Jou光

  • 親父
    彼は子供の時から絵が上手いと、親の欲目で思っている。目の前でさらさら描かれると、ついつい感嘆してしまう。世の中いっぱい絵の上手い人はいるが、この道で飯が食えるのはスポーツ選手と同じで極一部。でもとにかく趣味でも良いから絵を描くことは続けて欲しいと願っている。

春爛漫

  • ぼけの花
    柿茶の里は徳島県美馬郡つるぎ町に位置する。柿の葉の生産農家へ毎年春と秋に行く。春はことさら美しい。桜が咲き乱れ山の木々が新緑に包まれる。澄んだ青空に身も心も洗われる気がする。

アユタヤ遺跡

  • Pict0266
    1491年に建てられた王族の守護寺院。3つの大きな仏塔には、ラーマティボディ2世と父、兄の遺骨が納められています。 寺院ではありますが僧は居住せず、王の礼拝堂として王族の儀式に使用されていました。この寺院もまた、1767年ビルマ軍により破壊され、16mあったという金で覆われた仏像も金を奪われた後、壊されてしまいました。

暁の寺院 タイ

  • Pict0350
    トンブリ王朝時代の守護寺で最高位の寺院とか。きらきらと輝く陶器の破片に覆われた高さ約79mの大仏塔は、ラマ3世により5年がかりで改装された。朝日を浴びた大仏塔の神々しい姿が”暁の寺”の名前の由来。

ワット・ヤイ・チャイ・モンコン

  • Pict0201
    セイロンへの留学から戻ってきた僧侶のために、1357年初代王ウー・トーンが建立しました。仏教寺院は瞑想の場として使用されていました。現在も多くの仏教徒が訪れ、週末は観光客でにぎわいます。

水上マーケット

  • Pict0116
    ダムナン・サダックの水上マーケット。その昔、”東洋のベニス”と言われたバンコクでは、日常的商取引には運河が利用されてきた。水上マーケットは、古き良き時代の情緒溢れるバンコクの生活を体感させてくれる。 

2008年7月 タイ王宮

  • Pict0429
    白壁に囲まれた20万㎡の敷地内には、1782年に建設された国王の宮殿、即位式の建物、王室守護寺院のエメラルド仏寺院などチャクリー王朝歴代の王により建造・改築された建物が建ち並んでおり、ラマ8世までは実際にここに住まわてていたとか。

涅槃寺

  • Pict0386
    タイ語で Wat Pho(ワット・ポー)と呼ぶこの寺は、ラマ1世が建立したバンコク最大の境内を持ち、バンコク最古の歴史を持つ寺院。本堂には写真のようなリクライニング・ブッダの愛称で親しまれている寝釈迦仏が横たわる。足の裏には螺細細工でバラモン教における108の宇宙観が表現されていると言う。

最近のトラックバック

2022年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

金魚

  • 金魚

ウェブページ

ぷらりと・・・

日蓮像 at 女木島

9月のシルバー山登りは`前月と同じ女木島。

前回行けなかった鬼ヶ島洞窟とは反対側の山・日蓮山に登る。

日蓮上人の銅像があるのでそう呼ばれている。

↓ 近くでみるとでかい!

Photo_20220930092201 2_20220930092301

香川と言えば弘法大師、何故日蓮上人の像がこんなところにあるのか?

この像は元々大阪にあったらしい。

戦時中の昭和18年に出された『金属回収令』でこの像が没収になりそうと知った信者が密かに移転しようと考えた。

その候補地がこの女木島で島の住民もよくOKしたものだ。

こんな大きなものを島まで運び、しかも190mもある山の上まで良く運んだと感心することしきり。

しかし像の下に空洞があり、そこから上を見上げると穴が所々に開いている。

どうも一体で運んだものじゃないらしい。分割して持ってきた? 納得

日蓮上人像に別れを告げ、せっかくなので女木島灯台へ行くことに。

長い長い~緩やかに下る道を歩き、島の先端から更に下ると白い灯台が見えてきた。

Toudai1 Toudai11

この日はちょうど2022年瀬戸内芸術祭の秋会期が始まった日。

船には大勢の人で混みあっていた。

女木島 その2

鬼が島大洞窟の入り口に到着、港からここまでバスも出ている。

Img_5792_20220924131801

入り口への階段を上るともう鬼がいた。

Img_5796_20220924135401

右の鬼は沖縄のガジュマルの精「キジムナー」にそっくり。

洞窟は2000年ほど前から人手により掘られて出来たと言われている。

現に「亀の甲天井」にはコツコツと彫ったノミのあとが見られる。

↓ 矢印が入口

Img_5798 Img_5811

↓ 洞窟地図

Photo_20220924140701

20220824120522776_0001_20220824122101

女木島が鬼ヶ島とされる由縁は、香川県の桃太郎伝説から来ている。

桃太郎は吉備津彦命の弟・雅武彦命(わかたけひこのみこと)がモデルで、彼が 吉備の国から讃岐の国に来た折、

土地の住民が鬼 (海賊) の出没で苦しんでいるのを知り、イヌ・サル・キジを率いて鬼征伐をした話に由来する。

イヌは備前の犬島 ( 岡山県 )、サルは陶 ( 香川県綾南町 ) の猿王、キジは雉ケ谷 ( 香川県鬼無町) の勇士だったと言われている。

鬼が住んでいたのが女木島で、鬼退治で鬼がいなくなったことから雉ケ谷が『 鬼無町 』という地名になった。

大正3年(1914年)に男木島の小学校の校長・橋本仙太郎先生によって大洞窟が発見された。

その先生が桃太郎伝説と女木島が結びつけたとされる。大洞窟は島の中央・鷲ヶ峰の中腹にあり広さ 4,000㎡、奥行き400m。

入口を入ると温度が急激に下がり真夏の火照った体には心地良かった。

↓ 玄関口 

Img_5816Img_5824

↓ 鬼の会議室(ミーティングルーム)

Img_5828

↓ 監禁室 

Img_5833

鬼達が婦女子をさらってきて監禁した秘密の部屋と言われる。

↓ 鬼大将の部屋(ボスが住んでいた大広間

Img_5840

↓ 出口

Img_5849

↓ 出口の上部にある柱状節理

Img_5844

500万年前ぐらいに火山が噴火した時、玄武岩のマグマが固まってできたもの。

切り口の大半が5角形で1976年高松市の天然記念物に指定された。

玄武岩の柱状節理はまれだそうな。

こうして洞窟探検は終了、9月も女木島で日蓮上人像がある山に登る予定。

 Img_5790

女木島へ

8月のシルバー山登りは女木島の鬼ヶ島大洞窟。

女木島は高松市の北・約 4,000mの沖合にある島。高松港から沖合に見える。

フェリーで20分、別名・鬼ヶ島とも言う。

↓ 女木島港のふ頭で、鬼が出迎えてくれる。

Img_5749

↓ フェリー「めおん」丸

Img_5752

Img_5753

Img_5754

↓ モアイ像

Img_57571 Img_5759

香川県に本社を置くクレーンメーカの「タダノ」がイースター島のモアイ像の修復にあたりクレーンの練習用に造った像。

↓ 紫雲丸の犠牲者の霊をまつる地蔵尊

Img_5760

昭和30年5月11日早朝、女木島沖で濃霧のため宇高連絡船 ”紫雲丸” と第三宇高丸が衝突し沈没、

168名の乗客・乗員が犠牲となった霊をまつる。

↓ 瀬戸芸作品 禿鷹憤上作品『20世紀の回想』

Img_5763 Img_5762

帆船だが船はピアノの形で前方に鍵盤があり、椅子もおいてある、音は出ないが・・・。

↓ いざ洞窟へ 2.3Km

Img_5769

↓ 大明神の境内に巨大な龍が横たわる

Img_5772_20220924120201

Img_5771 Img_5774

Img_5773_20220924120601

瀬戸芸の島らしいアートの数々

Img_5783 Img_5782

Img_5785

続く

何コレ?

男木島の灯台へ行く道で見つけたナニコレ。

Photo_20220829130701

昔門があって、その一部が残った???

男木島 その2

男木島に着き、次に向かったのは灯台

2_20220819114701

島の最北端にある

Img_5709 Img_5719

「日本の灯台50選」にも選ばれている灯台。

1895(明治28)年に建てられた全国的にも珍しい総御影石造りの洋式灯台。

1957(昭和32)年に映画「喜びも悲しみも幾歳月」のロケ地になった。

この映画を中学生の時、授業のひとつとして観に連れていかれた記憶がある。

確か~高峰秀子主演だったと思うが・・・。懐かしい~。

灯台の裏山からコミ山の山頂を目指す。

Img_5722 Img_5723

↓ 途中のタンク岩

戦車(タンク)の形に似ているところから命名されたらしいが、夏草が生い茂りタンクに見えない。 

Img_5724Tankuiwa

200m強の山だが結構しんどかった。

アト100mでたどり着ける分岐点で私は力尽き、2人を待つことにした。

こうして7月度の山登りは終了、来月は女木島の山を目指す。

男木島

7月のシルバー山登りは男木島にあるコミ山。

高松港から女木島 ⇒ 男木島 を廻るフェリーが出ている。

↓ 『めおん』号

Photo_20220819105701

高松港から約40分で到着、待合室の屋根が芸術作品になっている  ↓

Matiai

↓ 地図 

Photo_20220818105001

面積1.34 km2の島で、人口は約 170人とか。

島には猫の額ほどの平地しかなく、多くの家が斜面に所狭しと並ぶ。

ほとんど空き家で瀬戸内海の島は皆こんな感じだ。

Img_5725

今年は瀬戸内海の島々で芸術祭が開かれていて、ここも会場のひとつだがこの日は会期外とて訪れる人も少なかった。

↓ 瀬戸芸・屋外作品のひとつ『タコツボル』 

でかい!

Photo_20220819111001 2_20220819111201

タコつぼにフジツボもくっついていてリアル。

壺の中をのぞくと ↓ 目が光るタコがいる。

3_20220819111701

続く

屋 島

2月の【3匹の老人会】の山登りは屋島、標高292.1m。

屋島へは何回もいったが歩いて登った事はない。

高松駅からレンタル自転車で屋島の登り口へ。

そこで自転車を置いていくのかと思ったら、仲間の一人が自転車を山頂まで持っていくと言う。

理由は帰りが下り坂で時間短縮になると主張、それもそうだと自転車を押して上る。

その自転車が重い重い!

なんとか喘ぎながら到着、歩数は目標の8,000歩はゆうに超えた。

屋島のイメージは ↓ こんな感じ。

Yasima

横から見ると見事な屋根型、名前の由来でもある。

でも空から見ると ↓ 

Photo_20220214151001

屋根のイメージはない。

写真の一番上が「長崎の鼻」でその近くにペリー来航以降 外国船の監視と防備のための砲台があった跡がある。

この屋島に築かれた山城が屋島城で、天智6年(667年)に築かれたと日本書記に記されている。

このお城は当時勢力の強かった中国の唐や朝鮮の新羅からの攻撃に備えて築城され、この屋島が九州から瀬戸内海を通って大和・今の奈良に至る海路の重要な要衝だった事が分かる。

大和朝廷の命を受けた百済からの渡来人が築城したと思われる朝鮮式山城の水門跡や石塁が今も残っている。

また唐招提寺を開いた鑑真和上が天平勝宝6年(754年)に大和に向かう途中、暴風雨にあって屋島北嶺に上陸しお堂を建てたと言い伝えのある千間堂跡があるが、今は湿地になっている。

Photo_20220215123901

山頂に着くと広い駐車場がある。

昔は無料だったが山頂までの道路を無料にしたかわりに有料となった。

駐車場(写真右端)から北嶺(矢印)まで歩いてみようとなった。

Photo_20220215132801

北嶺まで往復 5Km弱、右と左,真ん中と3本の道がある。

左右の道は舗装され良き散歩道となっているが、周りは木立が邪魔して海がちらっと見えるだけ。

そんな不満を解消すべく、2~3ヶ所に viewpoint を配置してくれている。

↓ そこからの景色ひとつがこれ

Img03336

↓ 遊鶴亭に到着、瀬戸内海の絶景がパノラマに展開、来た甲斐があった。

Img03332

遊鶴亭からはるか下に長崎の鼻が見える ↓

Img03324

さすが長崎の鼻まで下って登ってくる元気は3人ともなかった。

↓ 五剣山を左手にみながら急こう配の坂道を自転車で下った。

Img03342

位置エネルギーを最大限に利用したかったけど、さすがにそれは無理、キィキィ泣くブレーキが壊れはせぬかと心配しながら無事降りて来た。

楽しい一日だった。

 

ミステリー坂 屋島

屋島山頂へ至る道路にミステリー坂がある。

 ↓ 下っているように見えるけど実際は上っている。それでここをミステリーゾーンと呼ぶ。

3_20220213182201

Photo_20220213110001

直線の坂道で途中で傾斜が変わると錯覚でそう見えるんだそうな。傾斜の違いが大きいほど錯覚が大きくなる。

難しい言葉で「縦断勾配錯視」と呼ぶ。

この道路は 傾斜 1° の坂道が160m続き、そこから 傾斜 5° の坂道が200m 続く。4°の違いがその錯覚を生む。

この道は車で何回も通った事があるが、今回は自転車で山頂まで行った。もちろん自転車を押して。

この坂に差し掛かった時、試してみた。下りだとペダルをこがなくても進むはずなのに・・・

ミステリーを体感した。

瀬戸内海クルーズ船の旅 その5(本 島)

本島に上陸してまず向かったのは塩飽勤番所跡

Img_3894

塩飽全島は大小28の島々が散らばる1250石の領土で、豊臣時代以降 人名(にんみょう)と称する幕府の船方650人が共有することとなり、最初は4人の年寄が交代で自宅に領知所有の朱印状を保管して塩飽jに関する一切の政務を行っていた。

しかし寛政の初めに行われた島治改革を機に寛政10年(1798)に勤番所を新築し、ここに人名の中から選ばれた3人の年寄が交代で政務を執るようになった。

現在のこの建物は1860年に改築されたもので、明治以降は村役場、丸亀市に編入されてからは市役所の本島支所として1972年まで使用されていたが、昭和45年(1970)国指定史跡となってから1977年に復元修理が行われた。

↓ 門を入ると

 Img_3891

↓ 朱印状を石櫃に入れて保管していた朱印庫

Img_3887

かってこの中に信長、秀吉、家康の朱印状が保管されていたとか。

この勤番所へ来る途中に岡山へ行くマリンライナーからも見える巨大な建物・天理教 本島大教会がある。

↓ 立派な門に立派な建物

Img_3875 Img_3874

本島はみかげ石(花崗岩)を石材として産出した島としても知られ、大阪城や江戸城の城郭の石垣石として使われていた。

石垣に刻まれた五種類の刻印が高無坊山に49個残っている事からその事実が判明した。

Img_3869 Photo_20220128144201

本島の見学も終わり無事高松港に帰って来た。

朝方晴れていた天気もだんだんくずれ帰宅する頃には雨になっていた。

瀬戸内海を満喫できたクルーズ船の楽しい旅だった。

クルーズ船の旅、終わり

瀬戸内海クルーズ船の旅 その4(ブイブイアート)

粟島には古くなった漁具のブイをアート作品にして観光客を楽しませている。

粟島港にもあったが島内には随所に作品を置いている。

Img_3780Img_3806_20220124105501

Photo_20220124105301 2_20220124105301

作品を展示した本格的な所がブイブイガーデン

地上からでも行けるが、粟島港から上新田港までチャータ船で行く。

ブイブイガーデンは、スクリューの形をした粟島の東、ちなみに真ん中あたりが粟島港。

Photo_20220124111201

まぁ~いっぱいあるはあるは!

Img_3829 Img_3837

Img_3820 4_20220124110901

漫画チックな作品もあって見ているだけでほのぼのしてくる。

誰がブイを使ってこんな作品を作り始めたのだろうか?

クルーズ船の旅、つづく

より以前の記事一覧