Jou光

  • 親父
    彼は子供の時から絵が上手いと、親の欲目で思っている。目の前でさらさら描かれると、ついつい感嘆してしまう。世の中いっぱい絵の上手い人はいるが、この道で飯が食えるのはスポーツ選手と同じで極一部。でもとにかく趣味でも良いから絵を描くことは続けて欲しいと願っている。

春爛漫

  • ぼけの花
    柿茶の里は徳島県美馬郡つるぎ町に位置する。柿の葉の生産農家へ毎年春と秋に行く。春はことさら美しい。桜が咲き乱れ山の木々が新緑に包まれる。澄んだ青空に身も心も洗われる気がする。

アユタヤ遺跡

  • Pict0266
    1491年に建てられた王族の守護寺院。3つの大きな仏塔には、ラーマティボディ2世と父、兄の遺骨が納められています。 寺院ではありますが僧は居住せず、王の礼拝堂として王族の儀式に使用されていました。この寺院もまた、1767年ビルマ軍により破壊され、16mあったという金で覆われた仏像も金を奪われた後、壊されてしまいました。

暁の寺院 タイ

  • Pict0350
    トンブリ王朝時代の守護寺で最高位の寺院とか。きらきらと輝く陶器の破片に覆われた高さ約79mの大仏塔は、ラマ3世により5年がかりで改装された。朝日を浴びた大仏塔の神々しい姿が”暁の寺”の名前の由来。

ワット・ヤイ・チャイ・モンコン

  • Pict0201
    セイロンへの留学から戻ってきた僧侶のために、1357年初代王ウー・トーンが建立しました。仏教寺院は瞑想の場として使用されていました。現在も多くの仏教徒が訪れ、週末は観光客でにぎわいます。

水上マーケット

  • Pict0116
    ダムナン・サダックの水上マーケット。その昔、”東洋のベニス”と言われたバンコクでは、日常的商取引には運河が利用されてきた。水上マーケットは、古き良き時代の情緒溢れるバンコクの生活を体感させてくれる。 

2008年7月 タイ王宮

  • Pict0429
    白壁に囲まれた20万㎡の敷地内には、1782年に建設された国王の宮殿、即位式の建物、王室守護寺院のエメラルド仏寺院などチャクリー王朝歴代の王により建造・改築された建物が建ち並んでおり、ラマ8世までは実際にここに住まわてていたとか。

涅槃寺

  • Pict0386
    タイ語で Wat Pho(ワット・ポー)と呼ぶこの寺は、ラマ1世が建立したバンコク最大の境内を持ち、バンコク最古の歴史を持つ寺院。本堂には写真のようなリクライニング・ブッダの愛称で親しまれている寝釈迦仏が横たわる。足の裏には螺細細工でバラモン教における108の宇宙観が表現されていると言う。

最近のトラックバック

2022年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

金魚

  • 金魚

ウェブページ

日々生活の中で

木下大サーカス

木下大サーカスを見たのはもう何年ぶり、いや 何十年ぶりだろうか?

木下サーカス株式会社の本社が岡山県とは知らなかった、我が香川県の海向かい。

調べると創業120年と言うからすごい!

Photo_20220926105301

Mx3650fv_20220906_124549_0001_20220920151601

チケットは娘が用意してくれた。一般席ではなく正面の VIP 席。

ショーは前半と後半に分かれ、前半は人芸,後半は動物たちが主役のショー。

定番のピエロが会場を盛り立て沸かせる。子供達はキャッキャッと大騒ぎ。サーカスならではの雰囲気。

ショーはやはり空中ブランコで締めくくられた。

子供の頃の娯楽と言えば八幡さんの春祭りや秋祭りの興行、商店街での土曜市や日曜市、

親に連れられて行くのが楽しみだった。

そんな中、たまに来るサーカスは子供にとって待ちきれない特別の楽しみ。

今でこそテレビでサーカスや雑技団の演技が放映されておなじみだが、当時はそんなもんなかったからテントの中で繰り広げられるアクロバットは新鮮というか仰天イベントだった。

サーカスの出し物に昔懐かしい芸もあって、ちょっぴり子供の頃の興奮を味わう事ができた。

娘の段取りでいい思い出ができた。

ありがとうございました。

懐かしいアルバム

香川大学教育学部附属高松中学校同窓会が発行する会報に、1960年卒 (12回 昭和35年卒)のアルバムが掲載された。

このアルバムを見たときどこかで見たような顔、顔・・・と思っていたら私のクラスだった。

いやぁ~懐かしい。

Baikoukai

先生の名前を今も覚えている、堀家先生。

先生はその後香川県を離れ埼玉県に引っ越しされたと聞く。

御存命だろうか???

それにしても懐かしい~、名前を思い出せる同窓生が何人かいる。

ちなみに私は3列目左端、我ながら可愛い~。

歳をとると言う事 その4

友人からのメールⅢ

 

メール、有難う!

 

元気そうで何よりです。私も元気でゴルフ・野球・バンド演奏を楽しんでいます。

 

ただ、目の調子が良くなく右目の白内障手術を10月にします。

2年前に、左目の黄班前膜除去手術を受けた時、眼内にガス注入をしたので水晶体がガスの影響で濁る為、水晶体を人工レンズに交換されました。

この為、左目は視力が1.2ですが右目は0.6で、アンバランスなので二重に見え、眼前12mの距離感が掴み難くグリーンの芝目も分からず、野球のボールも受け難くバッテイングも空振りが増えました。

 

ずっと西条の済生会病院に通っていて医者に右目の白内障手術してくれと頼んだら、まだしなくて良い、と聞き入れてくれません。

 

仕方ないから、新居浜にあり地元では名医で名高い宮本眼科に行ったら、視力0.6なので手術しましょうと直ぐに言われ10/3()に決まりました。

 

この先生は、住友別子病院に週2日勤務していて2年前の手術をしてくれた先生です。

人気があるので4ヶ月待ちです。日帰り手術です。

10月が楽しみですが不安もあります。

 

左目は前膜除去で視力は回復しましたが歪みが残っています。

文字が縦に1.5倍くらい長く見え、電柱も歪んで見えます。

右目の視力が回復した時に、どんな見え方になるのか気になります。

術後、2年経ちますが歪みは改善しません。

この先、経時により軽くなるよう期待しています。

 

前立腺手術の効果は100点満点で快適です。

放尿は若者の如く勢いがあり、夜も途中で起きることもなく朝6時まで眠れます。

 

以上、近況でした。

 

涼しくなったら顔見たいですネ。

皆さんに負けないように長文を書きました。

 

おおきに!

歳をとると言う事 その3

友人からのメール Ⅱ

 

ご丁寧な近況メールを頂き有難うございました。

色々ご苦労される事や、これから先の心配で気分を落とされる事もおありのようですが、これほど頑張れる人はめったにいないし、こうやってメールを頂くだけでも私はH君に元気をもらっていて嬉しいです。ご家族や友達のためにも頑張って生きて頂きたいと思っています。

 

私は今のところ幸いにも大した怪我や病気になっていませんが、ご存じの通り子供の時から体が小さく力も無く、加えて頭も良くないので人より劣る事、人に負けること普通の事が出来ない事には慣れっこです。無理な努力をしても今まで出来たことがないので、老人になった今も元々低い能力レベルを維持出来れば上等と考えて過ごしています。

 

例えばゴルフですが、2年ほど前に一瞬100を切ったことも有りましたがこの処は110を切れたらOKと喜んでいます。

そして120を叩くようになったら引退かな?とも。ゴルフの先輩85歳の方が130位で頑張っておられるのを見て私はあすこまでは出来ないなと思うのです。

 

それと音楽ついてですが、S君は楽団のメンバーとして今でも活躍されているのは大したもんだと感心していますが、私は実技は最早全く来ません。ただ音楽を見たり聞いたりするのは大変好きで、これは大学でハワイアンをやっていた時から変わらず、曲や歌い方弾き方を自分流に評価したりアレンジしたり(勿論頭の中だけで)して楽しむ特技(趣味)を持っていて、これは衰えません。
勿論、学生時の堺君のボーカル、堀家君の伴奏ギターの映像とその特徴は今でも全く色あせることなく記憶に残っていますよ。

これからゴルフが出来なくなったり車の運転が出来なくなって時間ができたら、昔の思い出を辿りながら読む聴く力(書くはダメ)を楽しんで行こうと考えています。

 

H君の治療薬が少しでも減らせますように祈っています。では、また。

歳をとると言う事 その2

頑張っている友人からのメール Ⅰ

 

暑中お見舞い申し上げます。

 

皆さん 相変わらずお元気で過ごされていますか?

この間、正月を迎えたのが早くも半年が過ぎ去り、又冥土へ1歩も2歩も近付きました。

今年は短かった梅雨が過ぎ去った後は、比較的凌ぎやすい日々が続いていますが、
果たして何時まで続くやら?

 

目新しい話題が無いので、近況を報告します。

12月に左目の白内障手術、0.1だった視力が1.1以上に回復し頗る快調に成り、練習場にて
ボールが落下するのが明瞭に見えるようになりました。

ところが好事魔多しの例えの如く年末には腰椎を圧迫骨折し、約2ヶ月程入院治療、
4月初には鼠径ヘルニア(いわゆる脱腸)手術の為1週間入院・・・等々と前半は病院の
お世話になり続け、生命保険の有り難さを大いに堪能しました。

 

一方、本来の癌については、進行も衰退もせず4年が経過しました。

これは使用している抗癌剤の副作用が色々あるものの、自分に適応しているお陰だと
感謝あるのみです。

唯、体力だけは大幅に減退し、何時まで生命を維持することが出来るか自分でも解りません。 

細やかな願いとしては、もう一度青々としたフェアウェーでプレー出来ればと思っていますが、
残念ながら儚い夢のようです。

 

日々の生活では、薬の副作用に加え加齢により、深夜に眼が覚め、朝まで悶え苦しんでいます。

昼間は外出する機会もメッキリ減り、自宅でゴロゴロする他、庭の草むしりや庭木を弄っている日々です。

今では元気だった昔の面影を懐かしく思い出しながら、唯ひたすら時が過ぎ行くのをやり過ごしている
粗大ゴミになり果てた感がしております。

 

普通の足取りで歩くと直ぐ息切れし苦しくなるが、外観上は色つやも良く、病人には見えない
状態ですが、何時急変するか不安と隣り合わせです。

知り合いや友人が段々と欠けて来ていますが、自分はもう少し現世を観察したい願望を持ち
続けて頑張っています。

 

8、9月は暑さのため気力が湧きませんが、秋になれば身体も楽になりそうなので、
又皆さんとお会い出来ればと思っています。

 

いよいよ8月、暑さには十分身体を労り、この厳しい夏を乗りきって下さい。

歳をとると言う事(老人の戯言) その1

友人に送ったメール

 

現役時代に歳をとると言う事を誰も教えてくれなかったので

自分で経験するしかない。

母親が「歳をとるとなんちゃ面白ない」と良く言っていたのを

思い出します。当時はまだ若かったのであまり気にも留めなかった

のですが、今思うとその意味や辛さが分かり、もっといろいろ

してあげてたら良かったと反省しきりです。

「親孝行したい時に親は無し」とは良く言ったもんです。

 

私も肋骨を折ってもう3か月になります。昨日その件でお医者さんに

行きましたが、まぁまぁ~治っているとの事でした。まだ右を下に

して寝ると痛い・・・と言うと気のせいでしょう・・・と言われました。

何じゃそれ!って感じ。

 

今週の土曜日に4回目のコロナワクチンを接種する予定ですが、

コロナもあまりに長すぎてもうどうでもいいわ~って感じです。

 

徳大の先輩で川重坂出でも大先輩のHさんって方が丸亀にいます。

御年90ですが矍鑠としていて、私の道しるべのような存在です。

 

そんな意味で、私より年配の方が活躍する姿を見るのは元気がでます。

アメリカのバイデン大統領とかトランプ元大統領の活躍姿を見ると
拍手です。
テレビでも良く長寿のお年寄りの活躍を放映して
いますが、あれもいいですね。

 

ニュースでは次から次にビックリするような事ばかり放映されて

誠にかますびしぃですね。

 

最近息子がネットフリックスなるものを導入してくれて毎日映画や

ドラマ三昧です。中には面白いものもあってなかなかいい。

 

つまらぬ事ばかり書きましたが、この暑い夏を乗り切りましょう。

会いた~いですね、秋には。

自治会長就任

私が暮らす町に105世帯で構成される自治会がある。

17年間の長きにわたり会長を務めてきた松本さんが

今期限りで辞めたいと言い出した。

それが事のはじまり。

「私がやります」と手を挙げる人は誰もいない。

3回ほど役員会をひらき候補者を絞り込んだ。

その候補者に個別折衝するも皆 固辞。万事休す。

誰もめんどうな事はやりたがらない。

仕事が忙しいだの、向いていないだの・・・いろいろ理由をつけて。

え~ぃ、こうなったら私がやるきゃない!

と、変な男気を出したのが浅はかだった。

こうして私は自治会長に就任した。

4月年初に役員に集まってもらい、今年の会長方針を伝えた。

今年はコロナ禍で多人数の集会は避ける。

そのため、約30名集まる役員会は当分しない。

決め事や周知すべき事は幹事会(10名)で決議し、

その内容を4つある区ごとに、各区の副会長が区内の会員に周知する。

との体制でいくことにした。

会長になって良い事もあった。

坂出市から会長の活動費として1万6千円もくれた。

二つ目は自宅にお巡りさんが訪ねてきて挨拶を受けた。

まだ就任して早々、今後どんな事があるのやら・・・?

病院食

入院中の病院食のお話し。

↓ 毎食こんな感じ

0_20220630141401

メニューは ↓ 上から朝食・昼食・夕食

Photo_20220630141501

さすが6gの塩分は物足りない。

↓ たまたま友人が送ってくれた他病院の食事

似たようなものだ・・・申し合わせたように?

2_20220630141401

 3_20220630141401 

肋骨 骨折 最終回

入院中は多くの看護師さんにお世話になった。

毎日、朝・昼・晩で担当が代わる。

夜も準夜勤と深夜勤で交代。

そのたびに看護師さんからご挨拶がある、さすが深夜はない。

同じ人が続くこともあるが大方は初対面。

それだけ大勢の看護師さんが働いているって事。

島倉千代子の「人生いろいろ ♪ 男もいろいろ ・・・ ♬ 🎵」の歌は有名。

看護師さんもいろいろ。

愛想が いい人、ツンツンの人、良く話す人、元気をくれる人。

採血が上手い人、下手な人・・・。

毎日、朝 ・昼 ・夕と消灯前に血圧・体温・血流の測定がある。

点滴が一週間ほどあった時、深夜と明け方には参った!

眠れぬ日々、寝付いた頃に起こされる・・・。

日常だと夜はひとり!

だから、入院中は人に囲まれ楽しかった。

深夜に「お母さん~ おかぁさ~ん」と叫ぶ老婆の声。

「痛い~ 痛い~」の叫び声も。

隣の部屋から、またその隣の部屋からみたい。

なんか切ない~ なんか悲しい~ なんか可哀そう~。

部屋のドアは昼間は開放されているので、患者の様子を垣間見る。

寝たきりの人も多い。

生きるって何? 生かされるって何? と考えさせられる。

部屋では、いびきも聞こえる、タンや咳払いの音  おならの音も・・・。

悲しい~話を聞いたのはサロン室でのこと。

年配のご婦人が医師に嘆願している。

聞きたくはないけど聞こえてくる。

「先生、主人を退院させないで~」と。

主人が帰って来ると奥さんは面倒みきれないって事だろう。

若い時に惚れた腫れたで結ばれても年月は冷酷だ。

さて、その後の私の病状は・・・肺の溜まり液次第となった。

一週間ほど様子をみて液が増えていたら穴を開けて排出しましょうね・・・と。

そうでなければ退院してもいいです、と言われた。

えっ! 一週間の様子見? ただただ時間をいかにつぶすか。

そう云われて時計の回りが一段と遅くなった。

リハビリと測定だけになった。

することもなく、病院内はあきて外の敷地内をうろつく事に。

5月にゴールデンウィークがあるのをこんなに恨めしいと思った事はない。

何とそれに合わせて、行きつけのファミマが改装工事を開始。

閉店されると困るだろうと、面積と品数を落として別の場所に一時OPEN。

しかし電子マネーは使えないし、楽しみのコーヒも買えない。

院内も外来館患者がいなくガラン~としている。

これまた寂し~い。

ファミマが新装OPENしたのは5月6日だったろうか?

OPEN記念で一週間ほど100円引きになったのは嬉しかったが・・・。

そして忘れもしない5月9日(月)レントゲン撮影。

液が増えていたらまた穴を開けて排出、入院は伸びる。

増えてない事を大いに願う。

果たしてその結果は? 増えてもなければ減ってもいない。少し減り気味。

結果、退院OKとなった。 万歳、バンザイ !!

5月10日午前10時退院、妹と姪が明石から車で迎えに来てくれる。

ありがたい事である。

こうして24日間お世話になった豊岡病院を後にした。

今となっては懐かしい思い出となった入院生活。

お世話になった医師や看護師、療法士さん、ありがとうございました。

明石へ帰った明くる日には娘が坂出迄車で送ってくれた。

嬉しかった。

肋骨 骨折 その7

院内の人間模様を書こうと思う。

公立豊岡病院は診療科目が30もある大病院。

だから病室にはいろんな患者がいる。

個室もあるが多くは4人部屋が主流。

患者の入れ替わりも激しい。

同室とおぼしき人があくる日、またその明くる日にいない事がある。

退院したのか? 部屋がかわったのか? 

個人情報保護法のせいか、最近は患者の名前を表に出さない。

この病院もしかりだが、液晶表パネルが部屋にあってタッチで名前が表示される。

10数秒ほどで消えるが・・・。

それで動向が分かるが、数日で名前が変わるのは検査入院の患者みたい。

かと思うと一週間以上 同室の人もいる。

部屋替えもある。

私は一度部屋替えさせられた。

理由は言ってはくれるが、ダメとは言えない。

部屋替えはベッドごとかわる。ロッカーの荷物をベッドに置いて。

そのベッドが変わる事もある。

退院が近づいたある日、電動ベッドを手動に替えさされた。

人間模様の話しがそれた。

はじめて入室した時、私の向かいは脳梗塞を起こした人らしい。

部位は分からないが会話は正常。

その人、病室から電話をかけるは、かかってくるは・・・。

マナーモードにしてない。

病院は携帯電話の持ち込みは問題ない。

私もそれで大いに助かった。

しかし常識的にはマナーモードにするでしょ~。

会話が聞こえてくる、まぁ~それを盗み聞くのも楽しくなってきた。

一週間は同じ部屋だったろうか? 

ある日、「部屋、一階上に変わりましょうね」と看護師に言われていなくなった。

すこし寂しかった、目があうと会釈するまでいったのに・・・。

Img03934

それで以後その人と会う事はなかった。

相変わらず部屋で大声で電話しているんだろう~と思いながら・・・。

つづく

より以前の記事一覧