Jou光

  • 親父
    彼は子供の時から絵が上手いと、親の欲目で思っている。目の前でさらさら描かれると、ついつい感嘆してしまう。世の中いっぱい絵の上手い人はいるが、この道で飯が食えるのはスポーツ選手と同じで極一部。でもとにかく趣味でも良いから絵を描くことは続けて欲しいと願っている。

春爛漫

  • ぼけの花
    柿茶の里は徳島県美馬郡つるぎ町に位置する。柿の葉の生産農家へ毎年春と秋に行く。春はことさら美しい。桜が咲き乱れ山の木々が新緑に包まれる。澄んだ青空に身も心も洗われる気がする。

アユタヤ遺跡

  • Pict0266
    1491年に建てられた王族の守護寺院。3つの大きな仏塔には、ラーマティボディ2世と父、兄の遺骨が納められています。 寺院ではありますが僧は居住せず、王の礼拝堂として王族の儀式に使用されていました。この寺院もまた、1767年ビルマ軍により破壊され、16mあったという金で覆われた仏像も金を奪われた後、壊されてしまいました。

暁の寺院 タイ

  • Pict0350
    トンブリ王朝時代の守護寺で最高位の寺院とか。きらきらと輝く陶器の破片に覆われた高さ約79mの大仏塔は、ラマ3世により5年がかりで改装された。朝日を浴びた大仏塔の神々しい姿が”暁の寺”の名前の由来。

ワット・ヤイ・チャイ・モンコン

  • Pict0201
    セイロンへの留学から戻ってきた僧侶のために、1357年初代王ウー・トーンが建立しました。仏教寺院は瞑想の場として使用されていました。現在も多くの仏教徒が訪れ、週末は観光客でにぎわいます。

水上マーケット

  • Pict0116
    ダムナン・サダックの水上マーケット。その昔、”東洋のベニス”と言われたバンコクでは、日常的商取引には運河が利用されてきた。水上マーケットは、古き良き時代の情緒溢れるバンコクの生活を体感させてくれる。 

2008年7月 タイ王宮

  • Pict0429
    白壁に囲まれた20万㎡の敷地内には、1782年に建設された国王の宮殿、即位式の建物、王室守護寺院のエメラルド仏寺院などチャクリー王朝歴代の王により建造・改築された建物が建ち並んでおり、ラマ8世までは実際にここに住まわてていたとか。

涅槃寺

  • Pict0386
    タイ語で Wat Pho(ワット・ポー)と呼ぶこの寺は、ラマ1世が建立したバンコク最大の境内を持ち、バンコク最古の歴史を持つ寺院。本堂には写真のようなリクライニング・ブッダの愛称で親しまれている寝釈迦仏が横たわる。足の裏には螺細細工でバラモン教における108の宇宙観が表現されていると言う。

最近のトラックバック

2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

金魚

  • 金魚

ウェブページ

神々のいる風景

神野(かんの)神社

満濃池のすぐそばにある神社

Img01616_hdr Img01618_hdr

神野神社は満濃池の守護神として奉斎され延喜式内讃岐24社のひとつに数えられた古社。

祭神は天穂日命 水波能売命等四柱がある。

正治元年(1199年)2月12日矢原庄司義宗によって再建以来6回にわたる池普請の度ごとに社殿の造営が行われ昭和28年の満濃池拡大工事によって現在地に遷座した。

社前の石造鳥居は文明二年(1470)の建造でまんのう町内最古の鳥居。

神社から満濃池が望める。

Img01619 Img01623

↓ 狛犬

Img01622_20210927104601  Photo_20210927104301

茅部神社

岡山県真庭市蒜山西茅部1501 にある神社
ネットによると、
古くは天磐座(あまのいわくら)、十二所権現社ともいわれた歴史ある社。
4月中旬には、石の大鳥居から神社までの参道約1kmを美しい桜並木が彩り、蒜山の桜の名所にもなっています。
茅部神社の参道にそびえる、高さが13mもある巨大な明神型石鳥居は日本一の規模を誇り、真庭市の指定文化財にもなっています。文久3年(1863)、当時の氏子が日本一の石鳥居を作ろうと資金を集め、岩倉山から花崗岩を切り出して3年かけて完成させました。

Img_1586Img_1587

↓ 本殿

Img_1588

↓ 本殿の前にあるのはおキツネさん

Img_1593

稲荷神社でもないのに・・・何故?

この神社の裏側から天の岩戸への遊歩道があるが、コロナの緊急事態宣言が出ているためか立ち入り禁止になっていた。

↓ 天の岩戸への道

Img_1599

この手前に足王神社がある ↓

 Img_1595

説明看板に曰く、

ようこそ蒜山の茅部神社に御参拝になりました。天の岩戸登りは皆さんの手足を常日頃お守り下さる足王神社に先ず参拝して、手足の健康を祈念して登りましょう。遠望豊かな広大な高原と美しい山並み,空気を味わって下さい。

↓ 山門には普通の狛犬がある

Img_1603  Img_1604

↓ 明神型石鳥居 高さ 13m

Photo_20210908123201

琴弾八幡宮

銭形砂絵で有名な琴弾き公園の近くにある神社。

Img00720

↓ 山門

Img00721_hdr

↓ 山門をくぐると石段が続く、実に長い階段だった。

 本殿まで辿り着き神主に聞くと 381段もあるという。

Img00722

本殿までの途中に多くの境内社がある。

↓ 船霊大神

Img00725

↓ 須賀神社

Img00727_hdr

↓ 稲荷神社

Img00729_hdr

↓ 木乃鳥居 

源氏方は元暦二年(1185)義経が屋島合戦に勝利し更に平家追討の成功を祈願して当社に神馬「望月」とこの鳥居を奉納した。

Img00726 Img00730

↓ 宮阪天神

Img00735

↓ 高良神社・松童神社

Img00736

↓ 風之神社

Img00737_hdr

↓ 藏谷神社(祭神・少彦名神)

 Img00741_hdr

↓ 五所神社

Img00740

↓ 青丹神社

Img00744_hdr

↓ 本殿

Img00759_hdr

この神社が源平屋島合戦と縁があるのを看板で知った。曰く、

源平屋島合戦は「吾妻鏡」によると寿永四年(1185)2月19日から3日間の戦いだったとされている。

ここ琴弾山がこの合戦で源氏の勝利にゆかりの地であることを知る人は少ない。

アト略 ↓

Photo_20210607151101 

瀧宮神社

香川県観音寺市大野原井関にある神社。

車で通りかかり見つけたので寄ってみた。

Img00717_hdr

↓ 本殿

Img00714_hdr Img00715_hdr

この神社をネットで調べたが情報は得られなかった。

神社の説明ではないが「瀧宮神社の森」の看板があって曰く、

井関池の上流に位置する神社の社叢林で全体としてはツブラジイを主体とした照葉樹林(森林の群系の一種で温帯に成立する常緑広葉樹林の一つ) といえる。

主体をなすツブラジイ は 胸高幹囲2m以上のもの(推定 200~300年)が10本以上ありアラカシ、エノキ、ヤマモモ、クロガネモチもこれに劣らない。

またクスノキ、サカキ、タイミンタチバナもそれぞれの種としては巨木の部類に入る。

特に タイミンタチバナは古い植生分布の名残りとして学術的な価値が高い。

ちなみに、ツブラジイは関東以西の本州、四国及び九州に見られる代表的な常緑広葉樹。

類種のスタジイと併せて一般に椎の木と呼ばれる。庭木として江戸時代から防火用として垣根などに多用され、現代においても大きな屋敷や寺院にその名残が見られる。

また、 タ イミンタチバナは、海岸付近及び内陸部の林縁に生える常緑小高木。種子島では、立春のころには、葉腋に穂状花序を出し小さい花を密に咲かせる。

勉強になった。

重要文化財 瀬底土帝君

土帝君は中国古来の土地にまつわる神様のひとりで、一般に土地神様と呼ばれる。

瀬底島における土帝君信仰は、上間家二世・健堅親雲上(きんきんぺーちん、1705~1779年)が若い頃、山内親方に随行して清国に渡った際に農神土帝君の木像を請じて祈ったのが始まりと言われている。

自然林を背に、珊瑚岩を用いて整然と区画された一画に本殿,拝殿が建ち、庭、石段、炉、石垣で構成される。

本殿及び拝殿の軸部石組等の状態から18世紀中頃の造営と考えられ、沖縄本島を中心に各地に存在する土帝君のうち最大級。

土帝君信仰に関する建造物の形態を良く保つ代表的な遺構として貴重なものである。

毎年旧暦2月2日に祭礼(土帝君正月)が行われる。

↓ 本殿(イビ)

Img00192

Photo_20210524111201

瀧宮神社(牛頭天王社)

滝宮天満宮のとなりにある神社。

■主祭神は建速須佐之男命。

■ 由緒

和銅2年(709年)行基菩薩が 当国へ奉勅下向の時、阿野の川辺に岩窟の霊区 ( 神仏の霊験あらたかな地)を感じ、一宇( 一棟  の家 )を建て巌松山綾川寺龍燈院と号した(自ら言い広める)。

当社は古くから滝宮の産土社(土地の守り神様)として里人の崇敬が厚く、往古(大昔)より牛馬の守護神として県内外から参拝し牛馬安全を祈願する人々が多い。

また「滝宮念仏踊り」の起社としての姿もとどめていて、毎年8月25日に行われる滝宮念仏踊は国の重要無形文化財にも指定されている。

滝宮天満宮と合わせて滝宮両社と呼ぶ。

↓ 神社正門

Img_0734

↓ 門を入ると

Img_0737

↓ 本殿

Img_0741

牛馬の安全を祈願すると由緒に書いてあったので、牛の像があったのは納得。

でも 神社の狛犬は入って来る人を睨みつけているが、ここの牛はお尻を見せている・・・何故かな~ぁ?

Img_0745 Img_0746

■ 滝宮の念仏踊 さぬき歴史文化探訪ナビ より

菅原道真への感謝と五穀豊穣を祈念して、瀧宮神社と滝宮天満宮に奉納する踊り。

かんばつの時には雨乞い踊として踊られる。

平安時代に讃岐の大旱魃を雨乞いにより救った菅原道真が亡くなった後、鉦や太鼓を打ち鳴らし冥福を祈ったことが由来とされる。

踊りが始まる前には奴行列があり、棒突(ぼうつき)、大傘(おおがさ)、長刀、貝吹(かいふき)などと踊り組が行列を組んで神社へと入る。

踊り組は各集落単位で構成され計11組あり、毎年3組が順番に踊りを奉納する。

そして5年目には全組が集まり踊る、総踊りが行われる。

Photo_20210507132501 

↑ 写真は「さぬき歴史文化探訪ナビ」より借用

御崎宮(おんさきぐう)

榊原病院の北側にラムーというスーパーマーケットがあり その横から旭川の土手に抜ける道沿いに「御崎宮」がある。

Img00454_hdr1 Img004551

由緒を調べると、

この神社は『吉備温故秘録』(江戸時代に編纂された資料集・記録簿)によると出雲国日御碕神社から勧請したという。

創立年代は不明だが 御野の産土神として古くから崇敬せられ、明治6年「郷社」格となった。

元々は現在の岡山市中島に鎮座していたが、天正年間に宇喜多秀家が岡山城城下に引水するため、社地が川敷きになるので現在地に御遷宮された

社殿は嘉永10年に再建した権現造りで、随神門は天保年間の再建である。

縁結びの神様だそうな。

高屋神社

高屋神社は最近有名になった「天空の鳥居」がある神社。

天空の鳥居は正月に息子と車で行ったが、今回は稲積山の麓から歩いて登りたいと思った。

↓ 登り口(黒矢印)に車を駐車、まずは赤矢印のふもとの高屋神社を目指す。

Photo_20210301161901

↓ 麓の鳥居から稲積山の山頂が見える

Img_9212

↓ ふもとから 小さく小さく天空の鳥居も見える

Img_9218

↓ ふもとの高屋神社

Img_9228

祭神はニニギミの命・保食命(ウケモチノミコト)・咲夜比女命(サクヤヒメノミコト)で延喜式の神名帳(平安時代)に「讃岐国刈田郡高屋神社」とあり、延喜式内社讃岐二十四社のひとつ。

この神社は当初稲積山山頂にあったのを1600年頃に山の中腹に移し、さらに1760年頃に山麓に移したが、里人はその祟りを恐れ1831年に山頂の旧地に再び本殿を造営した。山の名前を取り「稲積社」とも呼ばれる。

↓ 境内の裏から山頂への道が続く

Img_9233

↓ 赤矢印がふもとの高屋神社

Photo_20210302112001

↓ 土日祝日はJR観音寺駅から登り口のここまでバスが運行されるらしい。

Img_9236

↓ 急な坂道が始まる

Img_9238

↓ 山道をしばらく辿ると中腹に、「高屋神社社中の宮」の鳥居があった。

Img_9245

↓ こんな道がずっと続く

Img_9252

↓ やっと後鳥居まで真っ直ぐに続く石階段に到達

Img_9272

Img00093

↓ 鳥居に到着

Img00680

↓ 山頂にある高屋神社

Img_9283

↓ 石段のど真ん中にゆるぎ岩、ゆるぎ岩の名前はあちこちにあるみたい。

Img_8617_20210303091701 

剣山大権現

↓ 剣山大権現

Img_8506
大正13年造営

何分にも高山にあるため雨霧や特に冬の氷雪により腐朽しやすく、その維持保存に要する補修費に苦労しているので応分の御芳志を頂けたら・・・のお願い文が貼ってあった。

Img_8516

Img_8511 

↓ 剣の山々

Img00669 

御供所におわす神々

毎日の散歩コースで御供所を通る。

ちなみに「御供所」の地名由来を調べたら、坂出市のホームページに載っていた。曰く、

景行天皇の御代武殻王が大きな悪魚を退治して城山に留まり、当地方を治められたが 讃岐国内御巡視の途中、聖通寺山・東北道の海岸で病になった。その時里人が看護を申し出、麦をかもして酒を造って差し上げたところ元気を取り戻され、この里人を鵜足郡へ向かわせられた。これにより,この地を御供所というようになったと伝えられる。また,里説には崇徳上皇御配流の時,このことがあって御供所となったとも云われる。
明治の頃まで,この御供所に麦酒を造る風習が残っていたが,その始まりは今のところわからない。

散歩コースを少し外れ、山の方に行ってみたら神社を見つけた。

↓ 荒神社

Img00099

そのすぐ近くに「御供所八幡宮」↓

Img00100 Img00103_hdr

さらに行くと「常盤神社」 ↓

Img00107 Img00111_hdr

常盤神社 由来

天保八年(1837)常盤権現として創建された。

口承では高松藩九代藩主・松平頼恕(父は水戸徳川藩主)が坂出大浜塩田の安全と繁栄を願って塩田を見下ろす西のこの地に常盤神社として創祀させた。
また天保大飢饉のさなか高騰した米価の引き下げ要求(米騒動)をして処刑された人々を御供所氏子と塩田の浜子達が祀った。

昔はここから塩田が広がる風景が見えたに違いない。

今は埋め立てられて番の州工業地帯が広がる風景と様変わりした。

より以前の記事一覧