Jou光

  • 親父
    彼は子供の時から絵が上手いと、親の欲目で思っている。目の前でさらさら描かれると、ついつい感嘆してしまう。世の中いっぱい絵の上手い人はいるが、この道で飯が食えるのはスポーツ選手と同じで極一部。でもとにかく趣味でも良いから絵を描くことは続けて欲しいと願っている。

春爛漫

  • ぼけの花
    柿茶の里は徳島県美馬郡つるぎ町に位置する。柿の葉の生産農家へ毎年春と秋に行く。春はことさら美しい。桜が咲き乱れ山の木々が新緑に包まれる。澄んだ青空に身も心も洗われる気がする。

アユタヤ遺跡

  • Pict0266
    1491年に建てられた王族の守護寺院。3つの大きな仏塔には、ラーマティボディ2世と父、兄の遺骨が納められています。 寺院ではありますが僧は居住せず、王の礼拝堂として王族の儀式に使用されていました。この寺院もまた、1767年ビルマ軍により破壊され、16mあったという金で覆われた仏像も金を奪われた後、壊されてしまいました。

暁の寺院 タイ

  • Pict0350
    トンブリ王朝時代の守護寺で最高位の寺院とか。きらきらと輝く陶器の破片に覆われた高さ約79mの大仏塔は、ラマ3世により5年がかりで改装された。朝日を浴びた大仏塔の神々しい姿が”暁の寺”の名前の由来。

ワット・ヤイ・チャイ・モンコン

  • Pict0201
    セイロンへの留学から戻ってきた僧侶のために、1357年初代王ウー・トーンが建立しました。仏教寺院は瞑想の場として使用されていました。現在も多くの仏教徒が訪れ、週末は観光客でにぎわいます。

水上マーケット

  • Pict0116
    ダムナン・サダックの水上マーケット。その昔、”東洋のベニス”と言われたバンコクでは、日常的商取引には運河が利用されてきた。水上マーケットは、古き良き時代の情緒溢れるバンコクの生活を体感させてくれる。 

2008年7月 タイ王宮

  • Pict0429
    白壁に囲まれた20万㎡の敷地内には、1782年に建設された国王の宮殿、即位式の建物、王室守護寺院のエメラルド仏寺院などチャクリー王朝歴代の王により建造・改築された建物が建ち並んでおり、ラマ8世までは実際にここに住まわてていたとか。

涅槃寺

  • Pict0386
    タイ語で Wat Pho(ワット・ポー)と呼ぶこの寺は、ラマ1世が建立したバンコク最大の境内を持ち、バンコク最古の歴史を持つ寺院。本堂には写真のようなリクライニング・ブッダの愛称で親しまれている寝釈迦仏が横たわる。足の裏には螺細細工でバラモン教における108の宇宙観が表現されていると言う。

最近のトラックバック

2023年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

金魚

  • 金魚

ウェブページ

旅に出よ

西湖いやしの里 根場

富士山麓の西湖にある「いやしの里 根場」に行って来た。「ねんば」と読むそうな。

 Photo_20230208155601 Photo_20230209102701

水車小屋が受付になっていて入場料を払い中へ。

Photo_20230209130201

すぐ近くの ” 茶処 清龍亭 ” でお茶休憩。

Img00249_hdr_20230209110101

この設備は何? 記念碑によると、

1966年9月25日、台風24号による連日の雨で雨量は270㎜を記録、そこへ台風26号による記録的な豪雨が追い打ちをかけ土石流発生、一気に沢を下り根場集落を直撃した。

これにより、当時41棟あった茅葺民家のうち、37棟が全半壊して集落は消滅してしまった。

それから40年を経た2006年、災害で失われた美しい茅葺集落の原風景を復活させ、地域の歴史や文化・この地ならではの自然環境を生かした新たな観光を創出することを目指し完成したのが、20棟の茅葺家屋を中心とした「西湖いやしの里根場」。

古材を用いて当時のままの兜造りの茅葺屋根を再建すると共に、炭焼き小屋や、蚕を育てる養蚕室も再現している。

20230111131717908_0001

復活した茅葺屋根には17年の時を経て、災害前の苔生す姿を取り戻したようだ。

Img00258_hdr

↓ 5,000枚の折り鶴で造った葛飾北斎の ” 赤富士 ”

Img00273_hdr Img00272_hdr

↓ 砂防資料館 昭和41年の土石流災害を記録にとどめる資料を展示している

Img00282_hdr Photo_20230209114401

↓ 根場八幡宮(左)と四所神社(右)

Img00293_hdr Img00096_hdr

↓ 薬明神社

Img00318_20230209125001 Img00324

ここからも富士山が見える 偉大だ

Img00343

 

伊是名島へ その2

島の中の居住地はこんな感じ ↓

Dsc05933 Dsc05934

家の周りに石を積んでいる・・・防風林ならぬ防風石とでも言うのだろうか。

放牧地で牛がのんびり ↓

Dsc05941

↓ 尚円王御庭公園  左は尚円(金丸)像

Dsc05960 Dsc05955_20230207160001

この公園は尚円王 生誕 580年を記念して1995年に開園。

園内には尚円王のへその緒を埋めたと言われる「みほそ所」や尚円王が産湯をつかったと言われる「潮平井(スンジャガー)」「金丸銅像」などがある。

尚円(金丸)は1415年 伊是名 諸見の生まれ、24歳の時島を出て沖縄本島に渡り、数奇の運命を経て第二尚氏王朝の開祖・尚円王(在位 1470~1476年)となった。

↓ 園内にあった ”モモイロ・イペー」 名前は松本さんが教えてくれた。

Dsc05971

↓ 北海道には遠く及ばないが島随一の直線道路

Dsc05975 Dsc05977

↓ シラサギ展望台から見渡す風景 きれい

Dsc06018 Dsc06020

↓ 伊平屋島番所跡

Dsc06131

↓ 銘苅家 国指定重要文化財

Dsc06135 Dsc06137

銘苅家 は琉球王朝第二尚氏王統の始祖・尚円王の叔父を祖とする旧家で代々伊平屋島の夫地頭職を務めた。

↓ この日泊った民宿

Dsc06144

明くる日、9時のフェリーで運天港に返って来た。

Dsc06168

これで伊平屋島、伊是名島 両島の観光が終わった。

アト、行ってない付近の島は水納島のみ。

 

航空写真

飛行機に乗るのは大好き。

外の景色を見るには窓際がいい。

ただ困るのはおトイレの時、だから長距離ではたいてい通路側にする。

沖縄・神戸間は何とか我慢ができる距離だ、空いていれば決まって窓側にする。

沖縄からの帰り、鳴門大橋上空を通過した時の写真 ↓

Dsc06196 Dsc06193

Dsc06195

なかなかこんな風景は日常見られない。

↓ 淡路島上空 たくさんの風力発電がある

Dsc06198

↓ 淡路島のほぼ全景

Dsc06203

↓ 沖縄へ行く時

伊平屋島

Img_4232_20230207125001

伊是名島

Img_4234_20230207125101

古宇利島

Img_4240

伊江島

Dscf3932_20230207130201

那覇空港上空

Dscf3920

なかなかいい! なかなか面白い! 飛行機はいい!

 

伊是名島へ

伊是名島へ行って来た。

Photo_20230126132201

前に伊平屋島には行った事がある。

運天港から伊是名行きと伊平屋島行きの別々のフェリーが出ている。

「フェリー伊是名 尚円」と「フェリー伊平野」。

同じ船で 運天港 ⇒ 伊是名島 ⇒ 伊平屋島 へ行けばいいものを・・・と、勝手に思う。

切符売り場は同じ建屋内にあるが、ここも北と南に別れている。

↓ 左が伊平屋行き、右が伊是名行き

Dsc05883 Dsc05886

船も、

↓ 左が伊平屋行きフェリー、右が伊是名行きフェリー

Photo_20230126131901   Dsc05898

伊平屋へ行った時、船がドック入りだったから伊是名行きのフェリーが代行していた。

だからこの船に乗るのは2度目だ。

ちなみに船の所要時間は伊平屋が 80分、伊是名が 60分。

↓ 仲田港 到着

Dsc05922 Dsc05923

「 ハブのいない伊是名島」とでかでかと書いてある。と言う事は他の島にはいるっていう事か。

レンタカーを借りて島を回る事にした。

お昼も近づいたのでまずは腹ごしらえ、フェリーで見つけた「太陽食堂」へ。

Dsc05932 Dsc05929

なかなかおしゃれなメニューだ。

「カレー麺・ジェノベーゼ・トマトスープ麺・ジャージャー麺。ねぎごはん」など等。

この島で採れた米粉を使っているらしい。

ここで伊是名島のご紹介。

伊是名村は沖縄本島の北方に位置し、総面積 15.44㎢ で無人島の具志川島・屋那覇島・降神島の島々も含む。

人口は約1,600人弱。

主な農作物はサトウキビで島内に精製所もある。水産業はモズクの養殖が盛ん。

またここは、1470年から明治に至る409年の長きにわたり琉球王朝を築いた第二尚氏王統の始祖・尚円王(金丸)生誕の地。

↓ 尚王の像

Dsc05955

沖縄本土を指さす若き尚王。

つづく

蛇 足

具志川島に、世界的なリゾート開発グループが、モルディブっぽいコテージを計画しているとの新聞記事があった。

Photo_20230127154501

ほんとにできるのかなぁ~ ???

徳 島

徳島は大学時代の4年間を過ごした思い出の地である。

当時はひたすら下宿から学校までの往復ばかりで、観光地はおろか遊園地にも行った事がない

・・・と改めて思い出した。

だから徳島駅からすぐ近くの徳島城にも行った事はない。

この城は1585年阿波の大名になった蜂須賀 家政により築城された。

城地の選定は秀吉で、築城には比叡山の僧侶や隣国の長宗我部元親・小早川隆景が協力、翌年1586年に完成した。

しかし明治の廃城令で鷲の門を除いて惜しくも解体された。

↓ 在りし日の徳島城

Photo_20221222133401

↓ 城の鬼門(北東)にあたる門が数寄屋門、別名「 不明門」と呼ばれ城内の凶事以外は開いた事がない門

Dscf4089 Dscf4093

次に向かったのは徳島大学工学部。

昔の面影は全くなくノスタルジアにしばし浸ろうとの想いは打ち砕かれた。

写真右が工学部の建物、

卒業して50年以上が経つ今 面影などないのが当たり前かも知れぬ。

Dscf4084 Dscf4087

徳島で良い事があった。

初日 泊るホテルで連れが大衆浴場が近くにないかとホテルマンに聞いていた。

たまたまクリスマスケーキを注文に来ていた女性が、その話をまた聞きして 声をかけてくれた。

「私の帰る途中にあるので乗せてってあげましょうか?」 と。

「えっ!いいんですか?」 「ぜひ是非」 「それではお言葉に甘えて・・・」

何と!親切な人

立場を変えて私なら、また聞きしても声はかけない・・・と思った。

ましてじいさん2人を女性である自分の車に乗せるなんて・・・考えられない。

でもその素晴らしい親切のおかげで、ゆったり広いお風呂に入り 山登りの疲れが吹っ飛んだ。

見ず知らずの方、本当にありがとうございました。

さすが徳島!

連れて行ってくれた「あらたえの湯」 ↓

Img00091

眉 山

2022年12月6日、一泊で徳島の眉山に登ってきました。

毎月1回のシルバー山登り会です。いつもは3人ですが今回は私と黒木さんの2人。

この会は車は使わず、電車と徒歩で行くのが決まり、たまには自転車をレンタルする。

この日は、徳島駅に着き15分ほどで眉山のふもとにたどり着いた。

↓ 登り口

阿波踊り会館の右手にある天神社の駐車場から山への階段がある

Dscf4005

山頂へはロープウエイがありその下を上る。

Dscf4009

道はこんな山道 ↓

Dscf4012

220mほどの低い山だが上りは結構急な坂道だ。

学生時代、徳島に4年もいたのに眉山へ一回も登った事がない。

680mを歩き、やっと「別格 剣山本宮」に到着

Dscf4018 Dscf4023

Dscf4019 Dscf4020

↓ 平和記念等 パダゴ(仏塔) 

Dscf4055

このパゴダは、かってビルマ戦で散華した戦友をしのび、恒久の平和を願うシンボルとして徳島県ビルマ会により昭和33年に建立された。

高さ25mの円錐形ドームのビルマ独特の様式で国内のパゴダの中では最大級。塔内には仏舎利が祀られ戦没者の英霊が奉安されている。

この仏舎利は当時の ウ・ヌー ビルマ首相から贈られたもの。塔内にはミャンマーをはじめ東南アジア各國の生活の紹介や戦争資料を展示している。

平成元年にビルマ会より徳島県仏教会に移管され現在に至っている。

↓ 展望所から見える徳島市内の風景

Dscf4031 Dscf4033

↑ 真ん中に流れる川は吉野川

↓ 展望所

Dscf4041

Photo_20221215152301 

↓ 眉山 山頂地図

Photo_20221215153001

↓ 眉山の遠景

2_20221215155601

 

広 島

広島へも何回か来たけど、市内を観光はしたことがない。

だからあの有名な原爆ドームも肉眼では見たことがなかった。

今回 初めて実物を見た。

Img00803_hdr

Photo_20221108112401Img00796_hdr

↑ 被爆前のドーム

建物の名前は「広島県産業奨励館」で爆心地から約160m。

説明書きによると、

チェコの建築家の ヤン・レツル の設計監督により1915年4月に完成し、特徴のある緑色のドームで親しまれていた。

原爆はこの建物の南東 約 160 m 離れた上空 約 600 mでさく裂したため建物は大破、館内にいた全員が即死した。

その後、原爆の惨禍を世界に伝えるとともに世界平和のシンボルとして1996年ユネスコの世界遺産に登録された。

↓ 毎年8月6日に平和の式典が行われる平和公園

Img00825_hdrImg00827_hdr

この公園は原爆死没者の慰霊と世界平和を祈念して解説され1954年に完成、

アーチの中から遥か遠くにドームが見えるように配置されている。

来てみて良かった。昼ごはんは広島焼きを食べ、帰路についた。

宮島も含め広島での2日間、やっぱり旅はいいなぁ~。

宮 島

久しぶりに来た宮島。

JR宮島口からフェリーで宮島へ。

フェリーはJRが運行する船と宮島松大汽船が運行する船がある。

と言う事は、切符は坂出から宮島口ではなく「宮島港」まで買えば良かった。

Img00596_hdr

船からも弥山が見える。

Img00597_hdr_20221107125001

Img00599_hdr

宮島は厳島ともよばれ周囲 30 Km、全島が花こう岩からできた島。

厳島の名前は神を「いつきまつる島」に由来するとも言われ、島そのものが神として崇拝されている。

厳島神社に対する平清盛一門の信仰は名高く海に浮かぶ社殿の構想もこの時に始まった。

Img00620_hdr Img00621_hdr

↓ 五重塔

Img00627_hdr

この塔は、15 世紀の仏教建築の傑作と言われる建物。

1407 年に建立され、高さはおよそ 28 メートル。

↓ 荒胡子神社(重要文化財)

Img00629_hdr

↓ 粟島神社

Img00631_hdr

商業,産業,醸造,医薬などの守護神として篤い崇敬され病気平癒・安産・家内安全・福徳開運の霊験あらたかな神様。

↓ 弥山三鬼大権現

Img00708_hdr Img00705_hdr

この日は宮島一泊とて、干潮時の鳥居が見れた。干潮時に見るのははじめて。

この鳥居、固定されてなく置いているだけ・・・で有名。

  Img00718_hdr

↓ 道祖神社(通称 幸神社)

Img00733_hdr

宮島で一泊してはじめて分かった。

18時頃を過ぎるとあれほど賑わっていた土産物店街はシャッター通りになる事。

店員は店じまいして対岸へ帰宅するみたい。

Img00731_hdr Img00764_hdr

観光客から餌をねだっていた鹿も、夕食のあてが外れ途方にくれていた。

蛇 足 

宮島は島自体が神様なので穢れとなるお墓は建ててはいけないとの事、従いここに住んでいる人のお墓は宮島口にあるそうな。

弥   山

10月度シルバー山登りは広島県の宮島にある弥山。標高 535mの神の山。

厳島神社がある事で有名な宮島。一周約30Km、面積 30.2 K㎡の島だ。

Photo_20221028103201

弥山に登るコースが3つある。

大聖院コース(地図の真ん中)と紅葉谷コース(左),大元コース(右)。

Photo_20221028120601

↓ 登りは大聖院コースをチョイス、大聖院の横を通るルート

Photo_20221028122801

1_20221105190201  

とにかく最初から階段が続く、535mの山をしかも階段ばかりの山を、頂上まで登る自信は全くなかった。

まぁ~無理をせず、途中棄権もあるべし・・・で登り始めた。

登山道入り口 ↓

Img00638_hdr

↓ ここから階段が始まる

Photo_20221106110301 Kaidann

↓ 瀧宮神社

Img00648_hdr

↓ 大聖院との分かれ道

Img00650_hdr

↓ 仁王門に到着

Img00655_hdr

この門は平成11年9月24日の台風18号で壊れ平成24年に再建、安置している仁王像は、中国四大仏教聖地のひとつ・普陀山(観音聖地)よりいただいたもので背面には普済寺道生法師の御筆による般若心経と普陀山の砂を埋め込んである・・・と説明している。

Img00657_hdr  Img00659_hdr

↓ ついに山頂に到着 やったぁ~

Img00667_hdr

登り始めて2時間はかかっただろうか。

登れないかも知れないと思いながらも頂上まで来られたのは大いに自信となった。

山頂からの風景は格別だった。

Img00668_hdr Img00676_hdr

Img00683_hdr Img00684_hdr

Img00685_hdr

↓ 山頂にある立派な展望台

Img00697_hdr

しばらく美しい風家を楽しみ、帰りは紅葉谷コースを下った。

この道も登りだったら大変なコースだ。

この日は何故か外国人の観光客が多かった。

日本人はロープウエイで上り、そこからこの弥山山頂までは来ないみたい。

ロープウエイの獅子岩駅から弥山展望台までは、下って上る急な坂。

結構急な斜面となっているから、少し『よいしょ』がいる。

天気も良く景色も良く体調も良く・・・充実感にあふれた日だった。

計画してくれた黒木さん、ありがとうございました。

2022年度四国ブロック・ユネスコ活動研究会 in 徳島

『2022年度四国ブロック・ユネスコ活動研究会 in 徳島』が2022年10月30日に徳島で開かれ、参加してきた。

場所は JRホテルクレメント徳島。

コロナ禍とは言え、行動制限も解除になり174名の参加を得て、盛大に行われた。

↓ 会場

Dscf3523Photo_20221104140001

丸亀ユネスコ協会からは荻田副会長、小久保 事務局長 他 高出さん、安藤さん,川田さん,前田 の6名が参加。

Img00870_burst01

大会テーマは【持続可能な未来をつくるため】

開催趣旨は、

「持続可能な未来をつくるため」をテーマに9年間のユネスコ活動を振り返り、その研究成果を四国のユネスコ協会の会員に発表し意見交換をする。

10時半に開幕、恒例のユネスコの歌から始まったが、コロナ禍とて参列者は心の中で

「世界は日の照る まひるになる ♬・・・世界はあかるい 苑になる・・・🎵」を合唱。

次に、徳島ユネスコ協会の会長・河内氏の挨拶に続き、来賓祝辞,主催者挨拶・講演と続いた。

Img00883_hdr

その後、徳島県の取り組みである「四国遍路」・「鳴門の渦潮」を世界遺産に登録する活動が紹介された。

この活動は午後の部で詳しく説明される。

紹介が終わり、早めのランチタイムに弦楽四重奏を聞きながら昼食。

豪華な料理を生演奏を聴きながら食べるのは至福のひとときである。

Img00885_hdr

昼食後、徳島県内の3つの学校のSDGの取組みについてパネルディスカッションがあった。

SDG活動を通した地域の活性化と伝統文化の継承、さらに未来に向けた環境保全や地域課題の解決に若い人が積極的に活動し貢献している様を知って感動! 日本の未来も捨てたもんじゃない。

と心強く思った。

特に私は、徳島科学技術学校が海部郡美波町の藻場の再生活動に2011年から取り組んでいる報告を聞いて強く印象に残った。

卒業などで学生が入れ替わっていく中、きちんと引継が行われ10年以上にわたり続いているのはすごい事。

↓ 四国ブロック・ユネスコ活動 研究発表会の様子

Img00894_hdrImg00896_hdr

発表会が終わり徳島県知事の来賓祝辞のあと、午前中にも少し紹介のあった世界の記憶遺産登録を目指し活動する市民協議会の発表がなされた。

第一次世界大戦時に捕虜になったドイツ兵との「坂東俘虜収容所」における心温まる交流を記憶遺産として残す運動である。

次に俘虜収容所の歴史の中で最も有名な「第九」を未来への扉と位置づけ活動中の「エベレスト・ザ」の活動が紹介された。

ロシアのウクライナ侵攻の終結が見えない今、ベートーヴェンが「第九」に込めた世界平和の実現をめざし、やれることをできる限り取り組む意気込みを感じた発表だった。

最後に日本ユネスコ協会連盟 プロジェクト未来遺産の活動として、

① 阿波人形浄瑠璃平成座&平成座ジュニアクラブ&川内北小学校人形浄瑠璃部による

【 傾城阿波の鳴門 巡礼歌の段 】が披露された。

Photo_20221105131401 2_20221105131501

次に、

② 未来遺産・千年サンゴ保全の取り組み が紹介され無事大会は閉会となった。

徳島ユネスコ協会は1976年に設立され46年もの歴史を持つと聞く。

さすが中身の濃い大会だった。大会関係者の開催に向けたご尽力に感謝したい。

より以前の記事一覧