Jou光

  • 親父
    彼は子供の時から絵が上手いと、親の欲目で思っている。目の前でさらさら描かれると、ついつい感嘆してしまう。世の中いっぱい絵の上手い人はいるが、この道で飯が食えるのはスポーツ選手と同じで極一部。でもとにかく趣味でも良いから絵を描くことは続けて欲しいと願っている。

春爛漫

  • ぼけの花
    柿茶の里は徳島県美馬郡つるぎ町に位置する。柿の葉の生産農家へ毎年春と秋に行く。春はことさら美しい。桜が咲き乱れ山の木々が新緑に包まれる。澄んだ青空に身も心も洗われる気がする。

アユタヤ遺跡

  • Pict0266
    1491年に建てられた王族の守護寺院。3つの大きな仏塔には、ラーマティボディ2世と父、兄の遺骨が納められています。 寺院ではありますが僧は居住せず、王の礼拝堂として王族の儀式に使用されていました。この寺院もまた、1767年ビルマ軍により破壊され、16mあったという金で覆われた仏像も金を奪われた後、壊されてしまいました。

暁の寺院 タイ

  • Pict0350
    トンブリ王朝時代の守護寺で最高位の寺院とか。きらきらと輝く陶器の破片に覆われた高さ約79mの大仏塔は、ラマ3世により5年がかりで改装された。朝日を浴びた大仏塔の神々しい姿が”暁の寺”の名前の由来。

ワット・ヤイ・チャイ・モンコン

  • Pict0201
    セイロンへの留学から戻ってきた僧侶のために、1357年初代王ウー・トーンが建立しました。仏教寺院は瞑想の場として使用されていました。現在も多くの仏教徒が訪れ、週末は観光客でにぎわいます。

水上マーケット

  • Pict0116
    ダムナン・サダックの水上マーケット。その昔、”東洋のベニス”と言われたバンコクでは、日常的商取引には運河が利用されてきた。水上マーケットは、古き良き時代の情緒溢れるバンコクの生活を体感させてくれる。 

2008年7月 タイ王宮

  • Pict0429
    白壁に囲まれた20万㎡の敷地内には、1782年に建設された国王の宮殿、即位式の建物、王室守護寺院のエメラルド仏寺院などチャクリー王朝歴代の王により建造・改築された建物が建ち並んでおり、ラマ8世までは実際にここに住まわてていたとか。

涅槃寺

  • Pict0386
    タイ語で Wat Pho(ワット・ポー)と呼ぶこの寺は、ラマ1世が建立したバンコク最大の境内を持ち、バンコク最古の歴史を持つ寺院。本堂には写真のようなリクライニング・ブッダの愛称で親しまれている寝釈迦仏が横たわる。足の裏には螺細細工でバラモン教における108の宇宙観が表現されていると言う。

最近のトラックバック

2023年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

金魚

  • 金魚

ウェブページ

日々生活の中で

10年目

今年(2023年)の1月31日で心臓を手術をしてから10年が経過した。

10年前の高知の安芸マラソンで途中しんどくなり、歩いた事が気になって病院へ行った事がはじまり。

エコー検査で心臓の冠状動脈がすべて詰まっているとの診断を受け、家に帰って入院の支度する暇さえ与えられず即入院。

バイパス手術をする事になったが、もうひとつ大動脈弁が劣化して送り出した血液の半分が心臓に逆流しているとの事。

そこでその弁も取り替えるはめになった。

その弁を機械弁にするか生体弁に置換するか?の選択を迫られ、10年は持つという生体弁にした。

何が違う ? と言うと、機械弁は半永久的だが血液サラサラの薬が欠かせない。

生体弁はその薬は不要だが寿命が10年くらいだと言う。

当時69歳だった私は10年経つと79歳、人生80年も生きれば十分と思った。

それに血液サラサラを飲み続けるのも、何となく嫌な気がした。

そして今年はその10年目。

また弁を替えればもっと長生きできるだろうが、私にその気はない。

手術では心臓を止めるため、血液を人工心臓で循環させるのは身体の負担が大きい。

前はその後遺症で、多臓器不全となり術後生死の境をさまよった。

だからもうその経験はしたくないし、もう人生これで十分と思っている。

若い時は死ぬのが怖かったから、違う選択をしたに違いない。

生体弁の寿命は人により違うと聞く。

アト2~3年は持つかも知れないし持たないかも知れない。

まぁ~それが私の寿命・・・。

人は一度は死ぬんだから。

最近、雲に興味津々。

Img00141 Img00147_hdr

Img00194_20230111121201 Img00224_hdr

Photo_20230111125501Photo_20230126101701

Photo_20230111130601  3_20230126101801

 4_202301261019014_20230126103201

Photo_20230126103501 2_20230126103501

正に雲は自然がつくる芸術作品。素晴らしい~。

牡 蠣

息子嫁の家族からお誘いを受け 牡蠣を食べさせてくれるお店に行った。

その名も「カキ小屋いし本」、丸亀市西本町にある。

Photo_20230125150101

長いこと香川に住んでいるが、こんなお店があるとは・・・ビックリぽん。

前にも鮎を食べるお店にも誘ってくれたっけ。

この時も鮎ばかり2~3匹で十分と思いきや、食べ出すと入るは入るは 20 匹以上も食べたような気がする。

倉庫のような場所で ↓ 

Photo_20230125150601

縦 50cm 横 70cmくらいの広い鉄板にアルミホイールを引き、その上に殻付きの牡蠣を並べて焼いてくれる。

Photo_20230125142101

まぁ~うまい旨い!

食べるは食べるは 一人2Kg(但し殻付きで)以上食べたんじゃないかなぁ~。

大満足の一日でした。

ごちそうさまでした。

青パト

自治会長の仕事のひとつに子供達の安全を守るパトロール業務がある。

坂出市の中央地区には20以上の自治会があるので、そこのセィフティーネットワークの一環として

会長が輪番制で業務にあたる。

写真のようなパトカーに似た車で市内を二人体制で回る。

屋根に青いパトロール灯を付けているので青パトと呼ぶらしい。

一人は運転、一人は助手席で子供たちの通学行動を見守る役目。

Img00130

パトロールの時間帯は午前7時から8時までと午後15時から16時まで。

要は小 中 高 校生の通学・帰宅時間帯に合わせているが、午後と午前ではパトロールの目的が違う

午前は文字通り生徒への安全喚起、午後はどちらかと言うと不審者へ ” パトロールしているぞ ! ” との警告。

あらかじめ車にアナウンスがセットしてあって、それを流しながら走る。

スピーカから流れる文言は「 知らない人には付いていかない ! 寄り道しないで真っ直ぐ帰ろう~ 」など。

初めて経験する私は、助手席で子供たちを見かけると手を振るしかできない。

昨年も計画があったが、中止や車のパンクで今年1月11日が初体験。

一時間で同じところをぐるぐる回った。1時間は結構長かった。

認知症

認知症は私には関係ないと思っていた。

ある程度は遺伝と勝手に思い、私の母が亡くなるまで頭はしっかりしていたから大丈夫・・・と。

毎日 寝床についた時、今日一日の行動を振り返る。

朝 7時に起床、8時に散歩で聖通寺山へ登る、その後 柿茶の会社でNPO関係の事務処理、その後・・・と言う具合に。

毎日の行動パターンが大体決まっているから、振り返るのも容易。

でもでも・・・次男が帰郷し あちこち車で88ヶ所巡りとか観光地へ行った時、行動先が多すぎるのか・・・思い出せない事に気づいた。

えっ~こんな筈じゃ・・・???

そんな時 NHKで「プレ認知症」なる言葉を聞いた。

Img00075

これに当てはまるのでは?と思い始める。

軽度なら戻れる・・・。

2023年 年賀状 

新春を迎え 皆々さまのご健康とご多幸を心よりお祈り申し上げます 

       本年も宜しくお願い申し上げます

もう厄年は全て通り越したのに 昨年は私にとっては当たり年だった

まず春先、兄弟旅行で行った豊岡で肋骨を4本も折り 24日間も異郷

の地で入院した事。二つ目は自治会の会長を嫌だ嫌だと言うのに押し

付けられ引受けた事。三つめはロシアによるウクライナ侵攻で、毎日

毎日悲惨な光景を見せられ 心が痛む事

そして世界の分断が急速に進んでいる事・・・等

でも良い事もあった。時の流れは早く初孫がもう中学校へ入学した事、

夏には長男夫婦がリモートワークでひと月ほど帰郷し一緒に暮らした事、

三つ目はコロナに罹らず自由にあちこち旅行へ行けた事、特に仙台や

草津への旅は深く思い出に残った

3年目に入ったコロナも、5回のワクチン接種済みの私には全く関係なく 

なったが、未だ鬱陶しいのは公共でのマスク着用、周囲に目立たぬように  

偽装するのにはもう疲れた

早く2類の指定感染症から5類に引き下げられねば、海外旅行もNPOの

活動も自治会の活動も再開できない

ところで今年は心臓の大動脈弁を生体弁に置換して10年目を迎える

弁の寿命と言われているが、もう替える気はないので・・・

どうなる事か。

2023_20221219142401 

↓ NPO法人健康を考えるつどいの年賀状

20221217102653067_0001

私とユネスコ

私が丸亀ユネスコ協会に入ったのは大学の先輩でもあり、川重の先輩でもある広岡さんからのお誘いがあったからだ。

何にでも興味本位にすぐ「ハイ」と言う私の悪いくせだ。

会社勤めの時も同僚に誘われボーイスカウトの指導者入りをした事がある。

スカウトの経験もなければ、指導の経験もないのに、良く厚かましくも入ったものだ。

その経験のなさが祟って自己嫌悪になり、3年くらいで辞めてしまった。

ユネスコの入会もその二の前になるかも・・・と思っていた。

入ろうと思ったのは私のモットー「人に会え・本を読め・旅に出よ」で

どこか外国に連れていってくれるかも・・・と食指が動いたから。

入会した年は覚えていないが、もう5~6年は経っただろうか? 未だ外国へは行かずじまい。

国内には四国ブロックユネスコ大会で愛媛や徳島には行った。

全国大会も行きたいと思っていた矢先、コロナが始まり行けてない。

丸亀ユネスコのだれも行かないので・・・お膳立てがなければ一人では何もしないせいもある。

話し変わり、ユネスコに入り一年もしないうちに何と! 私を誘った広岡さんがさっさと脱会してしまった。

何だ!これ。

それなら私も・・・と普段ならそうなるが、行事に参加しているうちにユネスコの活動内容に興味がわいてきた。

最初からユネスコ憲章が気に入っていた。曰く、

【 戦争は人の心の中で生まれるものであるから、人の心の中に平和のとりでを築かなければならない。】

ロシアによるウクライナ侵攻が現在進行形の今、なお更、この憲章は重みを増す。

コロナ前は 私が属する「NPO法人健康を考えるつどい」の講演会でユネスコのチャリティーバザーの

場を用意して僅かではあるが貢献できた感もあったが、今はそれもできてなく、お役に立ててないなぁ~と思っている。

『 Think global. act local 』がモットーの 川松会長の下、もう少し頑張ってみたいと思う昨今です。

木下大サーカス

木下大サーカスを見たのはもう何年ぶり、いや 何十年ぶりだろうか?

木下サーカス株式会社の本社が岡山県とは知らなかった、我が香川県の海向かい。

調べると創業120年と言うからすごい!

Photo_20220926105301

Mx3650fv_20220906_124549_0001_20220920151601

チケットは娘が用意してくれた。一般席ではなく正面の VIP 席。

ショーは前半と後半に分かれ、前半は人芸,後半は動物たちが主役のショー。

定番のピエロが会場を盛り立て沸かせる。子供達はキャッキャッと大騒ぎ。サーカスならではの雰囲気。

ショーはやはり空中ブランコで締めくくられた。

子供の頃の娯楽と言えば八幡さんの春祭りや秋祭りの興行、商店街での土曜市や日曜市、

親に連れられて行くのが楽しみだった。

そんな中、たまに来るサーカスは子供にとって待ちきれない特別の楽しみ。

今でこそテレビでサーカスや雑技団の演技が放映されておなじみだが、当時はそんなもんなかったからテントの中で繰り広げられるアクロバットは新鮮というか仰天イベントだった。

サーカスの出し物に昔懐かしい芸もあって、ちょっぴり子供の頃の興奮を味わう事ができた。

娘の段取りでいい思い出ができた。

ありがとうございました。

懐かしいアルバム

香川大学教育学部附属高松中学校同窓会が発行する会報に、1960年卒 (12回 昭和35年卒)のアルバムが掲載された。

このアルバムを見たときどこかで見たような顔、顔・・・と思っていたら私のクラスだった。

いやぁ~懐かしい。

Baikoukai

先生の名前を今も覚えている、堀家先生。

先生はその後香川県を離れ埼玉県に引っ越しされたと聞く。

御存命だろうか???

それにしても懐かしい~、名前を思い出せる同窓生が何人かいる。

ちなみに私は3列目左端、我ながら可愛い~。

歳をとると言う事 その4

友人からのメールⅢ

 

メール、有難う!

 

元気そうで何よりです。私も元気でゴルフ・野球・バンド演奏を楽しんでいます。

 

ただ、目の調子が良くなく右目の白内障手術を10月にします。

2年前に、左目の黄班前膜除去手術を受けた時、眼内にガス注入をしたので水晶体がガスの影響で濁る為、水晶体を人工レンズに交換されました。

この為、左目は視力が1.2ですが右目は0.6で、アンバランスなので二重に見え、眼前12mの距離感が掴み難くグリーンの芝目も分からず、野球のボールも受け難くバッテイングも空振りが増えました。

 

ずっと西条の済生会病院に通っていて医者に右目の白内障手術してくれと頼んだら、まだしなくて良い、と聞き入れてくれません。

 

仕方ないから、新居浜にあり地元では名医で名高い宮本眼科に行ったら、視力0.6なので手術しましょうと直ぐに言われ10/3()に決まりました。

 

この先生は、住友別子病院に週2日勤務していて2年前の手術をしてくれた先生です。

人気があるので4ヶ月待ちです。日帰り手術です。

10月が楽しみですが不安もあります。

 

左目は前膜除去で視力は回復しましたが歪みが残っています。

文字が縦に1.5倍くらい長く見え、電柱も歪んで見えます。

右目の視力が回復した時に、どんな見え方になるのか気になります。

術後、2年経ちますが歪みは改善しません。

この先、経時により軽くなるよう期待しています。

 

前立腺手術の効果は100点満点で快適です。

放尿は若者の如く勢いがあり、夜も途中で起きることもなく朝6時まで眠れます。

 

以上、近況でした。

 

涼しくなったら顔見たいですネ。

皆さんに負けないように長文を書きました。

 

おおきに!

より以前の記事一覧