Jou光

  • 親父
    彼は子供の時から絵が上手いと、親の欲目で思っている。目の前でさらさら描かれると、ついつい感嘆してしまう。世の中いっぱい絵の上手い人はいるが、この道で飯が食えるのはスポーツ選手と同じで極一部。でもとにかく趣味でも良いから絵を描くことは続けて欲しいと願っている。

春爛漫

  • ぼけの花
    柿茶の里は徳島県美馬郡つるぎ町に位置する。柿の葉の生産農家へ毎年春と秋に行く。春はことさら美しい。桜が咲き乱れ山の木々が新緑に包まれる。澄んだ青空に身も心も洗われる気がする。

アユタヤ遺跡

  • Pict0266
    1491年に建てられた王族の守護寺院。3つの大きな仏塔には、ラーマティボディ2世と父、兄の遺骨が納められています。 寺院ではありますが僧は居住せず、王の礼拝堂として王族の儀式に使用されていました。この寺院もまた、1767年ビルマ軍により破壊され、16mあったという金で覆われた仏像も金を奪われた後、壊されてしまいました。

暁の寺院 タイ

  • Pict0350
    トンブリ王朝時代の守護寺で最高位の寺院とか。きらきらと輝く陶器の破片に覆われた高さ約79mの大仏塔は、ラマ3世により5年がかりで改装された。朝日を浴びた大仏塔の神々しい姿が”暁の寺”の名前の由来。

ワット・ヤイ・チャイ・モンコン

  • Pict0201
    セイロンへの留学から戻ってきた僧侶のために、1357年初代王ウー・トーンが建立しました。仏教寺院は瞑想の場として使用されていました。現在も多くの仏教徒が訪れ、週末は観光客でにぎわいます。

水上マーケット

  • Pict0116
    ダムナン・サダックの水上マーケット。その昔、”東洋のベニス”と言われたバンコクでは、日常的商取引には運河が利用されてきた。水上マーケットは、古き良き時代の情緒溢れるバンコクの生活を体感させてくれる。 

2008年7月 タイ王宮

  • Pict0429
    白壁に囲まれた20万㎡の敷地内には、1782年に建設された国王の宮殿、即位式の建物、王室守護寺院のエメラルド仏寺院などチャクリー王朝歴代の王により建造・改築された建物が建ち並んでおり、ラマ8世までは実際にここに住まわてていたとか。

涅槃寺

  • Pict0386
    タイ語で Wat Pho(ワット・ポー)と呼ぶこの寺は、ラマ1世が建立したバンコク最大の境内を持ち、バンコク最古の歴史を持つ寺院。本堂には写真のようなリクライニング・ブッダの愛称で親しまれている寝釈迦仏が横たわる。足の裏には螺細細工でバラモン教における108の宇宙観が表現されていると言う。

最近のトラックバック

神々のいる風景

三寳荒神

江尻町あたりを一日8,000歩達成のため歩いていたら神社を見つけた。
その名も三寶荒神 社
ああああああああああああああああああああああああああああああああ
20190314_1014102
ああああああああああああああああああああああああああ
Photothumb1
ああああああああああああああああああああああああああああああああ
「荒神」は火の神・火伏せの神で台所の神様。三宝荒神とも言う。
「荒ぶる神」とする解釈もあり、民俗信仰や神道・仏教が混淆して生まれたもので、解釈は多様。
「幸神」という表記は東京に「幸神(さじかみ)神社」があるのみで、「幸神」と書いて「こうじん」と
読む例は見当たらないと言うからびっくり。

金山神社

江尻町の柿茶本舗の事務所の窓越しにいつも見える金山。

一度、送電線づたいに獣道を登ったことがある。

かなり険しい道だったように記憶している。

今回は金山ニュータウンのある広い道からのぼった。

金山に前田 宗一氏が代表を務める「香川県資源研究所」の施設”けいの里”があると言う。

そこを見学する機会を得た。その近くにあったのが金山神社。

こんなところに神社がある なんて・・・。

1

4

神社の入り口にも鳥居があるはずと、下って行ったら見覚えのある所に辿り着いた.

そこは八十場のところてん”清水屋”がある場所だった。

へぇ~ここから上って行くんだぁ~。

3

ネットより、

この神社は、白峰宮の背後にある金山の山麓に鎮座する。

ここへの上り口は、八十八名物ところてん清水屋に隣接する墓地横にある。

ここを上ってゆくと金山神社。

鳥居をくぐると、瑠璃光寺と書かれた小さな建物が見えてくる、

金山神社はこの裏手の少し高いところ。

神社の建物というより、地蔵堂といった感じ。

その昔江尻村の春市や夏祭りは、山の金山市と海のお恵比須さんに代表され、金山市には、招待したお客さんと共に家庭の自慢料理の押抜寿司や酒肴を持寄して金山神社に参詣し、ワラビや春欄つつじの花に囲まれ、小鳥の囀りを聞きながら野外食を楽しみました。

金山神社は、金山の神であり、旧江尻村の守護神でもあります。

又どんな日照りの年でも一度も渇れたことのない江尻の命水の水源の守り神でもある。

↓ 瑠璃光寺

Photo

宮處八幡宮

香川県高松市前田西町512番にある神社。

秋分の日の墓参りのついでに寄った神社。

↓ 本殿は遥か向こう

20180924_122142

20180924_122829

由緒

仁徳天皇の御世、中臣宮處氏の祖、中臣連大小橋臣の子、静子臣、応紳天皇の御神霊を奉斎して宮所神社と奉称せるに始まる。

旧くは当地を美也止古路と云い、郷名を宮處と記せしなり。景光天皇の皇子、神櫛櫛王の居住せられし処という。

20180924_122911

20180924_12323920180924_123233

20180924_1220180924_11_2













20180924_122934

↓ お彼岸とて彼岸花が真っ盛り。

20180924_123433

広島の神々

↓ 釜の越を過ぎたところにある幸神社

Dsc05017

↑ こんな鳥居ちょくちょく見かける。

Dsc05022

Dsc050251Dsc050241

↓青木にある厳島神社 

Dsc050681

Dsc05073

Dsc05076

Dsc050711Dsc050721

広島県で有名な宮島の厳島神社の分院らしい。

同じ広島の名にあやかって分院を建てたのだろうか?

伊勢神宮(内宮)

20年に一度の式年遷宮が平成25年(2013年)に行われた伊勢神宮へ行ってきた。

遷宮前には何回か参拝した事があったが、遷宮後は初めて。

5月13日から15日まで、伊勢のおかげ横丁で”第8回おかげ杯囲碁トーナメント戦”の観戦の機会を得て、行って来たもの。

あいにくの雨模様だが、土曜日の休みとあって内宮は大勢の参拝客であふれていた。

↓ 鳥居の向こう・宇治橋を渡ると宮域

Img_4381Img_4224

↓ 神楽殿

Img_4231

説明看板より

皇大神宮(内宮)

御祭神 天照大御神

御鎮座 垂仁天皇二十六年

天照大御神は皇室の御祖神であり 歴代天皇が厚くご崇敬になられています

また私たちの総氏神でもあります

約二千年前の崇神天皇の御代に皇居をお出になり 各地をめぐられたのち この五十鈴川のほとりにお鎮まりになりました

二十年に一度神殿をお建て替えする式年遷宮は千三百年余り続けられ 平成二十五年十月二日に第六十二回式年遷宮が行われました

Img_42381

神宮には内宮にも外宮にもそれぞれ東と西に同じ広さの敷地があり、

式年遷宮は20年に一度宮地(みやどころ)を改め、古例のままにご社殿やご神宝をはじめ全てを新しくして、大御神に神殿へお遷りいただく神宮最大のお祭りです。

1,300年にわたり繰り返されてきた式年遷宮は、20年に一度造り替えられる

常に瑞々しいご社殿で、永遠に変わらないお祭りが行われることに

大きな意義があります。平成25年には62回目が古式のままに行われました。

Img_43821

↓ 斎館

Img_4393

↓ 瀧祭神(たきまつりのかみ)

Img_4384

↓ 風日祈宮(かざひのみや)

Img_4389

↓ 大山祗神社・子安神社

Img_4395

↓ 神宮司廳+神宮司廳造宮局

Img_4400

何回も内宮へ来たけど、時間がなくて瀧祭神や風日祈神へ参拝する暇はなかった。

今回はゆっくり宮域を散策できて良かった。

↓ ご朱印 えらくシンプル

2

猿田彦神社・佐瑠女神社

パンフレットより

ものごとの最初に御出現になり、万事最も善い方へお導きになる大神。

天照大御神の御孫である瓊々杵尊(ニニギノミコト)が降臨される際、高千穂の峯に導かれ、その後伊勢を本拠の地として広く国土を開拓指導されました。

また倭姫命が神宮鎮祀の場所を求めて諸国を巡礼された折、大田命がお迎えし、五十鈴の川上の地を献上し、神宮が創建されました。

建築、方位除け、災難除け、開運、事業発展、五穀豊穣、大漁満足、家内安全、交通安全、海上安全など、古くから多くの御神徳で知られています。

Img_4346

Img_4345Img_4344


Img_4348

Img_4352

Img_4354

↓ 境内にある佐瑠女(サルメ)神社 

パンフより神社説明

天照大御神が天岩窟に籠もられた際に、神楽をされ、大御神再び現れ、平和な世を迎えることが出来ました。

また天孫降臨に際し、ご一行待ち迎えられた猿田彦大神と最初に対面し、高千穂の峯に至る道を開かれました。

芸能、神楽、鎮魂の祖神として仰がれて来ました。

Img_4369

Img_4347

↓ 5月5日に行われた御田植祭が行われた御神田

Img_4360Photo

日牟禮八幡宮

日牟禮八幡宮(ヒムレ)は、滋賀県近江八幡市の八幡山(約272m)の南麓にある神社。

祭神は

・誉田別(ほんたわけのみこと)

・息長足姫尊(おきながたらしひめのみこと)

・比賣神(ひめかみ)

の三柱。

Img_9310

12月31日のこととて、初詣ののぼりが並ぶ。

初詣ならぬ年末詣でに手を合わせた。

Img_9368

琴平神社

明和七年(1770年)に建立され、明治43年12月、田町百四十番地よりこの地に移転せり。

・祭神 大物主命(大国主命)を氏神とし、蛇神・水神・雷神

商売繁盛・家内安全・無病息災 その外あらゆる悩みの守護神であり、霊験あらたかなる強力な神である。

・・・と。

Img_6380

Img_63829Img_63839

Img_6384

Img_63859

香川大神宮

高松市内で見つけた神社、市内とあって神様も窮屈そう。

Img_6375

Img_6378

住吉神社 at 女木島

女木島にある神社の紹介。

港から洞窟のほうに歩を向けると、その道沿いに鳥居が見えてくる。

鳥居には「住吉太神宮」とある。

Img_5900

Img_5902

Img_59041Img_59051_2

あああああああああああああああ

↓ もうひとつ海岸沿いにある八幡宮

Img_5887

Img_5890

Img_58921Img_58931

より以前の記事一覧

2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

金魚

  • 金魚

ウェブページ