Jou光

  • 親父
    彼は子供の時から絵が上手いと、親の欲目で思っている。目の前でさらさら描かれると、ついつい感嘆してしまう。世の中いっぱい絵の上手い人はいるが、この道で飯が食えるのはスポーツ選手と同じで極一部。でもとにかく趣味でも良いから絵を描くことは続けて欲しいと願っている。

春爛漫

  • ぼけの花
    柿茶の里は徳島県美馬郡つるぎ町に位置する。柿の葉の生産農家へ毎年春と秋に行く。春はことさら美しい。桜が咲き乱れ山の木々が新緑に包まれる。澄んだ青空に身も心も洗われる気がする。

アユタヤ遺跡

  • Pict0266
    1491年に建てられた王族の守護寺院。3つの大きな仏塔には、ラーマティボディ2世と父、兄の遺骨が納められています。 寺院ではありますが僧は居住せず、王の礼拝堂として王族の儀式に使用されていました。この寺院もまた、1767年ビルマ軍により破壊され、16mあったという金で覆われた仏像も金を奪われた後、壊されてしまいました。

暁の寺院 タイ

  • Pict0350
    トンブリ王朝時代の守護寺で最高位の寺院とか。きらきらと輝く陶器の破片に覆われた高さ約79mの大仏塔は、ラマ3世により5年がかりで改装された。朝日を浴びた大仏塔の神々しい姿が”暁の寺”の名前の由来。

ワット・ヤイ・チャイ・モンコン

  • Pict0201
    セイロンへの留学から戻ってきた僧侶のために、1357年初代王ウー・トーンが建立しました。仏教寺院は瞑想の場として使用されていました。現在も多くの仏教徒が訪れ、週末は観光客でにぎわいます。

水上マーケット

  • Pict0116
    ダムナン・サダックの水上マーケット。その昔、”東洋のベニス”と言われたバンコクでは、日常的商取引には運河が利用されてきた。水上マーケットは、古き良き時代の情緒溢れるバンコクの生活を体感させてくれる。 

2008年7月 タイ王宮

  • Pict0429
    白壁に囲まれた20万㎡の敷地内には、1782年に建設された国王の宮殿、即位式の建物、王室守護寺院のエメラルド仏寺院などチャクリー王朝歴代の王により建造・改築された建物が建ち並んでおり、ラマ8世までは実際にここに住まわてていたとか。

涅槃寺

  • Pict0386
    タイ語で Wat Pho(ワット・ポー)と呼ぶこの寺は、ラマ1世が建立したバンコク最大の境内を持ち、バンコク最古の歴史を持つ寺院。本堂には写真のようなリクライニング・ブッダの愛称で親しまれている寝釈迦仏が横たわる。足の裏には螺細細工でバラモン教における108の宇宙観が表現されていると言う。

最近のトラックバック

2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

金魚

  • 金魚

ウェブページ

ぷらりと・・・

屋 島

2月の【3匹の老人会】の山登りは屋島、標高292.1m。

屋島へは何回もいったが歩いて登った事はない。

高松駅からレンタル自転車で屋島の登り口へ。

そこで自転車を置いていくのかと思ったら、仲間の一人が自転車を山頂まで持っていくと言う。

理由は帰りが下り坂で時間短縮になると主張、それもそうだと自転車を押して上る。

その自転車が重い重い!

なんとか喘ぎながら到着、歩数は目標の8,000歩はゆうに超えた。

屋島のイメージは ↓ こんな感じ。

Yasima

横から見ると見事な屋根型、名前の由来でもある。

でも空から見ると ↓ 

Photo_20220214151001

屋根のイメージはない。

写真の一番上が「長崎の鼻」でその近くにペリー来航以降 外国船の監視と防備のための砲台があった跡がある。

この屋島に築かれた山城が屋島城で、天智6年(667年)に築かれたと日本書記に記されている。

このお城は当時勢力の強かった中国の唐や朝鮮の新羅からの攻撃に備えて築城され、この屋島が九州から瀬戸内海を通って大和・今の奈良に至る海路の重要な要衝だった事が分かる。

大和朝廷の命を受けた百済からの渡来人が築城したと思われる朝鮮式山城の水門跡や石塁が今も残っている。

また唐招提寺を開いた鑑真和上が天平勝宝6年(754年)に大和に向かう途中、暴風雨にあって屋島北嶺に上陸しお堂を建てたと言い伝えのある千間堂跡があるが、今は湿地になっている。

Photo_20220215123901

山頂に着くと広い駐車場がある。

昔は無料だったが山頂までの道路を無料にしたかわりに有料となった。

駐車場(写真右端)から北嶺(矢印)まで歩いてみようとなった。

Photo_20220215132801

北嶺まで往復 5Km弱、右と左,真ん中と3本の道がある。

左右の道は舗装され良き散歩道となっているが、周りは木立が邪魔して海がちらっと見えるだけ。

そんな不満を解消すべく、2~3ヶ所に viewpoint を配置してくれている。

↓ そこからの景色ひとつがこれ

Img03336

↓ 遊鶴亭に到着、瀬戸内海の絶景がパノラマに展開、来た甲斐があった。

Img03332

遊鶴亭からはるか下に長崎の鼻が見える ↓

Img03324

さすが長崎の鼻まで下って登ってくる元気は3人ともなかった。

↓ 五剣山を左手にみながら急こう配の坂道を自転車で下った。

Img03342

位置エネルギーを最大限に利用したかったけど、さすがにそれは無理、キィキィ泣くブレーキが壊れはせぬかと心配しながら無事降りて来た。

楽しい一日だった。

 

ミステリー坂 屋島

屋島山頂へ至る道路にミステリー坂がある。

 ↓ 下っているように見えるけど実際は上っている。それでここをミステリーゾーンと呼ぶ。

3_20220213182201

Photo_20220213110001

直線の坂道で途中で傾斜が変わると錯覚でそう見えるんだそうな。傾斜の違いが大きいほど錯覚が大きくなる。

難しい言葉で「縦断勾配錯視」と呼ぶ。

この道路は 傾斜 1° の坂道が160m続き、そこから 傾斜 5° の坂道が200m 続く。4°の違いがその錯覚を生む。

この道は車で何回も通った事があるが、今回は自転車で山頂まで行った。もちろん自転車を押して。

この坂に差し掛かった時、試してみた。下りだとペダルをこがなくても進むはずなのに・・・

ミステリーを体感した。

瀬戸内海クルーズ船の旅 その5(本 島)

本島に上陸してまず向かったのは塩飽勤番所跡

Img_3894

塩飽全島は大小28の島々が散らばる1250石の領土で、豊臣時代以降 人名(にんみょう)と称する幕府の船方650人が共有することとなり、最初は4人の年寄が交代で自宅に領知所有の朱印状を保管して塩飽jに関する一切の政務を行っていた。

しかし寛政の初めに行われた島治改革を機に寛政10年(1798)に勤番所を新築し、ここに人名の中から選ばれた3人の年寄が交代で政務を執るようになった。

現在のこの建物は1860年に改築されたもので、明治以降は村役場、丸亀市に編入されてからは市役所の本島支所として1972年まで使用されていたが、昭和45年(1970)国指定史跡となってから1977年に復元修理が行われた。

↓ 門を入ると

 Img_3891

↓ 朱印状を石櫃に入れて保管していた朱印庫

Img_3887

かってこの中に信長、秀吉、家康の朱印状が保管されていたとか。

この勤番所へ来る途中に岡山へ行くマリンライナーからも見える巨大な建物・天理教 本島大教会がある。

↓ 立派な門に立派な建物

Img_3875 Img_3874

本島はみかげ石(花崗岩)を石材として産出した島としても知られ、大阪城や江戸城の城郭の石垣石として使われていた。

石垣に刻まれた五種類の刻印が高無坊山に49個残っている事からその事実が判明した。

Img_3869 Photo_20220128144201

本島の見学も終わり無事高松港に帰って来た。

朝方晴れていた天気もだんだんくずれ帰宅する頃には雨になっていた。

瀬戸内海を満喫できたクルーズ船の楽しい旅だった。

クルーズ船の旅、終わり

瀬戸内海クルーズ船の旅 その4(ブイブイアート)

粟島には古くなった漁具のブイをアート作品にして観光客を楽しませている。

粟島港にもあったが島内には随所に作品を置いている。

Img_3780Img_3806_20220124105501

Photo_20220124105301 2_20220124105301

作品を展示した本格的な所がブイブイガーデン

地上からでも行けるが、粟島港から上新田港までチャータ船で行く。

ブイブイガーデンは、スクリューの形をした粟島の東、ちなみに真ん中あたりが粟島港。

Photo_20220124111201

まぁ~いっぱいあるはあるは!

Img_3829 Img_3837

Img_3820 4_20220124110901

漫画チックな作品もあって見ているだけでほのぼのしてくる。

誰がブイを使ってこんな作品を作り始めたのだろうか?

クルーズ船の旅、つづく

瀬戸内海クルーズ船の旅 その3(漂流郵便局)

昼食を食べて向かったのは漂流郵便局。

Img_3753 Img_3754

この郵便局は2013年に開催された瀬戸内国際芸術祭の作品のひとつで、芸術家・久保田沙耶氏が制作した。

旧粟島郵便局舎を利用した宛先不明の手紙やはがきが集まる郵便局。

芸術祭の期間、久保田氏がこの漂流郵便局の「局員」を務め、かつて実際に粟島郵便局で局長を務めていた中田勝久氏が漂流郵便局の「局長」に就任した。

中田氏はこの島の住民でなくこの日のツアーに合わせてクルーズ船旅主催者が呼んでくれていた。

前に粟島に来た時は芸術祭でもなかったので郵便局は閉まっていて中には入れなかった。

中にはいるとおびただしい数の手紙やはがきが所狭しと置かれていた。

Img_3766 Img_3765

↓ 中田 漂流郵便局長

Img_3761

↓ 久保田氏の本

Photo_20220122144001

↑ TBSの番組あさチャン! で紹介されたらしい。

 漂流郵便局が本になりました、心をゆさぶる 69 通の手紙

 返事はないとわかっていても想いを伝えたい人、あなたにもいませんか?

↓ こんなスナップ写真も飾られていた

Img_3774

知らなかったが今年1月1日にBS日テレで放映された『絶景!瀬戸内アート旅』の番組収録時、この郵便局に立ち寄った北川 景子さん。

Photo_20220122144801

↓  やくみつる氏もここを訪れたようで、

粟島の漂流郵便局で百歳の自分に葉書を投函。2014年の夏をあの世で懐かしんでいるのかしらん。 みつる

Img_3758

下のパンフレットに いつかのどこかのだれか宛の手紙を出したい人は・・・の方法が書いてある。

ひとつは、〒769-1108 香川県三豊市詫間町粟島1317-2 漂流郵便局留め 〇〇〇〇様 で投函するか

または第2・第4土曜日 13:00~16:00 の粟島漂流郵便局営業時間内に中にあるポストに投函するか。

1_20220123103401 2_20220123103401

↓ 中にあるポストがこれ

Img_3776

クルーズ船の旅、つづく

瀬戸内海クルーズ船の旅 その2(ル・ポール粟島)

粟島上陸後すぐ向かったのは昼食場所である「ル・ポール粟島」。

Img_3732Img_3734

昼食代金はツアー料金に含まれている、それでレストランの中に入るともう準備が整っていた。

グループごとに席を違えて黙食、一人ツアー客も多く私もそのひとりで知らない人とアクリル板を隔てて同席。

Img_3695

↑ まぁ~無難な会席料理

黙々と食し、誰の気兼ねも要らないのでいつもの早食いで一番にレストランを出た。

すぐ隣の国立粟島海員学校跡の校舎を見学する。

Img_3715_20220120151601 Img_3714

↓ 中に入るといかにも学校! って分かる廊下

Img_3699_20220120152601

何故か学校に懐かしい映画のポスターがあった。

昔よく見た、高倉健・鶴田浩二、今も愛してやまない吉永小百合さんがいた。

Img_3702

Img_3719

↓ 校歌

Img_3701

玉藻よし讃岐の島よ

粟島は 名にこそおえれ

われらいま 学びの海に

船脚を そろえて進む

胸に満つ 潮の香高く

いざ望み かかげてゆかん

レストランから出発する時、お店の人がハンドベルで見送りしてくれた。感動!

Img_3747

クルーズ船の旅、つづく

瀬戸内海クルーズ船の旅

JR四国ジパング俱楽部が主催する瀬戸内海クルーズ船の旅に参加してきた。

コロナ禍とて30人くらいの少人数で4回に分けて募集された。

流石の1回目から3回目には申込が遅すぎて参加できず、一番最後の12月12日になった。

船は六口丸海運有限会社が運行する『ムクジマルホープ』 普段は 児島観光港から本島港をつなぐ連絡船。

その船をチャータしたらしい。

Img_3589Img_3592

高松港を出港しノンストップで粟島へ、そこで昼食と観光して再び船に乗り本島へ上陸、

塩飽勤番所跡などを見学して高松まで帰っくるコース。朝9時に出発、16時半頃高松港着桟予定。

当日予定通り出港した船は女木島を左手に見ながら航行し、男木島が見えると取り舵をきって左折。

観光船とて男木島灯台を見せるためだ。

↓ 男木島

Img_3600_20220120112901

↓ 男木島灯台

Img_3603

この男木島灯台には二つの特記事項がある。

一つは 1957年公開の木下 恵介監督の名作「喜びも悲しみも幾歳月」のロケ地となった事。

もうひとつはこの灯台は日本に3つしかない総御影石造りの灯台であること。

それで日本の灯台50選にも選ばれている文化的価値の高い灯台。

高さ14m、庵治石で造られ、1895年12月に設置された。

船は西に西に進路を取りやがて大槌島・小鎚島の間を抜ける。

↓ 大槌島

Img_3614_20220120114701

大槌島をこんなに間近で見たのは現役時代の試運転船以来だ。

↓ 瀬戸大橋の真下をくぐる

Img_3629Img_3646_20220120115501

↓ 途中丸亀港から本島行のフェリーに出会う

Img_3653_20220120135401

↓ 粟島着

Img_3662

粟島総合開発センター前の歓迎モニュメント ↓

Img_3664 Img_3667

写真右に「ピンコロ地蔵」がある、百になってもピンピンと生きコロリと死ぬ!

いいね! 深く祈りをささげて来た。

粟島には使い古しのブイで作った作品があちこちで見かける。

港にもある ↓

Img_3668

↓ 粟島地図

20220120143408884_0001

クルーズ船の旅 つづく

ご参考 ↓

 

 

ウインターファンタジー

国営さぬき満濃公園で2021年11/27日から2022年1/10日までイルミネーションイベント「ウインターファンタジー」が開催された。

12_20220121154301 1_20220121154301

2022年1月31日付けの四国新聞によるとこの期間の累計来園者は16万人となり過去2番目に多かったそうな。

デルタ株が終焉に向かいオミクロンがまだ出始めた頃だったので、イベントに飢えていた県内外のお客がどっと押し寄せた感じ。

↓ シンボルツリー 10mの光の塔

Img02795

↓ シャンパングラスタワー

高さ5m、4,900個のグラスが使われている

Img02797_hdr Img02830_hdr

↓ 昇竜の滝 落差9mの滝をライトアップ

Img02798_hdr

Img02803_hdr Img02822_hdr

 Img02835_hdr Img02842_hdr

ただただ幻想的としか言えない、大感動の光のパノラマだった。

心経山(しんぎょうざん)

10月度【3匹の老人会】山登りは、丸亀市にある広島の心経山・標高 213m。

甲路の登山口より登る。

Photo_20211025114901

Img_3083 Img_3085

↓ 山頂近くの大師堂

Img_3095-2Img_3096

2_20211025140001 Img_3099

↓ 大師堂を裏から見た

Img_3102

↓ 最後の頂上

Img_3106

↓ 登頂

Img_3129 Img_3114

ここからぐるりと瀬戸内海の美しい風景が見渡せる

Img_3131

低い山だが見晴らしは抜群、先月登った王頭山よりずっといい。

王頭山 at 広島

9月度【3匹の老人会】山登りは、丸亀市にある広島の王頭山・標高 312m。

20210921103333808_0001

丸亀港から広島 → 小手島 → 手島 行のフェリーに乗った。

↓ 広島の江の浦に到着

Img_1923

ちょうどこの日は広島のゴミの収集日とかで車両甲板はゴミ収集車で満車だった。

↓ 王頭山 遠景

Img_1934

塩飽諸島の最高峰で山頂付近には花崗岩の風化と浸食によってできた「王頭砂漠」と呼ばれる地質学的に貴重な場所がある。

周囲の木々といくつもの自然石が今にもころがりそうな景観はまるで空中庭園のようです。・・・地図パンフより

フェリーを降り王頭山をめざす。

↓ 登り口に竹の杖があったので借用

Img_1939

山頂までかなり勾配がきつく、おまけに最近はだれも登らないのか 道らしき道も草木で覆われていた。

何とか休み休み・・・休み、登頂できた。

テレビで良く見る何千メートル級の登山に比べると ”へ” みたいなものかも知れないが、私の今の歳とこの心臓では同じ価値がある。

↓ 王頭砂漠(天空の庭園)

Img_1946 Img_1943

↓ 山頂は木々が茂り景色は見えない

Img_1941

何とか今回も登れてやれやれだった。

ただ帰りはフェリーが13時40分発で、それを逃すと16時40分までないと知り、下りは大急ぎ。

下りに強い私でも相当きつい山下り、足がガクガク・・・。疲れた~あ!

より以前の記事一覧