Jou光

  • 親父
    彼は子供の時から絵が上手いと、親の欲目で思っている。目の前でさらさら描かれると、ついつい感嘆してしまう。世の中いっぱい絵の上手い人はいるが、この道で飯が食えるのはスポーツ選手と同じで極一部。でもとにかく趣味でも良いから絵を描くことは続けて欲しいと願っている。

春爛漫

  • ぼけの花
    柿茶の里は徳島県美馬郡つるぎ町に位置する。柿の葉の生産農家へ毎年春と秋に行く。春はことさら美しい。桜が咲き乱れ山の木々が新緑に包まれる。澄んだ青空に身も心も洗われる気がする。

アユタヤ遺跡

  • Pict0266
    1491年に建てられた王族の守護寺院。3つの大きな仏塔には、ラーマティボディ2世と父、兄の遺骨が納められています。 寺院ではありますが僧は居住せず、王の礼拝堂として王族の儀式に使用されていました。この寺院もまた、1767年ビルマ軍により破壊され、16mあったという金で覆われた仏像も金を奪われた後、壊されてしまいました。

暁の寺院 タイ

  • Pict0350
    トンブリ王朝時代の守護寺で最高位の寺院とか。きらきらと輝く陶器の破片に覆われた高さ約79mの大仏塔は、ラマ3世により5年がかりで改装された。朝日を浴びた大仏塔の神々しい姿が”暁の寺”の名前の由来。

ワット・ヤイ・チャイ・モンコン

  • Pict0201
    セイロンへの留学から戻ってきた僧侶のために、1357年初代王ウー・トーンが建立しました。仏教寺院は瞑想の場として使用されていました。現在も多くの仏教徒が訪れ、週末は観光客でにぎわいます。

水上マーケット

  • Pict0116
    ダムナン・サダックの水上マーケット。その昔、”東洋のベニス”と言われたバンコクでは、日常的商取引には運河が利用されてきた。水上マーケットは、古き良き時代の情緒溢れるバンコクの生活を体感させてくれる。 

2008年7月 タイ王宮

  • Pict0429
    白壁に囲まれた20万㎡の敷地内には、1782年に建設された国王の宮殿、即位式の建物、王室守護寺院のエメラルド仏寺院などチャクリー王朝歴代の王により建造・改築された建物が建ち並んでおり、ラマ8世までは実際にここに住まわてていたとか。

涅槃寺

  • Pict0386
    タイ語で Wat Pho(ワット・ポー)と呼ぶこの寺は、ラマ1世が建立したバンコク最大の境内を持ち、バンコク最古の歴史を持つ寺院。本堂には写真のようなリクライニング・ブッダの愛称で親しまれている寝釈迦仏が横たわる。足の裏には螺細細工でバラモン教における108の宇宙観が表現されていると言う。

最近のトラックバック

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

金魚

  • 金魚

ウェブページ

日々生活の中で

つばめ

つばめの巣を見たと写真が来たのでご紹介。

20240520-160516

こいのぼりの片付け

息子嫁の実家で毎年こいのぼりを上げてくれる。

こいのぼりを上げるのは手伝ったことがないから分からないが、

たぶん雛祭りが終わったら上げるのだと思う。

その片付けに呼ばれた。

それがこんなにも大変だとは想像だにしなかった。

5人ががりでようやく片付けが終わった。一時間以上はかかったと思う。

でも、こいのぼりを上げるのはもっと大変だったに違いない。

あげる時に手伝いに呼ばれてないから分からないが・・・。

そんな鯉のぼりの上げ下げを10年以上も続けてきたのだから実家のお父上はすごい!

感謝で頭が下がる。

もう今年でこいのぼりは終わりにするそうな。

長い間お疲れ様でした、そして長い間ありがとうございました。

20240514-145617

 

鯉のぼり

最近見かけなくなったものに鯉のぼりがある。

20240507-131143

昔はひな祭りが終わると鯉のぼりが各所で見られたものだが・・・???

若い世代は鯉のぼりには無関心。

たいてい祖父母が孫のためにあげるのだが、最近の高齢化で鯉のぼりを

あげるが体力的に難しくなった。ポールを立てるのが大変。

そして鯉のぼりの上げ下げが大変、毎日の事だから・・・。

私も鯉のぼりなんてあげたことがないからその大変さは分からない。

 

もうひとつ見かけないものに「つばめ」がある。

軒先に巣をつくりふんが落ちるので下に糞受けをしてあるのを昔は良く見かけものたが・・・

最近は見ない。

20240509-150724

ネットで調べてみると確かに最近は日本に来るつばめが減っているという。

その原因が農薬の使い過ぎ。

農薬でつばめの餌となる虫が水田にいないから。

確かにそう言われれば虫を見ない。

てんとう虫も最近見てない・・・。

人間が自然を破壊していることは間違いないとしても、スピードが速すぎないか?

かがわ長寿大学

今日、かがわ長寿大学の入学式があった。

私の伯父がこの学校に入っていた事を思い出し、私も志願した。

場所は高松の東校と西讃地区の西校の二か所で私は西校をチョイス。

午前10時20分から始まった教室には三,四十人くらいの生徒がいて

えっ!こんなに入学者がいるんだ・・・と少し驚いた。

県知事の挨拶ほか来賓の挨拶が続き、式はとどこうりなく終了。

授業内容や講義の場所・やり方を聞いているうちに、どうも私が

想像していた内容と違う・・・と思いはじめ、説明がすべて終わった

時には、これは早々に退学しようと思った。

想像していた大学は、講義内容のメニューがいっぱいあって自分が

受けたい授業を受けれる時間帯に受講できる・・・とばかり思っていた。

所が説明では高等学校の授業のように時間表があって、出欠があって

おまけに教室の清掃から後片付けまでやらねばならぬ。

これは違う・・・と思いその日の内に退学する羽目となった。

申し訳ない・・・・。

20240412-135119

 

家族葬

自治会長になって2件目のお葬式。

今回は家族葬との事で、親族入れてたったの12人だった。

自治会からは前会長の松本さんと私のふたり。

家族葬なので、入れてくれないのかと思ったが「お帰り下さい」とは言われなかった。

祭壇以外飾り物は供花が一対だけだった。

読経が終わり焼香も終わり、お坊さんが退席した後はお棺の中に花を入れる。

昔は親族だけで行っていたように思うが、参列者全員に求められた。

こんな事を書くと不謹慎かも知れぬが敢えて物申すと、

生前に会ったこともない赤の他人がお花をささげていいものか?と思う。

またささげる方も抵抗がある。

まぁ~こうして無事葬儀は終わった。

私の所属する自治会も高齢化が進んでおり私も含めてこれから亡くなる人は

続くに違いない。私も早く死なねば葬儀会長になりかねない。

20240409-152440

お葬式

今日は4,5年ぶりに葬儀に参列した。

コロナが始まってから葬式は家族葬が定着しつつある。

今日の葬儀は私が会長を務める自治会員のひとり。

御年101歳というから天寿をまっとうしたのか?

場所はすぐ近くのベルモニー会館、会場は満席だった。

葬儀の進行が変な言い方だが懐かしい~と感じた。

無事霊柩車を見送って帰途についた。

20240404-155953  

ペタンク

ペタンクなるものを初めてやった。

良く広場でお年寄りが(かく言う私も年寄りだが・・・)、この競技に興じているので

てっきり シルバーのスポーツとばかり思っていた。

Dsc07810

調べたらそれはとんでもない間違いだと分かった。

ネットに曰く、

ペタンク(pétanque)は、フランス発祥の球技

ペタンクの名称は、南フランスのプロヴァンス方言「ピエ・タンケ(両足を揃えて)」に由来し

1907年に考案されたとあるのでその歴史は相当古い。

テラン(コート)上に描いたサークルから木製のビュット(目標球)に金属製のブール(ボール)を

投げ合って、相手より近づけることで得点を競うスポーツ。

歴史もあり決して年寄りのスポーツではない。

毎朝近所の公園でやっているのを見かけ、仲間に入れてもらった。

まぁ~確かに初めての人でもやれる・・・それなりに・・・。

でもグループ競技なのであまり下手だと迷惑をかけるかも?

初めての日は途中退出したが、今後も続けていこうとは思っている。

まぁ~確かにGOLFの方が個人責任があって運動量も多く楽しいとは思うが

ペタンクもそれなりに楽しい。

20240308-134838

20240308-134838_20240308135201

Bチームのボールがビュットに近いのでBチームが2点の得点。

13点先取したチームが勝ちとなる。

↓ ブール(ボール)とビュット

20240308-134838_20240308140601

偶然

こんな偶然もあるんだ~。

今日コンビニで車を止めたら、同じ日産の同じノートの同じ番号の車があった。

20240226-130847

「香川 535 の」と「香川 533 め」の違いのみ。

ボケてきた

毎週土曜日はウオーキングの後に銭湯に行く。

行き先は近場の「四国健康ランド」か「さらいの湯」。

今日は健康ランドでショッキングなことがあった。

なんと、更衣ロッカーのカギをなくした。

無くしたと言うより閉めた後の抜き忘れ。

もうこれは相当なボケだ。

前にも無くした事があった。この時は置き忘れ。

置き忘れの時、対策を考えた。

それはカギを閉めたらすぐ足につける習慣づけ。

↓ カギのサンプル

20240217-130835

だけど今回は何とも情けない。

カギを閉めてそのままにしておいたのだから・・・。

おまけにロッカー番号を曖昧にしか記憶してないから

捜せない。

これ相当にボケが進んでいる、もう銭湯には行けなくなるかも?

丸亀東ロータリークラブ 第24回写真展

長男の嫁の親父さんは、アマチュア写真家。

随分若い時からやっているそうで、もう50年は続いていると思う。

丸亀東ロータリークラブ写真同好会の24回目の写真展に行ってきた。

会場は生涯学習センター。

ひとり4点で9人の作品が展示されていた。

20240215113202601_0002

20240215113202601_0001

どの作品も見ごたえ十分の力作。

撮影している現場は知らないが、察するところ一枚の作品を撮るのに相当な時間をかけている。

例えば、濱口 氏の「飛航」と名付けた作品は、イルカがジャンプしている写真。

7匹が同時にジャンプする瞬間を切り取った見事な構図だ。

ちなみに7匹はこの水族館の全頭数なんだそうな。

Dsc07764

また大塚 氏の「純真の輝き」は丸亀城に住み着いている狸の写真。

狸はいつ出てくるのか分からない。その狸を正面から捉えている。

Dsc07766

一体何時間・何日かけて満足する一枚が撮れるのだろうか・・・?

もうひとつ気になるのは撮影場所だ。

丸亀城なら近くていいが、彼らは写真を撮るのに全国どこへでも出かける。

日本どころか海外へも・・・今回もロンドンの写真があった。↓

Dsc07765

こんな事を言うのは不謹慎かも知れないが、写真はお金も時間もかかる贅沢な趣味。

カメラにしても何十万、百万円もかかるそう。

私にはとても無理、能力的にも財力的にも・・・。

ちょっと変わった写真もあった。大塚 秀人氏の「光彩跳躍」。

父母ヶ浜でダンサーらしき二人が跳躍する姿を切り取った写真。

普通の写真とは違い絵画風に加工されているような?

Dsc07768

こんな細工もできるのがすごい!

↓ 前回の濱口氏の展示作品。

20240216-121022

二匹の猫が同時に飛ぶ瞬間を切り取った一枚

より以前の記事一覧