中 210 mの天子トンネルを通る。

Img_3233

このトンネルに昭和43年に歴史を閉じた森林鉄道が走っていた。

今は夢の吊り橋へのプロムナードコースの一部で、天子の山を貫通している事から「天子トンネル」と呼ばれる。

冬になると寸又川上流より天子の鬼の風(龍神の風)と呼ばれる冷たい風が吹き抜け、この風に当たると無病・息災が叶うと言われている。

トンネルの出口から吊り橋へと下りが続く。

Img_3244

↓ 寸又川が大間ダムで堰き止められできたダム湖・チンダル湖は、深いブルーに染まり 赤や黄色の木々を映して絶景だった。

Img_3240Img_3242

そこに架かる夢のつり橋を渡るのは正にドラマチック。

定員10名とのことで、橋にたどり着くまでに長蛇の列 ↓

Img_3279

↓ 吊り橋全景、長さ90m ・高さ8m

 Img_3286

↓ やっと渡れる。

Img_3303

↑ この橋、かってこの地で暮らす人々の生活道として使われていた。

この橋の真ん中で願い事をすると恋が叶うと言う伝えがあり、いつしか「夢の吊り橋」と呼ばaれるようになったとか。

定員10名と言うから管理人がいて、「ハイ! 次」と交通整理があると思いきや渡る人の自主判断らしい。

Photo_20211124135301

渡り切ってからが大変だった。330段強の階段を上らねば生還できない。

ヒィヒィ言いながら何とか上の道に出た。

↓ 展望台から南アルプスの前衛の山々を見渡せる。

Img_3324

↓ 森林鉄道

Img_3325

吊り橋も含む寸又川沿いに展開する渓谷は ” 寸又峡渓谷 ”と呼ばれ、そこは深山の懐に抱かれた静かな温泉郷でもある。

紅葉が山を色鮮やかに染め、山の間から南アルプスが望まれて、大自然の迫力を感じる場所だった。

ビオスの丘

うるま市にある沖縄の自然にふれあう事ができると謳うテーマパーク。

「ビオス」とは ギリシャ語の「生命【Bios】」を意味するとか

↓ パーク内の地図

Photo_20211029120401

↓ 入口

Img_2140 Img_2145

↓ ランの花が出迎えてくれる。

Img_2149

↓ 沖縄でよくみる庭園用の樹木、名前は知らない。
  茎を垣根のように編み形よく造っている。ここまでになるのに、何年もかかったに違いない。

Img_2157_20211118134101 Img_2161

↓ 大広場

Img_2165_20211118135401 Img_2166_20211118135401

↓ 池巡り遊覧船に乗って南国庭園の木々を満喫

Img_2176Img_2196

↓ 沖縄舞踊 『四つ竹』 を遊覧船から鑑賞・・・と言うよりこんな ”踊り” とのデモに近い。

Img_2211_20211118140301

↓ ウスネオイデス(ウスネオイデスは学名、スパニッシュモスは通名、サルオガセモドキは和名)

Img_2218

こんな根もなく木からぶら下がった植物は初めて見た。

中南米が原産で、土に植えなくても育つエアプランツの仲間。

葉っぱの表面から空気中の水分を吸収して生長する不思議な生態をしている。

細い葉っぱをたくさん茂らせて天井から吊るしたり、木や板に貼り付けたりして鑑賞する。

育て方としては時々霧吹きで水をかけるだけらしい。

売店にあったが買って帰ろうとは思わなかった。すぐにダメにしそうだ。

↓ 園内を回る牛車、その牛は水牛

Img_2233

なかなか良かった。

芭蕉布

大宜味村は芭蕉布の産地としても知られている。

その芭蕉布ができるまでの工程と製品を展示している会館があった。↓

Img01849Img01846_hdr

芭蕉とはこんな植物 ↓ バナナも同じバショウ科の多年草で見た目は同じ。

Img01844

↓ 会館の中に芭蕉布の織物の展示と製造工程をビデオで見せてくれた。

Img01853_hdr

製造工程が多すぎて、良くこんな布を造り出したものだと感心させられる。

↓ 芭蕉布

Photo_20211102151401

一反の芭蕉布を織るために必要な芭蕉は200本といわれ、葉鞘を裂いて外皮を捨て、繊維の質ごとに原皮を分ける。

より内側の柔らかな繊維を用いるものほど高級。 染料などもすべて自然の素材から作られる。

100年以上の歴史を持ち、国の重要無形文化財に指定されている。

高価な芭蕉布の着物は200万円以上する。

展示即売しているハンカチほどの布も5千円以上はするから、ちょっと手が出ない。

対馬丸記念館

対馬丸記念館を訪ねてきた。

沖縄の太平洋戦争にまつわる歴史は悲しいものばかりだが、この対馬丸はその犠牲者が子供中心だったから猶更その悲嘆さがつのる。

Img_2463_20211028140201

まず疎開船・対馬丸について

1914年建造:6,754 トン、貨物船として30年間運行された後、疎開船として那覇市内 8つの国民学校の生徒や県内各地から集まった一般疎開関係者 1,661人が撃沈された時に乗船していたと言われている。

記念館の説明書きによると、

昭和19年(1944)7月7日 サイパン島の日本軍が全滅すると次はいよいよ沖縄が戦場になる危険が高くなり、政府は沖縄の子供やお年寄り女性など10万人を県外に疎開させる決定を下しました。

そして学童疎開は8月14日から9月14日まで数回にわたり実施され 5,586人の人が船で九州に向かった。

対馬丸はその中の一隻で、航海中に米潜水艦の魚雷攻撃を受け鹿児島県トカラ列島悪石島近海で撃沈され、学童784名を含む 1,484名が犠牲になった。

↓ 対馬丸

Photo_20211029114001

Photo_20211029114401

二度と戦争が起こらないようにしなければならない。

今の平和があるのは悲しい事だが先人の犠牲の上に成り立っている。

この平和を是非我々大人が守らなければならない事を再々認識させられた訪館だった。

より以前の記事一覧