Jou光

  • 親父
    彼は子供の時から絵が上手いと、親の欲目で思っている。目の前でさらさら描かれると、ついつい感嘆してしまう。世の中いっぱい絵の上手い人はいるが、この道で飯が食えるのはスポーツ選手と同じで極一部。でもとにかく趣味でも良いから絵を描くことは続けて欲しいと願っている。

春爛漫

  • ぼけの花
    柿茶の里は徳島県美馬郡つるぎ町に位置する。柿の葉の生産農家へ毎年春と秋に行く。春はことさら美しい。桜が咲き乱れ山の木々が新緑に包まれる。澄んだ青空に身も心も洗われる気がする。

アユタヤ遺跡

  • Pict0266
    1491年に建てられた王族の守護寺院。3つの大きな仏塔には、ラーマティボディ2世と父、兄の遺骨が納められています。 寺院ではありますが僧は居住せず、王の礼拝堂として王族の儀式に使用されていました。この寺院もまた、1767年ビルマ軍により破壊され、16mあったという金で覆われた仏像も金を奪われた後、壊されてしまいました。

暁の寺院 タイ

  • Pict0350
    トンブリ王朝時代の守護寺で最高位の寺院とか。きらきらと輝く陶器の破片に覆われた高さ約79mの大仏塔は、ラマ3世により5年がかりで改装された。朝日を浴びた大仏塔の神々しい姿が”暁の寺”の名前の由来。

ワット・ヤイ・チャイ・モンコン

  • Pict0201
    セイロンへの留学から戻ってきた僧侶のために、1357年初代王ウー・トーンが建立しました。仏教寺院は瞑想の場として使用されていました。現在も多くの仏教徒が訪れ、週末は観光客でにぎわいます。

水上マーケット

  • Pict0116
    ダムナン・サダックの水上マーケット。その昔、”東洋のベニス”と言われたバンコクでは、日常的商取引には運河が利用されてきた。水上マーケットは、古き良き時代の情緒溢れるバンコクの生活を体感させてくれる。 

2008年7月 タイ王宮

  • Pict0429
    白壁に囲まれた20万㎡の敷地内には、1782年に建設された国王の宮殿、即位式の建物、王室守護寺院のエメラルド仏寺院などチャクリー王朝歴代の王により建造・改築された建物が建ち並んでおり、ラマ8世までは実際にここに住まわてていたとか。

涅槃寺

  • Pict0386
    タイ語で Wat Pho(ワット・ポー)と呼ぶこの寺は、ラマ1世が建立したバンコク最大の境内を持ち、バンコク最古の歴史を持つ寺院。本堂には写真のようなリクライニング・ブッダの愛称で親しまれている寝釈迦仏が横たわる。足の裏には螺細細工でバラモン教における108の宇宙観が表現されていると言う。

最近のトラックバック

2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

金魚

  • 金魚

ウェブページ

瀬底

瀬底土帝君

瀬底島にある重要文化財『瀬底土帝君』の紹介。

土帝君は中国古来の土地関係の神の一種で、一般に土地神と呼ばれる。

瀬底土帝君は沖縄各地に祀られる土帝君のうち最大の規模を保つ礼拝施設で十八世紀中頃の造営と考えられている。

↓ 奥に見えるのが土帝君

Img_3248_2

拝殿前の庭”ミヤー”と拝殿”アサギ”、本殿”イビ”が直線上に並び、土帝君信仰に関する建造物の形態を良く保つ代表的な遺構として高く評価されている。

Img_3249

↓ 拝殿、奥に本殿がある。

Img_3250

Img_3251

Img_32511

『ざわわ』お披露目会

昨年(2016年)4月末に完成した沖縄瀬底島の保養所『ざわわ』、

建屋完成後、庭や外壁工事を経て、やっと一年後の4月25日、お披露目会にこぎつけた。

工事に関わった関係者や本土から移住している先輩瀬底住民も招いてBBQでおもてなし。

午後16時から始め、終わってみれば夜の10時。

皆さんお酒とおしゃべりとお祝い演芸で大いに盛り上がった。

Img_3855

Img_3865

Img_3872

↓ 日も落ちて、この日二度目のめでたや踊り披露。

Img_3875

↓ ギター演奏あり、ウクレレ演奏あり、三線演奏あり。

Img_3886Img_3866

Img_3870Img_3860






Img_3884

明かりを点けて、飲む・飲む。

楽しいお披露目会だった。

今回もまた、民宿”やどかり”を営む松本さん夫妻には、大変お世話になりました。

ありがとうございました。

沖縄キャンプ

沖縄でキャンプする球団がこんなにもあるとは思わなんだ。

何と9球団、3球団を除く日本プロの全球団が来ている。

おまけに韓国から”サムスンライオンズ”も来ていた。

3

そのせいか、2月の沖縄は観光シーズンでもないのに飛行機はほぼ満席。

今年沖縄県は1,200万人の観光客を誘致したい意向。

なので、プロ野球のキャンプも確実にその一役を買っている。

その証拠にたまたま野球場で出会った若者は香川県から来たと言う。休日でもないのに・・・・。

2月25日、阪神のキャンプを見に行こうとなって、宜野座村野球場へ出かけた。

えらく駐車場がガラガラと思いきや、運悪くこの日は練習が休みの日、どうりで・・・。

Img_2909

Img_2881_2

↓ 甲子園と同じ土を入れたという宜野座村球場、村も力が入っている。

Img_2895

Img_2900

Img_2908

近くの食堂でこんなメニューを見つけた、面白い。

Img_2915

甲子園球場の近くでこのメニューを出したらすぐに売り切れる???

阪神勝つめし、阪神勝つカレー・・・一度食べたいものだ。

誰もいない球場にいても仕方ない・・・、次に向かったのは日本ハムがキャンプしている名護市営球場。

この日の午後から韓国のプロ ”サムソンライオンズ”と練習試合があると言う。

日ハムと言うと二刀流の大谷 翔平・・・が、ケガで顔を見せる事はなかった。

名護市営球場もきれいな球場である。

Img_2958

↓ ネット裏の入りはこの程度、空きが目立つ。

Img_2959

Img_2990

↓ 選手をテレビ越しに見るのと間近に見るのとは大違い。

背は高いしがっちりしているし・・・さすが。

Img_2984

Img_2997_2

この試合、日ハムが勝利。練習試合は力も入らない?

瀬底島最南端への道

瀬底島はラケットのような形。

その最南端(地図で★印)への道を探した。

何回かトライしてやっと見つけた。

Map_2

とにかく南へ南へ辿る。

ビニールハウスが見えて来たら左へ曲がる。

Img_27571_2

↓ ハウスの前の道を真っ直ぐに。

Img_27561

↓ 石垣が見えてくる

Img_27521

Img_3158

↓ 遥か向こうに恩納村の山々が見える

Img_27481

↓ ここから来た道を振り返ると

Img_2747

↓ ここから舗装は途切れる

Img_27461

↓ 舗装のない道

Img_27441

Img_26931

↓ ★が終点。

Img_27421

↓ 到着、車が一台止まっていた。来る人もいるんだ~。

Img_2696

↓ 眼下に青い海が広がる。

Img_2697

↓ 釣り人もいた。

Img_26981

Img_2706

Img_2716

Img_2712

Img_2724

サトウキビ畑

沖縄のサトウキビ畑は今頃が、刈り取りと植え付けと成長途中が入り混じる。

↓ 刈り取りの終わったサトウキビ畑

Img_2759

Img_2643

↓ 植え付け準備が終わったサトウキビ畑

Img_2762

↓ 植え付けたばかりのサトウキビ畑

Img_2758

↓ だいぶん大きくなったサトウキビ畑

Img_2685

↓ 刈り取り時期を迎えたサトウキビ畑

Img_2683

刈り取り時期はどうやって判るのか? 花が咲いたら刈り取り時期。

↓ ススキと見紛うサトウキビの花

Img_2684

サトウキビは一年中栽培できる。

だから南国の国々では砂糖産業が主産物となるのだろうか? 

台湾しかり、サイパンしかり。

↓ サトウキビ刈り取り用マシン

F1000075

ウートートー

『 ご先祖さまにウートートー』 の記事を見て、昨日瀬底を散歩中に見た光景を納得。

それは、沖縄独特のでっかい墓の中でゴザを広げて宴会する光景。

Img_2805

今日は一体何の日か? 法事ならともかく、ここもかしこも・・・とは?

あくる日の朝刊でやっと分かった。

2月12日は、グソー(後世=あの世)の正月とされる旧暦1月16日の「十六日祭」に当たる日。

仏壇や墓前にごちそうを供え、先祖を供養する行事らしい。

Photo

保養所 『ざわわ』

保養所『ざわわ』ホームページ

kkkkkkkkkkkk

この紹介は一般用ではありません。

1、 名 称:保養所『ざわわ』

kkkkkkkkkkkkkkkk 

2、 所在地:〒 905-0227 沖縄県国頭郡本部町瀬底 2795番-1kkkkkkkkkkkkkkk

Photo_2

2_3

3、 
連絡先:電話;090-5142-2039E-Mailfront.maeda@nifty.com、前田まで。

  宿泊の問い合わせは2か月前にお願いします。日程によってはご希望に添えない事があります。

4、 アクセス(沖縄まで):

航空機

神戸空港からスカイマークを使うと安く行けます。搭乗45日前までご予約可能な「SYKバーゲン45」  

が大変お得です。“いま得”便で最安値・片道5,500円から。季節や日にちによって変動するので 

ネットで調べて下さい。  

http:www.skymark.co.jp/ja/fare/skybg45.html

SKYバーゲンは払戻不可運賃です。

※ 空席照会時に有効な「いま得」の運賃額より、更に安価な「前割」の設定がある場合に

は「-」表記されます。「いま得」は、変動する運賃額ごとの残席状況を表示。

※ 神戸空港までマイカーなら、空港すぐ前に駐車場があります(有料)

※ 神戸空港まで車を使わないなら、IR三ノ宮駅下車、ポートライナー「神戸空港行」に乗り換えて
下さい。約18分、運賃一人330円。

高松空港からも那覇行の直行便が一日一便あります。
ANAです。
https://www.ana.co.jp/book-plan/airinfo/timetable/domestic/

 フェリー

・鹿児島からフェリーで行く事もできます。「本部港」で下船して下さい。下の地図参照。    

http://www.aline-ferry.com/kagoshima/time.html

5、 アクセス(那覇空港から現地まで):

■ 那覇空港から「やんばる急行バス」で、「本部博物館前」で下車し、徒歩:約20分。 
タクシーなら約6分(
1000円以内)。やんばるバスHP ⇒ http://yanbaru-expressbus.com/ 

 

 Photo_3

Photo_4

Photo_5

  本部町立博物館前で下車なら現地まで、徒歩約20分、タクシーなら約6分。

 4

 本部港下車なら現地まで、徒歩約30分、タクシーなら約8分。

↓ バス停「本部博物館前」からのルート 

3


Photo_3

5

↓ 瀬底大橋を渡り、約500m 道なりに走ると、左側に看板が。

○印の看板が目印

Img_2827

↑ 黄色の矢印方向へ左折し、↓ 黄色の矢印方向へ。

Img_2823

↓ 矢印先が目的地

Img_2828 

 

■那覇空港から、多人数ならレンタカーもお得、その場合は事前にネット予約した方が無難です。
高速道路を使って空港から約90分です。ETCカードをお忘れなく。

http://沖縄レンタカー予約.jp/?utm_source=yahoo&utm_medium=cpc

6、 施設案内:

■写真↓ 右側の家が保養所『ざわわ』で、家族旅行なら一棟貸しします。    

Photo_6

Photo_4
5人は泊まれます。(上写真右参照)居間でごろ寝すれば、10人は泊まれます。

■食事は外食以外に、自炊できます。スーパーは本部大橋を渡って左へ行くとすぐ近くに三箇所あります。

・ザ・ビッグエクスプレスもとぶ店、

・タウンプラザかねひでもとぶ店、

サンエーV21もとぶ食品館 

 

■外食するなら、

①家人壽(やーにんじゅ)http://ya-nin-jyu.com/

②ゆんたく

③がじゅまる

④酒楽

⑤その他 ➡ http://www.ritou.com/spot/gnavi-ritou-sk25.html

7、 観 光:

・保養所のすぐ近くの海で海水浴ができます。海はライトブルーでとてもキレイです。

瀬底ビーチ,アンチ浜,エメラルドビーチ等

 ・美ら海水族館やゴルフ場には車で20分くらいで行けます。

8、 設 備:

 現地には車がありますので、お貸しします。ガソリンは満タン返しでお願いします。

 到着時に上記6項の間取り図に示す分電盤でNFB(スイッチ)を入れて下さい。

 帰宅時、印のあるNFB(スイッチ)以外は全てオフにして下さい。

 到着時、雨戸が閉まっていますので開けて下さい。帰宅時は閉めて下さい。

 帰宅時、室内に掲示している「注意事項」を守って帰って下さい。

 使用料は一人一日1,000円です。

 洗濯したシーツと枕カバーを置いていますので、お使い下さい。

 洗濯機があるので、使って下さい。(洗剤は利用者で用意)

 お風呂もありますが、電気温水器なので宿泊初日はお湯が出ません。

 玄関の鍵の保管場所は都度教えます。

 ゴミは分別して出して下さい。分別の仕方、出す曜日は掲示しています。

 室内は禁煙です。

 蜘蛛やヤモリ,何か分からん虫がいますが、あまり人に悪さしません。蚊には線香・虫刺されには軟膏が必要です。

 沖縄には猛毒を持つハブが生息しています。ハブ除けネットを家の周囲に貼っていますので、中は大丈夫とは思いますが、外を歩く時は草むらや雑木林に立ち入らないで下さい。ハブは生来臆病なので音が出ているところには近づきません。従って出合い頭の時が一番危険で、襲ってきます。

 Wi-Fiは装備されていません。スマホ等をテザリングにしてインターネットして下さい。

 ベランダには机がありますので、お使い下さい。海を見ながらの食事は最高です。

9、 その他:

 現地で困ったことがあれば、民宿やどかりの松本さん(090-2750-4195)へ相談して 下さい。 やどかりのHPは http://yadokari-sesoco.okinawa/index.html

 松本氏には都度行く人の名前を連絡しておきます。

 大勢利用の場合は、すぐ横に「てぃらー・しーく」と言う簡易ホテルがありますので、そこを利用するのも良いでしょう。一人1泊3,000円です。予約必要。http://www.tilla-sesoko.com/

    その他不明点は前田まで。(電話:090-5142-2039

 

10、以下、保養所の写真です:

Photo_5

2_4


3

4

■ 間取り

Photo_6

伊江島(公益質屋跡)

第二次世界大戦時、沖縄が激戦区だった事は良く知られた事実。

でも沖縄北部の伊江島にまで戦火が及んでいたとは知らなんだ。

伊江島住民約1,500人、日本軍将兵約2,000人の犠牲が出たとか。

村の建物はことごとく破壊されたが、砲撃を受けながらも原形と留めているのは↓の 元・公益質屋のみなんだそうな。

Img_75321

それにしても、質屋が公益?

曰く、

公益質屋とは市町村や社会福祉法人が設立した公益を目的に経営された質屋のことで、伊江村では1929(昭和4年)に政府の融資を受け設立された。

設立当時は世界恐慌のため村の財政や村民の生活が苦しい時期であり、高利貸の暴利に泣く村民に低利の融資を行い、生活の安定をはかったものでした。

公益質屋跡は、戦争の恐ろしさを後世に伝える存在として、村の史跡に指定されている。

Img_75341

沖縄のお墓

沖縄の墓は、両墓制といわれる風葬を基本として生まれたもので、風葬により白骨化するまで遺体を安置する墓・シルヒラシバカ と洗骨のあと納骨する墓・ウフバカとに分かれていた。

しかし現代では、それらを同一の墓で行うのが一般的になった。

それでも火葬の普及により風葬とか洗骨の風習は消えつつあると言う。

↓ はたしてこのお墓の中には火葬した骨なのか、そのままの白骨遺体なのか?

Img_74001

城山 at 伊江島

本部港を出港して約30分、船は伊江港に着いた。

城山の姿は島に近づくにつれ、その存在感を薄めていった。

上陸した時にはポツンと突き出た貧祖な小山という感じになった。

Img_7498

この日は休日ともあって、多くの観光客と修学旅行生で賑わっていた。

Img_7507

大阪から来たらしい高校生らは引率の先生の元集合し、何やら注意事項を聞かされ、島内に散っていった。

学生の放牧か?

城山に登るには、どこからでも見える山頂を目指せば良い、だから道に迷う事はない。

舗装された道をだらだら上ると、南登山口の看板がありその横に階段が続いていた。

Img_7535

Img_7537

階段を登りきり、短いアーケード状のトンネルを抜けると、目の前に城山が迫っていた。

Img_75551

Img_7579また登山口が現れ、ここから急な階段となる。

人のブログによると山頂まで291段あるとか。

ここまで来て登らないわけにはいかない。

頑張って階段をたどること約15分、無事山頂へ到着。

↓ 階段

Img_7644

↓ 山頂には愛を語る(?)カップルがいた。

Img_7638

頂上から見渡す360度のパノラマの景色は素晴らしい。

Img_7590

Img_7593


Img_7601


Img_7616

もう一度来ようと思う。次は島内一周だ。

より以前の記事一覧