Jou光

  • 親父
    彼は子供の時から絵が上手いと、親の欲目で思っている。目の前でさらさら描かれると、ついつい感嘆してしまう。世の中いっぱい絵の上手い人はいるが、この道で飯が食えるのはスポーツ選手と同じで極一部。でもとにかく趣味でも良いから絵を描くことは続けて欲しいと願っている。

春爛漫

  • ぼけの花
    柿茶の里は徳島県美馬郡つるぎ町に位置する。柿の葉の生産農家へ毎年春と秋に行く。春はことさら美しい。桜が咲き乱れ山の木々が新緑に包まれる。澄んだ青空に身も心も洗われる気がする。

アユタヤ遺跡

  • Pict0266
    1491年に建てられた王族の守護寺院。3つの大きな仏塔には、ラーマティボディ2世と父、兄の遺骨が納められています。 寺院ではありますが僧は居住せず、王の礼拝堂として王族の儀式に使用されていました。この寺院もまた、1767年ビルマ軍により破壊され、16mあったという金で覆われた仏像も金を奪われた後、壊されてしまいました。

暁の寺院 タイ

  • Pict0350
    トンブリ王朝時代の守護寺で最高位の寺院とか。きらきらと輝く陶器の破片に覆われた高さ約79mの大仏塔は、ラマ3世により5年がかりで改装された。朝日を浴びた大仏塔の神々しい姿が”暁の寺”の名前の由来。

ワット・ヤイ・チャイ・モンコン

  • Pict0201
    セイロンへの留学から戻ってきた僧侶のために、1357年初代王ウー・トーンが建立しました。仏教寺院は瞑想の場として使用されていました。現在も多くの仏教徒が訪れ、週末は観光客でにぎわいます。

水上マーケット

  • Pict0116
    ダムナン・サダックの水上マーケット。その昔、”東洋のベニス”と言われたバンコクでは、日常的商取引には運河が利用されてきた。水上マーケットは、古き良き時代の情緒溢れるバンコクの生活を体感させてくれる。 

2008年7月 タイ王宮

  • Pict0429
    白壁に囲まれた20万㎡の敷地内には、1782年に建設された国王の宮殿、即位式の建物、王室守護寺院のエメラルド仏寺院などチャクリー王朝歴代の王により建造・改築された建物が建ち並んでおり、ラマ8世までは実際にここに住まわてていたとか。

涅槃寺

  • Pict0386
    タイ語で Wat Pho(ワット・ポー)と呼ぶこの寺は、ラマ1世が建立したバンコク最大の境内を持ち、バンコク最古の歴史を持つ寺院。本堂には写真のようなリクライニング・ブッダの愛称で親しまれている寝釈迦仏が横たわる。足の裏には螺細細工でバラモン教における108の宇宙観が表現されていると言う。

最近のトラックバック

2023年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

金魚

  • 金魚

ウェブページ

ぷらりと・・・

ペンション みかんの郷

天狗山へ登った日はペンションで一泊。

連れの黒木さんが予約してくれた。

黒木さんにはいつも山行の計画や宿の予約など、お世話になっている。

ありがとうございます。

この日の宿は日生諸島のひとつ・鹿久居島 (かくいじま )にあるペンション・みかんの郷・中磯農園 。

そこの主人が日生駅まで迎えにきてくれるという。

↓ JR日生駅

20230629-144543_20230629145401

鹿久居島は2015年に橋が架かって陸続きになった、人口はたったの11人だとか。

Kakuijima

この島より小さな対岸の頭島には400人強の人が住んでいる。

鹿久居島から頭島へも橋があり、頭島を陸続きにするために中継地として鹿久居島に橋を架けた

と言っても過言ではなさそう。

ペンション  みかんの郷・中磯農園  ↓

20230629-144543

↓ ペンション ロビー

Dsc07396

この日の客は我ら二人。

マスターも会話に加わり夕食会は盛り上がった。

ここのマスターはすごい人。

若い時からこのペンションのお客で、先代の宿主から跡を継いでほしいと頼まれたという。

ユニークなのは「出張落語家」の肩書 ↓

20230629-153222

名前が「酔狂亭雀庵」と言う。

ホームページからマスターの紹介記事を記載すると、

ペンションみかんの郷のマスターは、出張落語を主な活動とし、全国に笑いと感動を振りまいている酔狂亭雀庵という落語家でもあります。呼んでいただければ、全国どこでも参ります。

ポカリスウェット・マンダムギャツビーなどのCMや、NHK「ガッテン」、カンテレ「胸いっぱいサミット」、人気アニメ「はじめの一歩」実写版ビデオ(鴨川会長役)などTVでも活躍。 

趣味は多彩で、70~80年代フォークをギターで弾かせたらプロ級、エアロフォン奏者、スキューバダイビングは国際ライセンス(PADI/OW)、ソフトボールチームの監督(選手兼任)、古寺で仏像と向き合うこと、JAZZ、歴史小説(特に幕末と戦国時代)など多趣味。人好きでお酒も大好きなので、気軽に声をかけていただきましたら盛り上がること間違いなし。

おひとりさまでいらっしゃっても退屈しませんよ。

すごい人とお会いできたものだ。

楽しいひと時を過ごし、山登りの疲れを落とした。

天狗山

6月度シルバー山登り会は岡山県備前市にある天狗山へ。

坂出からマリンライナーで岡山へ、そこから赤穂線に乗り換え「寒河」駅で下車。

岡山から寒河まで田舎ののんびりした風景をボーっと見ながら列車の振動に身をゆだねるのは心が和む。

ほぼ満席に近い社内もひとり二人といなくなり、寒河駅に着く頃はお客さんはちらほら。

駅は無人駅で切符の回収もなにもない。

Tennguyama

駅を降りると幸いにもローソンがあった。

そこで昼めしのおにぎりとお茶を買い、リュックに詰め込んだ。

山の登りの時はおにぎりをいつも事前に用意するのが、この日は何故か買えるだろう・・・と勝手に思い込んでいた。

実に浅はかな思い込みだったが、結果的にはラッキーだった。

ローソンの裏から登山道入口へ出る。

八幡宮が見えてきた。どうもこの神社の横から登るみたい。

Dsc07371Dsc07377

境内社の荒神社の横に登り口の看板が見えた。

Dsc07383

急な坂道が永遠に続く感じがする。

最近、歩きが1時間続くと背中が痛くなる。連れには悪いが休み休み登るしかない。

3時間以上はかかっただろうか? やっと頂上の柱にたどり着く。もうくたくた。

Dsc07388

標高・391.1m、もうこの高さの山は無理!

あまり人が登らないのかシダが生い茂る道がかなりある。

足元だけならいいが顔の高さまである。

道の凸凹も分からないし、すこぶる危険。

山頂には、かつて江戸時代から明治中期にかけて大阪の堂島の穀物相場の情報を、望遠鏡で兵庫県の室津からの旗振り信号を受けて、熊山へ送信していたと云われている岩頭がある。

この岩頭に上る気力もなかった。

ちなみに山の名の由来は、この山で山伏の格好をした修行僧を見た村人が、天狗が出たと思い込んだ事から。

頂上を過ぎ、元来た道を帰らず三峰越えして三ッ池に到着。

Dsc07389 

しばし池の青さに癒される。

この池からまたまた大変な下り坂が続いたが、なんとか元の寒河駅まで帰ってきた。

もうヘトヘトだった。

まんのう公園 あじさい祭り

40品種・2万株のあじさいが今見ごろを迎えるまんのう公園。

6/3日から6/25日まで「あじさいまつり」をしているというので行ってきた。

アジサイは土壌が酸性だと青色、アルカリ性だと赤になると一般的には言われるが

品種によっては当てはまらないものもあるとか。

20230619-092137

Dsc07361 Dsc07359

この日は五月晴れのいい天気。

平日なのに結構お客さんがいた。

この公園、国立とあって手入れがいつも行き届いている。

まんのう公園のこの場所にこんなにアジサイの木が植えられていたなんて驚き・おどろき!

桜と同じで花が咲いた時の自己主張がすごい!

サルビアの花も満開 ↓

Dsc07351 Dsc07357

この公園には秋にコキアが赤くなった時に来ている。

今コキアは??? と見に行ったら、小さな苗を植えている最中だった。

こんなに早くから準備しているんだぁ~。

Photo_20230619094601 Photo_20230619094701

この公園、何回来ても、いつ来てもいい。

山頭(サントウ)神社

1,000人もの人がいた志々島には数多くの神社や祠が残されている。

代表的な神社はこの神社も含め5社。

斜面をうまく利用して山頭神社が建てられていた。

ここは健康・大漁のご利益があるという。

Img02293_hdr Img02294

Img02296 Img02295

この島は今でこそ樹木に覆われた普通の島だが、

Photo_20230530100401

昔は花畑で覆われていたと言う。

Photo_20230530101701

江戸~大正時代までは漁業が盛んで、鯛や鰆の宝庫として「黄金の島」と呼ばれた。

第二次大戦後は、安定的な収入を求めてキンセンカや除虫菊等の花卉栽培に主軸が置かれ、最盛期には100軒以上の花農家がいて「花の島」とも呼ばれた。

現在は、過疎化と高齢化が進んで花農家は一軒も無くなり、島から多くの花畑が消えて樹木の生い茂る島となった。

そんな中、孝子さんのお花畑は今でも健在、すごい!

志々島へ

5月のシルバー山登り会は志々島へ。

坂出から詫間駅までJRに乗り、駅からコミュニティバスに乗り換えて宮ノ下港で下車。

そこから船が出ている。

Img02182

切符売り場も待合所もない! 桟橋があるだけ。

船に乗船券の自販機があり350円券を買って、船長と乗組員の二人で運航する船に乗る。

乗船客の定員は島民優先で70名、花が咲きほこる春は積み残しが出るようだ。

この日は我らふたりだけ。採算は取れんだろうと要らぬ心配する。

20分ほどで志々島港の浮桟橋に到着、客を降ろすとそそくさと次の島へ出航した。

Img02186Img02188

ヴィの黒猫と "ようこそ志々島へ" の 看板が出迎えてくれた。

Img02191

お墓の横を通らなければ山には登れない。

20230525-124456

ここのお墓 ちょっと異様、後で調べると両墓制と言って遺体を埋める「埋め墓」と、

お参りをするための「参り墓」が対になっている墓地。

そう言えば沖縄にも同じ風習がある。

カラフルな家の格好をした小屋は「霊屋(たまや)」と呼ばれる。 

では火葬になり埋め墓は使われない、これも沖縄と同じ。

↓ 志々島の地図

Sisijima

周囲3.8km、今は20人ほどの小さな島だが 昔は農業・漁業が盛んで 1,000人もの人が住んでいたという。

大方の瀬戸内の島のように平地はなく住居は山の斜面に建つ。

そして大方の島と同じように空き家が目立つ。

まずは島の最高峰「横尾の辻」標高109mを目指す。

途中 ”孝子さんのお花畑 ” を通る。

春の花は見ごろを過ぎ、アジサイが咲き始めていた。

Img02208 Img02211

山頂までUP・DW はあったものの 比較的になだらかな道が続き、あっと言う間に到着。

Img02217_hdr Img02220_hdr

瀬戸内海の景色を堪能した後、来た道を引き返し大楠を見に行く。

この大楠は見事だった、圧倒的な存在感、神々しい威厳、歴史を刻む枝ぶり

Img02236Img02256

県指定天然記念物、根本の周り 12m, 高さ 22.5m,

枝張り 東へ25m・西へ20m・南へ17.5m・北へ26m。

樹齢推定 1,000年以上

Img02265 Img02268

大楠をみて感動しながら元の港へと帰ってきた。

猫のひたいほどの平地を歩いていると「男はつらいよ ・寅次郎の縁談」第46作のロケ地の看板があった。

Img02289

1993年11月1日~11月16日までのロケ。1993年12月25日封切りされた。

この作のマドンナは 松坂 慶子さん。今、朝ドラ「らんまん」のばあさん役で出ている役者。

エキストラ出演者に、”孝子さんのお花畑”を維持管理する高島孝子さんの名前もあった。

彼女とは畑で偶然出会った。来年で90歳になるという。

元気・元気、とてもその歳には見えない。現役で働く人はとにかく元気で若い!

志々島の場面とストーリはこちら ↓

東京の家で父 博(前田 吟)と大ゲンカした満男(吉岡 秀隆)は瀬戸内海の琴島(志々島)に移り住み島の住民の漁業や花畑の手伝いをして日を送っていた。島に通ってくる看護師の亜矢(城山 美佳子)とも仲良くなっていった。
寅さんは両親に頼まれ満男を連れ戻しに来るが島の葉子(松坂 慶子)と仲良くなりこんぴらさんや栗林公園で一緒に遊ぶ。
しかし満男が寅さんの気持ちを葉子に伝えたことから寅さんは困惑し満男と一緒に島を離れる。

↓ 撮影風景(志々島 ふれあい館にあるアルバムより)

Photo_20230530104501

これと似たようなストーリが奄美大島の加計呂麻島でもあった。

渥美清の遺作・第48作「男はつらいよ・寅次郎紅の花」だ

奄美への旅と志々島への旅、なんか不思議な縁を感じた旅だった。

王子ヶ丘

3月度のシルバー山登りは宇野にある王子ヶ岳(235m)

Map_20230502093501

坂出からマリンライナーに乗り茶屋町で宇野行に乗り換える。

宇野駅に到着。

Dsc06938

宇野駅は様変わりしていた、そりゃそうだ キミマロじゃないが ” あれから40年 ” 近くは来ていない。

瀬戸大橋が開通して今年で35年、それ以前は高松に行き宇高連絡船で宇野駅、そこから岡山・神戸へ・・・

とよく行ったものだ。

駅は連絡船時代は港にあったが今は200mほど奥にお引越し。

引っ越し跡に2013年 瀬戸芸(瀬戸内国際芸術祭)のなごりがあった。↓

Dsc06951Setogei

作品名:船底の記憶 旧日本帝国海軍で使われていた⚓に不要になった各種の鉄製品を組み合わせた作品。

海の記憶と人の記憶・世界の記憶・町の記憶を融合させる・・・と。

↓ 愛の女神像(ドルヴァ・ミストリー 作 インド)

愛・若さ・美を表現し、人々が海辺や自然の美を楽しむのを森の精が海門の入り口で待っているようなイメージで制作されたとある。

Dsc06955

宇野駅からバスで登山口付近まで移動する。

NHKの朝ドラ 「舞い上がれ」の放映中ともあって バスの中に ↓

Dsc06963

心配するな 舞い上がれ 世の中だいたい何とかなる! 祝・卒業 玉野高校

いいね~ これ。

↓ 登りはじめると遠くに大槌島が見える。

Dsc06967

ニコニコ岩 ↓ ここは自然が織りなす瀬戸芸かも?

Dsc06976 Dsc06985

Dsc07008

↓ 山頂到着

Dsc06995

昔、ここに百済姫の子供といわれる八人の王子がいた事から王子ヶ岳と呼ばれるようになった・・・とか。

ここから瀬戸内海が見渡せる、香川県側から見る風景とちょっと違う気がする。

Dsc06996

後楽園

岡山城を後にして旭川にかかる月見橋を渡り、隣接する後楽園へ行ってきた。

岡山市北区後楽園にある大名庭園で日本三大名園のひとつ、残りは水戸の偕楽園(茨城県)・金沢の兼六園(石川県)だ。

江戸時代初期に岡山藩主・池田綱政によって造営された。

元禄文化を代表する庭園で、国の特別名勝に指定されている、面積は13.3ha。

後楽園の南門から入る。

↓ 右に岡山城、左が後楽園・南口

Dscf4153

↓ 南 口

Dscf4209

築山から見渡す庭園風景

Dscf4222Dscf4219

Dscf4224 Dscf4225

園内にある神社のご紹介

↓ 由加神社

Dscf4230

Dscf4231

↓ 慈眼堂

Dscf4234 Dscf4236

じげん堂は池田 綱政が池田家と領民の繁栄を願い建立した。観音像を祀り境内には花崗岩を36個に割って運び元の姿に復元した烏帽子岩がある。

↓ 延養亭

Dscf4254

藩主の居間として使われた一番重要な建物で園内外の景勝が一望できるよう建てられている。

Photo_20230215150001

南門から入り正門へ抜けて後楽園の旅は終了した。

金甲山・怒塚山

怒塚山、いかづか山と読む。

2023年1月のシルバー山登りは、岡山県児島市にある怒塚山(332m)  経由 金甲山(403.4m)へ。

岡山駅から両備バスの玉野渋川行特急に乗り、楠石荘前バス停で下車。

バスの進行方向へ10分くらい歩くと登山口が見えてくる。

送電線沿いに歩く山道でわりと勾配はゆるく最初は登りやすいと思った

ところが 鉄塔36号を左に曲がると急な尾根道となり、しんどい事極まりない。

休み休みそこから100mくらい登ると、やっと怒塚山山頂に到着した。

Img011931

次に向かうのは金甲山・403mだが怒塚山から200mほど降りるのがまたつらい。

六甲山縦走よりはましだが・・・あの時もしんどかったなぁ~。

休み休み見上げた鉄塔、こんな風に見ると芸術作品とも思える。

Img01187_hdr1

金甲山への途中に金比羅宮があった。

↓ 写真を撮り損ねたのでネットから借用、ごめんなさい

鳥居から祠まで結構な距離がある。

Photo_20230210113401 3_20230210113501

金比羅宮を通過してまた急な坂道をのぼると広い道路に出た、やれやれ。

Img01208_hdr1_20230210114001

休憩所に到着、やっとお昼にありつける。

途中で出会ったご夫婦と、瀬戸内の風景を堪能しながら食す弁当はまた格別だった。

Img012071

金甲山は、由加山の鬼退治に来た坂上田村麻呂が戦勝祈願に金の甲を埋めたという伝説から来ていると言う。

しばらく休憩して下山することにした。

金甲山への自動車道を下れば楽だが、元来たバス停からは遠いのでまた山道を下る。

金比羅宮まで下り分かれ道を下る。

途中、誠徳院を通過

Img012141

まぁ~ここから下るは下るは~ 1時間くらい歩いてやっとバス停に到着した。

到着前に岡山駅へのバスが目の前を通過、止まって~の叫びもむなしく走り過ぎた。

約一時間はバスが来ない。仕方ないのでバス停のすぐ横にあるお食事処でコーヒタイム。

こうして無事岡山駅まで帰って来た。

また思い出に残る里山登りができた。

おまけ

山道で見つけた木の株らしいが、カエルに似ていませんか?

3_20230210120901 

岡山城

昨年の2022年11月3日、岡山城の大改修が終わったというので行ってみた。

Dscf4172

岡山城は、旭川の流域にあった3つの丘のひとつ ” 岡山 ” に宇喜多 直家が本拠地を構えた事がはじまり。

その子・秀家が1597年に岡山城を完成させた。築城は豊臣秀吉の指導によるものと言われる。

岡山とよばれる丘の上に本丸を移し、旧河道を利用して旭川の流れを変えて背後の守りとした。

同時に商人や職人を集めて立ち上げた城下町が今の岡山の礎。

慶長5年(1600年)、秀家は関ケ原の戦いで西軍の主力として戦い、敗れて八丈島へ流される。

その後小早川 秀秋、次いで池田家が城主となり明治維新まで続いた。

天守は外壁の下見板が黒塗りだった事から「烏城 」の名で親しまれ、また他に例のない不等辺五角形の天守台を持っ。

1945年の空襲で焼失し1966年に再建された。

 Dscf415611

お城の中は近代ビルさながら、地下1階より6階まであり、エレベーターが4階まで通じている。

一階にはカフェもありコーヒーを飲みながらくつろぐ。

金鯱瓦 ↓

Dscf4186 Dscf4187

岡山城には8個の金鯱瓦があり1966年の天守再建の時に取り付けられ、平成9年の築城400年を機に改修し金箔が貼られた。

鯱は顔が虎、姿は魚と言われる想像上の動物で口から水を吹き出し、災いや火を消してくれるという伝説から重要な建物に火除けの守り神として飾られるようになった。漆を接着剤代わりにしている。

↓ 国宝 ” 月見櫓 ”

Dscf4197 41701

本来の目的は城外への備えだが、月見をはじめとした四季の眺望を楽しんだり、小宴を催すのにもいい構造となっている。

月見櫓に接する石垣には内側から鉄砲で狙い撃ちするためのすき間がくりぬかれた銃眼石があって、櫓と一体で軍備力をUPさせている。

これと同じものは他に江戸・大阪・二条のお城のみ・・・と帰り際に捕まったガイドボランティアに自慢そうに言われた。

寒い

岡山県のお城へ行く川辺にたたずむ銅像。

Photo_20230202135501

ここで一句 

銅像に誰が着せたかコートとマフラー 待ち人来たりなば春近し

お粗末!

より以前の記事一覧