Jou光

  • 親父
    彼は子供の時から絵が上手いと、親の欲目で思っている。目の前でさらさら描かれると、ついつい感嘆してしまう。世の中いっぱい絵の上手い人はいるが、この道で飯が食えるのはスポーツ選手と同じで極一部。でもとにかく趣味でも良いから絵を描くことは続けて欲しいと願っている。

春爛漫

  • ぼけの花
    柿茶の里は徳島県美馬郡つるぎ町に位置する。柿の葉の生産農家へ毎年春と秋に行く。春はことさら美しい。桜が咲き乱れ山の木々が新緑に包まれる。澄んだ青空に身も心も洗われる気がする。

アユタヤ遺跡

  • Pict0266
    1491年に建てられた王族の守護寺院。3つの大きな仏塔には、ラーマティボディ2世と父、兄の遺骨が納められています。 寺院ではありますが僧は居住せず、王の礼拝堂として王族の儀式に使用されていました。この寺院もまた、1767年ビルマ軍により破壊され、16mあったという金で覆われた仏像も金を奪われた後、壊されてしまいました。

暁の寺院 タイ

  • Pict0350
    トンブリ王朝時代の守護寺で最高位の寺院とか。きらきらと輝く陶器の破片に覆われた高さ約79mの大仏塔は、ラマ3世により5年がかりで改装された。朝日を浴びた大仏塔の神々しい姿が”暁の寺”の名前の由来。

ワット・ヤイ・チャイ・モンコン

  • Pict0201
    セイロンへの留学から戻ってきた僧侶のために、1357年初代王ウー・トーンが建立しました。仏教寺院は瞑想の場として使用されていました。現在も多くの仏教徒が訪れ、週末は観光客でにぎわいます。

水上マーケット

  • Pict0116
    ダムナン・サダックの水上マーケット。その昔、”東洋のベニス”と言われたバンコクでは、日常的商取引には運河が利用されてきた。水上マーケットは、古き良き時代の情緒溢れるバンコクの生活を体感させてくれる。 

2008年7月 タイ王宮

  • Pict0429
    白壁に囲まれた20万㎡の敷地内には、1782年に建設された国王の宮殿、即位式の建物、王室守護寺院のエメラルド仏寺院などチャクリー王朝歴代の王により建造・改築された建物が建ち並んでおり、ラマ8世までは実際にここに住まわてていたとか。

涅槃寺

  • Pict0386
    タイ語で Wat Pho(ワット・ポー)と呼ぶこの寺は、ラマ1世が建立したバンコク最大の境内を持ち、バンコク最古の歴史を持つ寺院。本堂には写真のようなリクライニング・ブッダの愛称で親しまれている寝釈迦仏が横たわる。足の裏には螺細細工でバラモン教における108の宇宙観が表現されていると言う。

最近のトラックバック

2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

金魚

  • 金魚

ウェブページ

ぷらりと・・・

王頭山 at 広島

9月度【3匹の老人会】山登りは、丸亀市にある広島の王頭山・標高 312m。

20210921103333808_0001

丸亀港から広島 → 小手島 → 手島 行のフェリーに乗った。

↓ 広島の江の浦に到着

Img_1923

ちょうどこの日は広島のゴミの収集日とかで車両甲板はゴミ収集車で満車だった。

↓ 王頭山 遠景

Img_1934

塩飽諸島の最高峰で山頂付近には花崗岩の風化と浸食によってできた「王頭砂漠」と呼ばれる地質学的に貴重な場所がある。

周囲の木々といくつもの自然石が今にもころがりそうな景観はまるで空中庭園のようです。・・・地図パンフより

フェリーを降り王頭山をめざす。

↓ 登り口に竹の杖があったので借用

Img_1939

山頂までかなり勾配がきつく、おまけに最近はだれも登らないのか 道らしき道も草木で覆われていた。

何とか休み休み・・・休み、登頂できた。

テレビで良く見る何千メートル級の登山に比べると ”へ” みたいなものかも知れないが、私の今の歳とこの心臓では同じ価値がある。

↓ 王頭砂漠(天空の庭園)

Img_1946 Img_1943

↓ 山頂は木々が茂り景色は見えない

Img_1941

何とか今回も登れてやれやれだった。

ただ帰りはフェリーが13時40分発で、それを逃すと16時40分までないと知り、下りは大急ぎ。

下りに強い私でも相当きつい山下り、足がガクガク・・・。疲れた~あ!

おもちゃ王国

長男家族が帰省した。

行動範囲も限られるので対岸の玉野市にあるおもちゃ王国へ行こう~となった。

もう一つの候補地は「鷲羽山ハイランド」、

子供達が小さい頃 何回か連れて行った遊園地、1971年に開園したと聞くのでもう50年近く営業している。

すごい!

懐かしさもあって私としてはハイランドへ行きたかったが、孫にはおもちゃ王国の方が楽しいのではないかとここに決めた。

おもちゃ王国には娘家族と3~4年前に来たことがある。

時間が早かったのか人がいない。

コロナ自粛なのか閉園したのか? 

コロナご時世でなければ、開園前から並んでいるはずのお客さんがいない。

Img01318

チケット売り場が開いていたので休園ではなさそう~。

↓ 王国内の地図

Photo_20210820093201

「見て触れて体験できるおもちゃのテーマパーク」と言うのが、ここの売り。

「おもちゃ王国」は子供が主役で、1歳から12歳まで子供の成長にあわせて楽しめるとある。

ブロックや木のおもちゃなど自由に遊べる18種類のおもちゃパビリオンと、小さな子供から利用できる20種類のアトラクションで楽しめる。

私の孫は3歳、入場者が少ないので乗り物乗り放題チケットを生かして何回も同じ乗り物を堪能していた。

↓ その最たるものがこのトーマス機関車

Img_1313

↓ ジェットコースターも堪能

Img_1365

↓ 私も観覧車に乗った

Img01315  

↓ 意外と高い、瀬戸内海が見えた

Img_1356 Img01313

息子家族と楽しい一日を過ごせた。

さかいで里山マップのご紹介

月に一度 元丸亀走友会の連中と里山に登る。

坂出市観光協会が発行しているこんな冊子を見つけたのでご紹介。

里山の候補選びに役立っている。

20210629134821920_0001

20210629134821920_0002

坂出の山々は五色台に代表される台形型(メサと言う)と

飯野山に代表される おむすび型(ビュートと言う)が多く見られるとの事。

確かに!

天空のブランコ & 天空のフォトフレーム

雲辺寺にある天空のブランコ

  Img00614_20210602131601

誰かが乗っているのを後ろから撮りたかったのだが、如何せん!お客がひとりもいない。

そこでフォトコンテストに応募された作品をご参考に掲載。

パクリ写真がこれ ↓

Photo_20210602130901

なかなかいい!

ブランコの隣に天空の額縁がある ↓

Img00616

フォトコンの写真がこれ ↓

Photo_20210602131801

まだまだある天空シリーズ

↓ 天空の楽譜

Img00692_20210603105301

↓ 天空の愛

Img00696

↓ 天空の毘沙門天

Img00597

↓ 天空のスキーリフト

Img00684 Img00683

温暖化で雪が降らなくなり数年閉鎖していると聞く。

Photo_20210603125901

雲辺寺 ロープウエイ

四国八十八箇所霊場でロープウエイがあるお寺は4カ寺。

15番札所「箸蔵寺」、21番札所「太龍寺」、66番「雲辺寺」、85番「八栗寺」

いづれのロープウエイも四国ケーブル株式会社が運行している。

雲辺寺のロープウエイは日本最大規模という。

20210601120111713_0001_20210601124401

スイスのCWA社製で定員 101名、全長 2,594m、高低差 657m、総工費 11億円。

Photo_20210601121601

↓ 麓の乗り場

2_20210601125401

Img00570

乗り場には誰もお客がいない。動いているのかなぁ~と思いつつ聞くと運行しているとの事。

8時40分発に乗ったがお客は私を入れて二人。それとガイドが一人いて合計 3名。

ガイドさんが説明してくれるが聞き手は二人、何だかかわいそう。気の毒に思いながらも7分で到着。

登山道を行くと4.2Kmだから2時間くらいはかかりそう。

それがたったの7分、ありがたい。

↓ 1、882mあるスパンの一番長い所で対向車とすれ違う 

Img00711_hdrImg00706

↓ 山頂駅へ無事到着

Img00591

ちなみに帰りもお客はふたりだった。101人も乗れるのに。

寝台特急・ブルートレイン

鹿児島県・阿久根駅でブルートレインを宿泊施設に改装・運営していたが、経営に行き詰まり閉鎖、雨ざらしになっていると知った善通寺でうどん店を営む岸井さんが、それを買い取り雲辺寺まで運んできたとのニュースを聞いた。
一度見に行きたいと思った。
2008年まで新大阪と西鹿児島駅間を走っていた2人用個室がある寝台特急「なは」と、かって東京・高松間を走っていた2段式B寝台車「瀬戸」の2両。それを、四国で遍路宿として蘇らせるプロジェクトを立ち上げた 。 
一両を100万円で買い取り、鹿児島から雲辺寺までの輸送費や修繕費 1,700万円をクラウドファンディングで集めたという。
日本に150~200万人の鉄道ファンがいることから、個人的な Guess だが・・・すぐ集まったに違いない。

どこに置いてあるのか? 事前に調べてなかったが雲辺寺ロープウエイ乗り場の道筋にあるだろうと車を走らせていたら広い広い駐車場に突然姿を見せた。

Photo_20210531144401
↓ 右が「はな」左が「瀬戸」

Photo_20210531141301 
運んできたそのままで外観は相当痛んでいた。
さてどんな遍路宿になるのか楽しみである。

香川用水記念公園

中蓮寺峰への登り口途中に香川用水記念公園がある。

こんなに立派な公園と「水の資料館」があるとは知らなかった。

そもそも香川用水とは何なのか? 香川県民としては知っておくべきだと思い調べた。

香川用水記念公園公式サイトによると、

香川県は瀬戸内海気候に属し、年間降雨量が少なく、また、大きな河川もないため、日照りが続くと、すぐ水不足となって、農業や生活に支障をきたしていました。

先人たちは、1万4千6百余のため池を築いて、用水の確保に心血を注いできましたが、県内水源だけでは十分でなく、慢性的な水不足が続いていました。

この水不足を解消するために建設されたのが香川用水。

香川用水は、吉野川総合開発計画の一環として建設された多目的水路で、高知県にある「早明浦ダム」に蓄えられた吉野川の水を、徳島県の「池田ダム」でせき止め、トンネルで 8Km も阿讃山脈を貫いて 香川県に導水するという世紀の大事業だった。

これもひとえに高知・徳島両県の深い理解と 協力の賜物で、香川県の水不足を解消するとともに産業経済の発展、 県民福祉の向上に計り知れない恩恵をもたらした。

毎年2億4,700万トンの水がこの用水で香川県へ運ばれてくる。

阿讃トンネルからきた水を香川で最初に受け取るのが記念公園のあるここ「東西分水工」で、ここから香川県の東部(高松方面)と西部(豊浜方面)に分水する。

東部・西部の用水全長は 106Km にも及ぶというからすごい!

Photo_20210421113401

↓ 記念公園

Img_0688 Img_0717

この公園は、香川用水の歴史と恩恵を長く後世に伝えるとともに県民の憩いの場として平成9年5月に開園した。

吉野川の水が阿讃トンネルを通り最初に香川で水面 を見せる「香川用水東西分水工」周辺の6haを整備してできた県立公園。

↓ 公園地図

Photo_20210421103001

↓ 水の資料館

Img_0650

無料らしいので中に入ってみた。

↓ 正面に巨大な龍とくるくる回る球石

Img_0715

コンセプトは「水不足と闘ってきた讃岐に龍が舞い降りた」

龍は水をつかさどる神・水神

水の力で動く石の球は 水の惑星・地球

古来より水不足に苦しんできた讃岐の人々の”水への願い” をあらわしました。

と書かれてある。

この龍は3階まで吹き抜けの空間にあって、昇竜と降龍の二体で構成されている。

↓ 降龍(1階)

Img_0693

↓ 昇龍(3階)

Img_0703

↓ 吹き抜け

Img_0701

↓ 各階は展示会場

Img_0699

↓ この施設から唯一見える香川用水路

Img_0684 

中蓮寺峰

中蓮寺峰へ登って来た。標高 756m。

ここは香川県と徳島県の県境にある山で、名前の由来は、徳島県下野呂にあった中蓮寺のお堂からといわれている。

山頂までは香川県側の四国のみち「中蓮寺峰野鳥のみち」コースとして整備されていている。

このコースは山本町の桜の名所・逆瀬川から広域基幹林道を通り中蓮寺峰,若狭峰を経て国道32号線にある猪ノ鼻峠までの13.3Kmの自然歩道。

ちなみに四国のみちとは四国を歩いて一周する自然歩道をいう。

↓ 中蓮寺峰野鳥の道 登り口

Img_0660

↓ 地図 赤矢印が登り口、黄色矢印が目的地・全長 2.7Km。

Img_06491

登り口からダラダラ坂でこれは楽勝と思った。

Img_0671

ところがである、そのダラダラは 1.8Km先のもみじ橋までだった。

↓ もみじ橋

Img_0679

そこから残り 900m は打って変わったように急な登りになった。

その 900mが実に長かった。死ぬ思いで休み休み登る事 約1時間、やっと中蓮寺峰休憩所に到着。

ヤレヤレ 😥 やれやれ しんど~い。

↓ 休憩所

Img_0672  Img_0670

ここから 9Kmさらに行くと猪ノ鼻峠に行ける。

休憩所からは、北側に瀬戸内海が大きく開けて見えるはずだったが、樹木が茂りすぎて何も見えない。

がっかり! である。せっかくここまでえらい目して登ってきたのに・・・・。

休憩所に財田のむかしばなし「中蓮寺峰と金の鶏」の看板があった。

Img_0673 

古老の言い伝えによると、中蓮寺の峰に金の鶏がすんでおり、ときどき早朝にその鳴き声が里まで聞こえたそうです。

この鶏の鳴き声を聞いた者は、その年に幸運がめぐってくると言われ財田村の里人の関心の的となりました。

金の鶏の鳴き声を聞こうと里人は競って早起きをするようになり、自然と早起きの習慣が生まれました。

そして里人は早朝から仕事に励んだので家は富み豊かになったということです。

↓ 休憩所では見えなかった途中からの風景

Img_0664

下りは楽だったが膝ががくがくになった。

剣山

剣山(標高1955m)へは一度山頂まで登った事がある。ある夏のことだ。

今は冬、雪があるだろうなぁ~とは思っていた。

だからタイヤチェーン(チェーンではなくゴムベルト)を積み込んだのは大正解だった。

途中から道は こんな風に ↓

Img_8475

息子と一緒にタイヤチェーンを装着。この作業、意外に手こずった。とても一人ではできない。

前輪(駆動輪)に装着し終えるのに一時間強費やした。やれやれ・・・。

チェーンのおかげ、スリップする事もなく雪道を走れたが さすがスピードは出せない。

つづら折れの道をまずは「見の越」にある登山リフト乗り場を目指すことにした。

↓ 登山リフト乗り場に到着

Img_8489

誰もいない・・・リフトは5月から11月までしか動いていないと知る。当たり前かも。

下の地図を見るとリフトで登っても、頂上まで尾根道コースを辿って徒歩40分くらいはかかるらしい。

夏来た時も歩いたと思うがさっぱり覚えていない。

Photo_20210226133601

車でも行けそうな道もMAPにあったが、登山装備もしてないのでやめた。

剣山国定公園の山々の説明看板より ↓

剣山国定公園は剣山を中心とする山岳地帯と大歩危・小歩危及び祖谷渓などの渓谷地帯からなっており、昭和39年(1964年)に国定公園に指定された。

剣山山系は西日本第2の高峰・剣山(1995m)をはじめジロウギュウ,三嶺,丸石など1600mを超す山々が連なり、山頂部では360°の大パノラマが広がるとともにシコクシベラ,ダケカンパなどの亜高山植物やキレンゲショウマがみられる他、カモシカやツキノワグマ,ルリビタキが生息し、夏にはカッコウやコノハヅクの鳴き声を聞くこともできる。

また剣山は古来より信仰の山として崇められており、四季折々に見せる美しい剣山の風景は神秘的である。このような素晴らしい自然を子供達に残すため自然環境の保全に努めましょう。

Img_8503

峯山散策

毎月一回行くウォーキングのコース、今回は高松市にある稲荷山をとおり峯山へ行くコースと決めた。

JR栗林公園北口駅からまずは標高166mの稲荷山をめざす。

↓ 写真右端が出発地

Img005531

↓ 駅から中野稲荷神社の鳥居をくぐる。鳥居のすぐ上には高架の線路が走る。

Img00550

Img00549_20210225120001

稲荷山は ↑ この神社の境内右奥からのぼる。

つづら折りの山道を登っていくと稲荷山姫塚古墳や石船積石塚,鏡塚,小塚など 古墳がいっぱいある。

↓ 石船積石塚

Img00556_hdr Img00559

↑ この古墳は岩清尾山古墳群のひとつで最も早く国の史跡に指定された。

鏡塚の南に位置し前方部を北側にむける前方後円墳、古墳の全長は約 57mの規模を持ち墳丘形状を良く残している。

後円部墳頂にくりぬき式割竹形石棺があり、棺身には造り付けの枕がある。この石棺が船形様であることから石船塚と呼ばれる。

円筒埴輪が出土しており五世紀初め頃に築造されたと考えられている。

↓ 山からの眺望

Img00566

より以前の記事一覧