Jou光

  • 親父
    彼は子供の時から絵が上手いと、親の欲目で思っている。目の前でさらさら描かれると、ついつい感嘆してしまう。世の中いっぱい絵の上手い人はいるが、この道で飯が食えるのはスポーツ選手と同じで極一部。でもとにかく趣味でも良いから絵を描くことは続けて欲しいと願っている。

春爛漫

  • ぼけの花
    柿茶の里は徳島県美馬郡つるぎ町に位置する。柿の葉の生産農家へ毎年春と秋に行く。春はことさら美しい。桜が咲き乱れ山の木々が新緑に包まれる。澄んだ青空に身も心も洗われる気がする。

アユタヤ遺跡

  • Pict0266
    1491年に建てられた王族の守護寺院。3つの大きな仏塔には、ラーマティボディ2世と父、兄の遺骨が納められています。 寺院ではありますが僧は居住せず、王の礼拝堂として王族の儀式に使用されていました。この寺院もまた、1767年ビルマ軍により破壊され、16mあったという金で覆われた仏像も金を奪われた後、壊されてしまいました。

暁の寺院 タイ

  • Pict0350
    トンブリ王朝時代の守護寺で最高位の寺院とか。きらきらと輝く陶器の破片に覆われた高さ約79mの大仏塔は、ラマ3世により5年がかりで改装された。朝日を浴びた大仏塔の神々しい姿が”暁の寺”の名前の由来。

ワット・ヤイ・チャイ・モンコン

  • Pict0201
    セイロンへの留学から戻ってきた僧侶のために、1357年初代王ウー・トーンが建立しました。仏教寺院は瞑想の場として使用されていました。現在も多くの仏教徒が訪れ、週末は観光客でにぎわいます。

水上マーケット

  • Pict0116
    ダムナン・サダックの水上マーケット。その昔、”東洋のベニス”と言われたバンコクでは、日常的商取引には運河が利用されてきた。水上マーケットは、古き良き時代の情緒溢れるバンコクの生活を体感させてくれる。 

2008年7月 タイ王宮

  • Pict0429
    白壁に囲まれた20万㎡の敷地内には、1782年に建設された国王の宮殿、即位式の建物、王室守護寺院のエメラルド仏寺院などチャクリー王朝歴代の王により建造・改築された建物が建ち並んでおり、ラマ8世までは実際にここに住まわてていたとか。

涅槃寺

  • Pict0386
    タイ語で Wat Pho(ワット・ポー)と呼ぶこの寺は、ラマ1世が建立したバンコク最大の境内を持ち、バンコク最古の歴史を持つ寺院。本堂には写真のようなリクライニング・ブッダの愛称で親しまれている寝釈迦仏が横たわる。足の裏には螺細細工でバラモン教における108の宇宙観が表現されていると言う。

最近のトラックバック

2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

金魚

  • 金魚

ウェブページ

日々生活の中で

2021年度四国ブロック・ユネスコ活動研究会 in 北条

【2021年度四国ブロック・ユネスコ活動研究会 in 北条 】が2021年9月19日(日)に松山市北条ふるさと館で開催され、参加してきた。

↓ 会場の北条ふるさと館

Img_1769

丸亀ユネスコ協会から荻田副会長、小久保事務局長、前田の3人が参加。

Img_1771

県外への移動は久々ぶりで気分は上々。

昨年度の四国ブロック大会はコロナで中止、今年も開催が危ぶまれたが 愛媛県に出ていたまん延防止等重点措置が 9月12日に解除されたおかげで開催の運びとなった。

20210924110308604_0001

コロナ禍で何人くらい参加するだろうと気になっていたが、広い会場がそこそこ埋まって まずまずの盛会だった。

こんなに多くの人が一堂に会するのはホント久しぶり。

Img_1774

10時より開会、ユネスコの歌を声を出さずに歌い、続いて北条ユネスコ協会会長・久我正明氏挨拶 他来賓祝辞。

その後 11時まで北条ユネスコ協会の活動報告と「小石の芸術展」優秀作品の表彰。

愛媛県におけるユネスコ活動の歴史は古く、1947年に日本で初めて仙台の地で民間ユネスコが発足、その翌年には今治と松山でユネスコ協会が発足したと言うから確かに早い。北条ユネスコ協会は1959年にできた。

北条ユネスコ協会の活動を少し紹介すると、
多くの子供達に夢と希望を与える持続可能な「地方創生SDGs」のひとつ「小石の芸術展開催」がまず挙げられる
もう23年間も続いているという。

その他「北条花いっぱいの町づくり運動」や「平和の鐘を鳴らす集い」「国際交流 地引き網事業」「四国霊場八十八ヶ所おもてなしの旅」「東日本大震災の復興支援活動」など幅広い活動実績を誇る。

↓ 23年続く小石の芸術品展示
Img_1778 Img_1780

私的感想です、石を接着しての作品も多々あったが私は石のそのままを生かした作品に心惹かれた。

例えば ↓

Img_1848Img01520

11時20分より【「念ずれば花ひらく」の詩人・坂村 真民の人生と詩 】の演題で坂村 真民記念館 西澤館長による講演会。

癒しの詩人と言われる坂村 真民の詩を紹介しながら詩が生まれた背景や詩の魅力について語ってくれた。

Img_1854

昼食をはさんで午後の部はピアノとフルートの演奏会で幕を開けた。

生の演奏を聞くのはこれまた久しぶり。やっぱり生演奏は心に沁みる。

Img_1883

↑ 関係ない話しだが、五線譜がタブレットになっていてページをめくらなくても指で画面をスライドするだけ。
  何と便利な世の中になったもんだ!

生演奏会のアト2つ目の講演は子規新報編集長で俳人の 小西 昭夫 氏による「寅さんと俳句」。

Img_1908

寅さんと言えば「男はつらいよ」の渥美 清、俳句を詠んでいたとは初耳。

彼の俳号(俳句の作者としての雅号)は『風天』、勿論ふうてんの寅さんから取った雅号。

映画の中で演じた「寅さん」を渥美 清は実生活でも演じ切り、私生活は決して見せなかったと言う。

読んだ句も季語がふたつあるとか五七五ではないとか・・・自由奔放。

いかにも ふうてんの寅さんらしい。

例えば季語がふたつある句は「お遍路が一列に行く虹の中」、お遍路の季語は春、虹は夏・・・と言うように。

また五七五を逸脱している句はたくさんあって例えば

「さくら幸せにナッテオクレヨ寅次郎」とか

「山吹キイロひまわりキイロたくわんキイロ生きるたのしさ」等など。

小西氏の今回の講演で俳句について理解が深まった気がする。

なにも五七五にとらわれなくてもいい! 違う季語が一緒にあってもいい!

要は自由に読めばいいんだ! と思う。これなら私にも作れそう・・・。

この日最後の日程は「小俳句会」、さすが正岡子規を生んだ愛媛県ならではの催し。

四国のユネスコ協会会員が読んだ俳句の披露と、どんな状況でどんな思いで詠んだかが紹介された。

我が丸亀ユネスコ協会からも荻田副会長の、「若き日の同胞集う北条の秋」と

高出和子さんの「葉げいとに猫じゃれついて西日かな」が紹介された。

こうして2年ぶりに開催された四国ブロック大会は無事終了、帰途についた。

いやぁ~良かった良かった! やっぱり人間、集わなきゃ~。

郷師山(ごじやま)

8月の【3匹の老人会】の山登りは坂出市にある郷師山、標高296.2m。

東には城山、北には金山、西には常山に囲まれた山。

この山名の由来は、宗教的な色彩を色濃く残すことから、僧侶を呼ぶ五師または人里離れた弧寺などの語呂や意味から来ていると考えられている。

Map_20210901102501

登り口は黒岩天満宮の横から。

↓ 天満宮にも参拝

Img01390

石碑より

仁和2年(886年)菅原道真公は讃岐守に任ぜられ当地に赴任されました。

ある年日照りが続き池も涸れ村人が難儀していた折、道真公が城山に登り社にて雨乞いをされました。

たちまち豊かな雨に恵まれ村人は狂喜乱舞して菅公をこの地に迎えました。

菅公の威徳をたたえ、後にこの地に社を建て黒岩天満宮としました。

以来学問の神様・学業達成・家業繁栄の守護神として仰ぎ慕われ今日に至っています。

社殿は明治末期の改築以来 数度の補修を行ったが千百年祭を機に大改修された。

Img01394_hdr

Img01395

↓ 天満宮から城山にも郷師山にも登れる

Img01401

Photo_20210831154401

この山は角礫凝灰岩の層が山麓より山頂近くまで続いている。
この層を利用した岩窟寺院が多く存在したと考えられている。

しばらく登ると地蔵堂があった。

Img01405

地蔵堂の中には凝灰岩に石窟仏が彫られていて【郷師山石窟仏 】と言われる。

平安期以降 密教と山岳信仰が結びついて修験道が成立、岸壁を洞窟のように穿ち、その中に仏像を彫る石窟仏と呼ばれる仏教彫刻が盛んに造られた。
この石仏もそのひとつではないかと考えられている。

郷師山の凝灰岩を高さ 1.7m、幅 1.85m、奥行き 1.5mに穿って石窟とし、その奥に高さ 1mの観音菩薩像と地蔵菩薩像を厚さ約13㎝に彫り出している。

正面右手の観音菩薩の頭部は、後世に補修されている。

左手の地蔵菩薩像は顔面がやや痛んでいるが円満相のお顔や右手を垂れ左手に宝珠を持つ姿など古式の様相が読み取れる。
彩色は後世の補修と考えられる。

2_20210901113101

地元ではこの石窟仏を女人が乳を授かる守護仏として信仰を集めてきた。

このような石窟仏は近畿地方に多く確認されているが香川県下には数が少ない。

↓ 地蔵堂を後にし、さらに登ると洞窟跡がある。 

Img01406_hdr

この洞窟は中世頃の採石場と考えられ、中に水が溜まっている。
地元の伝承によると、海水の干満とこの水位が一致、洞窟と海がつながっていると言う。

そんなバカな??? 標高が全く違う。

登山路は洞窟跡から勾配がきつくなって、休み休み何とか頂上まで辿り着いた。

↓ 途中、景色が開け象頭山や遠くは阿讃山脈も見えた

Img01411_hdr

↓ 頂上

Img01413 Img01417

頂上は木々に覆われ瀬戸内海の景色は見渡せない。

大きな板状の角礫凝灰岩がごろごろしていてサヌカイトの「カンカン石」もあった。

瀬戸大橋タワー

宇多津町にあるゴールドタワーに上り、高所から眺める瀬戸内海の美しさに感動した。

それで 次は瀬戸大橋タワーからも瀬戸内海の風景を見たいと思った。

瀬戸大橋タワーが完成したのは1988年。

瀬戸大橋の開通を記念して開催された「瀬戸大橋博覧会」香川県会場のアミューズメント施設として運用開始。

だからもう33年にもなる。

今まで一度も乗ったことがない。料金・800円の価値があるかなぁ~? とも思っていたから。

↓ タワー乗り場 2階

Img_1470

↓ 回転式展望室

Img_1469

回転式展望塔としては世界一の高さで最頂部は132m。

↓ 2階のチケット売り場へ 

Img_1471

誰もいない! 

乗る人もいないので・・・動いているのかなぁ~としばらくウロウロしていたら、それらしき人が現れた。

一人でも乗せてくれるんですか?

いいですよ。 と言われた。

へぇ~ 何か悪いな~ ・・・と思っていたら後から数名のグループが来てやれやれ!

↓ 円周状に椅子が並んでいる。

Img_1474

椅子は100席ある。↓ 外径 15.5m。

Img_1498

↓ 展望室から見慣れた風景がまた違って見えた、感動!

高さ108mまで上昇し、その位置で展望を楽しめるようにと3回転してくれる。

そして降りてくる、その所要時間は10分ほど。

Img_1481 Img_1485 Img_1491 Img_1494

いやぁ~なかなか良かった。

八十場(やそば)

「やそば」は八十八、八十蘇場、八十場、弥蘇場とも表記される

古くは野澤井と呼ばれた。

やそばと言えばところてんで有名な場所。

お店を経営するのは清水(きよみず)屋で江戸時代の明和元年(ab.200年前)創業というから相当古い。

Img01351

店のすぐ隣に泉があり、そこに湧き水が噴き出している。

景行天皇の御代に「悪魚退治」と言う伝説があり、悪魚の毒にあてられた日本 武尊と八十八名の武士は神童の捧げたやそばの水により蘇生したと伝えられ、それ以来この湧泉は「八十八の清水」と呼ばれるようになった。

清水屋の屋号はこの伝説から由来するのであろう。

Photo_20210820153101

池の横に地蔵堂がある。本尊は弥蘇場地蔵蔵菩薩四国八十八箇所番外札所。 

↓ 地蔵堂

Img01345_hdr

そこで毎年7月の第3日曜日に「流水灌頂(ながれかんじょう)」という行事が行われている。

ちなみに「流水灌頂」とは、 出産で死んだ女性の霊をとむらうために、橋畔や水辺に棒を立てて赤い布を張り、通行人に水をかけてもらう仏説に基づく習俗。
布の色があせると亡霊が成仏できるという。
地方によっては水死者のためなどにも行い、供養の仕方にも違いがある。

ここの地蔵堂で行われる流水灌頂は古くから続く風習と言われ、水の災難で亡くなられた方なども供養される。

泉に仮塔婆を置いてお地蔵さんに八十場の霊水を注ぐ。
七十九番札所・高照院の住職らが本堂でお勤めの後、お地蔵さんに水を注ぎ、続いて地元の皆さんが水を注ぎ供養する。

昔は日本中で見られた風習だったそうだが、今でも残っているのは非常に貴重で先祖供養や家内安全などを祈る庶民の思いが引き継がれたかたち。

その地蔵堂の縁で寝そべるキリンを発見 ↓

Img01349_hdr

↓ 何とお堂の中にはお経を読むキリンもいてビックリ

Img01347_hdr1  

いやはや・・・こんな発想、誰が考えるのでしょう?

このキリンは坂出出身の造形作家・岡山富男氏の作品。

いろいろなポーズをしたキリンが坂出市を中心にあちこちに置かれている。

去年だったか?鳥インフルエンザが流行った時、四国水族館のペンギンも隔離されその空っぽの水槽にキリンがいた。

Photo_20210821162501

面白い!

 

ソラキン in ゴールドタワー

  1988年に宇多津の臨海地区にできた高さ158mのゴールドタワー、

できた時このタワー何だろうと思った。

Gold-tower 

ゴールドと名付けられた如く、太陽光を浴びて金色に輝いている。

夜になると翌日が雨だと”青”、それ以外は黄色にライトアップされると聞く。

最上階に喫茶店があってそれ以外はがらんどうだと知り、上る気にもならなかった。

それに有料だし・・・。

お盆休み、家族と県外に行くことも憚られるので、ゴールドタワーでも行ってみるか・・・となった。

昨年 3月金魚の水槽を「ソラキン」と銘打ち、リニューアルオープンしたとの話も行く気にさせた。

↓ エレベーター乗り場への入り口にある看板

Img01214

天空のアクアリウム(水槽)と書いてある。

香川県で最近は”天空”ブームだ。

↓ さすが150mからの瀬戸内海の風景は圧巻だ

Img01256

Img01251

↑ 真下に四国水族館のイルカプールが小さく小さく見える

↓ 正にソラキン

 Img01236_hdrImg01241

Img01267

↓ タワー内

 Img01271_hdr

Img01282_hdr

↑ 恋人達には素敵な空間に違いない

Img01265 Img01249

お金を払って見る価値は十分にあった。

このソラキン、メンテナンスが大変だろなぁ~ と思った。

ワクチンパスポート

7月26日からワクチンパスポートの発行が開始となった。

Photo_20210803095401

私も早速坂出市役所に申請に行った。

できるのに 5~6日かかると言われた。

5日後、できましたと電話があり早速もらってきた。

私の想像したものと大きく違っていた。

パスポートと云うからパスポートくらいの大きさで・・・と勝手に思っていた。

A4の紙でくれた。

Pass3

何! これ! 持ち歩くには大きすぎ。 

これじゃパスポートにならないよ!

前田城跡

私のお墓は香川県高松市前田西町にある。

お墓の入り口に「市指定史跡 前田城跡」の標識が立っている。

そして説明看板に曰く、

前田嬢は立石山塊から南に伸びる低丘陵の尾根先端部に位置する。

文明年間(1469~1487年)に十河城主・十河景滋の弟である前田頼母頭宗存が築城し、主殿頭宗春・甚之丞宗清と続いた。

城は東西 36m、南北 52mの本丸とその南側の二の丸(現在の宝寿寺)で構成されている。

本丸の周囲には土塁の痕跡が見られ、さらにその外側には空堀の痕跡が見られる。

三代・甚之丞宗清は弓矢等を 構えたまま六尺 (約 1.8m)の塀も飛び越え、また弓の腕前は百発百中であるなど、その武勇は優れていた。

天正10年(1582)の長曾我部元親の十河城攻めに際しては敵に夜討ちをかけるなど活躍している。

しかし2年後、再び押し寄せた長曾我部軍との戦いで討ち死にし、前田城も廃城となった。

↓ 前田城跡 今は前田一族の墓地となっている。

Img01151_hdr1 

「高松市史跡・前田城跡」と書かれた3~400坪の墓地についてこんな記事を入手したので紹介。

Photo_20210724110201

曰く、

この城は戦国時代末期に長曾我部氏の侵攻により落城。

最後の城主・前田甚之丞は、敵はもちろん地元でも恐れられた武将でした。

人の身長ほどの高さなら武器を持ったまま軽々と飛び越し、主城の十河城が敵に包囲された時でさえ、
夜な夜な城を抜け出し食料を持ち帰ったほか、敵の大将の命を狙うなど大胆不敵な行動を繰り返して
いたと伝わる。
甚之丞 は木太町にある溝塁堅固の城と言われた向城をはじめ十河氏と敵対していた香西氏側の城を
容赦なく攻め滅ぼしたので 、地元前田でも泣く子を泣き止ませる時には「甚之丞 が来るぞ」と脅した
と伝わる。

甚之丞 は最後の時を迎えるにあたり、城にこもるのではなくあくまで戦う事を選びました。
彼の討ち死にしたと伝わる場所は城から南に500mほどの所にある。

我が先祖、すごい。

↓ 場所(中央)

Photo_20210728150201 

新型コロナワクチン接種 2回目終了

昨日無事2回目のワクチン接種が終了。

Photo_20210630094301

1回目より2回目の方が副作用が出ると聞いていたが、1回目同様なんともない。

それどころか1回目はあくる日注射痕が痛かったかが、2回目はそれも軽い。

年寄りほど何ともない と聞いていた。それはそれで何だか悲しい!

ファイザー社製のワクチンだと、2回目接種から1週間目で抗体が働きだすという。

それまでは今までどおり自重しなければならないし、1週間後も伊達マスクは必要だろう。

臨時の「新型コロナウイルスワクチン予防接種済証」も頂いた。

Photo_20210630094901

ちなみにワクチンはファイザー社製。

新型コロナワクチン接種 1回目終了

待ちに待ったワクチン接種の一回目がやっと終わった、2021年6月8日。

Photo_20210609094601

15時30分の予約だったが少し早めに坂出市立病院へ行った。

接種会場は大勢の人でごった返していた。

私のように少し早めに来る人がいるから、混雑するのかも知れない。

接種は30分間隔で設定されているらしく、整理券をもらうと15時30分 組の9番目だった。

まだ15時 組が残っていたので待合廊下でしばらく座っていた。

やがて15時30分 組の番が来て、1番から10番までこちらへ移動して下さいと案内された。

そこで順番に接種予約券や本人確認、予診票のチェックを受け、いよいよ注射場へ。

利き手でない左上腕にプスっと刺され、一瞬で終わった。

えっ~早っ! 打たれたとは分からないほど。

テレビで良く見る注射風景に痛いんだろうとなぁ~と勝手に想像していたから猶更。

注射が終わって15分間は会場で待機。

こうして1回目は無事終了。早く二回目が待たれる。

あくる朝打った所に鈍痛あり。たいしたことはない。

D I Y

柿茶でスノコ板が不要になり捨てると言うので、それはもったいないと貰って来た。

さてこの板を使って何を作ろうかと思案。

家の前に塀でも・・・と思いついた。

↓ 現状がこれ

Hei123

3_20210526103501

↓ D I Y 後

Hei11 Hei12

Hei1Photo_20210527084801

どうですか! 見違えるようにきれいになったでしょう!

しかしここまでくるのに3か月ほど費やした。

若い時とは大違い、根気が続かずちょっとやっては又明日、ちょっとやっては又明日。

今回大活躍したのが充電式の電動ドライバー、これがなければできてない。

便利な道具ができたものだ。

より以前の記事一覧