Jou光

  • 親父
    彼は子供の時から絵が上手いと、親の欲目で思っている。目の前でさらさら描かれると、ついつい感嘆してしまう。世の中いっぱい絵の上手い人はいるが、この道で飯が食えるのはスポーツ選手と同じで極一部。でもとにかく趣味でも良いから絵を描くことは続けて欲しいと願っている。

春爛漫

  • ぼけの花
    柿茶の里は徳島県美馬郡つるぎ町に位置する。柿の葉の生産農家へ毎年春と秋に行く。春はことさら美しい。桜が咲き乱れ山の木々が新緑に包まれる。澄んだ青空に身も心も洗われる気がする。

アユタヤ遺跡

  • Pict0266
    1491年に建てられた王族の守護寺院。3つの大きな仏塔には、ラーマティボディ2世と父、兄の遺骨が納められています。 寺院ではありますが僧は居住せず、王の礼拝堂として王族の儀式に使用されていました。この寺院もまた、1767年ビルマ軍により破壊され、16mあったという金で覆われた仏像も金を奪われた後、壊されてしまいました。

暁の寺院 タイ

  • Pict0350
    トンブリ王朝時代の守護寺で最高位の寺院とか。きらきらと輝く陶器の破片に覆われた高さ約79mの大仏塔は、ラマ3世により5年がかりで改装された。朝日を浴びた大仏塔の神々しい姿が”暁の寺”の名前の由来。

ワット・ヤイ・チャイ・モンコン

  • Pict0201
    セイロンへの留学から戻ってきた僧侶のために、1357年初代王ウー・トーンが建立しました。仏教寺院は瞑想の場として使用されていました。現在も多くの仏教徒が訪れ、週末は観光客でにぎわいます。

水上マーケット

  • Pict0116
    ダムナン・サダックの水上マーケット。その昔、”東洋のベニス”と言われたバンコクでは、日常的商取引には運河が利用されてきた。水上マーケットは、古き良き時代の情緒溢れるバンコクの生活を体感させてくれる。 

2008年7月 タイ王宮

  • Pict0429
    白壁に囲まれた20万㎡の敷地内には、1782年に建設された国王の宮殿、即位式の建物、王室守護寺院のエメラルド仏寺院などチャクリー王朝歴代の王により建造・改築された建物が建ち並んでおり、ラマ8世までは実際にここに住まわてていたとか。

涅槃寺

  • Pict0386
    タイ語で Wat Pho(ワット・ポー)と呼ぶこの寺は、ラマ1世が建立したバンコク最大の境内を持ち、バンコク最古の歴史を持つ寺院。本堂には写真のようなリクライニング・ブッダの愛称で親しまれている寝釈迦仏が横たわる。足の裏には螺細細工でバラモン教における108の宇宙観が表現されていると言う。

最近のトラックバック

2023年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

金魚

  • 金魚

ウェブページ

旅に出よ

奄美空港

奄美空港は高松空港より立派な空港?かも。

Dsc06680

↓ 内部

Dsc06682

便数も結構ある ↓

Dsc06684

東京、大阪、鹿児島への行く便に加え、徳之島・喜界島・与論島への便もある。

プロペラ機を久しぶりにみた、島へ行く便だろうか?

Dsc06699 

あやまる岬

奄美大島の北部にある「あやまる岬」、何を謝るのか?と思って行ってみた。

碑に曰く、

奄美の乙女たちは正月になると赤・青・黄の色とりどりの糸で刺繍したきれいな手鞠で手鞠歌を歌いながら鞠つきをします。

この岬一帯のなだらかな地形が「アヤに織られた手鞠」に良く似ているところから「アヤマル」と呼ばれるようになり、それが地名になったんだろうと伝えられている。

Dsc06625

この石碑がある展望台から海岸をのぞくと遊園地があった。

Dsc06644Dsc06651

この「あやまる岬観光公園 (奄美十景のひとつ)」にある便所がめちゃキレイだった。

Dsc06654

あやまる岬がある笠利町には竜宮伝説がある。

笠利町では古来より海の彼方には恵をもたらす神の国・龍宮があり、そこから人々に幸福がもたらされると信じられていた。

これがニライカナイ伝説。

この伝説が大和の国に伝わり浦島伝説として全国に知れわたったと割れている。

奄美最北端のこの地には亀にまつわる伝説も残っており、このことから亀は神の国(龍宮)の使者である信じられている。

Dsc06677

↓ 笠利崎灯台

Dsc06675

西郷南洲翁遺跡

西郷南洲翁遺跡が奄美にある。

西郷さんが島流しされたこの地で、愛加那と結婚して暮らしたところ。

西郷さんが島を離れた後も66歳で亡くなるまで一人で暮らした家。

Dsc06728Dsc06740

Dsc06735 Dsc06733

愛加那 没後百年の記念碑より。

1837年、愛加那は龍一族の二男の娘として生まれ、少女期より芭蕉布を織りはじめ やがて村の娘たちに教えるほどの腕前となる。気丈で働き者であった。

1859年鹿児島から遠島になった西郷吉之助(隆盛)と結婚し、この家で暮らした。

菊次郎と菊草の二児に恵まれたが3年後吉之助はこの島を去り、やがて二人の子供も西郷家へ引き取られた。

その後も愛加那はこの家でひっそり暮らした生涯を終えた。

Dsc06732

ハートロック

奄美大島の北に手広海岸があって、そこに干潮時だけに現れるハート型の潮だまりがあるという。

手広海岸 ↓

Dsc06721

↓ 丁度干潮時なので行ってみた

Dsc06722 Dsc06724

案内看板の写真の方がハート型とはっきり分かる ↓

Photo_20230425112401

あまり感動もしなかったが、観光客は何人かいた。

ハブセンター

やしま屋ホテルのすぐ近くにハブセンターがあったので行ってきた。

20230313105956073_0001
ハブセンターへ行く人なんかいないだろう・・・と入ってみたら意外と客がいた。

ハブとマングースショウ・・・とあるが、それは昔の話しで今は戦いの様子をビデオを見せてくれるだけ。

マングースがハブに勝てるのは、戦いが始まるとマングースがすぐハブの頭を押さえ、咬まれないするからだ。

さすが咬まれると死んでしまう。

頭を押さえられたハブは体をマングースに巻き絞め殺そうとするが、締める力が弱いので話にならない。

ここで仕入れたハブ知識をご披露すると、

1.  ハブの生命力は強い

ハブはマムシが胎生であるのと違い卵生、生まれたばかりのハブでも成蛇と同じ猛毒がある。

1年で約40㎝になり5年もすると150㎝以上に成長する。ハブは冬眠せず年中活動する。

捕獲されたハブは体内の脂肪が尽きるまで何も食べず1年前後生きる。水の中でも6ヶ月は

大丈夫らしい。

2. ハブのオスは性器が4本もある

メスの性器も2つあり交尾は26時間以上続くという。

3. ハブの消化力は強い

ハブは自分の体温より高いものだけを食べ死んだものは食べない。

まる飲みにした獲物は毒で約一週間かけて分解しながら胃や腸で完全に消化する。

このように消化したものを脂肪質としてたくわえ、一年間の活力としている。

ハブの毒は沢山の分解酵素からなり、獲物を消化するための不可欠なもの。

ハブセンターに「ハブ酒」や「ハブ肝」など売られていたが、さすが買う気にはならなかった。

20230420132631557_0001

奄美大島 その2 ( 加計呂麻島 )

宿泊した宿は、名瀬港から歩いて10分ほどの「 やしま屋ホテル」 ↓

20230418-133642

21時ころのチェックインだったが、宿のおかみは寝ないで待っていてくれた。

4階建ての宿だが2階のフロアーしか使ってないみたいで、泊り客も私ら3人だけだった。

11時間もの船旅でひと風呂あびたいと思った。

風呂場は便所もいっしょにある部屋に、昔風のバスタブをどんと置いたようなつくり ↓

20230418-133642_20230418135101

宿泊客は久しぶりなのか、お湯がなかなか出てこない。5分ほど出しっぱなしにしておくと
やっとお湯になった。出しっぱなしで入れた水と後から出たお湯でちょうどいい加減になった。

お風呂で暖まり寝床についた。翌日はレンタカーを借りて先ずは加計呂麻島へ行くことにした。

Photo_20230419095001

加計呂麻島は奄美大島の南に位置する東西に長い島で面積 77.25 ㎢、 内95%が山林で30集落に約1,000人が暮らす島。

一緒に行った松本さんの幼なじみが、島へ渡る港町・古仁屋に住んでいるとか。

その幼なじみも一緒に島に行ってくれるという。

この島は寅さんの男はつらいよのロケ地としても知られている。

第48作 男はつらいよ 「寅次郎紅の花」で浅岡るり子がマドンナ役で登場した映画。

古仁屋の港にこんな石碑があった。 ↓

20230419-101550

↓ ロケに使った渡し舟 ”でいご丸”  

Dsc06463 

映画では船頭役を田中邦衛さんが演じていたとか。

行きは ” 源 ” という船、帰りに乗ったのがこの船だった、 ビックリポンだ。

↓ 船の中は10人乗るとほぼ いっぱい

Dsc06466Dsc06469

瀬相の港に到着。

加計呂麻島でレンタカーを借りて島めぐり、まず行ったのが島の東端にある安脚場(アンキャバ)戦跡。

↓ 弾薬格納庫

小銃,機銃の弾薬を格納するため大正9年頃に旧陸軍が構築した建物だったが、太平洋戦争時は主に旧海軍が兵器庫として活用していた。

Dsc06492

↓ 金子手崎防備衛所

Dsc06493Dsc06497

ここは 昭和16年に構築された施設で、戦時中 大島海峡に潜水艦の侵入を防ぐための防潜網並びに機雷を布設し、潜水艦の接近を監視し更に侵入した場合は機雷を爆破させる施設で、これらはすべてこの防備衛所でコントロールされていた。

案脚場から次に向かったのは、男はつらいよのロケ地・徳浜 ↓ 

Dsc06509 Dsc06510

↑  第48作 満男が愛を告白した砂浜 ↓ セリフ

Photo_20230419105801

諸鈍に ロケ記念碑があった。

Dsc06535

近くに島唄に「 ♪でいご~の花が咲きぃ~~♪ 」と歌われた 「諸鈍でいご並木」がある。

Dsc06533

樹齢300年余りの85本の並木道は5月6月に真っ赤な花で彩られるらしい。

花が咲いたらきれいだろうなぁ~と思いながら見ていた。

ちなみにネットで調べるとこんな花 ↓ いかにも南国って感じの花。

66

次に行ったのは「島尾 敏雄 文学碑公園 & 震洋艇格納壕跡」

震洋艇は全長5m,横幅1mのベニヤ板で造られたボートで、

トラックのエンジンを付けヘサキに230Kgの炸薬を搭載した特攻専用の船。

Dsc06560

名前の由来は「太平洋を震撼させる」からきている。

鹿児島県で18ヶ所、全国で114ヶ所、中国・台湾・フィリピンまで含めると146ヶ所の基地があったという。

こんな美しい島にも、悲惨な戦争の遺跡が残っているのが悲しい。

999

加計呂麻島からの眺めは実に美しい。

Dsc06548 Dsc06503

Dsc06481 Dsc06484

奄美大島 その1

2023年2月28日から3月3日迄、3泊4日で沖縄から奄美大島へ行ってきた。

沖縄から奄美まで片道11時間の久しぶりの船旅を満喫。

奄美へは飛行機で行く人が多いが、船好きの私はフェリーで行った。

↓  マルエーフェリーが運航する  A”LINE at 本部港

Dsc06228

観光シーズンでもないのでガラガラと思いきや、那覇から乗り込んでいた客が結構いた。

中でも、どこへ行くのか自衛隊が大勢いたのにはびっくり。

船内は行き先で休憩室が分かれ、奄美の部屋をのぞいてみたが閑散としていた。

沖縄から奄美へ行く客なんて少なかろうに違いない。

Wi-Fi が使えるデッキがあってパソコンを広げてお仕事の人もちらほら。

↓ 船内のロビー

Dsc06420

食堂がありメニューは限られているものの、暖かい食事にありつけるのはありがたかった。

船は本部を出航し、与論島の与論港 ➡ 沖永良部島の和泊港 ➡ 徳之島の亀徳港 を経て

奄美大島の名瀬港 に着く。ちなみにその後はどこにも寄らず鹿児島へ。

朝9時20分に出航し、奄美大島の名瀬港に着いたのは夜の8時30分頃。

途中立ち寄る港では乗客の乗り降りに加え、荷物の積み下ろしで1時間以上は停泊する。

もし本部から奄美に直行したら夕方5時には着けただろう・・・と要らぬことを思ってしまう。

↓ 与論港

Dsc06428

↓  徳之島の亀徳港 

Dsc06440

この日は到着後、ホテルへ直行しベットにもぐりこんだ。

続く

日本で一番に咲く桜

伊是名島への帰り(1月21日)、八重山の桜を見に行った。

1月22日から2月6日まで「もとぶ八重岳さくら祭り」が開かれる。

Dsc06176 Dsc06178

まだ3~4分咲きといったところか? 

沖縄では北から南へ、高所から低いところへ咲く。 だから本部町は日本で一番早く咲く。

ここの桜は淡いピンクではなく、本土の「河津桜」に似て赤っぽい。

八重岳への登り口には白い桜が咲いていた。何という品種だろう?

Dsc06169 Dsc06170

さくら祭りの前日で土曜日ともあって観光客はちらほらだった。

↓ 満開風景 ネットより借用

Photo_20230208150401

満開を見たことがないのでこれで満足しよう・・・。

西湖いやしの里 根場

富士山麓の西湖にある「いやしの里 根場」に行って来た。「ねんば」と読むそうな。

 Photo_20230208155601 Photo_20230209102701

水車小屋が受付になっていて入場料を払い中へ。

Photo_20230209130201

すぐ近くの ” 茶処 清龍亭 ” でお茶休憩。

Img00249_hdr_20230209110101

この設備は何? 記念碑によると、

1966年9月25日、台風24号による連日の雨で雨量は270㎜を記録、そこへ台風26号による記録的な豪雨が追い打ちをかけ土石流発生、一気に沢を下り根場集落を直撃した。

これにより、当時41棟あった茅葺民家のうち、37棟が全半壊して集落は消滅してしまった。

それから40年を経た2006年、災害で失われた美しい茅葺集落の原風景を復活させ、地域の歴史や文化・この地ならではの自然環境を生かした新たな観光を創出することを目指し完成したのが、20棟の茅葺家屋を中心とした「西湖いやしの里根場」。

古材を用いて当時のままの兜造りの茅葺屋根を再建すると共に、炭焼き小屋や、蚕を育てる養蚕室も再現している。

20230111131717908_0001

復活した茅葺屋根には17年の時を経て、災害前の苔生す姿を取り戻したようだ。

Img00258_hdr

↓ 5,000枚の折り鶴で造った葛飾北斎の ” 赤富士 ”

Img00273_hdr Img00272_hdr

↓ 砂防資料館 昭和41年の土石流災害を記録にとどめる資料を展示している

Img00282_hdr Photo_20230209114401

↓ 根場八幡宮(左)と四所神社(右)

Img00293_hdr Img00096_hdr

↓ 薬明神社

Img00318_20230209125001 Img00324

ここからも富士山が見える 偉大だ

Img00343

 

伊是名島へ その2

島の中の居住地はこんな感じ ↓

Dsc05933 Dsc05934

家の周りに石を積んでいる・・・防風林ならぬ防風石とでも言うのだろうか。

放牧地で牛がのんびり ↓

Dsc05941

↓ 尚円王御庭公園  左は尚円(金丸)像

Dsc05960 Dsc05955_20230207160001

この公園は尚円王 生誕 580年を記念して1995年に開園。

園内には尚円王のへその緒を埋めたと言われる「みほそ所」や尚円王が産湯をつかったと言われる「潮平井(スンジャガー)」「金丸銅像」などがある。

尚円(金丸)は1415年 伊是名 諸見の生まれ、24歳の時島を出て沖縄本島に渡り、数奇の運命を経て第二尚氏王朝の開祖・尚円王(在位 1470~1476年)となった。

↓ 園内にあった ”モモイロ・イペー」 名前は松本さんが教えてくれた。

Dsc05971

↓ 北海道には遠く及ばないが島随一の直線道路

Dsc05975 Dsc05977

↓ シラサギ展望台から見渡す風景 きれい

Dsc06018 Dsc06020

↓ 伊平屋島番所跡

Dsc06131

↓ 銘苅家(めかる家) 国指定重要文化財

Dsc06135 Dsc06137

銘苅家 は琉球王朝第二尚氏王統の始祖・尚円王の叔父を祖とする旧家で代々伊平屋島の夫地頭職を務めた。

↓ 伊是名玉御殿(たまうどぅん)

Okinawa

島の南東部に伊是名城跡があり、その山麓にある

ここは尚円王の父や親族の墓所。

幾度かの移転を経て、現在の地に改めたのは尚円王の子、三代目の尚真王。

首里の玉陵(たまうどぅん)造営後に建立されたといわれ、当時の技術を現代に伝える貴重な文化財でもある。

↓ この日泊った民宿

Dsc06144

明くる日、9時のフェリーで運天港に返って来た。

Dsc06168

これで伊平屋島、伊是名島 両島の観光が終わった。

アト、行ってない付近の島は水納島のみ。

 

より以前の記事一覧