Jou光

  • 親父
    彼は子供の時から絵が上手いと、親の欲目で思っている。目の前でさらさら描かれると、ついつい感嘆してしまう。世の中いっぱい絵の上手い人はいるが、この道で飯が食えるのはスポーツ選手と同じで極一部。でもとにかく趣味でも良いから絵を描くことは続けて欲しいと願っている。

春爛漫

  • ぼけの花
    柿茶の里は徳島県美馬郡つるぎ町に位置する。柿の葉の生産農家へ毎年春と秋に行く。春はことさら美しい。桜が咲き乱れ山の木々が新緑に包まれる。澄んだ青空に身も心も洗われる気がする。

アユタヤ遺跡

  • Pict0266
    1491年に建てられた王族の守護寺院。3つの大きな仏塔には、ラーマティボディ2世と父、兄の遺骨が納められています。 寺院ではありますが僧は居住せず、王の礼拝堂として王族の儀式に使用されていました。この寺院もまた、1767年ビルマ軍により破壊され、16mあったという金で覆われた仏像も金を奪われた後、壊されてしまいました。

暁の寺院 タイ

  • Pict0350
    トンブリ王朝時代の守護寺で最高位の寺院とか。きらきらと輝く陶器の破片に覆われた高さ約79mの大仏塔は、ラマ3世により5年がかりで改装された。朝日を浴びた大仏塔の神々しい姿が”暁の寺”の名前の由来。

ワット・ヤイ・チャイ・モンコン

  • Pict0201
    セイロンへの留学から戻ってきた僧侶のために、1357年初代王ウー・トーンが建立しました。仏教寺院は瞑想の場として使用されていました。現在も多くの仏教徒が訪れ、週末は観光客でにぎわいます。

水上マーケット

  • Pict0116
    ダムナン・サダックの水上マーケット。その昔、”東洋のベニス”と言われたバンコクでは、日常的商取引には運河が利用されてきた。水上マーケットは、古き良き時代の情緒溢れるバンコクの生活を体感させてくれる。 

2008年7月 タイ王宮

  • Pict0429
    白壁に囲まれた20万㎡の敷地内には、1782年に建設された国王の宮殿、即位式の建物、王室守護寺院のエメラルド仏寺院などチャクリー王朝歴代の王により建造・改築された建物が建ち並んでおり、ラマ8世までは実際にここに住まわてていたとか。

涅槃寺

  • Pict0386
    タイ語で Wat Pho(ワット・ポー)と呼ぶこの寺は、ラマ1世が建立したバンコク最大の境内を持ち、バンコク最古の歴史を持つ寺院。本堂には写真のようなリクライニング・ブッダの愛称で親しまれている寝釈迦仏が横たわる。足の裏には螺細細工でバラモン教における108の宇宙観が表現されていると言う。

最近のトラックバック

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

金魚

  • 金魚

ウェブページ

俳句

今日の俳句(春爛漫 Ⅲ)

■   散る桜目覚める若葉見守りぬ

■   散る桜三途の川に浮き沈み

■   見上げてもまた見上げてもまた桜

■ 桜散り花びら川面に散りばめて

■ 歩いてもまた歩いてもまた桜

■   俯いて咲く花桜だけと聞き

■   桜散りピンクの絨毯そこかしこ

■ 
 葉桜に後を任せて散りさりぬ

今日の俳句(お題:春爛漫 Ⅱ)

 鎌田池ソメイヨシノが群れて咲く

20240408-143311

■   金山がピンクに燃える山桜

■   金山をピンクに染める山桜

■   山桜今だけ主演の役キャッチ

■ 主役は私なのよと山桜

■ 山裏に満開の桜ひっそりと

■   山裏に恥ずかしそうに咲く桜

■   桜散り花びら道のスタンプに

■   桜散り花びら川面を華やかに 

■   桜散り花びら川面に波打って

今日の俳句(お題:春爛漫 Ⅰ)

山桜我も我もと今だけは

お花見でしだれ桜も酔っ払い

20240401-153120

菜の花の波のまにまに子らの顔

我ここに生きているぞと山桜

タラの芽の酢味噌和えには舌鼓

20240402-125830

山裾に菜の花波の畝るごと

20240404-161331

俳句(お題:川)

春荒れて漁船が踊る波止場かな

波止場にて漁船踊らす春の風

陽光にトボトぼ歩く長い蔭

春風にあがらう川面我に似て

うぐいすの鳴く声乗せて川くだる

20240401-153120_20240401153401

2024年2月27日 俳句

どんぐりが踏みつぶされて土の中

春の空電線音符♬にファの像が

20240404-140251

今日の俳句 2024年2月26日

静寂を破る鶯凛として

鶯の鳴く声響く山の道

鶯の鳴く声山にこだまして

とぼとぼとと歩く遍路に春の雨

水仙がおしくらまんじゅう
鉢の中

牡蠣殻がどんどん溜まるバケツ中

牡蠣殻を投げ込む音の良き響き

20240226-141615

鉄板に右へ倣えと牡蠣の列

今日の俳句 2024年2月16日

早咲きの桜の花弁風に舞う

たんぽぽも人も置かれた場所で咲く

20240403-110810

今日の俳句 2024.2.15

■  春がすみ山にも海にも心にも

20240403-111257

■ お地蔵が整列して春を待つ

Dsc07746

2024年2月度 俳句会 お題 【水温む】 投句

・血管がキュと締まる水温む

・水温み心も緩み気も弛み

・ひなげしを一輪手向く無縁墓

お題以外の句

・池底が柔肌見せて日向ぼこ

・石の島丁場の池に龍の影

・一瞬の静けさ襲う春の道

・騒音が一瞬途切れ空に舞う

・一瞬の静寂襲うマラソン道

20240401-153120_20240401153701

俳句

俳句は面白い! 

感じたこと、思ったことを575の形式に囚われず表現すればいい・・・

との言葉に励まされ、歩きながら見た風景や感じた事を俳句にしている。

最近作った句を書いてみた。俳号は「鉄冠子」にした。

ちなみに鉄冠子とは芥川龍之介の短編「杜子春」に登場する仙人の名前。

1.ひこばえの 稲田に群がり すすめ舞う

2.ひこばえの 稲田に孤高の 鷺眩し

3.石仏も 目覚めさせるや 虎落笛

4.背伸びした 粟立ち草も 疲れ果て

5.群れて咲く 皇帝ダリアに 露光る

6.風に舞い 落ち葉は山に 山となり

7.虎落笛 我の睡眠 妨げて

8.過ぎた道 まだ登ってる 影見つけ

9.山道を 日の射す方へ 一歩一歩

10.山道で 出会う人と 猫談義

11.陽だまりを さがして歩く 山の道

12.陽だまりに まるまる猫に 別れ告げ

13.見せしめに ゴミ袋二つ 吊るされて

14.今日もまた 枯れ葉を踏んで あずまやへ

15.悔い残る 亡き母への 思いやり

16.最短の 道をたどれば 息きれる

17.墓道を 歩く老婆の 心よみ 

18.天を突く 皇帝ダリアに おじぎされ

19.天を突く 皇帝ダリア 燃え尽きぬ

20.好きだった ユリを一輪 天国へ

21.ざくざくと どんぐり踏んで 悔いの道

22.餌くれと せがむ野良猫 捨ておいて

23.病葉が 蜘蛛の糸にも しがみつく

24.戦なき 世を夢見てか 浮き寝鳥

25.朽ち果てた 民家彩る 柿侘し

26.食卓に 夫婦並んで 柿二つ 

By 鉄冠子

以上、おそまつでした。

 

Photo_20231206101901

Photo_20231206102701

Photo_20231206103101

より以前の記事一覧